シリウス スイトル。 シリウスの掃除機スイトルの評判と口コミ「ダイソンでも使えカーペットも水洗い出来る話題の製品」

家の掃除機を使ってシリウスのスイトルで普段洗えない所を水洗い♪

シリウス スイトル

シリウスのスイトルはダイソンや他の掃除機(コードレス)でも使える? どの掃除機にもスイトルはつけれるのか? これってとても大事ですよね。 そこで、スイトルがつけれる掃除機についてご紹介していきます。 スイトルを装着出来る掃除機は• 日本メーカー製の床移動タイプの掃除機• ダイソン社製の床移動タイプの掃除機 です。 あくまでも• 日本メーカーのスティック型やロボット型• 海外メーカー製のスティック型やロボット型• ダイソン以外の海外メーカーの床移動タイプ の掃除機には使用できませんので気を付けて下さい。 シリウスの掃除機スイトルのデメリット スイトルは、あくまでオプションだと思っていますので、デメリットというデメリットはないと感じます。 デメリットを強いて言うなら、• 水を使っての掃除ですので掃除後の乾燥作業が必要• スティック式の掃除機にも付けたい の2点ですかね。 水を使っての掃除ですので、掃除後の乾燥作業が必要に関してですが 絨毯など毛の長いカーペット類、布団にはどうしても水分が残ります。 掃除後にタオルなどをあて乾かすなどの処理が必要ですのでこの点は頭に入れて購入をしてもらいたいですね。 口コミでも ペットが時々絨毯に粗相をしたり、人間が飲食物をこぼした時の処理用に購入しました。 使い方は簡単で、汚水入れにペットの尿混じりの水が溜まるので効果はあると思います。 が、テレビやネットで見ている印象より水分が残るのが不満です。 メーカーにも問い合せましたが、水分は残るのはしょうがないとの回答でした。 絨毯が厚手ということもあり、使用後の乾燥が結構大変です。 今まで薄目の洗剤を吹き付けてペットシートや新聞で水分を取っていた時と大変さはさほど変わらないかも・・・。 期待値が大きかっただけに失望感も大きいです。 でも使いどころなどによってはとてもいい商品なのだろうとは思います。 値段も結構したので手を出すのが少し早すぎたようです。 総じて画期的ないい商品だとは思いますが、思い込みは禁物だと勉強になりました。 これからいい使いどころを見つけたいと思います。 引用:モノタロ このような物を確認しております。 スティック式の掃除機にも付けたいに関してですが スティック式の掃除機を自社で開発しておりますので、このデメリットを補いたいと考えたのではないでしょうか? しかし、これを踏まえると、シリウスって商売上手だなって感じます。 なぜなら、 見事スティック式の掃除機すき間市場に入り込んじゃいました 笑 ステック型のスイトルはとても便利です。 引用:シリウス スイトルの問い合わせ先(シリウスのコールセンター) スイトルの掃除機についてのお問い合わせは シリウスのコールセンター TELL: 0120-914-649 FAX: 0120-914-650 シリウスコールセンターまでご連絡ください。 まとめ シリウスのスイトルは、シンプルで使いやすい商品です。 いままで取れなかった、水分の混ざった汚れもスイトルを使うことにより、簡単に取ることができます。 そんなシリウスの評判や口コミですが メリットとしては 水洗い出来ないカーペットなどの簡易水洗い掃除が出来る これにつきます! デメリットについては• 水を使っての掃除ですので掃除後の乾燥作業が必要• スティック式の掃除機にも付けたい の2点になります。 メリット・デメリットを踏まえた上で、スイトルが必要なのかを再確認してからご購入して頂たいと思います。 シリウスのスイトルの購入はこちらから.

次の

株式会社シリウス/水洗いクリーナーヘッド「switle」(スイトル)|中小企業支援|東京都産業労働局

シリウス スイトル

スイトルは、有限会社川本技術研究所(所在地:広島県福山市、代表:川本栄一)が開発した「アクアサイクロン技術」を搭載し、カーペット・畳・マットレスや、洗濯ができない大物ファブリック製品の、従来の掃除機ではむずかしかった汚れやしつこいシミなどを部分洗いして、きれいに吸い取ります。 また同梱している「除菌水の素(弱酸性次亜塩素酸水・除菌水生成剤:商品に試供品同梱)」を併用することで、ニオイや雑菌もきれいに消臭・除菌します。 気になる汚れは、すぐにキレイにしたい------。 頑固なヨゴレも、水を吹き付けキレイにスイトル。 ヨゴレもニオイも水の中。 汚れた水はそのまま捨てる。 スイトルまるごと水洗い。 小型・軽量 1. 持ち運び簡単、操作も簡単。 2)掃除機をONにすれば自動的に"水洗い運転"を開始。 3)終わったらカバーを開けて汚水を捨てるだけ。 丸ごと水洗いが可能です。 *公式動画は右記をご覧ください。 1)「湿式吸引技術」 対象となる汚れにノズルを当てると、瞬時に自動的に水が噴射され、汚れを洗浄しながら吸引します。 カップスープやインスタントラーメンなどの固形物も強力に吸い取ります。 対象からノズルを離すと自動的に噴射を停止します。 一瞬のタイムラグもないため、水漏れなどはありません。 2)「液体分離技術」 風圧を利用してカバー部のターボファンユニットを回転させ、汚水をクリーナーヘッド内部に吸い上げて水と空気に分離します。 空気のみがダクトを通じて、クリーナーヘッドと接続した掃除機本体側へと流れます。 汚水はクリーナーヘッド内部の汚水タンクに溜まり、手を汚す事なく捨てられます。 3)「汚水しみ上がり防止技術」 従来の湿式掃除機において、最大の技術的課題は汚水の浸入でした。 この浸入経路は外壁とファンの隙間です。 外壁との間に隙間がなければ、ファンが固定されて回転できません。 スイトルでは外気から取り込んだ空気を「逆噴射ターボファンユニット」で吸引と逆方向の風を起こして、空気の壁(エアシール)をつくり、この隙間を完全に塞ぐことなく、壁伝いにしみ上がってくる汚水を押し戻して浸入を防ぎます。 その他、本体が倒れた場合などに汚水の逆流を防ぐ「逆流防止弁」は実用新案特許を取得しており、二重・三重の安全対策を施しています。 機能説明画像1 機能説明画像2 本製品は2016年10月に実施したクラウドファンディング()において、募集開始後、一日で目標金額100万円に到達し、終了時には1160万円を調達しました。 スイトルに搭載した技術発明は川本栄一氏、プロダクトデザインは電動義手「HACKberry」やVR空間で触覚を体感できる「EXOS」を開発したスタートアップ、イクシー株式会社・小西氏、製造設計は元三洋電機・回転機事業部技術陣を中心にユウキ産業株式会社、コンセプト開発・ブランディングを未来予報株式会社が手がけています。 スイトルの技術の考案者。 20年以上水掃除の研究開発を続け、水を吹きつけながら吸い取るノズルの機構、空気と汚水を完全分離する特殊なファン等を開発。 図面を引かず、感覚と手作業で試作を繰り返す独自の開発技法でスイトルの原理試作を制作。 パナソニックデザイン部門を退職後、イクシー株式会社を山浦博志氏、近藤玄大氏らと設立。 3Dプリンタで出力可能な電動義手「HACKberry」やVR空間で触覚を体感できる「EXOS」を開発し、iF Design Award並びにGOOD DESIGN AWARDで金賞を受賞。 国内外で評価されている。 スイトルのプロダクトデザインを担当。 三洋電機出身の技術者をメンバーに加え新たな分野への進出をめざします。 海外スタートアップのリサーチを強みに、新製品・新サービスに特化したコンセプトデザイン・ブランディングのソリューションを提供。 新しいアイデアで日本の家電業界に新たな価値を創造したいという想いから、オリジナル家電の開発にも注力。 これまでに、除菌水の力で空気を洗う空間清浄システム「J-Boy」などを開発・製造。 今後も大手家電メーカーにはできない開発方法と、販売手法に挑戦します。 6kg(ホース含む) 素材 :ABSほか タンク容量 :清水タンク 500ml 、汚水タンク FULLラインで600ml 適用掃除機 :吸引仕事率170W以上の床移動型キャニスター掃除機 27mm〜42mmの丸型菅に接続可能 プレスキット: シリウスコーポレートサイトURL: シリウスECサイトURL: <本件に関するサプライヤー様のお問い合わせ先> 担当:大野 Tel:03-5817-4474 E-mail:info sirius-agent.

次の

ヨドバシ.com

シリウス スイトル

スイトルはドコが作ってる? スイトルは株式会社シリウスという会社が作っています。 そんな聞いたことのないメーカーが作っている製品なんかで大丈夫? なんて心配する人もいるかもしれませんが、この(株)シリウスは成人以上の日本人なら大抵は聞いたことがある家電メーカー 「SANYO」で働いていたスタッフがクラウドファンディングで資金を集めて元一流企業のスタッフが「日本の家電を再び元気にさせたい」という理念の元、立ち上げた会社なのです。 わけの分からな海外の安いだけがウリの会社とは違いますので出処は安心できますネ! スイトルの評判は様々なメディアでも紹介され話題になっています。 梅沢富美男&みやぞん、家電を買うで紹介され話題になりました。 その後、多くの雑誌や番組などでも紹介されています。 スイトルの実力は? YouTubeからスイトルの実演動画を紹介しています。 スイトル動画 switle(スイトル)|世界初の水洗いクリーナーヘッド 掃除機用水洗いヘッド「スイトル」がカーペットの粗相を解決。 2kg 本体 1. ですが、基本的にシリウスは置いた状態で使いますから重さに関してはそれほど抵抗を感じないでしょう。 スイトルの口コミ なかなか綺麗にはなりますが掃除の後、思った以上に濡れているのでそこがたまにキズ。 ソコが気になる人はスチームタイプのクリーナーのほうがいいかもです。 スイトルの適合する掃除機 スイトルは国内で生産販売されているキャニスター型の掃除機に取り付け使用することができます。 スイトルには動力や電子部品はありませんので、ホースの結合部分が合えば問題なく使用できます。 タイムラグは全くありません。 ヒミツはスイトル独自の特許技術を取得した噴射ノズルと逆噴射ターボファンユニットにあります。 スイトルから掃除機本体に水が漏れないようにホースにも安全装置が施されています。 スティックタイプやロボット型掃除機には使えません。 ダイソンもキャニスター型なら問題なく使用できます。 スイトルの運転可能時間はどれくらい? スイトルの給水タンクいっぱいで500ml。 吸引する掃除機本体のパワーによって変わりますが、連続使用で約1分~3分程度です。 吸引力の強い掃除機を使うほど運転時間も短くなります。 スイトルの販売価格 スイトル公式サイトで販売価格を確認しました。 ¥19,800(税抜き) ¥21,384(税込み) 別売り部品として、一部特定メーカー用の接続用継ぎ手が発売されています。

次の