焼売 グリーンピース チコちゃん。 (再掲)なんでシューマイの上にはグリンピースが乗ってるの?→イチゴのショートケーキのマネをしたから。日本発祥、学校給食から広まった。

SaltyDog/塩崎省吾 Kindle本『焼きそばの歴史《上》:ソース焼きそば編』発売中!(@SaltyDog_wow)

焼売 グリーンピース チコちゃん

そしてなぜかちょくちょく差し込まれる吹石一恵さんのお父さん、吹石徳一選手の映像というこじつけ演出w ということで、19年9月6日に放送された第62回 NHK「チコちゃんに叱られる!」の様子をまとめてご紹介します。 出演者 【メインMC】チコちゃん 声:木村祐一 【アシスタント】塚原愛 NHKアナウンサー 【ナレーション】森田美由紀 NHKアナウンサー 【レギュラー】ナインティナイン 岡村隆史 【ゲスト】吹石一恵、星野源 【VTR】なし チコちゃんの疑問その1 なぜ「えーと」「あのー」と言ってしまう? 残暑の挨拶をしつつ、まずは初登場の吹石一恵さんを「元近鉄バファローズ吹石徳一選手の娘、一恵ちゃん」と長々と紹介するチコちゃんw そして「歌って踊れる俳優、チームいだてん 源ちゃん」と紹介されたのはこれまた初登場の星野源さん。 大河ドラマ「いだてん」では平沢和重役で出演の星野源さんですね。 見どころについては出番が相当先になるので「だからちょっと分かんないです。 」と自信無さげの星野源さんw そんな星野源さんは「大竹まことさんと同じ立ち位置なので、嬉しくてしょうがない。 」との事。 チコちゃん「それは大竹まことが喜んでるわよ?」 オープニングはこの辺で早速1問目。 指名は、この中で一番お話上手なステキな大人ってだーれ? 岡村さんは星野源さんを推薦。 チコちゃんは一昨日の夜に食べたものについて質問しますが「えーと、一昨日の夜は・・・焼き肉を食べました。 」と星野源さん。 続けて最近のお休みの日に何をしていた?と質問のチコちゃんには「あのー、ボーっとしてました。 」と星野源さん。 最近大笑いしたものは?の質問には「質問多くない?笑」と流石にいぶかしがる星野源さんw 岡村「こんなに畳みかける事まあ無いですよ。 笑」 そしてやっとチコちゃんから出された疑問は、 なんで「えーと」とか「あのー」とか言うの? 星野源「えーと・・・笑」 考えている間に無言でいるのが辛いので心情的に間を取っているわけではないよと思おうとする心理からどうしても出てしまうという説明ですが、 チコちゃん「それでいい?」 手厳しいw 言葉が途切れないようにする理由について改めて問われると、 星野源「昔だったら・・・殺されてるから。 笑」 物騒w 隙を見せるとぶった切られるそんな修羅の世界?w チコちゃん「昔だったら殺されてる?ボーっと生きてんじゃねーよ!」 えーと、あのーが増えてきがちなお年頃という事で巣鴨の地蔵通商店街でインタビューを敢行。 失礼ですよw 街行く人に岡村隆史さんの写真を見せてフルネームを尋ねてみると、岡本さんというありがちな間違いがいくつか登場w なぜかこのパターンの間違い多いんですよね。 一方でしっかり岡村隆史さんと答える方もいらっしゃって、好きな所は背が小さい所というお答えw そしてチコちゃんの答えは、 発言権をキープするため 解説は千葉大学の伝康晴教授。 会話やコミュニケーションの研究をされていてお名前が伝 でん さんというのはなかなかの巡り合わせ。 スポンサーリンク そもそも「えーと」「あのー」というのは言葉が出て来ない時にその場を繋ぎ、発言権を持ち続けるための言葉。 例として過去の放送から岡村さんがどのように発言権をキープし続けているのかを観察。 血液型って何が違う?という疑問では「えーとね・・・」「えーと」と連発。 こうした「えーと」「あのー」は間を満たす、埋めるという意味のfillという英単語から filler フィラー と呼ばれています。 その他にもまあ、あのね、その、なんか、などなど。 この中で有名なフレーズといえば田中角栄 榮 元総理がたびたび使っていた「まあ」というフィラー。 聴衆の集中が途切れそうなタイミングで上手くこの「まあ」を挟むことでもう一度注目を引き付けるという効果があったと伝教授の見立て。 演説で抜群の存在感を示していた田中角栄元総理がモノマネをされるときは大抵この「まなこのー」というフレーズが出てきましたよね。 そしてこの他に日常生活で最も多く使われる日本語の二大フィラーといえば、• えーと• あのー の2つ。 実はこの2つのフィラーには使い方に明確な違いがあるんですね。 例えば異性をデートに誘った時に相手から発せられる第一声のフィラーが「えーと」なのか「あのー」なのかで相手の心情が大体分かると伝教授。 もし「えーと」から始まった場合は、相手は乗り気で脈あり。 実際の予定を頭の中で調べて、思い出している時に使われがち。 えーと=深く考える時、記憶・エピソード・単語を検索する時のフィラーという特徴があるんですね。 もし「あのー」から始まった場合は、残念ながら相手は断る理由を探している時。 再現VTRでは岡村さんのお面を被った人が登場という悪意のある演出w 岡村「もう分かったっちゅうねん!」 あのー=言いたいことを既に決まっていて、あとはどう表現するか?を決めかねている時のフィラー。 デートを断る事を前提に、どのような理由を付けようかと考えているわけですね。 デートに限らず商談でも「あのー」から相手が始まってしまうと高確率で断られると言えそうですね。 さらに岡村さんがこれまで番組内で使って来たえーと、あのーについて伝教授に分析してもらうと、 なぜ青春は青い春なの?の疑問では「あのね・・・えーと!」と大胆なフィラーw 伝教授「どうすれば一番ウケるか?ってのを考えてるんじゃないですか?笑」 お笑い芸人さんに対して一番キツい分析w 岡村「そんなん言わんといてぇや!」 ということでコチラが結論。 「えーと」「あのー」と言ってしまうのは発言権をキープするため でした。 チコちゃんに発言権のキープの仕方を聞いてみると「おもむろにカフを上げます。 」「喋りたくない時は下げます。 」とラジオでマイクをオンしたりオフしたりする時に使われるカフを持ち出して説明w チコちゃんはラジオDJの経験があるんですねw 田中角栄元総理がモノマネでされていたような「まあこのー」よりも「まあ」をよく使っていたという事実については、モノマネってそんなものとチコちゃん。 さらに具志堅用高さんも「ちょっちゅね~」とは言っていないという指摘も。 チコちゃん「そんな、ちょから始まる言葉言ってないっちゅよ~って言ってましたね。 」 ここでカリキュラマシーンのオープニング。 スポンサーリンク チコちゃんの疑問その2 なぜシューマイの上にグリンピースがのっている? 2問目の指名は、 この中で一番お料理が上手そうなステキな大人ってだーれ? ご本人は首をかしげていますが吹石一恵さんが解答者に。 チコちゃん「家で料理はするでしょ?評判はどう?」 吹石一恵「・・・ボチボチでんな。 」 急な関西弁w 続けてチコちゃんはシューマイについて話題に出しますが、 ここでチコちゃんの疑問、 なんでシューマイの上にはグリンピースが乗ってるの? 包み終わりのグチャっとした部分をグリンピースで隠す為という答えの吹石一恵さんですが、 チコちゃん「隠れてる?周りにひらひらなってんじゃないの?」 星野源「確かに。 笑」 この追及に「栄養バランス」という逃げ方の吹石一恵さんは苦しそうw チコちゃん「ボーっと生きてんじゃねーよ!」 そりゃそうなる流れw 岡村さんに聞いてみると、 岡村「あの~・・・」 完全に無意識にフィラーを使ってしまった岡村さんw 星野源「これは今日やりにくいぞ。 今日は。 笑」 シューマイと分かる目印としてグリンピースを使ったという答えですが、 チコちゃん「そんな単純なわけねぇーだろ!」 顔が大きくなるCG処理無しでシンプルなお叱りw 岡村「そうだろー!」 逆ギレw 一般の方にシューマイの絵を描いてもらうと10人中10人の人がシューマイの上にグリンピースを描くという高確率ぶり。 でもその理由は分からず。 グリーンピースとも言いますが、漢字で書くと青豌豆 あおえんどう。 ナレーション「東京駅でシウマイ弁当を買って、品川駅に着く前に食べ終えてしまう日本人の何と多い事か。 ちなみに私はあんずを最後まで残す派です。 」 ナレーションの森田美由紀アナはあんず最後派なんですね。 ちなみに崎陽軒シウマイ弁当を特集した「石橋貴明のたいむとんねる」の記事はこんな感じです。 調査データでは625人中277人があんずを最後に食べる派だそうで、この〆かたは圧倒的1位だそう。 ということでチコちゃんの答えは、 イチゴのショートケーキのマネをしたから 解説は3度目の登場となる江戸川大学の斗鬼正一名誉教授。 グリンピースが上に乗ったシューマイは日本発祥ですが、元々のシューマイが誕生したのは14世紀ごろの中国。 そして江戸時代の初めころに長崎の唐人屋敷を通して日本に伝わったという歴史。 さらに明治時代に横浜にある中国料理店でシューマイが販売されて日本各地に広まっていったそう。 1899年に横浜・伊勢佐木町で店を開いた「博雅亭」がその元祖。 当時は「博雅の焼売 シューマイ 」と評判になったとか。 しかしその頃のシューマイのレシピはグリンピース無し。 そして本格的にグリンピースがシューマイの上に乗るようになったそのきっかけは学校給食。 近鉄バファローズの名バイプレイヤー吹石徳一選手が産声を上げた年 昭和28年4月2日 のその翌年にあたる昭和29年に施行された学校給食法で全国的に学校給食が実施されましたが、脱脂粉乳やボソボソしたコッペパンなどの影響で子どもたちには不評だったという事実が。 無理やり吹石徳一選手を引き合いに出すというわざとらしい演出w スポンサーリンク そこでメニューの開発者たちが少しでも給食を魅力的にしようと試行錯誤したその結晶がグリンピース。 冷凍食品メーカーの開発担当者 小野寺三二さん をNHKが取材していたという事でその映像を流用。 冷凍食品メーカーはニチレイみたいですね。 ショートケーキのトッピングのイチゴをヒントにしてニュージーランドから輸入していたグリンピースを使う事を思いついたようですが、当時の子どもたちの大好物はイチゴのショートケーキだった事から出て来た発想。 日本産よりもニュージーランド産のグリンピースは甘みがあったのでひょっとすると?という思いもあったみたいですね。 試しに乗せてみるとなかなか収まりが良かったので、子どもたちが食い付いてくれるのでは?という手ごたえ。 するとこの試みは大成功でグリンピースが乗ったシューマイは子どもたちの心をがっちりキャッチ。 これが昭和30年代後半だそうです。 その後、グリンピースはご飯に混ぜられてグリンピースご飯になったり、肉じゃがやシチュー、スープなど学校給食を彩る重要な食材に。 岡村「何かと入ってましたね。 」 しかし時は流れて、昭和63年10月19日の10・19決戦の舞台で吹石徳一選手が劇的勝ち越しホームランを放って、試合後に現役引退を発表したのと時を同じくしてシューマイにも変化が訪れます。 コチラが吹石徳一選手が劇的勝ち越しホームランを放つYouTube動画。 ナレーション「吹石選手の引退との因果関係は分かりませんが、シューマイの上から徐々にグリンピースが姿を消し始めたというのです。 」 これについて斗鬼教授は、本格的な中国料理が日本に入って来た影響でシューマイも中国風のものが広まった事が影響しているのではないか?という考え。 元祖と言われるニチレイでは昭和55年以降、グリンピースを徐々に止めていったとか。 メーカーの説明ではエビやカニなどのシューマイのバリエーションが増えて、他社との差別化を図るためだそう。 そして今ではほとんどのシューマイにグリンピースは乗っていません。 後半はプロジェクトX風のBMGチョイスw 一方で既に話題に出た崎陽軒のシウマイにはグリンピースが乗っているものと無しのものが混在。 というのも崎陽軒ではグリンピースはより均一に具材が混ざりやすくするためにグリンピースを餡に混ぜているそう。 これは丸いものが中に入っている方が混ざりやすくなるという製造工程上の知恵から来たもの。 ですから偶然上に乗っかるケースに遭遇するとグリンピースが上に乗っているシューマイが食べられるわけですね。 崎陽軒だと運次第。 シューマイの上に何を乗せたい?という問いには、 チコちゃん「チャーハン。 正確にはチャーハンの上にシューマイをのせたいです。 」 お皿に添えるのではなく、あくまで「のせたいの。 」と甘えるチコちゃんw プロジェクトX風のインタビュー映像については、ためしてガッテンで取り上げられた際にそういうパロディ編集がされていたので、それをさらに流用したというチコちゃんに叱られる!お得意の二次利用の賜物だったとかw ナレーションはオリジナルの田口トモロヲさんではなく、森田美由紀さんが担当でしたが。 チコちゃん「でも今度個人的にお願いしようと思っております。 」 ちょくちょく差し込まれた吹石一恵さんのパパの吹石徳一選手の映像については、 ガッツリ観たのは初めてという吹石一恵さん。 若干グリンピースの話がブレる演出w 岡村「引退されてからグリンピースも引退の方向に・・・笑」 チコちゃん「頑張ったお父さんにグラウンドにグリンピースが投げ込まれたとか、投げ込まれてないとか。 」 岡村「投げ込まれてないでしょ!」 続きとなる第3問、第4問のチコちゃんの疑問はコチラの記事で。

次の

「チコちゃんに叱られる」吹石一恵出演!父・吹石徳一氏の映像押しに視聴者困惑?親子関係初めて知る人も

焼売 グリーンピース チコちゃん

「ことば検定」今日の問題 学校給食をきっかけに生れた組み合わせは? 青 焼売グリーンピース 赤 エビにマヨネーズ 緑 不況の中で仕事探し ことば検定の答え 答えは 青 焼売グリーンピース ヒント: 「 シュウマイのトップに グリーンピースが乗せられるようになった理由の裏には、 学校給食 の存在がある」 緑 はというと、「逆境求職」だそうです。 「聞いたことありますか?」と林先生。 スタッフさんの発明した造語ですね! 【ことば検定】答えの解説 ここから林先生の解説です。 エビマヨは周富徳さんが考案 エビマヨの元祖は、周富徳さんだといわれています。 1990年頃、外国で見つけた組み合わせだそうで、それを日本で作ったところ、広まったということです。 「焼売にグリーンピース」の歴史 「焼売にグリーンピース」は、昭和30年台にニチレイが開発したそうです。 何とヒントになったのは、てっぺんにイチゴののった、イチゴのショートケーキ。 子供たちの心をつかもうと工夫されたのだそうです。 シューマイのグリーンピースが減った理由 しかし、昭和の終わりからグリーンピースののった焼売は減っているそうです。 「ちょっと残念な気がしますね」と林先生が言われる通りですが、それはなぜなのでしょうか。 ニチレイに聞くと、上記の通り、最初のアイディアでは子どもたちに楽しんでもらいたくてのせたそうなのです。 しかし、食が豊かになるにしたがって、必ずしもグリーンピースをのせる必要がなくなったというのがその理由でした。 関連記事: 前回のことば検定の問題 今日のコロナニュース 東京周辺の今日の天気 真夏日注意です 最高気温 東京の最高気温は 29 度 きのうよりプラス2度です 真夏日マップ 佐野・館林・前橋・甲府・岐阜・京都が30度越えの真夏日となります 全国の天気 週間天気予報 それでは皆様、今日も一日、お元気でお過ごしください! このあとの、「お天気検定」「ニュース検定」の問題と答えはこちらです! 今日の放送後に更新します。

次の

ナゼ焼売にはグリーンピースがのっているの?チコちゃんの意外と言えば意外な答え!

焼売 グリーンピース チコちゃん

横浜中華街(/flickr) そして、最近では、従来のチャイニーズは中華料理で、横浜の中華街や神戸の南京街の料理が典型だ。 それに対して、戦後、とくに改革開放以降になって大陸からやってきた新華僑がつくるのが中国料理と呼ばれるようになっている。 池袋西口あたりにはその手の料理店が多い。 中国料理の魅力としては、まず、中国各地の料理が広く味わえることだ。 日本の中華料理の原点は、長崎の料理だ。 江戸時代に日本への窓口になっていたのは、福建省で、琉球王国と北京の行き来も福州経由だった。 中国では海を怖がったので東シナ海横断などせずに島伝いだったのだ。 黄檗山万福寺も福建省にお寺のイミテーションだ。 それに次いでは、広東省である。 とくに東部の潮州あたりである。 日本が統治した台湾の住民も福建省と潮州が中心だ。 だから、日本の中華料理の原点はこのあたりだ。 さらに、長崎・上海航路などできたので、醤油を多用する江蘇料理もある程度入って、紹興酒も呑むようになった。 また、満洲統治などを通じて、北京料理や餃子に代表される華北の庶民料理も入ってきたが、それはとくに、戦後の復員者によってであるといわれる。 四川料理は、四川省出身だが台湾・香港経由で来日した陳建民(料理の鉄人で知られる陳建一の父)がただ一人でNHKの料理番組に出たり、麻婆豆腐とかエビのチリソースとかを日本で手に入る材料でアレンジし広めた。 これらが中華料理だが、それに対して、中国料理では、満洲や華北の料理も羊を主体にしたモンゴルに近い料理などより純粋なものになっている。 また、山西省の刀削麺とか黒酢料理、甘粛省の麺類(ラーメンに似てコシがある)、ピリ辛の湖南料理、東南アジアに近い雲南料理など百花繚乱だ。 雲南省由来の麺料理の一種「過橋米線」(Wikipedia) 最近は中国でも各地の料理がミックスしたものも多い。 とくに火鍋に代表されるピリ辛系も盛んだ。 これには、台湾に中国各地から人が集まってフュージョンして大陸にも逆輸入されたこともある。 また、香港では西洋料理と融合が進んで、こちらは、中華料理でも中華料理でもなくチャイニーズというべきだろう。 支那をFacebookは差別語として扱うが 話を支那について戻すと、『』(清談社)の第37項目は、「なぜ、支那は差別語とされるか」というタイトルになっている。 ちなみに、wikiの「支那」の項目には「評論家の八幡和郎は、著書の中で「支那といっても抗議される由縁はないはずだが、あえて相手の嫌がる呼称を使うこともない。 それが大人の対応だ」という私がかつて書いた記述が掲載されている。 私は日中友好推進派だから。 上記のような理由で自分では使用しないが、差別語とは間違った歴史認識に基づくものである。 ところが、Facebookでは、同一の語源のCHINAやフランス語のCHINE(シヌ)などは許容して漢字表記のみを差別語として、これを使った日本人を片端からアカウント停止にしているが、いかなる価値観が反映されているかは説明がなければおかしいと思う。 考えようによっては、欧米人には許されて日本人には許さないのならそれこそヘイトだろう。 以下、『365日でわかる世界史 世界200カ国の歴史を「読む事典」』の一部を紹介しておく。 古代インドでは中国のことをチーナスターナと読んでいた。 「秦」から来ているという説が強い。 サンスクリット語で書かれた経典に「チーナ」と書かれ、それが中国では音訳で「支那」や「震旦」という言葉に置き換えられたし、西洋では英語のチャイナなどになった。 日本では、それぞれの王朝名を使って「大明」とか「明国」と呼んだり、あるいは「漢」や「唐」などを音読、訓読など入り交えて使ったりもした。 支那という呼び名が使われるようになったのは、江戸時代中期以降だ。 近代になって、かつては天竺などと呼んだインドを「印度」というのと同じように「支那」の呼び名が定着した。 だが、中国人の一部に支那という名を嫌う風潮が生じ、日本政府は『大支那共和国』と公式に呼んでいたのを、30年に中華民国中央政治会議の決議で、「『支那』という言葉の意味はたいへん不明確で現在の中国となんらの関係もないため、英語では必ずナショナル・リパブリック・オブ・チャイナと書き、中国語では大中華民国と書くよう外交部がすみやかに日本政府に要求するよう促す」としたのを受けて、日本政府は「中華民国」と公式文書に書くようになった。 日本政府は日華友好のためにこれを受け入れた。 だが、国号としてはともかく、世間では地理的名称、あるいは国の通称としては支那という言葉が使われ続けたが、1946年6月に連合国の一員として中華民国から外務省に「支那」と呼ばないように指示が出され、それを受けてマスコミなどにも「支那」という言葉を使わないように指導が行われた。 支那は、放送などではいまも避けられ、東シナ海、南シナ海、インドシナが例外である。 ただ、差別用語とはいえず、Facebookなどで支那を使うとアカウント停止にしているのは不適切である。 なお、「中華」の2文字の内、「華」を使って「日華」という使い方も、「中華民国」を相手にした場合にはよくあることだ。

次の