ふる カフェ 系 ハル さん の 休日 ブログ。 【ふるカフェ系 ハルさんの休日】に場所は滋賀県日野町【古民家カフェ「Coffee Roastery & Cafe らっこや」店主 五百木(いおき)誠さん祥子さん夫妻】が登場!

Eテレ『ふるカフェ系 ハルさんの休日』「神奈川・茅ヶ崎」編のお店は「mokichi wurst cafe」さん。梁と柱が複雑に組み合わさる迫力ある内装でした

ふる カフェ 系 ハル さん の 休日 ブログ

毎週水曜日23:00-23:30にEテレで放送されている『 ふるカフェ系 ハルさんの休日』、2017年4月5日から新シリーズが始まりました。 2017年8月23日に放送された新シリーズ第20回は「ふるカフェ系 ハルさんの休日「神奈川・茅ヶ崎~湘南!太陽のようなカフェ~」です。 ふるカフェ系 ハルさんの休日 今、地方では過疎化が進み、何代も受け継がれてきた古民家が廃屋として次々と取り壊されつつある。 そんな古民家を惜しみ次世代に残そうとする試みが、リフォームカフェ。 一歩足を踏み入れば、懐かしい空間が広がる古民家カフェは、女性や若者達に新鮮なおしゃれスポットとして大人気。 京都、奈良の町屋カフェや下北沢の古民家喫茶など全国的にブームとなっている。 そんな古民家カフェを舞台に、記憶から失われつつあるかつての町の姿と記憶をドラマ形式で甦らせていく番組。 カフェを訪れる住民たちとの出会いを通して、全国各地の意外な歴史を明らかにしていく。 こちらは以前のシリーズのイントロダクションです。 ドラマの冒頭に「古い建物を活かしたレトロなカフェがあると聞けば、全国どこへでも訪ねる」という、俳優の「 渡部豪太(わたべ・ごうた)」さんが演じる、本作の主人公「 真田ハル(さなだ・はる)」のセリフが入っています。 台詞の通り、ハルさんは古くから営業を続けている純喫茶的な喫茶店ではなく、古民家など古い建物をリフォームしたカフェを対象にしています。 ハルさんは一部に熱狂的なファンを持つブロガーで、古カフェを取材する体で番組が進行します。 当番組は、カフェのオーナーさんがご本人で、お客さんも現地の方を起用しているため、渡部さんの他の出演者は演技の素人さんです。 基本的に台詞が棒読みですし演技も上手ではありません。 渡部さんの演技もほぼ全編に渡って滑っています。 ただこれは渡部さんが滑っているというより、脚本や演出が滑っていると捉えた方が良いでしょう。 古カフェ好きかつ演技面が気にならない方であるならば、大いに楽しめる番組になっていると思います。 お店は「mokichi wurst cafe」さん 2017年8月23日放送された『ふるカフェ系 ハルさんの休日』の2017年シリーズ第20回「神奈川・茅ヶ崎~湘南!太陽のようなカフェ~」で、舞台となった古カフェは「 mokichi wurst cafe」さんです。 「wurst(ウルスト、ヴルスト)」とはドイツ語で「ソーセージ」の意味のようです。 番組内では「太陽のようなカフェ!」と紹介されていました。 夏といえば湘南! ということで、ハルさんは神奈川県の茅ヶ崎市にある太陽のようなカフェを訪れていました。 湘南・茅ヶ崎といってもお店は海沿いにはなく、少し内陸にあります。 「mokichi wurst cafe」の場所と営業時間・定休日 今回ハルさんが訪れたカフェ「mokichi wurst cafe」さんのある場所は、前述したように神奈川県茅ヶ崎市にあります。 Webサイトには住所は「神奈川県茅ヶ崎市香川7-10-7」と書かれていました。 最寄り駅はJR相模線の「香川駅」です。 神奈川だけど香川。 駅を降りたら目の前に南北に伸びる道路があるので北方向へ進みます。 道なりにしばらく進むと右に「伊右衛門農園直売所」があるのでその交差点を右折すると、すぐ左手にお店があるようです。 営業時間は11:00-17:30です。 定休日は第3火曜日。 8月と12月は除くとのこと。 放送直後は来店客が多くなるでしょうから注意をしたいところです。 特に混雑が予想される土曜日や日曜日のお昼前後に来店する場合は、事前にお店と連絡を取ることを考えた方が良いかもしれません。 「mokichi wurst cafe」は移築した古民家 ハルさんが今回訪れた「mokichi wurst cafe」さんの建物は、青森にあった築200年の古民家を、老舗の蔵元である現在の場所に移築した建物でした。 元は農家の家だったということです。 老舗の蔵元と書きましたが、社名は「熊澤酒造株式会社」です。 地ビールなどお酒の製造販売をしているだけでなく、今回紹介されたカフェや、ハム・ソーセージといった食肉加工工場、ベーカリー(パン屋)&スイーツのお店、直営レストラン、雑貨屋と、関連させた事業を手広く展開していらっしゃいました。 そのお店ごとに昔からあった建物や古民家移築をして、新たにコンセプトに合った外装・内装を施している、という。 カフェもその一環です。 カフェになった元々農家の家だった建物は、外壁は「爽らか」が由来になっている仄かな木の香りが特長の「さわら材」を貼り付けたシンプルなもので、内部は一転、天井や屋根裏と思われるスペースには非常に多くの柱と梁が網の目のように組み合わさっている構造でした。 カフェスペースは解放的。 とりわけ梁は特徴的でした。 上下の木材を削って組み合わせる伝統工法である「相欠き継ぎ(あいがきつぎ)」が使われており、梁が三段も組まれている箇所があったり、また梁に曲木を使っていたりしていました。 カフェ2階に飲食スペースがあり、そこからなら梁が間近に見られますから、迫力ある梁を見たい方は2階へ行くと良さそうです。 「カレーライス」と「サラダセット」 ハルさんは「mokichi wurst cafe」さんで「カレーライス」と「サラダセット」を頼んでいました。 カレーはこの店の歴史が詰まっているそうです。 サラダは地元・茅ヶ崎の有機野菜が使われています。 農業も盛んな土地だそう。 カレーに詰まっているという「お店の歴史」とは何かというと、運営が酒造会社ということで「地ビール」が使われているということでした。 熊澤酒造さんは茅ヶ崎で唯一残る老舗酒造なのです。 明治5年創業。 「う〜ん、スパイスの中に程良い苦味が効いている。 まさにアダルトなカレー」とはハルさん。 熊澤酒造の6代目が茂吉さんとおっしゃるそうで、オーナーの名前を取って「mokichi wurst cafe」なのですね。 良いお名前と思います。 6代目が酒造を継ぐときには会社が危機的な状況でしたが、起死回生の茅ヶ崎の伏流水のみを使った「地ビール」を開発し、茅ヶ崎に新たな名物を創り出すことによって、酒造を復活させた、ということでした。 今回ちょっと珍しいなと思ったことは、注文をカウンターで済ませるタイプのお店だということです。 スタバとかドトールとかのチェーン展開しているカフェのような注文スタイル。 注文した品は席まで届けてくれる点は違いますけど、『ふるカフェ系〜』で登場するカフェの多くは、客(ハルさん)が任意の席に座り、店員さんが席まで注文を取りに来るスタイルです。 感想 正直な感想を申し上げると、オーナーさんでしたっけ、彼の自慢が少々強すぎるように感じられて、観ていてゲンナリしました。 俺すげえだろ? という裏が透けて見えてしまったというか……。 私が穿った見方をしているのかもしれません。 おわりに サブタイトルにある「太陽のようなカフェ」とは、茅ヶ崎は自分がやりたいことを表現すると色々な人たちが協力してくれる土地で、「mokichi wurst cafe」みたく太陽のように輝くとそこから色々なものがつながっていく、という意味だということでした。 私はお酒がダメなので地ビールはあれですけど、迫力のある梁は間近で見てみたいです。 ベーカリーに陳列されていたパンも美味しそうでしたし、何かあちら方面に用事でもあれば行きたいですね。

次の

渡部豪太のはまり役 の真田ハル

ふる カフェ 系 ハル さん の 休日 ブログ

ふるカフェ系 ハルさんの休日 今、地方では過疎化が進み、何代も受け継がれてきた古民家が廃屋として次々と取り壊されつつある。 そんな古民家を惜しみ次世代に残そうとする試みが、リフォームカフェ。 一歩足を踏み入れば、懐かしい空間が広がる古民家カフェは、女性や若者達に新鮮なおしゃれスポットとして大人気。 京都、奈良の町屋カフェや下北沢の古民家喫茶など全国的にブームとなっている。 そんな古民家カフェを舞台に、記憶から失われつつあるかつての町の姿と記憶をドラマ形式で甦らせていく番組。 カフェを訪れる住民たちとの出会いを通して、全国各地の意外な歴史を明らかにしていく。 こちらは以前のシリーズのイントロダクションです。 ドラマの冒頭に「古い建物を活かしたレトロなカフェがあると聞けば、全国どこへでも訪ねる」という、俳優の「 渡部豪太(わたべ・ごうた)」さんが演じる、本作の主人公「真田ハル(さなだ・はる)」のセリフが入っています。 台詞の通り、ハルさんは古くから営業を続けている純喫茶的な喫茶店ではなく、古民家など古い建物をリフォームしたカフェを対象にしています。 ハルさんは一部に熱狂的なファンを持つブロガーで、古カフェを取材する体で番組が進行します。 当番組は、カフェのオーナーさんがご本人で、お客さんも現地の方を起用しているため、渡部さんの他の出演者は演技の素人さんです。 基本的に台詞が棒読みですし演技も上手ではありません。 渡部さんの演技もほぼ全編に渡って滑っています。 ただこれは渡部さんが滑っているというより、脚本や演出が滑っていると捉えた方が良いでしょう。 古カフェ好きかつ演技面が気にならない方であるならば、大いに楽しめる番組になっていると思います。 愛知・瀬戸編のカフェは「曽野珈琲店」さん 2018年8月15日放送された『ふるカフェ系 ハルさんの休日』の愛知・瀬戸編で、ハルさんが足を運んだカフェは「 曽野珈琲店」さんです。 曽野は「その」と読むようです。 番組内では「築100年! 茶の湯の精神を持つ元農家カフェ」と紹介されていました。 前回も確か築100年と言っていたと思いますので、同年代ですね。 一見するとオーソドックスの農家住宅ですが……という建物でした。 茶の湯の精神がそこにはある。 「曽野珈琲店」の場所と営業時間・定休日 今回ハルさんが訪れたカフェ「曽野珈琲店」さんのある場所は中部地方の愛知県は瀬戸市(せと・し)です。 曽野さんのWebサイトによると、住所は「愛知県瀬戸市曽野町1235」とあります。 最寄り駅は劇中ではわかりませんでした。 Webで地図を見ると、愛知環状鉄道・愛知環状鉄道線の「中水野駅(なかみずの・えき)」が最寄り駅になるようです。 名古屋から電車でおよそ40分と言っていたでしょうか。 駅から県道210号線を東へ進み、上水野交差点を左折して207号線へ、北上して曽野口交差点を右折して208号線へ、水野川を渡った直後に左折するとすぐ左手に曽野珈琲店さんがあるようです。 ハルさんは駅からカフェまで徒歩でしたから、歩いて行けない距離ではないのでしょう。 営業時間は、09:00-17:00で、定休日が火曜日とのこと。 予約を受け付けているかはWebサイトには書かれていませんでした。 放送後のお昼前後は特に混雑が予想されますので、来店前にお店と連絡を取っておくと良いかもしれないですね。 「曽野珈琲店」はおもてなしの心 ハルさんが今回訪れた「曽野珈琲店」さんの建物は、一見するとオーソドックスな農家住宅でしたが、細部には茶の湯の精神が潜んでいました。 まず外観です。 オーソドックスな農家な古民家。 ところが、屋根瓦には隣り合う瓦をきっちり組み合わせて作るため高い技術が必要な「 一文字瓦(いちもんじがわら)」を使っています。 しかも、曽野珈琲店で使われていた一文字瓦には装飾まで施されていて、かなり凝った造りになっていました。 一文字瓦は「 数寄屋造り(すきやづくり)」の建物に多く用いられていて、数寄屋造りは安土桃山時代に「茶室」から始まった建築様式になります。 数寄屋造りの代表的な建物というと京都の「桂離宮(かつらりきゅう)」です。 「その簡素ながらも細部にまで芸術性の高い造りは、世界的建築家『ブルーノ・タウト』を魅了した」とはハルさん。 農家住宅に見えるのに数寄屋造り、という。 洒落ています。 曽野珈琲店さんの建物は庇(ひさし)が長くなっています。 こちらも数寄屋造りの特長です。 庇を長くすることで、屋内に自然と美しい陰影が生まれるそう。 内部は入り口が土間、その辺はやはり農家住居です。 幾つかあった部屋の敷居を取り払って、広く見せています。 床はフローリング。 テーブル席が幾つかとカウンター席もありました。 奥には一段高いところに床の間と仏間が。 カフェスペースは田の字で部屋があったと想像されます。 これは、尾張地方の農家で多く建てられた「四つ建て工法(よつだて・こうほう)」だそうです。 一般的な日本家屋では家の中心に大黒柱を設置しそれで屋根を支えますが、四つ建て工法では大黒柱を使わずに内部に数本の柱、外側にも柱を使って屋根を支えるのが特徴です。 大黒柱に使う立派な木材が手に入らなくても建てられる合理的な造りだと。 なるほど。 四つ建て工法は本来、茅葺き屋根の「合掌造り(がっしょう・づくり)」の建物に用いられた工法です。 しかし、曽野珈琲店さんの建物は瓦屋根。 また、入り口に近い部屋の天井は、農家の建物に多く見られる2階の床がそのまま1階の天井になっています。 一般農家では天井を造るという文化がなかったとのこと。 一転、奥の、床の間や仏間のある部屋には、数寄屋造りの影響が色濃く出ています。 例えば、仏間の丸太がそのまま床柱として使われていました。 数寄屋造りは余計な加工をせず、素材の良さを活かします。 これは「 磨き丸太」と呼ぶそう。 床柱の下の方は一部カットされていて、格好良い。 農家住宅の部分と数寄屋造りの部分とを併せ持つ、特殊な建物です。 大正5年に製麺所で財を成した方が建てました。 その方がどうして数寄屋造りなどに精通していたかは、お孫さんもわからないそうです。 現在は建てた方のお孫さんのお孫さん、玄孫(やしゃご)ですか、その方がカフェを経営しているということ。 代々受け継がれた貴重な農家住宅+数寄屋造りの建物で、素敵です。 曽野珈琲店さんのWebサイトを拝見すると、2階はかつて蚕を飼っていたそうです。 養蚕もしていたのでしょうか。 「曽野珈琲店」のモーニング ハルさんは「曽野珈琲店」さんで「 ホット(コーヒー)」を頼んでいました。 ネットを見るとブレンドコーヒーは400円だそう。 あとは出会った方に抹茶を点ててもらってもいましたね。 そして、コーヒーを頼むと愛知ならではのあれがついてきます。 モーニング。 曽野珈琲店では「トースト」と「ゆで卵」と「サラダ」がついてきました。 トーストはハルさんは小倉を頼んでいました。 他にジャムやマーマレード、ハチミツなどがあるようです。 テーブルに出された小倉トーストは、私のようにあまり量を食べない人間にとっては十分な量で、他のものを頼まなくても良さそうな気すらしてきます……。 でもかえって申し訳ない気持ちが働いて、デザートなどを頼んでしまうでしょう。 「パンが香ばすぃ〜!」 「そして小倉の甘さとマーガリンのしょっぱさのマリアージュ!」 「これ考えた人、天才!!」 と、ハルさんは小倉トーストの感想を述べていました。 美味しいですよね、小倉トースト。 大正時代に、男子学生がトーストに善哉(ぜんざい)をつけて食べているのを見た喫茶店のマスターが、トーストに餡を乗せることを思いついたそうですよ。 と曽野珈琲店の店長さんが教えてくれました。 へぇ〜。 おわりに 瀬戸というと「瀬戸焼」、私は子供の頃「瀬戸物」と呼んでいましたが、そのことにも番組では触れていました。 「天目茶碗(てんもくぢゃわん)」のこと、瀬戸には良質の土が豊富に採れた土地だったこと、最盛期は名古屋に次ぐ賑わいを見せていたことなど。 今回の曽野珈琲店さんは、一見質素ながらも細部にこだわり、見るほどに品の良さが伝わってくる、良い建物でした。 リノベーションのやり方も良い塩梅に感じられます。 店長さんのお人柄も、あくまで番組で見た限りではありますが、良かったです。 いかに良い建物かとか、どれくらい美味しいコーヒーや料理を出すかとか、オーナーや店長がどれだけ壮絶な人生を歩んできたかとか、 そういうのを得意げに見せつけるタイプを、この番組でもたまに見かけるので、そういうのでなくて良かったなと。 等身大な雰囲気が好印象でした。 いや、仮に私がカフェを開いて、ハルさんの休日に登場することになったら、ひけらかすと思うんですけど。 でも人からひけらかされると嫌、人間が捻じ曲がっています。

次の

ふるカフェ系 ハルさんの休日

ふる カフェ 系 ハル さん の 休日 ブログ

玉成舎1階にある有機野菜食堂わらしべ わらしべがあるのは、東武東上線「小川町駅」から徒歩で約10分ほどの場所。 「」の1階です。 玉成舎(ぎょくせいしゃ) 玉成舎は1888年 明治21年 築。 かつては養蚕伝習所、絹織物製作の講習などを行っていたそうです。 あの板垣退助が講演で訪れた記録もあるそう。 入口には店舗の看板 2018年からはテナントスペースとして活用され、1階にわらしべ、2階に「 武蔵ワイナリー直売所」と「 インドネシア雑貨屋台ぶんぶん堂」が入っています。 駐車場 駐車場は3台分。 建物横の赤いポールの内側に、縦で2台停めることができます。 お隣の敷地は利用できないので、停めないようにしてくださいね。 さらにもう1台は道路を進んだ先、玉成舎の西側にあります。 駐輪場にはサイクルラックが用意されています。 空気入れもありました。 有機野菜食堂わらしべの店内 では、築130年以上のお店の中へ入ってみます・・・! 正面玄関のガラス戸は重たく、なかなか開かない場合があるそう。 古いので開けにくいみたいですね。 「力いっぱい開けてください」と注意書きがありました。 正面入口の他に、縁側へ続くスロープが利用できます。 車いすの場合はスロープを利用して中に入ることができます。 中はそのまま靴で上がって大丈夫です。 訪れたのは平日のランチタイム。 この日は子どもが一緒だったので、子連れで行っても大丈夫か事前に電話確認したところ「全然大丈夫ですよ〜」とのこと。 安心して行ってきました。 床は板張りで壁や襖を無くし、1つの広い部屋にしています。 入ってすぐに、2人掛けのテーブルが3つ。 天井からはおしゃれな照明が下がっています。 さらに奥には4つ掛けのテーブルが2つ。 テーブルやイスも年季が入ったものばかり。 縁側には2人掛けの席が1つ。 南向きなので、日差しが入り明るいです。 奥のお座敷は4人座れるテーブルが2つ。 子連れだったので、こちらのお座敷にしてもらいました。 キッチン前のカウンターは6席ありました。 物販コーナーの棚には小川町で作られた「霜里しょうゆ」、柚子のジュース、コーヒーなど。 わらしべ手作りのスコーンが2種類 プレーンときな粉オーツ。 有精卵、全粒粉、自然塩、甜菜糖などを使い、素材にこだわりを感じます。 乳製品と卵は不使用です。 小川町の無農薬有機野菜を使用したクッキーも。 体に安心なお菓子が揃っています。 小川町で作られたレタス、サニーレタス、小松菜などの有機野菜もありました。 有機野菜の他に、小川町で有名なのが和紙。 小川町の和紙で作った手裏剣をゲームセットにして販売していました。 これは子どもが喜びそう。 古民家の雰囲気に合ったアラジンのストーブ。 冬になると使用しているのかな。 2階武蔵ワイナリー 2階も見せていただきました。 昔ながらの急な階段を上がっていきます。 2階の2部屋に「武蔵ワイナリー」と「インドネシア雑貨屋台ぶんぶん堂」が入っています。 「武蔵ワイナリー」では、小川町産ブドウ100%使用の無農薬無添加ワイン、選りすぐりの日本ワイン、無農薬栽培米イセヒカリで醸した日本酒などをいただくことができます。 カウンター席もありますが、窓際の席もおしゃれ。 2階インドネシア雑貨屋台ぶんぶん堂 「インドネシア雑貨屋台ぶんぶん堂」ではアクセサリー、布小物、バティック ジャワ更紗 、イカット 絣 、バスケットなど。 インドネシアで買い付けた雑貨や小物を販売しています。 有機野菜食堂わらしべのメニュー さて・・・1階に戻ります。 わらしべのメニューがこちら。 ランチメニュー(11:30〜14:30) ランチメニューは、大きく3つ。 日替り定食、ピタパンサンド、本日のパスタです。 日替り定食は限定10食で平日のみ。 土曜・日曜はやっていません。 税込で880円なのはお得感ありますね。 写真付きのメニューもあります。 ランチメニューにプラス250円でドリンク コーヒー・紅茶・ゆずの贅沢・ジュース・穀物コーヒーなどから1つ が注文できます。 ティータイムメニュー(14:30〜17:30)• フレンチトーストセット:800円• バナナパンケーキセット:800円• バリ風ライスプティングセット:750円• 自家製ジェラートセット:720円など セットにはドリンク コーヒー・紅茶・ゆずの贅沢・ジュース・穀物コーヒーなどから1つ が付きます。 ディナータイム(17:30〜20:00)• ディナーではお酒、おつまみ、ピッツア、パスタ、ドリア、などがいただけます。 パーティーコースは2名から1,980円でできるとのこと。 地ビールセット:850円• ピッツァ:950円• パスタ:950円• 野菜たっぷりドリア:980円• オムライス:980円• ナシゴレン:950円• チキンソテー:980円など 有機野菜食堂わらしべのランチ ランチでいただいてきたのはこちら。 日替り定食(オムライス) 限定10食の日替り定食、いただいてきました。 シャキっとした新鮮な有機野菜のサラダと出汁の香りが漂う大根のみそ汁が付いています。 オムライスの上にはきのことほうれん草のクリーム。 卵も小川町産です。 ふんわりとした卵に包まれたケチャップライスは玄米。 オムライスとクリームソースとの相性もいいですね。 パスタセット(きのこ納豆) パスタセットは前菜とサラダ付きです。 前菜はまだ湯気が出ている焼きたてのオムレツ。 ほわっと柔らかい。 2種類の天然酵母のパンも付いています。 オリーブオイルとバターが塗られ、もっちり感と香ばしさがやみつきに。 そして、パスタのきのこ納豆。 しいたけ、しめじなどのきのこ類に納豆がたっぷり! 納豆ときのこってどうかな?と思いつつ、よく絡ませて食べると・・・これはおいしい!味付けはしょうゆベースでさっぱり。 ピタパンサンド(テンペカツ) 4種類にピタパンサンドから、テンペ 大豆 カツを注文。 テンペとは、大豆の発酵食品のことなんだそう。 食べやすいよう紙に包まれています。 大豆製品だからと、豆腐の柔らかさを想像しながらかじってみたら以外と固くてびっくり。 食感や味はおからナゲットみたいで、さっぱりとしています。 有機野菜を使った体に優しい食事を堪能してきました。 11:00〜12:00の約1時間滞在しましたが、お客さんは私たちを含め4組。 静かな雰囲気の中、ゆっくりと過ごすことができ満足です。

次の