ハエ 捕まえ 方。 超かんたん「ペットボトルでハエ取り器」【改良・自由研究編】

虫を追い出す方法

ハエ 捕まえ 方

以前よりも簡単な餌で、大きなハエがいっぱい。 毎日、10匹くらい入るスグレモノ。 地域の特性や季節にもよると思いますが・・・ 試してみる価値はあると思いますよ。 小学生のみなさん、ハエ取り器を作成して自由研究はどうかな? どんな餌をいれたら、どんな場所に置いたら、入り口になる穴の形は、丸と四角では? ハエの習性なども調べて、新しいハエ取り器の製作にチャレンジすると、面白いレポートを作ることができるのではないでしょうか。 ハエが入る様子を見ているだけでも面白い。 ハエと人間の知恵比べ。 我が家はそんなにハエだらけなの??? いいえ、犬の糞にハエが4、5匹たかるくらい。 それでも、こんなにいたんだね。 ハエで困っている地域なら、数日後、きっと中はハエがいっぱい。 中の水がハエで真っ黒に。 こうなると、臭いにつられてハエがよってきます。 毎日、ハエ取り器の中底3~4cmに水が入っていることを確認してください。 蒸発して水が少なくなったら、水を足してください。 我が家では、ハエ取り器を2つ製作し、10日間で約100匹が取れました。 簡単な工作でできるスグレもの。 子どもさんとの工作で作ったり、夏休みの自由研究などでも楽しいのでは。 穴を空ける時は、保護者の方が注意してあげてくださいね。 ハエにお悩みの方も、ぜひ、お試しあれ。

次の

ハエを見つけたら笑いを取るチャンス!オモシロイ捕まえ方を紹介します|もっとHAPPYに!

ハエ 捕まえ 方

ハエは明るい場所に飛んで行く習性があります。 夜なら照明を消して窓を開けましょう。 外のほうが明るければハエが部屋から出ていきます。 月が出ていたり、外灯があるほうの窓やドアを開けると良いですね。 ハエに限らず昆虫の多くは、電気をつけていると集まってきます。 これは真夜中など暗い場所を進む時に、生き物が月を頼りにして進む習性があるからです。 昆虫は見える範囲で一番明るいものを月だと勘違いするので、照明のある場所に集まると考えられています。 人間も明るい場所が好きなので、夜道で看板を見ると店に入りたくなります。 この心理を計算して、コンビニの看板や照明が作られているんですね。 夜、寝る時にスマホを見ているとハエがスマホに寄ってくることがありますが、そのような場合も一時スマホを暗くして家の外に出してしまいましょう。 殺虫剤が使えない場所で重宝するのがハエたたきです。 ハエたたきは、持ち手の部分が樹脂製のものと金属製のものがあります。 金属製のものよりも樹脂製のものは柔らかくしなるので、振り下ろした時に風圧でハエを逃してしまう確率が少なくなります。 樹脂製よりも植物のシュロでできたハエたたきのほうが、もっとしなるので命中率が高くなりますが、近頃では販売されている場所が少なくなりました。 持ち手の一番端の部分に、ピンセットがついているものもあり、落としたハエをつまんで捨てることができるので衛生的です。 小さなラケットの形をしたものにスイッチオンで電気を通し、ハエを叩くと感電させて退治できる「電撃ラケット」も100円ショップやホームセンターで販売しています。 充電式と電池式があるので、好みによって選べます。 ペットボトルの中に水とハエが好きそうなものを入れて、穴をあけておくというシンプルなハエ取り器です。 用意するペットボトルは、500mlから2リットル程度のものまで、どのような大きさでもかまいません。 カッターやドリルで穴を開けるので、あまり柔らかすぎるペットボトルだと割れてしまいます。 少し硬めのものを選んでください。 ペットボトルの真ん中に、直径1センチ程度の穴を一つだけ開けます。 ハエが入れるサイズの穴であれば、丸でも四角でもかまいません。 ペットボトルの口から、捨てる部分の内蔵や皮、クズ野菜など、何でも良いのでハエがたかりそうなものを入れます。 生臭かったり、腐りそうなにおいがするものほど効果があります。 食べ物を入れたら、日本酒か水を中に入れます。 食べ物がしっかりと浸かる程度、注いでください。 ペットボトルに釘などで小さな穴をあけておけば、中のにおいが外に出やすくなります。 ペットボトルのハエ取り器は、小中学生の夏休みの実験としても人気です。 簡単に作れて、すぐに効果が実感できるので、ペットボトルが空になったら作ってみましょう。 キッチンの水切り用ネットやゴミ袋を毎日取り替えるのは、お金がもったいないので何日か連続で使う時もありますよね。 もしハエをキッチンで見かけたら、しばらく生ゴミは毎日処理するようにしてください。 ハエは、食べ物が腐った甘いにおいが大好きで、そういう場所に卵を生みます。 ハエは果物の皮や野菜くず、刺し身や肉が腐ったにおいが大好きです。 ハエは卵を産んだら8時間から12時間で幼虫(ウジ)になります。 夜寝る前に生ゴミを処理しておかないと、寝る前に生ゴミの中に産み付けられた卵が、朝になったらウジ虫になっているのです。 ウジ虫でいる間は5日から10日で、その後4日から7日ほどでサナギになり、成虫になります。 成虫は一ヶ月ほど寿命があります。 生ゴミを早めに処理しないと、生ゴミからウジ虫が大量発生するので要注意です。 ハエは気づいた時から3ヶ月間ずっと駆除し続ければ、全滅させることができます。 ハエが発生している、あるいは入ってくる原因を見つけられれば、ハエの寿命は1ヶ月半程度なので駆除しやすいのです。 今飛んでいる成虫のハエを駆除しても、そのハエはどこかで卵を産んでいる可能性があります。 卵から10日から15日ほどで成虫になって飛び回るので、成虫を殺した後はハエの卵やウジ虫、サナギを見つけて駆除しましょう。 ハエは1回に50個から150個の卵を生みます。 1匹のハエは一生に500個の卵を産むので、1匹見つけたら数百匹のハエが大量発生する恐れがあるのです。 ハエのウジ虫やサナギを見つけたら、熱湯をかけて駆除するのが簡単です。 何もしないでビニール袋に入れると、ビニール袋の中で成虫になってしまう可能性があるので気をつけてください。 ハエは1匹駆除しても、再びどこからかやってくるので、駆除をあきらめている人も多い害虫です。 しかし、放っておいても卵を産んでますます増えるだけなので、原因を見つけましょう。 窓を開けた時に入ってくることが多いのであれば、窓を開ける時は部屋の電気を消すようにしましょう。 毎年、暖かくなるとコバエが大量発生するようであれば、めんつゆトラップをベランダや庭に置いておくと効果バツグンです。 家にペットがいたり、家畜がいる場合は、エサや排泄物があるのでどうしてもハエが発生しがちです。 動物のことを考えると殺虫剤も使えませんので、そういった場合はハエ取り紙を吊るして下さい。 熱湯やファブリーズ、リセッシュなどでもハエは退治できます。 ハエを見つけたら、キッチンやお風呂場の排水口などを掃除するサインです。 水がある場所や、生ゴミなど有機物のある場所はハエが発生しがちなので掃除を心がけてください。

次の

あつまれ動物の森プレイ日記09 アリとハエの捕まえ方!

ハエ 捕まえ 方

ハエの発生原因と退治せずに追い出す方法 ハエの発生原因 ハエが家の中で発生している場合は、 腐った食べ物や 生ごみ、 生き物の死骸などがある可能性があります。 もし家の中にハエがよく飛んでいると感じたら、生ごみのチェックや、天井裏にネズミなどの動物の死骸がないか確かめてください。 また、ハエの種類によっては 植物や お風呂の排水口などから発生している可能性もあります。 腐ったものやゴミなどに気を取られがちですが、観葉植物なども念のため確認しておきましょう。 さらには、ハエは ダンボールに卵を産み付けることもあり、そこから発生してしまう場合もあります。 使わないダンボールは、すぐに処分するようにしましょう。 追い出す方法 ペットを飼っているなどの理由で ハエ退治に殺虫剤を使いたくない、という方には、以下の方法が有効です。 ・部屋を暗くして窓を開ける ハエは、 明るい場所に集まる習性があります。 明るい家の電気を全部消し、窓を開けてみましょう。 すると外の方が明るくなるので、そちらに飛んでいきやすくなります。 ただし、これは外が明るい昼間などにしかできない方法なので、夜にはできません。 また、場合によっては逆にハエやその他の虫がうっかり入ってきてしまうこともあるので、開ける際は 虫の出入りに注意しておきましょう。 ・風で追い込む これはうちわなどを用意して窓を開け、あおいでハエを誘導して飛ばす、というもの。 上記の、部屋を暗くして窓を開ける方法で出て行かない場合は、こちらの方法が有効です。 見つけてすぐにハエを退治する方法 ここでは、飛んでいるハエを見つけた場合の退治方法をご紹介します。 殺虫剤を使ってハエを退治する スプレーのタイプの殺虫剤を使えば、簡単にハエ退治をすることができます。 ですがお子様がいる家庭や、ペットを飼っている家庭などは、スプレーを使用して退治することが難しいかもしれません。 殺虫剤を使用するのは控えたい、という場合は、以下のような方法を試してみましょう。 殺虫剤をどうしても使いたくない場合は? 殺虫剤以外のハエ退治方法としては、シンプルに 手やハエたたきを使う、というものがあります。 とはいえ ハエをつぶすのには抵抗がある……という方は、掃除機でハエを吸いあげてしまうのもひとつの手です。 ただし、ハエは動きまわるため、どうやっても逃げられてしまう可能性もあるでしょう。 そのような場合はドライヤーを使用するとよい、といわれています。 ハエに対してドライヤーで垂直に風を当てれば、ハエは風に飛ばされないようにと壁にしがみつくことが多いでしょう。 そこで身動きがとれなくなったところをたたいたり、 掃除機を使って吸ったりすれば、簡単に退治ができるのです。 このとき、熱風だとかえって飛び去ってしまうこともあるので、ドライヤーの設定は冷風にしておきましょう。 ハエ退治には消臭スプレーも効果的 また、 消臭タイプのスプレーも、ハエ退治に意外と有効です。 ハエは身体の気孔から呼吸をしており、その穴は水を弾くために油で覆われています。 そこで消臭スプレーを利用すると、スプレーに含まれる界面活性剤がその油を溶かし、気孔を塞ぐことで呼吸をできなくするのです。 呼吸をできなくしたら、 ティッシュや 掃除機などを用いて処分しておきましょう。 また、アルコールスプレーにも同様の効果があるため、これを活用してみてもよいですね。 ハエ退治で効果的なめんつゆトラップの作り方 一般的な家庭にもよくあるこの 「めんつゆ」。 じつは、とくにコバエに対して効果があるといわれているトラップを作ることができます。 その作り方は、意外と簡単です。 容器に水を3センチメートルほど入れる 2. 水の入った容器に、めんつゆを入れる 3. ハエが発生しそうな場所に置いておく このトラップでは、めんつゆの香りでハエをおびき寄せ、洗剤でハエを窒息死させることができます。 これを使えば、 殺虫剤を使わずともハエを退治してくれます。 家にコバエが多くて困っているという方は、このトラップも使用するとよいでしょう。 「ここまでやってもハエがいなくならない……」 「原因がない・取りのぞいたのにハエがずっといる……」 そんな場合は、 素人ではどうにもならない大きなハエの発生原因が、家庭にひそんでいる可能性もあります。 どうしてもハエを駆除しきれないときは、 害虫駆除業者に調査を依頼し、原因を突き止めてもらうことも選択肢に入れておきましょう。 弊社は 24時間対応で業者をご紹介、調査や駆除の依頼を受け付けています。 日本全国フリーダイヤルでいつでもすぐにご対応いたしますので、ハエにお困りの方はぜひお気軽にお電話ください。 日頃からハエを寄せ付けない環境を作ろう ハエ退治をするのももちろん大切ですが、 ハエを寄せ付けない環境を作るのはもっと大切です。 そんな環境を作るためには、ハエの侵入や室内での孵化をさせないこと工夫が重要になります。 ハエは、扉や窓から侵入してくることが多いため、 こまめに閉めておくようにしましょう。 網戸などを設置するのも、ハエのみならず、虫の侵入に効果的です。 また、ハエは扉や窓だけではなく 排水溝からも侵入することもあります。 この侵入を防ぎたい場合は、まず排水溝を清潔にすることが重要となります。 市販の排水溝用の薬剤などを使用し、排水溝をきれいにしておきましょう。 前述しましたが、ハエが主に発生するのは生ごみやお風呂場、台所などになります。 まず生ごみはしっかりと捨てるようにする、ということが大切です。 またお風呂場の壁や床には、ハエが卵を産む可能性もあります。 最低2週間に1度は、お風呂の掃除をしておきましょう。 いざというときは、前述のめんつゆトラップを台所などに置くのも効果的です。 家の中はきれいでも、物置などからハエが発生する可能性もあります。 ハエが発生しそうな場所があれば、こまめにチェックしておくことが大切です。 もしハエが発生していたら、今回ご紹介したような方法を試してみてはいかがでしょうか。 まとめ ハエの退治は、 殺虫剤や 消臭スプレーなどが効果的。 室内でスプレーを使えない、という方は、 掃除機や めんつゆトラップなどを活用してみましょう。 また、ハエを退治するには、まず ハエを発生させない環境が大切になります。 ハエの発生源をなくすことによって、ハエを撲滅することもできるのです。 家の中の怪しい場所は、徹底的に掃除をするようにしましょう。 とはいえ、かなりの数のハエが発生している場合は、個人の対処ではどうにもならないことも。 「なかなか家の中のハエがいなくならない……」そんなときは、 一度ハエ退治のプロにご相談ください。 プロであれば、しっかりハエの発生源を特定し、適切な方法で退治してくれます。 虫が苦手な方や、ずっとハエに悩まされている方も、プロの技術があれば ハエを見なくて済む生活に近づくことができるでしょう。 弊社では、そんな ハエ駆除対応の業者をいつでも・どこでもご紹介しております。 全国47都道府県の加盟店から、すぐにお客様に最適な業者を選定。 お見積りや現地調査は基本無料、例外的にお金がかかる場合も必ずお客様に確認を取ってからの作業となるので、安心して依頼できます! 24時間通話料無料で対応しておりますので、ハエにお困りの方はいつでもお気軽にお電話ください! (この記事は2019年12月19日に加筆・修正しています).

次の