ズボラ ストレッチ。 【1週間チャレンジ】脚やせ お腹痩せ|ズボラストレッチで寝ながら脚やせ|note

ズボラでもできる!肩甲骨ストレッチのダイエット効果

ズボラ ストレッチ

開脚前屈できない男…日進北口えがおの接骨院 院長のオシ先生です。 体を酷使する作業をされているみなさま、疲労で筋肉がガチガチになってませんか? 事務仕事でパソコンの前から離れられないみなさま、運動不足を自覚してたりしますか? 体は(筋肉は)使い過ぎても、動かなくても固くなってしまいます。 固まった筋肉が何を引き起こすか…そう、 痛み です。 痛みの程度はそれぞれですが、肩こりで肩が…腰痛が…頭痛や足がつる原因にもなりますね。 そして状態がもっともっと悪くなると… ぎっくり腰や 寝違えなどの強い痛みが発生してしまいます。 そうならないためにマッサージや整体に通っている方もいますね。 ですが、忙しい毎日でその時間が取れなかったり、週一の治療じゃもう体が回復しきれないなんてこと、ありませんか? 今回の記事は自宅でしてもらいたい最低限のストレッチ体操 通称 ズボラ体操を紹介します。 これだけやっておけば大丈夫!!の体操ではありません。 せめてこれだけはやっておいて欲しい、そんな思いを込めた体操です。 みなさまの健康に少しでも役立つことを願います。 えがおの接骨院で大活躍中の高周波EMSテクトロン。 頼もしい相棒を絶賛している記事はこちらです 目次はこちら• ストレッチのお約束 まず最初にこれだけは伝えておかなければいけません。 この約束は世の中に山ほどあるどんなストレッチや体操にも当てはまります。 それは… 正しい形を常に意識して行うこと です。 何の気なしに伸ばすだけ、動かすだけでは効果は得られません。 自分がいまどこを伸ばしているか、どの関節を動かしているかを意識しましょう。 そして正しい形とは、足の向きや姿勢などの軸を崩しちゃだめですよーということです。 頑張り屋さんや体の固い人にありがちなんですが、先生の見本に近づけようとして曲がっちゃいけない足が曲がっていたり、動かすことに夢中になりすぎて猫背になって姿勢が悪くなってたりすることが多くあります。 これは悪い頑張りです。 せっかく体のために体操しているのに逆に痛めてしまう可能性があります。 この記事のサムネ画像、覚えていますか?私が一生懸命に体を伸ばしているイラストですが、あれが ダメの見本ということになります。 そのいきたい方向に正しい力を加えていれば、少しずつできるようになります。 速さもゆっくりで構いません。 例えばラジオ体操って意外とペース早いですよね?あわてて焦ってついていくことより、じっくりと自分のペースを守って運動することが一番大切です このお約束はこのさき何度も伝えていくと思います。 それほど大事な約束なんです。 まずは体幹から伸ばそう 今回紹介する体操はどれも床で行います。 手を伸ばしたり足を広げられるスペースを確保して行ってください。 まずは片足は伸ばして広げ、片足は曲げた状態にして、伸ばした足に向けて体を倒していきます。 絵で解説すると、こんな感じです 勢いはいりません。 息を吐きながらゆっくり伸ばすのがポイントです。 赤いラインで示した部分が伸びてる感覚があれば十分効果があります。 体が固くて全然いかなくてもいいんです。 この絵に近づけるよう少しずつ頑張ってください。 左右ともに5秒ワンセットで3回〜5回、伸ばせればOKです。 次は万能、ネコのポーズ つぎにするストレッチは、ヨガでおなじみのネコの伸び〜っとするポーズです。 イメージが湧かない方も大丈夫。 絵を描きましたのでご覧ください 見れば、ああこれか、と分かる方も多いんじゃないですか? 正座をした状態から手を前に出し、体を後ろに引くようにグーッと伸ばします。 この動きのポイントは手を前に伸ばすのではなく、体(お尻)を後ろに引くことです。 両腕の付け根(肩甲骨)あたりに刺激があればOKです。 これはゆっくり10秒くらい伸ばすといいでしょう。 注意 : 正座が難しい方やうまくこのポーズが取れない方は、壁に手をついても同じことができます。 壁に手をついた状態で体を下方に下げれば、同じ効果のストレッチになります。 最後は体を反らしましょう 事務仕事など手を前に出して仕事をする方には難しい動きかもしれません。 ですが、難しいからと放っておくと本当にできなくなりますよ?そして 完全体の猫背 の出来上がりです。 猫背が体におよぼす不調については後日また記事にしますが、背中が丸まって良いことは何もありませんので、出来る出来ないにかかわらずこのポーズにチャレンジしてください。 図では長座の姿勢になっていますが、イスに座ってもできるストレッチです。 手を体の後ろで組んで、その手を返します。 それだけでも肩甲骨周囲にギュッと刺激が入ります。 そこにアゴを上に反らす動きを加えましょう。 気分はセルフキャメルクラッチ(プロレス技)ですね! 普段ずっと縮んでいた筋肉と関節が伸びるのを感じてください。 余裕のある方は組んだ手を上方に上げていくと刺激が増えていきます。 首の前がつりそうだったり、首が痛くなりそうな予兆があったときはすぐに姿勢を元に戻してください。 深呼吸はいつでも大事なことです ストレッチとしては上記の3つでおしまいです。 まず吐いて、そこから大きく吸って、吐いて…を3〜5回行います。 この深呼吸はいつ、どんなときもやって良いことの1つです。 ストレッチ後だけではなく、思い出した時にやってあげてください。 これぞズボラの哲学 この3つの体操は、できるだけ少ない負担で多くの効果が出るようにと選んだ体操です。 ストレッチ系の体操なんて他にもいっぱいいっぱいあって、そのどれも体には良いんだけど全部はできないし…。 じゃあ、そこから良いとこだけ抜きとって、基本の簡単なヤツだけやってみようよ!って考えから生まれたのがズボラ体操です。 まずはここからやってみてください。 取っ掛かりとしては十分な体操です。 肩こりや腰痛にも効果があります。 ズボラから健康へ!えがおの接骨院は楽して元気になる方法をずっと考えています。 ~お知らせ~ えがおの柔整師ことオシ先生です さいたま市北区日進町で地域のみなさまの毎日を笑顔で元気にするべく日々奮闘しています あなたのお悩みは何ですか? これ、なんだろう? ちょっとヘンだな? どこに相談したらいいのかな? そんなときは私にご相談ください このサイトのお問い合わせフォームやLINE、直接のお電話など、どの方法でも大丈夫です 現状ではLINEが1番確実です。

次の

ズボラストレッチの教科書|ズボラストレッチで寝ながら脚やせ|note

ズボラ ストレッチ

加齢とともに垂れていくお尻。 それに伴い、むくんでパンパンになっていく足…。 そんな下半身の悩みを、1分のストレッチで解決してくれる方法があった!? イケメン整体エステティシャンの大澤隼人さんが考案した、姿勢の崩れを改善するメソッド「姿整美(しせいび)」を動画と共に紹介するこの連載。 これまで紹介した、整体とエステティックの両面を知り尽くす大澤さんだからこそのアプローチは実にお見事だったが、今回のストレッチは、1分で美脚やヒップアップも叶えてくれるから一石二鳥感がハンパない! 第6回目となる美脚&ヒップアップ編の指南を受けるため、日本一ズボラなアラサーライターのFが今回も大澤さんの元へ。 手を伸ばせばPC、筆記用具、スマホ、テレビのリモコン…、何もかもが半径50cm以内で揃う自堕落な生活を邁進中の筆者だ(アラサー&独身)。 そんな生活を長い間続けたある日、鏡の前で愕然とする。 「尻が重力の言うことをきいてしまっているじゃないか!」と…。 それに加え、日頃の運動不足がたたって足がパンパン! 足と足の間に隙間がないのだ。 「加齢は重力にあらがえない。 はい、もうオワタ〜」。 半ばあきらめモードでそうつぶやくと、またしてもあの男が初夏の風をまといながら登場する。 そう、イケメン整体エステティシャンの大澤さんだ。 「大丈夫です! 何もかも投げ出したくなっても、またちょっとずつ始めていけばいいだけですから。 今日は、そんなめんどくさがり屋さんのかたに、一度で二度おいしいストレッチ方法をご用意しましたよ(キラッ)。 たった1分の動きでヒップアップも美脚も叶えていきます」 心が荒んでいる日は特に、複数のストレッチとは向き合えないもの。 大澤さん、女心をよくわかっていらっしゃる! 1分だけ、しかも1回で2つの部位にアプローチしてくれるなら、ちょっとやってみようかなと思えてくるのだから。 【2】足の指を立てて、そのまま30秒キープする。 【3】息を吐くと同時に、上体を垂直に持ち上げていく。 デスクワークで凝り固まった下半身の血の巡りがよくなっていくのがわかるではないか! 「それはよかったです(ニッコリ)。 靴を履くことで足指が縮こまっちゃうし、日常生活において足の裏側を伸ばすことはなかなかないですよね。 でも足って、第二の心臓とも言われる重要な存在。 だからしっかりと温めてほぐしてあげることが大切なんです。 【2】の動作で足指に体重をかけるだけでもストレッチ効果がありますし、【3】で上体をアップダウンさせることで、足とお尻の筋肉を刺激します。 これで内転筋が鍛えられるし、お尻の穴を閉めることを意識しながらやると骨盤底筋群という筋肉が締まるので、美脚とヒップアップの効果が期待できますよ。 これを1日1分間やってみてください」 簡単な動きなのに、お尻や足のいろんな筋肉にアプローチしてくれるという今回のストレッチ。 一度で二度おいしい、なんともありがたき1分間! そしてちょっとだけでも体を緩めてあげると、気持ちも前向きになるというプラス効果も。 ズボラでめんどくさがり屋な筆者にもぴったりで大満足だ。 この人に聞きました:大澤隼人さん おおさわ・はやと。 1982年生まれ。 エステティックと整体を融合させた技術「姿整美」の考案者。 現在、表参道にてトータルビュティーサロンを経営。 「姿整美」が学べるエステティックスクール「姿整美COLLEGE」開校。 著書『たった1分 小顔になる!ウエストがくびれる!鎖骨まくらダイエット』(青春出版社)など。 撮影/黒石あみ 取材・文/船橋麻貴.

次の

ズボラでも続く!壁を使った開脚ストレッチで下半身痩せと綺麗な脚を目指せ!

ズボラ ストレッチ

男性でも女性と同じ効果があります。 男性も日頃の姿勢が悪いと骨盤は開いたり、ねじれたり歪んでしまいます。 日頃遅くまで仕事で運動不足になりがちな方にもおススメいたします。 デスクワークで座りながら行うことでカバーできます。 ちょっとした体のケアが数年先の自分への投資だと思ってください。 【最後に】まとめ ストレッチや体操は無理に時間を作って行うことでもありません。 座りながらでも簡単に行えるからです。 気が付いたとき、疲れたときにすぐに取り入れることができます。 座りながら、寝ながらでも毎日継続することが大切です。 筋肉や関節を伸収縮させることで血行が促進され、代謝があがり、瘠せやすい体質に改善されていきます。

次の