モンスト 状態異常。 【モンスト】回復の効果解説と所持キャラ一覧

【モンスト】一ノ獄/禁忌1攻略|勝てない人が勝てる3つの対策

モンスト 状態異常

被ダメージに注意しよう! 禁忌1では毒のダメージが非常に大きい。 全員毒がまんをつけたうえで挑戦するのが望ましいが、厳しい場合は必ず状態異常回復持ちを編成するか、HPが2倍になるSPアイテムで対策しよう。 状態異常回復で逐一治すのでは手が回らなくなるため、勝てないときは全員(もしくは最低自陣の3体)に 必ず特級以上の毒がまんのわくわくの実をつけて挑もう。 毒がまんなしでの攻略は相当厳しい。 毒がまん持ちが2体しかいない• 毒がまんをつけていても負けることがある こういった状況に悩んだ時はHP2倍アイテムを使っておくと、各段に攻略が楽になる。 ユミルが怒り状態だとこの毒メテオの被ダメージはかなり大きくなるため、一気にHPを削られてしまう恐れがある。 初ターンは必ず雑魚処理に集中し、ユミルは攻撃しないようにしよう。 そうすることで、不利な状況に陥るのを防ぐことができる。 毒がまんをつけていないキャラが毒を受けた場合は、状態異常回復ですぐに毒を治しにいく• 近い場所にいる倒しやすい雑魚から倒す• ブロックとの間に挟まると敵を倒しやすい• 毒がまんをつけていないキャラが毒を受けた場合は、状態異常回復ですぐに毒を治しにいく• 近い場所にいる倒しやすい雑魚から倒す• ブロックとの間に挟まると敵を倒しやすい• ユミルは初ターンで全体に毒メテオを打ってくるが、HP残量やユミルの怒りの状態によっては即死につながることもあるため、最初はユミルを攻撃しない方が良い• 毒メテオで受けたダメージは、最初のみ張られるヒーリングウォールで回復する• 毒がまんをつけていないキャラが毒を受けた場合は、状態異常回復ですぐに毒を治しにいく• 近い場所にいる倒しやすい雑魚から倒す• ブロックとの間に挟まると敵を倒しやすい• ユミルは8ターン目で自身を攻撃力アップさせるため、それまでに突破する• ユミルは初ターンで全体に毒メテオを打ってくるが、HP残量やユミルの怒りの状態によっては即死につながることもあるため、最初はユミルを攻撃しない方が良い• 毒メテオで受けたダメージは、最初のみ張られるヒーリングウォールで回復する• 紫ドクロでブロックが上がり、すでに上がっていたブロックは下がる• 毒がまんをつけていないキャラが毒を受けた場合は、状態異常回復ですぐに毒を治しにいく• ブロックとの間に挟まると敵を倒しやすい• ユミルは8ターン目で自身を攻撃力アップさせるため、それまでに突破する• ユミルを倒すと雑魚は撤退するため、ユミルを特攻できそうな配置のときは特攻した方が効率が良い• ユミルは初ターンで全体に毒メテオを打ってくるが、HP残量やユミルの怒りの状態によっては即死につながることもあるため、最初はユミルを攻撃しない方が良い• 毒メテオで受けたダメージは、最初のみ張られるヒーリングウォールで回復する• 紫ドクロでブロックが上がり、すでに上がっていたブロックは下がる• 毒がまんをつけていないキャラが毒を受けた場合は、状態異常回復ですぐに毒を治しにいく• ブロックとの間に挟まると敵を倒しやすい• ユミルは8ターン目で自身を攻撃力アップさせるため、それまでに突破する• ユミルを倒すと雑魚は撤退するため、ユミルを特攻できそうな配置のときは特攻した方が効率が良い• ユミルは初ターンで全体に毒メテオを打ってくるが、HP残量やユミルの怒りの状態によっては即死につながることもあるため、最初はユミルを攻撃しない方が良い• 毒メテオで受けたダメージは、最初のみ張られるヒーリングウォールで回復する• 紫ドクロでブロックが上がり、すでに上がっていたブロックは下がる• 毒がまんをつけていないキャラが毒を受けた場合は、状態異常回復ですぐに毒を治しにいく• ブロックとの間に挟まると敵を倒しやすい•

次の

【モンスト】一ノ獄/禁忌1攻略|勝てない人が勝てる3つの対策

モンスト 状態異常

好きな撃種は貫通タイプ。 「高難易度クエストで活躍できるかどうか」を重点的にチェックするタイプ。 たとえ汎用性が低くても、特定のクエストで大暴れするキャラに高い点数を付けることが多い。 ブラボー成田: 【7. 5点】 基本5. 0点に【プラス点】と【マイナス点】を加味して得点を出します。 0点】 【マイナス点】 ・なし 【コメント】 トータルで 7. 5点です。 アビリティの「 回復」や友情コンボの「 状態異常回復ブラスト」SSで被ダメ軽減をしたりと、 サポートに長けたキャラとなりました。 砲撃型ですが現環境では、まずまずといった友情の威力です。 回復や状態異常回復が輝くクエストが登場した場合、大活躍するかと思われます。 アルト: 【8. 地雷とワープに対応可能。 そして「回復」のアビリティで、ふれた味方のHPを回復することができます。 また友情コンボは「8方向レーザー」にグレードアップ。 さらに「状態異常回復ブラスト」が追加されました。 HPと状態異常の両方を回復できる能力を持つキャラは希少です。

次の

【モンスト】回復・状態異常回復所持キャラ一覧

モンスト 状態異常

伝染霧は、伝染霧を放つ敵の 1番近くにいるキャラに放たれ、その後同じキャラへと伝わっていきます。 【例】 1. 「蓬莱」の1番近くにいる「キャラA」に伝染霧の攻撃が放たれる。 同じキャラである「キャラA'」に霧が伝染する。 例えば1体なら5000ダメージのところ、2体の場合だと2倍の10000ダメージになります。 同じキャラの数に比例して、被ダメージ量が多くなるので注意。 また、以下の場合、同じキャラでも別キャラ扱いとなり、霧は伝染しません。 「進化」「神化」「獣神化」 2. 「MV」「クリスマス」「ハロウィン」などのイラスト違いのキャラ 簡単にまとめると、霧は 図鑑No. が同じキャラに伝染するということです。 毒攻撃の代表的な対抗手段である、 ハートの取得による毒状態の解除や、 「毒がまんの実」による被ダメージの軽減はできません。 感染状態となる条件として以下が挙げられます。 ・敵から感染毒の攻撃を受ける。 ・感染状態のキャラに当たる。 ・感染状態のキャラが他の味方に当たる。 また、毒へのもう1つの対抗手段である 「状態異常回復」のアビリティで感染状態の解除ができます。 しかし、「状態異常回復」のアビリティを持つキャラが感染状態の時に味方に触れると、触れた味方の毒を解除できず、 触れた味方が感染状態となってしまうので注意しましょう。 【例】 1. 「状態異常回復」のアビリティを持つ 「ミカエル」が感染状態。 感染状態の 「ミカエル」が他のキャラに触れる。 感染状態のキャラは毒が解除されず、非感染キャラは感染状態となる。 感染毒の対策 感染毒の対策として、以下のようなものが挙げられます。 「状態異常回復」のアビリティを持つキャラを編成する。 1の場合、感染毒攻撃のタイミングを把握し、感染状態を解除できるようにする。 感染した味方に触れないようにしてショットし、感染を広げないようにする。 先述した通り、感染毒の対策としては「状態異常回復」のアビリティが筆頭ですが、しっかりと 感染状態を解除できる状況を作ることを忘れずに。 例えば 「ダイナ[原始竜の黒い翼]」では、ステージ最初のショット後(初回1ターン、以降2ターン)に「感染毒」の攻撃があるので、「状態異常回復」を持つキャラか、その2手先のキャラでステージを突破することが重要となります。 編成を例に挙げて紹介すると以下のとおり。 【例】 1. 「アーサー」2. 「ミカエル」3. 「ウリエル」4. 「パンドラ」の編成の場合、 「ミカエル」か 「パンドラ」でステージ突破。

次の