ワンピース ホワイティ ベイ。 白ひげ海賊団傘下

ワンピース〜IFストーリー〜

ワンピース ホワイティ ベイ

『ワンパンマン』と同じ筋トレメニューを実践した結果wwwwwwwwww• 【厳選】デスノートのコラ画像、今思えばめちゃくちゃクオリティ高かったよな• アベンジャーズの最強ラスボス・サノスさん、クソ雑魚だった事が判明・・・・• ジャンプで打ち切られた作者さん、とんでもないことを告白する・・・・・• 【朗報】ジャンプの女性作家が有能すぎる件• ヒロアカのキャラでとあるの「一方通行」にどれくらい通用すると思う? 【比較】初期から最も画力が上がった漫画家が凄すぎるwwwwww• 【画像】 矢吹健太朗先生、復帰したジャンプで神業を披露してしまうwwwwww• 漫画史に残る最終回がついに決まってしまう・・・・• 【画像比較】人気漫画の「黙れ」シーンをご覧くださいwwwwwww 関連記事.

次の

白ひげ海賊団傘下

ワンピース ホワイティ ベイ

ワンピース57巻より引用 氷の魔女ホワイティ・ベイの外見表現はこんな感じだった! ホワイティ・ベイは白ひげ海賊団の傘下の海賊団で船長を務めており、エース奪還をかけた頂上戦争でも援軍にかけつけてくれました。 砕氷船とは水面の氷を割りながら進む船のことで、現実世界においては北極海や南極海、凍結した河川など氷で覆われた場所を航行するために設計されている船のこと。 数少ない女性船長の上に砕氷船という特殊な設備まで持っているわけです。 そんな中、ここ最近では白ひげ海賊団にまつわるエピソードが噴出。 【スポンサーリンク】 エドワード・ウィーブルの残党狩り 黄猿とその部下の会話によると、白ひげ海賊団傘下の船長は既に16人やられている模様。 ワンピース802話より引用 白ひげ海賊団傘下の船長は既に16人やられている…! 上記のカットで、既に16人が倒れていることが判明しています。 この中にホワイティ・ベイがカウントされてなければ良いんですが。 「その町ごと吹き飛ばす」といったやり口は、ゾウを襲撃している旱害のジャックさながらの横暴ぶり。 あと、何かしら 町ごと吹っ飛ばす兵器などを持ってそうな感じ。 ホワイティ・ベイの一味がどのくらいの戦闘能力を持っているかは現在のところ不明ですけど、強力な兵器で不意打ちされたらさすがに持たないんじゃないかなぁ。 バトワンとしてのなんとなく参加してそうだな〜、と感じるキャラは以下のような感じ。 不死鳥のマルコ• ダイヤモンド・ジョズ• 花剣のビスタ• 遊騎士ドーマ• 雷卿マクガイ• しかし、逆にこれは彼等に 「危険フラグ」が立っていることも意味しているような気がしていて。 これらのメンバーは黒ひげ海賊団に惨敗した・・・ということになっているはずなんですよね。 キャラ設定が濃くて人気も高そうな船長達なだけあって、黒ひげに敗北してそのままエースのように・・・といった展開だけは避けて欲しいところ。 マルコとの再会は 「誰が無事なのか?」を確認するためにも重要であると考えられるような気がしますね!.

次の

ワンピースネタバレ考察964話最新話おでんとトキは海外で出会う?

ワンピース ホワイティ ベイ

海軍本部のマリンフォード…。 エースが処刑されようとしていたとき、白ひげ海賊団が現れ、海軍と激突する。 海軍だけでなく、ミホーク、ドフラミンゴ、くま、モリア、ハンコックという王下七武海がいる。 ビッグマム海賊団最高幹部のスイート四将星や、百獣海賊団最高幹部の大看板ほどではないが、ミホークだけは別格なようだ。 戦いの中、途中からルフィが現れた。 ルフィは両軍の間で台風の目となっている。 中盤になると、白ひげ海賊団はオリス広場の上陸し、白ひげ海賊団傘下の海賊団も次々と上陸する。 パシフィスタも海賊達を追撃するが、覇気使いの海賊によって撃破される。 ドフラミンゴが白ひげ海賊団の海賊達を一掃しているの中、 「なに!? 」 マルコが強襲。 ドフラミンゴはマルコの蹴り一発でふっ飛ばされた。 「王下七武海のドフラミンゴか…」 「確かこいつはカイドウと裏で取引しているとのことだ」 「イゾウ」 16番隊隊長のイゾウが現れた。 「ドフラミンゴは俺に任せとけ」 「おう」 マルコは先に行った。 「やってくれるな…」 ドフラミンゴが立ち上がった。 「次は俺だドフラミンゴ」 「調子に乗るなよ。 オーバーヒート! 」 「遅い」 「ぐっ! 」 ドフラミンゴは仕掛けるが、イゾウにかわされてしまい、拳銃を一発ドフラミンゴに向けて発砲。 弾丸は命中した。 しかし、様子がおかしかった。 「なんだこれは…力が…」 「どうだ? 海楼石の弾丸は? 」 「なんだと!? 」 イゾウが撃ち込んだのは、海楼石の弾丸である。 「カイドウとの裏取引に関する情報を洗いざらい吐いてもらうぞ」 「くっ! 」 イゾウはドフラミンゴを追い詰めたその頃…。 ルフィがモモンガとダルメシアンの海軍中将の攻撃を受けて、さらに黄猿の攻撃を受けて倒れた。 「ルフィ!? 」 ハンコックは白ひげ海賊団と海軍に無差別攻撃を行い、ルフィのもとに駆けつけようとするが…。 「これ以上、好きにはさせないよ! 」 「!? 」 誰かに顔面に蹴りを入れられて、ハンコックがふっ飛ばされた。 ハンコックを止めたのは、白ひげ海賊団傘下の海賊船長ホワイティベイである。 「よくもわらわの顔を! 」 「海賊女帝というからどんなものかと思ったが、大したことないんじゃないの? 」 「黙れ! そこを通せ! 芳香脚(パフューム・フェムル)」 ハンコックは両足に武装色の覇気を纏わせ、ホワイティベイに攻撃を仕掛ける。 ホワイティベイも両足に武装色の覇気を纏わせて足で攻撃し、ハンコックの技を喰い止める。 お互いの攻撃が激突したが…。 「がっ! 」 ハンコックがふっ飛ばされた。 「まだまだ! 」 ホワイティベイは追撃をかけて、ハンコックにみぞおちを入れる。 攻撃を受けたハンコックは地面に倒れる。 さらに、ハンコックの髪を掴み上げる。 「このわらわが…」 「ハンコックと言ったね。 あんた、四皇の最高幹部と戦ったことはあるかい? 」 「!? 」 「懸賞金8億以上は当たり前。 実力は海軍大将と同等かそれ以上…。 中には、10億超えの化け物もいる。 あたし達はそんな新世界で常に四皇としのぎを削ってきたんだよ! 」 白ひげ海賊団の幹部の多くが王下七武海に匹敵する実力者。 「黙れ! わらわには譲れないものがあるのじゃ! 」 「覇王色の覇気!? 」 そのとき、怒りの頂点に達したハンコックは覇王色の覇気を発動。 周りが倒れる中…。 「驚いたね…」 ホワイティベイはハンコックから距離を取る。 「こっちも譲れないものがあるんだ」 さらに覇気を高めるホワイティベイである。 それから数時間が経過。 ルフィが白ひげ海賊団の援護を受けながら、エースの救出に成功する。 「ルフィ! 」 「エース! 」 戦いを止めたハンコックとホワイティベイは、ルフィの無事とエースの解放に喜びを隠せなかった。 しかし、エースはルフィをかばい、赤犬によって命を奪われた。 これによって、ルフィの精神が壊れた。 (エース…なんでよ…あたしのお腹に…あんたの子どもがいるんだよ…) ホワイティベイもルフィほどではないが、エースの死に深く悲しんだ。 実はホワイティベイは妊娠している。 エースの子どもを身籠っている。 その事実を白ひげ海賊団みんなは知らない。 「(せめて…エースの弟だけでも…)エースの弟だけでも救い出すんだよ! 」 「「「おう!! 」」」 ホワイティベイは海賊達を指揮し、ルフィの救出に全力で取り掛かる。 さらに数時間が経過。 黒ひげティーチが現れ、ニューゲートは落命。 続いて、四皇シャンクスと赤髪海賊団が現れた。 「俺の顔を立ててもらおう! 」 シャンクスは両軍にこう宣言する。 こうして、マリンフォード頂上戦争は終了したのであった。

次の