西 東京 市 コロナ ウイルス。 コロナウイルス関連情報

コロナウイルス(COVID

西 東京 市 コロナ ウイルス

nishitokyo-shokokai. 【申請対象者】 次の(1)及び(2)に該当している者 (1)西東京市内において、店舗または事務所を賃貸借契約により営んでいる中小企業及び個人事業主 (2)国の持続化給付金の給付を受け「給付通知書」又は、その給付振込みが確認できる「通帳の写しまたは、入出金明細書等」を提出できる事業者 【申請方法】 新型コロナ感染症拡大防止のため、ポータルサイトからのオンライン申請をお願いします。 (1)申請画面ページからオンラインで申し込まれる方 6月5日(金)午前10時より、こちらのページ最下部より、赤いボタンで受付フォームへ移動できるようになります。 (午前10時前からこのページを閲覧している場合は、10時にページを再読み込みやもう一度アクセスし直してください) なお、9月30日(水曜日)23時59分までに送信を完了してください。 (2)パソコン・スマホをお持ちでない方 西東京商工会保谷事務所で申請者のオンライン申請をサポートします。 6月5日(金)より、申請書類を西東京商工会保谷事務所(平日10:00~16:00)へご来会ください。 駐車場がございませんので、公共交通機関をご利用ください。 なお、必要書類を提出するという受付ではありません。 あくまで申請者に代わってのオンライン入力事務のサポートとなります。 最後に入力内容をご自身でご確認いただき、同意事項に同意していただく必要があります。 郵送での申請受付はいたしませんので、ご注意ください。 賃貸借契約証明書兼確認書の記入を不動産会社等に依頼する場合は、別途手数料がかかる場合があります。 国の持続化給付金の「給付通知書」又は「入金部分の通帳の写し、入出金明細書等(電子通帳などの場合)」 5. で「入金部分の通帳の写し」を用意していただいた場合はその通帳を開き、口座名義人、口座番号がわかる画像もご用意ください。 申請書類のうち1~3は、上記、書類名をクリックし、ダウンロードできます。 紙ベースでは、西東京商工会(田無事務所・保谷事務所)にて配布しています。 誓約書・賃貸借契約証明書兼確認書の記入方法はこちらをご参照ください。 (クリックすると大きくなります).

次の

新型コロナウイルスの情報

西 東京 市 コロナ ウイルス

nishitokyo-shokokai. 【申請対象者】 次の(1)及び(2)に該当している者 (1)西東京市内において、店舗または事務所を賃貸借契約により営んでいる中小企業及び個人事業主 (2)国の持続化給付金の給付を受け「給付通知書」又は、その給付振込みが確認できる「通帳の写しまたは、入出金明細書等」を提出できる事業者 【申請方法】 新型コロナ感染症拡大防止のため、ポータルサイトからのオンライン申請をお願いします。 (1)申請画面ページからオンラインで申し込まれる方 6月5日(金)午前10時より、こちらのページ最下部より、赤いボタンで受付フォームへ移動できるようになります。 (午前10時前からこのページを閲覧している場合は、10時にページを再読み込みやもう一度アクセスし直してください) なお、9月30日(水曜日)23時59分までに送信を完了してください。 (2)パソコン・スマホをお持ちでない方 西東京商工会保谷事務所で申請者のオンライン申請をサポートします。 6月5日(金)より、申請書類を西東京商工会保谷事務所(平日10:00~16:00)へご来会ください。 駐車場がございませんので、公共交通機関をご利用ください。 なお、必要書類を提出するという受付ではありません。 あくまで申請者に代わってのオンライン入力事務のサポートとなります。 最後に入力内容をご自身でご確認いただき、同意事項に同意していただく必要があります。 郵送での申請受付はいたしませんので、ご注意ください。 賃貸借契約証明書兼確認書の記入を不動産会社等に依頼する場合は、別途手数料がかかる場合があります。 国の持続化給付金の「給付通知書」又は「入金部分の通帳の写し、入出金明細書等(電子通帳などの場合)」 5. で「入金部分の通帳の写し」を用意していただいた場合はその通帳を開き、口座名義人、口座番号がわかる画像もご用意ください。 申請書類のうち1~3は、上記、書類名をクリックし、ダウンロードできます。 紙ベースでは、西東京商工会(田無事務所・保谷事務所)にて配布しています。 誓約書・賃貸借契約証明書兼確認書の記入方法はこちらをご参照ください。 (クリックすると大きくなります).

次の

新型コロナウイルスの情報

西 東京 市 コロナ ウイルス

新潟県は25日、柏崎市の会社員の50代男性が新型コロナウイルスに感染した、と発表した。 東京電力によると、男性は市内の事業所で原発事故時に避難支援にあたる部署の社員。 県内の感染者は計66人になった。 県によると、男性は14日から発熱とせきなどの症状があり、22日に感染がわかった東電社員と同じ職場だったことから、24日にPCR検査を受けた。 11~12日、車で山梨県の実家に帰省していたといい、県が感染経路を調べている。 東電は男性の同僚など計14人を24日から自宅待機とした。 柏崎市内の感染者5人はいずれも東電社員とその家族。 桜井雅浩市長は25日、東電に「従来の対策、体制が機能していたのか、なぜこのような事態となっているのか、徹底的な検証を行い、その結果と新たな対策、体制を速やかに公表してほしい」とするコメントを発表。 「市民の生活、経済活動に更なるマイナスを与え、東電への視線はこれまで以上に厳しいものになっている」と指摘した。 桜井市長は24日夜、4人目の感染判明を受けて、小早川智明社長に対し、市民の不安解消に努めるよう求める文書を出したばかりだった。 (高橋俊成、戸松康雄).

次の