スマホ クリーナー アプリ。 アンドロイドで『モバイルクリーナーの更新が必要です』と警告!対処法は?

Android「モバイルクリーナーの更新が必要です」警告の原因・対処法

スマホ クリーナー アプリ

もくじ• Androidスマホでアプリをインストール(ダウンロード)する方法 Androidスマホでは、基本的に「Google Play」からアプリを取得できるようになっています。 (NTTドコモの「スゴ得コンテンツ」など通信事業者が提供しているアプリ入手サービスもあります) Google Playからアプリをインストール(ダウンロード)するには、 Androidスマホの「ホーム」画面を開き、「Play ストア」をタップします。 「Play ストア」のアプリを開くと、人気のアプリやおすすめのアプリが表示されます。 まずは、画面上部の検索窓にインストール(ダウンロード)したいアプリ名を入力してください。 (文字入力が面倒な場合は、検索窓の右端にある「マイク」をタップして、音声入力を行ってください) ここでは例として、「Yahoo! 乗換案内」をインストール(ダウンロード)してみます。 「のりかえ」など、大まかなキーワードを入力すれば、「該当するアプリの一覧」が表示されます。 「インストール(ダウンロード)したいアプリ」を見つけたら、それをタップします。 「インストール(ダウンロード)したいアプリ」で間違いないか確認したら、「インストール」をタップします。 「インストール」をタップすると、アプリのダウンロードが始まります。 「インストール」の部分が「開く」に変わると、アプリのインストール(ダウンロード)が完了です。 「開く」をタップすると、「インストール(ダウンロード)したアプリ」が起動します。 アプリが無料か有料かがわからない場合は? アプリの説明画面に「インストール」のボタンがあるものは、基本的に無料です。 逆に、「¥〇〇〇」など価格のボタンがあるものは有料になります。 有料アプリは「価格ボタン」をタップすると、支払い処理が完了した後にアプリがインストール(ダウンロード)されます。 なお、アプリの説明画面に「アプリ内課金あり」という表現があるものは、特定の機能を使うために追加の支払いが必要か、アプリを使い続けるために「毎月いくら」といった定期的な支払いが必要です。 また、無料アプリの中には、別途ウェブサイトなどで支払いが必要なものもあります。 有料のアプリはどうやって買う? 有料のアプリは、クレジットカードやプリペイドカードで購入することができます。 Androidスマホでは、「Googleアカウント」に自分のクレジットカードの情報を登録しておくと、自動的にカード引き落としになります。 また、契約している通信事業者によっては、電話料金と一緒に支払う「キャリア決済」を選べる場合もあります。 コンビニや大型スーパー、家電量販店などで買えるGoogleのプリペイドカード「Google Playカード」を使う方法もあります。 「Google Playカード」に記載されたコードを「Play ストア」のアプリ画面で入力すると、支払った金額が加算され、有料アプリの購入やアプリ内課金に使うことができます。 指定されたカード以外は使えないので注意してください。 有料アプリを削除したら買い直し? Androidスマホから削除したアプリは、もう一度インストール(ダウンロード)すれば再度使えるようになります。 有料アプリの場合も、代金を支払った情報がGoogleアカウントに記録されているので、再度インストール(ダウンロード)する際に、お金を払い直す必要はありません。 なお、アプリ内課金を利用していた場合は、アプリによって対応が異なります。 「購入履歴」を元にアプリ内課金分が復元されるものもあれば、そうでないものもあります。 アプリ内課金分については、アプリを再度インストール(ダウンロード)してから、アプリの運営等にきちんと確認してみてください。 インストール(ダウンロード)したアプリが見つからない場合は? アプリをインストール(ダウンロード)したけど、アプリが見つからない場合は、 Androidスマホの「ホーム」画面を開き、「アプリ」をタップします。 「アプリ」をタップすると、「アプリの一覧」画面が表示されます。 この「アプリの一覧」画面には、Androidスマホにインストール(ダウンロード)してあるアプリが全て表示されます。 アプリが見つからない場合は、この「アプリの一覧」画面で探すようにしてください。 いちいち「アプリの一覧」画面でアプリを探すのは面倒だと感じる場合は、Googleアシスタントを使う方法もあります。 Androidスマホに、「OK Google」と話しかけると「Googleアシスタント」が起動します。 「Googleアシスタント」が起動したら、探しているアプリを起動するよう話しかけます。 ここでは、先程インストールした「Yahoo! 乗換案内」を起動させてみます。 「アプリのYahoo! 乗換案内を起動して」と話しかけ、「このアプリを開く」をタップすると、「Yahoo! 乗換案内」が起動します。 (「アプリのYahoo! 乗換案内を起動して」と話しかけるのは、ウェブサイトの方のYahoo! 乗換案内が表示されるのを防ぐため) 「このアプリを開く」をタップすると、「Yahoo! 乗換案内」が起動します。 インストール(ダウンロード)したアプリが見つからない場合は、アプリの一覧画面から探すか、Googleアシスタントを使うかどちらかの方法を試してみてください。 インストール(ダウンロード)したアプリは自動で最新状態になる? インストール(ダウンロード)したアプリについては、自動で更新する機能を有効にしておけば、自動で最新状態になります。 アプリを自動で更新する機能を有効にするには、「Play ストア」アプリで画面左上の「ハンバーガーアイコン」をタップします。 「メニュー」が表示されるので、「設定」をタップします。 「Google Playの設定」画面が表示されるので、「アプリの自動更新」をタップします。 「アプリの自動更新」をタップすると、「メニュー」が表示されます。 「メニュー」には、• アプリを自動更新しない。 常に自動更新する(データ通信料が発生する場合があります)• Auto-update apps over Wi-Fi only. の3つの動作設定が表示されます。 アプリを自動で更新する機能を有効にするには、「常に自動更新する」と「Auto-update apps over Wi-Fi only. 」のどちらかを選択します。 ちなみに「Auto-update apps over Wi-Fi only. 」を日本語訳すると、「Wi-Fiに接続しているときだけ自動更新する」という意味になります。 「常に自動更新する」を選択すると、アプリのバージョンアップがある場合は、常に自動更新するようになるため、データ通信量が想定していた場合よりも遥かに大きくなってしまう場合があります。 (アプリによっては、バージョンアップの際に相当なデータ通信量を使ってしまう場合があります) Androidスマホのデータ通信量を抑えたい場合は、「Auto-update apps over Wi-Fi only. (Wi-Fiに接続しているときだけ自動更新する)」を選択しておくことをおすすめします。 安全なアプリの見分け方は? アプリをインストール(ダウンロード)する際に、安全なアプリを見分ける完全な方法はありません。 よくわからない公開されたばかりのアプリや累計ダウンロード数が少ないアプリは、インストール(ダウンロード)する際には、よく調べてからインストール(ダウンロード)するようにしてください。 よくわからないアプリをインストール(ダウンロード)する場合、インストール時に表示される画面で、目的と無関係な機能まで使用許可を求められた場合などは、要注意です。 また、ウェブサイトなどで「提供元不明のアプリ」という設定を有効にするよう求められるなど、インストール(ダウンロード)前に通常と違う操作を求めるアプリはインストール(ダウンロード)しないほうが無難です。 危険なアプリをインストール(ダウンロード)させるときによく使われる手口なので、注意してください。 不要になったアプリを削除するには? アプリをインストール(ダウンロード)してみたけれど、もう不要になった・・・という場合は、アプリを削除することができます。 不要になったアプリを削除するには、 「削除したいアプリ」を長押しします。 吹き出しが表示されるので。 「アンインストール」をタップすると、アプリを削除することができます。 関連記事•

次の

スマホをワンタップで冷却!おすすめ冷却アプリ2つを徹底紹介

スマホ クリーナー アプリ

できれば買った時のサクサクした動作を取り戻したいもの。 一部の名称は変わるかもしれませんが、Xperiaでなくても実践できるものばかりです。 写真や動画、ネットからダウンロードしたファイルを見なおして、いらないものは削除していきましょう。 次に、「キャッシュ」と呼ばれるデータも削除します。 これは主にアプリを使用した際に勝手に作られていくデータで、定期的にクリアしてあげる必要があるのです。 「設定画面」>「ストレージ」>「機器メモリー」>「キャッシュデータ」と進んだら、「消去しますか?」>「OK」で削除できます。 2.起動しっぱなしのアプリを終了する 次なるお片づけはアプリです。 言うなれば、朝に使ったままのドライヤーをしまったり、夏場の扇風機を押し入れに戻したりして、部屋の風通しをよくする作業です。 ホーム画面下部のソフトキーから、「ホームキー(家のマーク)」の隣にある「マルチタスク(長方形が重なったアイコン)」をタップすると、実行中のアプリが表示されます。 実はこの画面に表示されているものはすべて起動中。 見えないところで動いていて、そのままにしていると動作を重くする原因にもなります。 Xperiaなら「全アプリ終了」をタップ。 表示されない場合は、アプリ1つずつを「右にスワイプ」すれば、アプリを終了できます。 基本的に、アプリは使ったら使いっぱなしの状態ですから、定期的にしまってあげましょう。 3.不要なアプリを削除/無効化 最近使っていないものや、入れたまま忘れてしまっているようなアプリは、いっそのこと捨ててしまいましょう。 スマホの本体容量の節約になるだけでなく、動作の快適性にもつながります。 削除できないアプリも中にはありますが、その際は「無効にする」をしましょう。 「設定」>「アプリ」>「削除したいアプリ」をタップして「アンインストール」または「無効化」でOK。 使いたくなった時が来たら、ストアから再ダウンロードできます。 無料アプリならもちろん無料で、有料アプリでも再ダウンロードにはお金はかかりません。 また、アプリの中には無効化すると動作に不具合を起こす可能性があるものもあります。 アプリ名に「Google」と含まれているものはシステム関係とつながっていることが多いため、無効にしないほうがよいでしょう。 4.「お掃除アプリ」をインストール 最近では便利な「お掃除ロボット」が家事を助けてくれる存在としてメジャーになってきましたが、スマホでも同じような役割を果たすアプリも存在します。 たとえば、ユーザーから高い評価を得ている『』は、キャッシュの削除、重複している画像の削除、ウイルス感知まで、日常的なメンテナンスをすぐに行えるアプリです。 他にも『』も使用中の容量確認、実行中アプリの停止、キャッシュや履歴の削除などを、ボタン1つで実行してくれて便利です。 5.再起動する 再起動することでスマホ内部のシステムが一旦クリアされたり、最適な設定に戻ったりするため、魔法の杖のように不具合を解消することがあります。 Xperiaであれば、電源ボタンを長押しすると表示されるメニューに「再起動」の選択肢があるはずです。 表示されない機種の場合は、一度電源をオフにして、少し待ってから、再度電源ボタンを押し続ければOK。 6.文字入力のための「キーボードアプリ」を変える 予測変換がイマイチだったりして、文字入力がスムーズにできないのもストレスを感じてしまいますよね。 Androidにはたくさんのキーボードアプリがありますので、自分に合うものを使えば「速くなった!」と感じられることでしょう。 無料アプリなら言葉が豊富で、専門用語や人名変換も優れた『』。 有料アプリではパソコン用ソフトからの長い開発歴と愛用者の多さ、最新の言葉への対応などからも『』。 7.ホーム画面が使いやすくなる「ランチャーアプリ」を試す 自動でアプリを整理整頓したり、見やすくしたりしてスピードアップに一役買ってくれるのが「 ランチャーアプリ」です。 代表的なところでは『』や『』が挙げられます。 色や見た目のカスタマイズをはじめ、ホーム画面におけるアプリの数を変えたり、独自のデザインで目的のアプリを早く見つけやすくなったりと、試してみる価値はあります。 8.「通信量チェック」と「Wi-Fiの活用」でデータ制限を回避 So-netのモバイルサービスのようなMVNOを快適に使いこなすためには、通信量の節約が欠かせません。 速度制限がかかってしまうと、どうしてもゆっくりに感じてしまうもの。 そこで、通信容量がいっぱいになる前にアラートを鳴らしてくれたり、使えるWi-Fiがあった時には自動で切り替えてくれるアプリを利用するのも手です。 以前に「」でも紹介した、Wi-Fiとモバイル接続を自動で切り替える『Smart WiFi Toggler』や、どのアプリのデータ使用量が多いかをチェックしてくれる『』で、データの使いすぎに目を光らせましょう。 スマホ本体はすっきり保つためにも、重たいデータやアプリをSDカードに移してしまいましょう。 4「Kitkat」)では『』など特定のアプリを利用すると、SDカードへデータの書き込みができます。 10.「開発者向け設定」をチューニング ゲームをよく遊ぶ人であれば、この設定を行うことでプレイ中の動作がスムーズになるかもしれません。 この設定は携帯電話研究家の池端隆司さんが紹介していた方法で、手順に沿って行えば、誰でもチューニングできます。 「設定」>「端末情報」>「ビルド番号」を7回タップ。 そうすると「デベロッパーモードが有効になりました」などの通知が表示されますので、あらためて「設定」に戻ると「開発者向けオプション」が追加されています。 ウィンドウアニメスケールを1xから0. 5xへ• トランジションアニメスケールを1xから0. 5xへ• Animator再生時間スケールを1xから0. 5xへ• 「GPUレンダリングを使用」をタップしてチェック• 「HWオーバーレイを無効」をタップしてチェック 11.初期化する 長年使ってきたスマホをサクサクにするための最後の手段は「スマホの初期化」です。 まずは必要なデータのバックアップ(保存)をしましょう。 電話帳のコピーや、写真や動画をSDカードなどに移しましょう。 「」でも紹介した、バックアップを一括で行えるアプリ『』も便利です。 また、SNSのログイン情報のメモや、ゲームアプリなら「データの引き継ぎ」操作も忘れずに。 すべてのバックアップが済んだら、「設定」>「バックアップとリセット」>「データの初期化」で、スマホを買ったばかりの状態にまで戻せます。 アプリを一からセットしなおしてみると、意外に不要だったものが見つかったりすることもあります。

次の

ダウンロードしちゃいけない!注意すべき怖い人気アプリ達!!

スマホ クリーナー アプリ

できれば買った時のサクサクした動作を取り戻したいもの。 一部の名称は変わるかもしれませんが、Xperiaでなくても実践できるものばかりです。 写真や動画、ネットからダウンロードしたファイルを見なおして、いらないものは削除していきましょう。 次に、「キャッシュ」と呼ばれるデータも削除します。 これは主にアプリを使用した際に勝手に作られていくデータで、定期的にクリアしてあげる必要があるのです。 「設定画面」>「ストレージ」>「機器メモリー」>「キャッシュデータ」と進んだら、「消去しますか?」>「OK」で削除できます。 2.起動しっぱなしのアプリを終了する 次なるお片づけはアプリです。 言うなれば、朝に使ったままのドライヤーをしまったり、夏場の扇風機を押し入れに戻したりして、部屋の風通しをよくする作業です。 ホーム画面下部のソフトキーから、「ホームキー(家のマーク)」の隣にある「マルチタスク(長方形が重なったアイコン)」をタップすると、実行中のアプリが表示されます。 実はこの画面に表示されているものはすべて起動中。 見えないところで動いていて、そのままにしていると動作を重くする原因にもなります。 Xperiaなら「全アプリ終了」をタップ。 表示されない場合は、アプリ1つずつを「右にスワイプ」すれば、アプリを終了できます。 基本的に、アプリは使ったら使いっぱなしの状態ですから、定期的にしまってあげましょう。 3.不要なアプリを削除/無効化 最近使っていないものや、入れたまま忘れてしまっているようなアプリは、いっそのこと捨ててしまいましょう。 スマホの本体容量の節約になるだけでなく、動作の快適性にもつながります。 削除できないアプリも中にはありますが、その際は「無効にする」をしましょう。 「設定」>「アプリ」>「削除したいアプリ」をタップして「アンインストール」または「無効化」でOK。 使いたくなった時が来たら、ストアから再ダウンロードできます。 無料アプリならもちろん無料で、有料アプリでも再ダウンロードにはお金はかかりません。 また、アプリの中には無効化すると動作に不具合を起こす可能性があるものもあります。 アプリ名に「Google」と含まれているものはシステム関係とつながっていることが多いため、無効にしないほうがよいでしょう。 4.「お掃除アプリ」をインストール 最近では便利な「お掃除ロボット」が家事を助けてくれる存在としてメジャーになってきましたが、スマホでも同じような役割を果たすアプリも存在します。 たとえば、ユーザーから高い評価を得ている『』は、キャッシュの削除、重複している画像の削除、ウイルス感知まで、日常的なメンテナンスをすぐに行えるアプリです。 他にも『』も使用中の容量確認、実行中アプリの停止、キャッシュや履歴の削除などを、ボタン1つで実行してくれて便利です。 5.再起動する 再起動することでスマホ内部のシステムが一旦クリアされたり、最適な設定に戻ったりするため、魔法の杖のように不具合を解消することがあります。 Xperiaであれば、電源ボタンを長押しすると表示されるメニューに「再起動」の選択肢があるはずです。 表示されない機種の場合は、一度電源をオフにして、少し待ってから、再度電源ボタンを押し続ければOK。 6.文字入力のための「キーボードアプリ」を変える 予測変換がイマイチだったりして、文字入力がスムーズにできないのもストレスを感じてしまいますよね。 Androidにはたくさんのキーボードアプリがありますので、自分に合うものを使えば「速くなった!」と感じられることでしょう。 無料アプリなら言葉が豊富で、専門用語や人名変換も優れた『』。 有料アプリではパソコン用ソフトからの長い開発歴と愛用者の多さ、最新の言葉への対応などからも『』。 7.ホーム画面が使いやすくなる「ランチャーアプリ」を試す 自動でアプリを整理整頓したり、見やすくしたりしてスピードアップに一役買ってくれるのが「 ランチャーアプリ」です。 代表的なところでは『』や『』が挙げられます。 色や見た目のカスタマイズをはじめ、ホーム画面におけるアプリの数を変えたり、独自のデザインで目的のアプリを早く見つけやすくなったりと、試してみる価値はあります。 8.「通信量チェック」と「Wi-Fiの活用」でデータ制限を回避 So-netのモバイルサービスのようなMVNOを快適に使いこなすためには、通信量の節約が欠かせません。 速度制限がかかってしまうと、どうしてもゆっくりに感じてしまうもの。 そこで、通信容量がいっぱいになる前にアラートを鳴らしてくれたり、使えるWi-Fiがあった時には自動で切り替えてくれるアプリを利用するのも手です。 以前に「」でも紹介した、Wi-Fiとモバイル接続を自動で切り替える『Smart WiFi Toggler』や、どのアプリのデータ使用量が多いかをチェックしてくれる『』で、データの使いすぎに目を光らせましょう。 スマホ本体はすっきり保つためにも、重たいデータやアプリをSDカードに移してしまいましょう。 4「Kitkat」)では『』など特定のアプリを利用すると、SDカードへデータの書き込みができます。 10.「開発者向け設定」をチューニング ゲームをよく遊ぶ人であれば、この設定を行うことでプレイ中の動作がスムーズになるかもしれません。 この設定は携帯電話研究家の池端隆司さんが紹介していた方法で、手順に沿って行えば、誰でもチューニングできます。 「設定」>「端末情報」>「ビルド番号」を7回タップ。 そうすると「デベロッパーモードが有効になりました」などの通知が表示されますので、あらためて「設定」に戻ると「開発者向けオプション」が追加されています。 ウィンドウアニメスケールを1xから0. 5xへ• トランジションアニメスケールを1xから0. 5xへ• Animator再生時間スケールを1xから0. 5xへ• 「GPUレンダリングを使用」をタップしてチェック• 「HWオーバーレイを無効」をタップしてチェック 11.初期化する 長年使ってきたスマホをサクサクにするための最後の手段は「スマホの初期化」です。 まずは必要なデータのバックアップ(保存)をしましょう。 電話帳のコピーや、写真や動画をSDカードなどに移しましょう。 「」でも紹介した、バックアップを一括で行えるアプリ『』も便利です。 また、SNSのログイン情報のメモや、ゲームアプリなら「データの引き継ぎ」操作も忘れずに。 すべてのバックアップが済んだら、「設定」>「バックアップとリセット」>「データの初期化」で、スマホを買ったばかりの状態にまで戻せます。 アプリを一からセットしなおしてみると、意外に不要だったものが見つかったりすることもあります。

次の