ラグビー ニュージーランド 南アフリカ。 ラグビー=ニュージーランド、W杯初戦で南アフリカ下す

4、ニュージーランド、南アフリカ 21日 結果

ラグビー ニュージーランド 南アフリカ

対(2011年7月30日、) この項目では、 においてとが対戦したについて述べる。 この両チームはこれまでに99試合対戦しており、結果はニュージーランドの59勝36敗4分である。 両チームの対戦は1921年に、スプリングボクスがニュージーランドへ遠征したことで初めて行われた。 この遠征で両チームは3試合対戦し、結果は1勝1敗1分の五分であった。 その7年後の1928年、今度はオールブラックスが南アフリカ連邦へ遠征したが、4試合で2勝2敗とまたも決着はつかなかった。 1937年にスプリングボクスが遠征を行った際に両チームの3度目の対戦が3試合組まれ、スプリングボクスが敵地で2勝1敗と勝ち越した。 1949年にはオールブラックスの南アフリカ連邦遠征が21年ぶりに実施され、スプリングボクスが4戦全勝と一蹴した。 オールブラックスがスプリングボクスに初めて勝ち越したのは1956年、自国に相手を迎えての4試合を3勝1敗で終えたときだった。 これに対してニュージーランド国内で批判が出るようになった。 抗議運動は拡大していき、1973年には南アフリカ共和国への遠征が中止された。 1976年には遠征が敢行されるが、これに反対していた諸国が同年の出場をボイコットすることになった。 1981年にはスプリングボクスがニュージーランドへ遠征するが、ニュージーランド国民による抗議デモが警官隊との衝突に発展したり、両国の対戦中にスタジアム上空からセスナ機が障害物を投げ入れたり、と混乱が広がった。 4年後の1985年にはオールブラックスによる南アフリカ共和国遠征が再び中止となったが、選手の大半が翌1986年に、協会に無断でというチームを結成して南アフリカ共和国で試合を行い、批判を浴びた。 結局、オールブラックスとスプリングボクスとのテストマッチは、1981年以降はアパルトヘイトが撤廃されるまで行われなかった。 1991年にアパルトヘイトが撤廃されると、翌1992年には11年ぶりの両国によるテストマッチが行われた。 1995年には南アフリカ共和国でが開催され、大会初出場のスプリングボクスがオールブラックスを決勝戦で下して優勝した。 2009年には、この大会におけるスプリングボクスの活躍を描いた映画『』が公開されている。 1996年からは、両国にを加えた3か国による対抗戦 "トライネイションズ" が発足した。 これには後にも参加し、現在では "" という大会になった。 また、2004年8月の対戦では勝利したスプリングボクスに、南アフリカ共和国史上初の全人種参加総選挙実施10周年を記念して "" が贈られた。 2年後の2006年からはカップが常設化された。 対戦結果 [ ] No. 開催日 開催地 勝利チーム スコア 敗戦チーム 大会 1 1921年 08月13日 13-5 2 1921年 08月27日 9-5 3 1921年 09月17日 引き分け 0-0 引き分け 4 1928年 06月30日 17-0 5 1928年 07月21日 7-6 6 1928年 08月18日 11-6 7 1928年 09月 01日 13-5 8 1937年 08月14日 13-7 9 1937年 09月 04日 13-6 10 1937年 09月25日 17-6 11 1949年 07月16日 15-11 12 1949年 08月13日 12-6 13 1949年 09月 03日 9-3 14 1949年 09月17日 11-8 15 1956年 07月14日 10-6 16 1956年 08月 04日 8-3 17 1956年 08月18日 17-10 18 1956年 09月 01日 11-5 19 1960年 06月25日 13-0 20 1960年 07月23日 11-3 21 1960年 08月13日 引き分け 11-11 引き分け 22 1960年 08月27日 8-3 23 1965年 07月31日 6-3 24 1965年 08月21日 13-0 25 1965年 09月 04日 19-16 26 1965年 09月18日 20-3 27 1970年 07月25日 17-6 28 1970年 08月 08日 9-8 29 1970年 08月29日 14-3 30 1970年 09月12日 20-17 31 1976年 07月24日 16-7 32 1976年 08月14日 15-9 33 1976年 09月 04日 15-10 34 1976年 09月18日 15-14 35 1981年 08月15日 14-9 36 1981年 08月29日 24-12 37 1981年 09月12日 25-22 38 1992年 08月15日 27-24 39 1994年 07月 09日 22-14 40 1994年 07月23日 13-9 41 1994年 08月 06日 引き分け 18-18 引き分け 42 1995年 06月24日 15-12 決勝戦 43 1996年 07月20日 15-11 トライネイションズ 44 1996年 08月10日 29-18 45 1996年 08月17日 23-19 46 1996年 08月24日 33-26 47 1996年 08月31日 32-22 48 1997年 07月19日 35-32 トライネイションズ 49 1997年 08月 09日 55-35 50 1998年 07月25日 13-3 トライネイションズ 51 1998年 08月15日 24-23 52 1999年 07月10日 28-0 トライネイションズ 53 1999年 08月 07日 34-18 54 1999年11月 04日 22-18 3位決定戦 55 2000年 07月22日 25-12 トライネイションズ 56 2000年 08月19日 46-40 57 2001年 07月21日 12-3 トライネイションズ 58 2001年 08月25日 26-15 59 2002年 07月20日 41-20 トライネイションズ 60 2002年 08月10日 30-23 61 2003年 07月19日 52-16 トライネイションズ 62 2003年 08月 09日 19-11 63 2003年11月 08日 29-9 準々決勝 64 2004年 07月24日 23-21 トライネイションズ 65 2004年 08月14日 40-26 66 2005年 08月 06日 22-16 トライネイションズ 67 2005年 08月27日 31-27 68 2006年 07月22日 35-17 トライネイションズ 69 2006年 08月26日 45-26 70 2006年 09月 02日 21-20 71 2007年 06月23日 26-21 トライネイションズ 72 2007年 07月14日 33-6 73 2008年 07月 05日 19-8 トライネイションズ 74 2008年 07月12日 30-28 75 2008年 08月16日 19-0 76 2009年 07月25日 28-19 トライネイションズ 77 2009年 08月 01日 31-19 78 2009年 09月12日 32-29 79 2010年 07月10日 32-12 トライネイションズ 80 2010年 07月17日 31-17 81 2010年 08月21日 29-22 82 2011年 07月30日 40-7 トライネイションズ 83 2011年 08月20日 18-5 84 2012年 09月15日 21-11 85 2012年10月 06日 32-16 86 2013年 09月14日 29-15 ザ・ラグビーチャンピオンシップ 87 2013年10月 05日 38-27 88 2014年 09月13日 14-10 ザ・ラグビーチャンピオンシップ 89 2014年10月 04日 27-25 90 2015年 07月25日 27-20 ザ・ラグビーチャンピオンシップ 91 2015年10月24日 20-18 準決勝 92 2016年 09月17日 41-13 ザ・ラグビーチャンピオンシップ 93 2016年10月 08日 57-15 94 2017年 09月16日 57-0 ザ・ラグビーチャンピオンシップ 95 2017年10月 07日 25-24 96 2018年 09月15日 36-34 ザ・ラグビーチャンピオンシップ 97 2018年10月 06日 32-30 98 2019年 07月27日 引き分け 16-16 引き分け ザ・ラグビーチャンピオンシップ 99 2019年 09月21日 23-13 プールB 外部リンク [ ]• (英語)• (英語)• (英語) :の "New Zealand history online" より、1981年のスプリングボクスのニュージーランド遠征に関するページ ティア1国のの歴史 vs. --- vs. --- vs. --- vs. --- vs. --- vs. --- vs. --- vs. --- vs. --- vs. ---.

次の

ニュージーランドのラグビーは、オールブラックスを頂点とする地域に根差した国民的スポーツ。

ラグビー ニュージーランド 南アフリカ

1、メンバー発表時の予測、見どころなど(19日) オールブラックスは、過去最強のメンバーとなります。 スコットバレットも出場停止から戻ってきましたし、SOではモウンガが怪我から復帰です。 ブリッジ、セブリースの両若手トライ量産ウィングです。 バレットはFBです。 控えのバックスもソニービル、ベンスミス、贅沢すぎます。 本気で勝ちに来ているのがわかります。 HAKAはカパオパンゴになるのではないしょうか。 対するスプリングボックスは、こちらも最強です。 熊谷の日本戦と全く同じメンバーです。 こちらも意地の見せ所です。 熊谷の日本戦の本気度も改めて確認できたことと思います。 是非ともしましょう このゲーム全く予想がつきません。 ただ、天候が雨になる可能性があり、南アが少し優勢になるかと思います。 しかし全くわかりません。 当サイトでは、アクシデントがなければ、この同じメンバーでの決勝戦になるものと予想します。 しかも、このゲームで負けたチームが、決勝戦の同じ舞台でリベンジを果たすものと予想します。 南アフリカのペースで進んでいきます。 しかしABも盛り返します。 世界最高の力と技の対決です。 ABは後半途中からソニービル、そしてベンスミスも投入し、万全の体制で南アの追撃を許しません。 ラグビーには人と人をつなげる力があると思います。 ラグビーの周辺に起こる様々な事や関連する物も含め広く、ラグビー現象として捉え発信して行きます。 日本のラグビーにはコアなファンが多くその他の普通の人には敷居が高くなってしまいがちです。 その敷居を少しでも下げられればと思います。 具体的には音楽やグルメ、ファッション、グッズ、イベントなどから、人、組織、歴史、逸話などまで、広くラグビー現象なるものとして知っていただきたいと多います。 また少しラグビーに触れた方やお久しぶりの方には、このサイトでもっとラグビーという現象の魅力が深まるはずです。 そしてさらに新しい人との繋がりが広がっていければと思います、 アクセス.

次の

「序盤、天王山」ラグビーマッチプレビュー ニュージーランドvs南アフリカ 2019

ラグビー ニュージーランド 南アフリカ

イングランドのエディー・ジョーンズ監督(左)と南アフリカのラシー・エラスムス監督 エディー・ジョーンズという監督は、実に数奇な巡り合わせの持ち主だ。 彼の率いるイングランドと南アフリカが決勝で顔を合わせることになった時、まずそのことに思いをはせずにいられなかった。 2003年のW杯で、エディーはオーストラリアの監督として、今回と同じように本命視されていたニュージーランドを準決勝で撃破した。 しかし、決勝でイングランドに苦杯を喫し、準優勝にとどまった。 続く07年W杯では、南アフリカのアドバイザーとして優勝の美酒を味わう。 この大会の決勝では、イングランドの連覇を阻んだ。 15年W杯ではご存じの通り、日本を指揮して南アフリカを破り、世界を驚かせてみせた。 イングランドとも南アフリカとも開催国の日本とも、彼は極めて縁が深い。 エディーがトップリーグのサントリーを指揮した頃、私はコーチを務めていた。 勝つための「準備」が誰よりも綿密で、ハードワークを選手に課す。 指導者としてのカラーには当時も今も変わりはないと、今大会のイングランドを見ていて感じる。 長く目標にしてきた「打倒ニュージーランド」を果たした次戦が決勝という、選手の気持ちの切り替えに難しい側面がある大一番となったが、指揮官は個人的に03年の轍を踏むまいという思いを強くしているはずだ。 きっと抜かりのない南アフリカ対策を講じ、それを選手にしっかりインプットして臨むことだろう。 一方、南アを率いるラシー・エラスムス監督もまた、優れた手腕の指導者だ。 3位だった15年大会後、成績が低迷したチームを18年から指揮。 フォワードのコリシを南ア史上初の黒人主将に据えるなどして、短期間でチームを立て直した。 今夏の南半球4か国対抗戦で初優勝を果たした。 W杯では初戦こそニュージーランドに敗れたが、そこから徐々にチームの一体感を高め、決勝トーナメントでは日本とウェールズを退けて決勝に駒を進めた。 南ア代表フォワードだった現役時代から、堅実な戦いを志向してきたラガーマンだ。 ハイパントを多用し、大きくて強力なフォワードが落下点になだれ込むシンプルなラグビーで勝ち上がった今大会の南アには、彼のカラーが濃厚に出ている。 コルビやマピンピら快足バックスを走らせてトライを重ねることもできるあたり、一時期の南アに欠けていたスピード感も備わっている。 チームの完成度は、エディーのイングランドに勝るとも劣らない。 「9番」「キック対応」「ゴールキック」が勝負の分け目 パスを出す南アのデクラーク(ウェールズ戦で) 勝負を分けるポイントは、3点あると私は思う。 一つ目は、背番号9番をつけて密集からの球出しを担うスクラムハーフの出来だ。 両チームともバックスの防御に隙がなく、ほぼ互角の強力フォワード陣を擁するだけに、まずはスクラムやラインアウトからフォワードが突進を繰り返して少しでも前にボールを運び、防御にほころびが見つかればバックスへ展開するという戦い方になるだろう。 イングランドのヤングズ、南アのデクラークは、ともに動きがよく、優れた戦術眼を備えた9番だ。 よりうまくフォワード陣の力を引き出し、80分間に数えるほどしかなさそうなバックスへ展開するチャンスを目ざとく見つけ出せるのは、果たしてどちらか。 キック攻撃への対処を、二つ目のポイントに挙げたい。 イングランドはヤングズのほか、10番のフォード、12番のファレル、15番のデーリーにもいいキックがある。 南アはデクラークがハイパントを上げる場面が目立つが、10番のポラード、14番のコルビ、15番のルルーも優れたキッカーだ。 蹴り合いになる時間帯が、きっとたびたび訪れる。 落下点での激しいボール争奪戦でミスを犯せば、それは失点や逸機に直結する。 両チームの15番が中心となるキック捕球と蹴り返すキックの精度は、試合の流れを左右するはずだ。 そして、三つ目はゴールキックだ。 防御の堅い両チームの対戦だけに、おそらくトライは1本ずつくらいしか奪えず、10点台同士で競り合うロースコアの勝負になる。 そんな試合で勝利をたぐり寄せるのは、コンバージョン(トライ後のゴールキック)をしっかりと決め。 貴重なペナルティーゴールを外さなかったチームだ。 フォード(イングランド)とポラード(南ア)という名手の対決に注目したい。

次の