かぐや様178話。 かぐや様はネタバレ最新話178話速報!伊井野ミコが聞きたいこととは?

かぐや様は告らせたい178話179話180話ネタバレ 伊井野ミコは聞き出せない

かぐや様178話

2020年5月14日発売の週刊ヤングジャンプ2020年24号で、『かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』178話が掲載されました。 かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜178話は、修学旅行から帰還した白銀達は生徒会室に来たら、どっちが頭良いかで喧嘩していた伊井野と石上がいたので止めます。 千花がどうしても優劣をつけたいのなら頭脳で勝負すべきだと自身の意見を言うと、あるゲームをするように言いました。 果たして、千花が提案してきたゲームとは一体何なのでしょうか。 本記事では、かぐや様は告らせたい〜天才たちの恋愛頭脳戦〜178話『伊井野ミコは聞き出せない』のあらすじと感想を紹介していきます。 かぐや様は告らせたい178話のあらすじネタバレ かぐやと共に廊下を歩いている白銀は今日くらいは早坂と共に過ごしてもいいんだぞと言うと、かぐやは時間は幾らでもあるからと言うと共に気になっている事があると口にしました。 かぐやは石上の事を気にしており、それは白銀も気になっていました。 修学旅行の間に石上はつばめとデートをしていたので2人はその結果がどうなのかが気になっているみたいです。 その事を言おうとしたら千花が割り込んできたので、事情を知らない千花に話せばややこしくなると思った白銀は自分達がいない間石上と伊井野が仲良く仕事できているか気になっていたと言って誤魔化しました。 千花は近頃は伊井野から寄り添い始めたから大丈夫だと言って生徒会室のドアを開けると、その伊井野と石上が喧嘩をしていたのです。 一先ず2人の喧嘩を止めて理由を尋ねると、どっちが頭がいいかで大喧嘩していた事が発覚しました。 千花はどちらが頭がいいのかを暴力で決めるのはよくないと注意し、優劣を決めたいのなら頭脳で勝負するべきだと言いました。 そこで千花がお勧めしたのはしりとりカードゲームでした。 ルールはあいうえおの50音カードが描かれたカードを5枚引き、場に出ているカードから始まり、手札から出したカードで終わるワードを言ってしりとりをするゲームです。 このゲームにターンがなくスピードみたいにバンバン繋げて、先に手札を無くなった方が勝ちです。 この勝負で負けた方が馬鹿という事になるので、負けた人は私がおバカちゃんでしたごめんなさいと言って深々と頭を下げましょうとすっごい笑顔で言う千花。 聞いていたかぐやは自分が安全圏だととことん煽ると、白銀も人が心から悔しがる姿を見るのが好きなんだろうと遠い目をしながら呟きます。 そしてゲームが始まり、てからスタートしました。 伊井野は「て」でも「で」でもいいのか千花に聞き、千花ははいと答えると伊井野はデートと言って「て」のカードを置き、石上が何も閃かないので伊井野は問い合わせ、先輩、痛みと次々とカードを置いてあっという間に手札のカードは1枚になったのです。 白銀は流石学年1位だと心の中で思っていましたが、ワードのチョイスに何か棘がある感じがあるように感じているみたいです。 千花は負けたら謝罪だよと石上を煽っていたので、石上はそこまで言うのならもし伊井野が負けたら一緒に謝ってもらうと言うと、千花は了承しました。 そんな中、伊井野がカードを置こうとしていたのでその前に操と言って「お」のカードを置きました。 伊井野の手札は「こ」のカードでしたが「お」で始まって「こ」で終わる言葉が出てこないので、石上は横暴と言って「う」のカードを置いたのです。 伊井野は「う」で始まり「こ」で終わる言葉は閃いているのだが下品なので言えずにいると、石上は運動音痴と言って「ち」のカードを置きます。 伊井野は「ち」で始まって「こ」で終わる言葉を閃いているのがこれも下品なので言えず、石上にわざと言っているでしょと八つ当たりし始めたのです。 石上は何を言っているのか分からないのでその間に遅刻魔と言って「ま」のカードを置き、伊井野が「ま」で始まり「こ」で終わる言葉が閃いているが言えないのでこのまま石上が最後のカードを置いて勝利ました。 約束なので千花は謝罪の言葉を言ったので、石上はおばかちゃんと書かれたタスキをかけさせたのです。 しかし、伊井野が謝らなかったのでここまで成り行きを見守っていた白銀がどうして喧嘩になったのかを聞きます。 理由は伊井野がつばめとのデートはどうだったかと石上に聞いたら、石上は伊井野には関係ないと、案外野次馬みたいところがあるのかと返したのがきっかけでした。 話を聞いていたかぐやはこれは石上が悪いと、仮にも生徒会メンバーの一大事なのだから関心があるのは当たり前だし、それを野次馬と言われてしまえば反感するのも当然と断じました。 話を聞いていた石上もその通りだと思ったのか伊井野に謝罪し、伊井野も謝ろうとしたら千花が何の話なのかと割り込んできました。 白銀とかぐやは石上とつばめのデートの事だというと、除け者にされていた事に気付いた千花は何でそういう事をするのかと問い詰めます。 そうしたら石上は千花が絡むと碌な事にならないと答えたのです。 千花はこれまでどれだけ可愛い後輩の面倒を見たと思っているのかと言うと、石上は千花に助けられた覚えはないと断じたので千花と石上はしりとりカードゲームを始めたのです。 様子を見ていた白銀達は日常が帰ってきたとしみじみと感じていました。 かぐや様は告らせたい178話の感想と考察 今回の話から如何に千花が日頃から信頼されていないかが分かりますね。 石上とつばめがデートしていた事は白銀達は知っていたのに、千花だけ知らないのはもし言ったら絶対余計な事をしてしまうのが目に見えているからではないでしょうか。 これまでの話でも今回の話でも日頃の言動に問題が大ありなので、そこを治していけばある程度信頼を回復できるのではないかなと思ってしまいましたね。 そして石上とつばめのデートの事が余り語られなかったので、何時語られるのか楽しみです。 次回179話は白銀達が石上につばめとのデートでの出来事を聞くのではないでしょうか。 彼らは今回の話で石上のことを気にしていたので間違いないでしょう。 白銀、かぐやが京都でかなり衝撃のあった修学旅行をしている間に石上はつばめとデートをしていました。 今回の話も伊井野がその事を知っていたのでどうだったのかと尋ねたのだと思います。 しかし、石上は良かったとも悪かったとも言わず、伊井野には関係ないと言っただけでした。 最近でこそある程度良くはなっていますが、石上と伊井野は元々仲がいいという訳ではありませんので、デートが上手くいったのであれば石上は満面の笑みかつ伊井野を少し小馬鹿にするように言う筈です。 そうしなかったのはあまり芳しいものではなかったので、石上は余りデートの事に触れられたくないから上記みたいに言ったのだと思います。 しかし、白銀とかぐやに聞かれては答えるしかないので話すのではないかと思います。

次の

『かぐや様は告らせたい』177話感想 早坂愛と四宮かぐや…2人は仲良し!

かぐや様178話

さてと。 かぐや様は告らせたい 178話 の感想(かぐ活)です。 かぐや様の感想を書き始めて以来,おそらく2・3回目となる 0時に更新できなかった感想となりました。 昨今,コロナのせいもあって漫画家先生もアシスタントさんや編集者さんとの分業が難しく,天下のジャンプですら「もしかしたら休載があるかもよ?」みたいな伏線(違)もとい予防線を張っていましたが,まあ分からなくもない。 僕も在宅勤務しているのですが,ぶっちゃけ色々大変です。 職場に行けば大した作業じゃないのに,自宅でリモートとなるとかかる時間が半端ないって!となる。 つい先日0時すぎに仕事が終わって流石に冗談でしょ... と思っていたら昨日は仕事終わったの1時(午前)ですよ! 馬鹿な! 結果として感想を書くのがこの時間になりました。 しかしかぐや様を読めばこれまでの疲れも溜まったストレスも突きまでぶっ飛ぶこの衝撃!ですよね。 赤坂アカ先生の尊い労働(作品)に 感謝である。 というわけで,全国3000万の石上xミコ派待望の 1年生編のスタート!と相成るわけであります。 後輩たちの恋愛頭脳戦?始まる 修学旅行編の愛とかぐやのお話も良かったけれど,やっぱり恋愛はラブコメの華ですからね。 こじらせ気味の伊井野ミコと石上優の行方はどうなったのか。 おら,ワックワクしてきたぞ!という178話です。 最新コミックス 【単行本】 客観的視点! 導入で既に語られているように,石上の恋が気になっているのは伊井野ミコだけにあらず。 四宮かぐやも然り,白銀御行もまた然りである。 一方で,石上の動きには一切気づかないまま,伊井野ミコの恋として捉える藤原千花という一人違う視点がお話に加わる。 かくして当事者の石上(と伊井野ミコ)の関係を直接的に描くのではなく,第三者の客観的視点で事の顛末を描いてくるあたり,やってくれましたね...。 なんて書いてますが, そんな意図かどうかわかりませんが!(作者からみれば一読者の解釈なんて, 藤原味王みたいなもんですよ) というわけで,今日の前菜は藤原千花であります(前菜て) 修学旅行が終わりほとほとに野次馬気分があったであろう先輩たちの意図と裏腹にいきなり始まっている昭和の喧嘩で「ラブコメってる場合じゃねぇ!」と乱入するは良いものの,早速趣旨から外れて 藤原のゲームが始まる辺り本当に藤原千花である。 個人的にこの「狂言回し」としての藤原さんは傍から見ている分には面白いので好き。 オチまで透けて見える いやもうね。 藤原さんが客観的立場から後輩をおもちゃにして遊ぼうと決めた瞬間から,もう最後のオチまで予想できるわけです。 これ最後は藤原書紀が負けるパターンでしょと。 実際そのとおりでそれは読者は予想できるわけなんですけれど,その過程は予想できないから面白いんですよ。 スライダーが来ると分かっていても空振ってしまう。 そんな藤原千花を眺めるかぐやと御行が,完全に読者視点なんですよね。 藤原さんという人物を知り尽くしているからこその醒めた視点のツッコミと,予想される結末の共有。 なにげない一コマですが味がぎゅっとつまっています。 やりますねぇ!(味王目線やめろ) 伊井野ミコは聞き出せない 完全に巻き込まれていますが,そこは伊井野ミコである。 問われているのは知性... いずれが頭が良いかという小学生レベルの喧嘩を 恋愛頭脳戦に持ち込む辺り,流石である。 真っ黒なコウノトリ ひっ! 初手それかよっ,てなりますよね。 思わず白銀御行も気づく程度に意図込められてますもん。 お前,どんだけ石上の恋路が気になるんだよ(にやにや)ってやつですが喧嘩の原因も含めて考えればこれは当然至極なわけです。 伊井野ミコは知りたい。 つばめ先輩と石上の恋路がどうなったのか。 デートはうまく行ったのか?いかなかったのか?その結果によって己の気持ちの持っていきどころも変わってくるからである。 暗黒のバックの伊井野さんの表情が死んでいるのが,まんま彼女の心理を表していますよね。 心の中は今真っ黒クロスケなんですよ。 ミコちゃんの心の中では今, 真っ黒なコウノトリが唄いまくっているんですよ!怖! 二手「問い合わせ」 三手「先輩」 四手 「痛み」 うわぁぁぁぁぁぁぁぁ!(悪寒) 聴いているだけで尋常でない何かが進行中であることがハッキリしてんだね。 ここまで石上視点でしか(たぶん)考えてこなかった白銀も流石にこのチョイスには「意図」を感じている。 (なお藤原千花は気がついていない模様) ただ,この勝負完全に 伊井野ミコの負けなんだよなあ...。 まったくもって石上には届いていないし響いていないのである。 石上の喧嘩の相手はミコじゃなくて「藤原千花」になっているし,「み」ときて最後に「みこ」と言えずに石上に「操」と言われている辺りなんかもうね...。 俺が好きなのはお前(ミコ)じゃない。 つばめ先輩に操を立てるでぇ!(意訳) って言わんばかりじゃないですか。 もう完全に伊井野ミコが恋愛的には眼中にないわけです。 恋愛頭脳戦としてみた場合,完全に伊井野さんの負けである。 石上優の恋路がどうなったかとは全く別次元の話として。 【追記】 そもそもこのゲームは 間に1文字以上(= 全体で3文字以上)なければいけないゲームなようです。 さいご「まけ」だったから2文字で行けるのかと思っていた。 ひろたきさん,マイマイさんありがとうございます。 多分今回使ってたゲームはこれですうちにありました笑 — マイマイ🍅🦔 APyRNSoXSfdQhRG ちなみにルールで3文字以上なので今回の下ネタは全てOKです笑 — マイマイ🍅🦔 APyRNSoXSfdQhRG 伊井野ミコは負けられない 恋にも(今日は)負け。 勝負にも負ける。 そんな伊井野ミコが負けを認められないのは,そこに 絶対譲れない気持ちがあるからである。 石上のことが気になっているその気持ちが恋心であることを多分ほとんど気がついている。 気がついていなければそもそも石上の結果をそこまで追求する必要はないし,バカだのアホだのでそこまで謝ることに意地を張る必要もないのである。 関係ないの...? 伊井野には関係ないだろ その何気ない一言に深く傷ついているわけですよ。 お前のことは恋愛対象外。 ほのかに抱きつつあるこの気持ちに気づいてもらうこともできず,第三者であると切り捨てられる。 その怒りは「生徒会のメンバーだから」という仲間意識の拒絶といった単純なレベルの話ではないのである。 報われない気持ちの行所。 それは自分勝手な思いである。 石上には関係のない話である。 少なくとも石上は伊井野さんではなく子安つばめに思いが行っているのだから,気づかなくったって「石上は悪くない」。 でも恋する女の子にとってはそんなん関係ねぇ!なんですよ。 今そこにある自分の気持ちに気づいてほしいんですよ。 自分のことを見てほしいんですよ。 優しくされたい。 そんな承認欲求お化けの伊井野さんだからこそ,依存から始まった恋心は大きく,深く,そして真っ黒に育っている。 だから伊井野ミコは謝れない。 気づいてくれないつれない態度に 「何よバカ...... 」ってなっちゃうわけです。 引けない戦いだからこそ,謝れない自分がそこにある。 そんな乙女心が垣間見える藤原のゲームでしたね。 かぐや様はどうしたい さて。 思わぬ形で伊井野さんを救った形になった四宮さんですけれど,これはアレだよな。 伊井野さんの気持ちに気づいている上で わざと「 ずらし」ましたね。 人の恋心を堂々と晒すような無粋な真似をしないのは秘密を守る四宮流でなくても当然かもしれませんが,「バカ」といってしまった 意図に気づいているからこその「ずらし」ですよね。 これはナイスプレー。 かぐや様は... 結果として石上も謝りましたし。 伊井野ミコが生徒会の仲間であり,関係ないとまで否定するのはちょっと... というかぐやの誘導にうまく乗せられた感がありますが,結果として伊井野さんも謝りましたしね。 かつての二人ならありえない光景ですよ。 十分二人の距離は「仲間」程度には縮まっている証左です。 ま,伊井野さんの謝罪は藤原パイセンが邪魔したんですけれどね! しかしアレですね。 多分に石上側のことしか気に留めていなかった白銀御行,伊井野側にしか気に留めていなかった藤原千花なわけですが,対して四宮かぐやは「伊井野さんの気持ちの変化」に気づきながらも石上を応援してきたんだろうな... って印象は深まったんですけれどね。 どうでしょうか。 明確に気づいたのは今回かもしれませんが,同じ生徒会の後輩であっても叶えられる思いは一つしかないわけで。 四宮かぐやとしてはあくまで石上優の気持ちを優先して考えているのは明白ですね。 石上がつばめ先輩で行くならそっちを応援するか。 まあ,ミコ側のケアは白銀がやる羽目になるんでしょうね。 関連記事 一方の 四宮さんは,石上側への掘り下げがくるんでしょうな。 「関係ない」「野次馬」という言葉に対して「貴女が悪いわよ石上くん」という言葉を投げたのは,伊井野ミコを救う気持ちを含めて本心でしょうけれど...。 この女,たぶん自分にも当てはめた部分もあったでしょ... (笑) やっぱり人(弟)の恋路は気になりますもんね! こんな面白い... じゃなかった弟みたいな石上の恋の行方を知らぬまま終わるわけにはいきませんですし。 おすし。 そんな四宮さんの計略も感じなくもない,178話でした。 余談 というわけで,予定通りクソ雑魚認定&蚊帳の外という惨めな立場に堕した藤原パイセン...。 舞台装置となった挙げ句汚れ役まで引き受けられる,本当に本作のヒロインは有能やでぇ。 まあ仕方がないね。 所詮,藤原千花は時代の敗北者じゃけぇ! ハァハァ... とりあえず取り消さない(おい)。 今回の失態を見せられた後じゃね...。 石上,だいぶ藤原パイセンの扱いがわかってきたよね。 それにしても,藤原パイセンが面白すぎるんだよなぁ...。 なんかもう... ゲーム(勝負)が絡んでいるせいか, 完全に女を捨ててますし。 女の子がそんなこと言っちゃいけないって,昔偉人が言っていたよ。 第〇期をお楽しみに...!? 絶対わかっていて描いているでしょ...。 やはり真に恐ろしいのは作者の才能...! 今週もめっさ面白かったですね。 来週はどうなるのでしょうか。 ンガクク! というわけで, 再度まる。 【追記】 そういえば, ミコちゃんの腕,治ってましたね。 結果,石上にフォローされる機会も減り,疎外感を感じていたのかもしれませんね。 現実逃避のご案内 Google検索で記事が出なくなったら、検索語に「現実逃避」を付け足すと見つかりやすいです。 もっと簡単なのはブックマーク登録。

次の

かぐや様はネタバレ最新話178話速報!伊井野ミコが聞きたいこととは?

かぐや様178話

「かぐや様は告らせたい:178話」のネタバレ しりとりカードゲーム 生徒会の仕事をこなすかぐやに、今日ぐらいは休んでもいいのにと告げる白銀。 少し気にかかっていることがあるからと言うかぐや。 石上の件か?と尋ねる白銀に、ふと現れた藤原は石上と伊井野なら心配ないと告げる。 ところが生徒会室の扉を開けると石上と伊井野はケンカ勃発。 なにやら先にバカと言っただのアホと言っただの小学生レベルの内容だった。 そこで藤原は提案。 どうしても優劣をつけたいなら頭脳戦で勝負すればいいと、おもむろにカードを差し出す。 場に出ているカードの文字が頭、自分の持ち手から出すカードの文字を語尾に付けてしりとりをこなしていくルールだ。 負けたほうがバカ決定だと、安全圏だと煽るのを楽しむ藤原。 こうしてゲームスタート。 さすが学年一位の伊井野は頭の回転が速い。 次々にカードを捨て残るは1枚。 もう後がないとさらに石上を煽る藤原に、もし伊井野が負けたら一緒に謝ってもらうと石上は悔しさを露にする。 もはやわざとではないかと問い詰めるが、結局伊井野はどのワードも口に出せないまま敗北。 伊井野の恋心 道連れに藤原も謝罪することになったわけだが、負けたはずの伊井野は謝らないの一点張り。 そもそもの原因は、つばめとのデートはどうだった?という伊井野の質問に、石上が伊井野には関係ないと言ったことだった。 かぐやは伊井野の心中を察して、それは石上が悪いと判断。 ところがそこに何も知らされていなかったことで藤原がパニック。 自分だけが知らなかったことにヒステリックを起こし始めたのだ。 これまで幾度となく面倒を見てきた結果がこれかと問い詰める藤原に、石上はこれまで一度も助けられた記憶がないと告げる。 こうして二人のしりとりカードゲームが始まったのだった。

次の