パチンコ データ アプリ。 無料のパチンコアプリで遊び放題!

‎「台データオンラインアプリ」をApp Storeで

パチンコ データ アプリ

パチンコ・スロットのデータサイトで一番有名なのはサイトセブンですが、サイトセブン以外にもデータが見れるサイトがたくさんあるのをご存知ですか?しかも無料で見れるんです。 「サイトセブンで公開していないからあそこのホールはデータを公開していない」 と思っていたホールも、別のサイトやアプリでデータを公開しているケースが案外多いのです。 そういうツールは、たいてい以下の詳細データが見れます• パチンコ、スロット、低貸も含めたすべての設置機種が対象• 過去数日分のデータ• 当日の回転数、大当たり回数、ボーナス回数が見れる• スランプグラフ• 大当たりの時間と種別、出玉(獲得玉数や枚数)などの履歴 ー 見れるサイトと見れないサイトがあります。 どうです?サイトセブンと同じくらいの高機能じゃありません? 今回は、僕自身もよく使っているサイトやアプリを一挙公開します。 PAPIMO PAPIMOは無料で使えるデータサイトながら意外と多くのホールをカバーしています。 データ内容はホールによって異なりますが、過去1週間分までさかのぼって見れたりと高性能です。 僕はかなりお世話になっています。 下のページからホールを検索できるので、ご自分の地域のホールがあるかどうかチェックしてみてください。 データを公開しているホールを探す時は「大当たり情報」のマークを探してください。 P's Cubeの画面 ちょっと残念なのが、登録ホールの一覧を見ることはできません。 なのでGoogleでキーワード検索しましょう。 たとえば 「PsCube データ」 さらに 「PsCube 大阪」 という具合で絞っていきましょう。 こうやっていくと、自分の知っているホールが出てくるかもしれません。 ターゲットのホールがどうしても出てこない場合は、 「PsCube <ホール名>」 とやってみましょう。 ここまでやって出てこなければそのホールはP's Cubeを利用していないと思っていいでしょう。 ちなみにパソコンで見るとスマホ版のコンテンツが画面いっぱいにドドンと表示されるので、スマホモードに切り替えるといいですよ。 これはどのブラウザでもできるワザですが、Chromeの場合デベロッパーツールというのを開くとスマホやタブレットのふりをしてアクセスできます。 TeraMoba2 TeraMoba2も強力なツールです。 他のサイトと同様データも見やすいですし、過去1週間までさかのぼれたりします。 これもまた登録ホールの一覧が見れませんので、Googleを足がかりに検索しましょう。 「TeraMoba2 データ」 「TeraMoba データ」 「TeraMoba2 東京」 こんな感じですね。 あれやこれや有名店もけっこう出てきます。 GAIAオンラインデータサイト 正直なところ、他のデータサイトよりも見づらいのですが無料で利用できるのでありがたく利用しましょう。 これまたホール一覧ページがないので 「ガイア データ」 「ガイア データ ひたちなか」 という感じで絞り込んでいきましょう。 マルハン(アプリ) マルハンアプリはスマホ専用のアプリです。 以前はMARUHAN'S NETというサイトがあったのですが、使い勝手もあまりよくない上に無料で見れるのは当日分だけで、過去のデータを見るには有料会員にならないとダメという厳しいものでした。 しかし2017年7月、MARUNAN'S NETに代わってマルハンアプリがリリースされました。 いまはマルハンアプリ一つで全国のマルハンのデータに無料でアクセスできます。 しかも過去のデータも含めすべて無料で利用できます。 便利な時代ですね。 DMMぱちタウン(アプリ) DMMぱちタウンは僕自身ほとんど使っていないのですが、一応スマホに入っています。 このアプリは来店とか取材の告知ツールみたいなイメージですが、ホールによってはデータを公開しているところもあります。 これまでに紹介したサイトで自分のホールのデータが出てこない場合、最後の望みをかけてDMMぱちタウンでそのホールを検索して見ましょう。 もしかするとここでデータを公開しているかもしれません。 カチナビ(アプリ) カチナビはデータ公開サイトではないのですが、サミー系の高設定確定演出が発生したホールを地図上に表示してくれます。 下のスクリーンキャプチャは某都心の激選区のものです。 カチナビで高設定を使っているホールを検索 エイリヤンの色がレインボーとかキリンとか違っていて、これはサミーお馴染みの法則となっています。 エイリヤンをタップすると、日付、機種、総ゲーム数が表示されます。 ホールの名前までは出ませんが、通い慣れている地域なら地図を見ただけでどこだかわかってしまうでしょう。 サミーは2017年の北斗がアレだったのであまり役に立たないと思うかもしれません。 正直な話、僕自身は最近はサミーの台を打つ機会はほとんどありませんが、それでも高設定を狙うなら見るべきところはあるかなと思います。 サミーがあまり強くない時期にもサミーに高設定を使っているホールなら、他の主力機種にも高設定を使っていると考えられませんか? あと高設定が出た日と機種をよくみれば、高設定の投入率とか全台高設定をやったということまでわかるかもしれません。 さらに言えば、キリンとかレインボーが出てるのに回転数がそこまでついていないホールならライバルが手薄という可能性だって考えられます。 何よりも無料ですので使えるようにしておく価値はあるかなと思います。 ネットで検索してみよう 以上、僕が使っている無料のデータサイトやアプリを紹介しました。 これ以外にもホールやパチンコ店チェーンが独自で公開しているサイトやアプリもあると思います。 いまはネットの時代なので、データを公開していないホールの方が少数派だと思います。 データ公開していないと思っていたホールでも、ネットで検索すれば意外と見つかるかもしれませんよ。 先ほどのやり方のように 「ホール名 データ」 という感じでどんどん探してみましょう。 サイトセブン そして最後は、ベタですがサイトセブンです。 これは有料ツールですがカバーしているホールの数がケタ違いです。 サイトセブンの画面 僕は気合の入った設定狙いをするタイプではありませんが、それでもサイトセブンには入っています。 スマホ版とPC版があるのですが、通常はスマホ版だけあれば十分かと思います。 スマホ版は月324円なので、ちょっとおしゃれなコーヒーチェーンのコーヒーよりも安いです。 僕は、これまでに紹介した無料サイト・アプリとサイトセブンを組み合わせることで、自分の行くホールはすべてデータをネットで見れる状態にしています。 僕は仕事の後に打ちに行く感じなので毎日のように使うわけではありませんが、それでも打ちに行く日の前後は使っています。 前の日に狙い台を考えたり、打っている最中も良さげな台やシマを探したり、近隣ホールをチェックしたり、打ち終えた後に全体の状況をチェックしたりしています。 1日10円くらいで高設定にたどり着く可能性が上がるのなら安いかなと思います。 僕はサイトセブン以外にもホールナビ、パチマガスロマガという有料サイトも使っています。 よく打ちに行く人はもちろんですが、僕のように打てる時間が限られている人もホールに行く前に複数店の状況チェックができるのがいいと思います。 前は大手キャリアのみの対応だったのですが、いまはクレカにも対応しているので、キャリア課金をしたくない場合や格安SIMを利用している場合でも安心して利用できます。 会員登録する前でも登録ホールを検索できるので、先に自分の行くホールがカバーされているかを確認できます。 あと、日替わりで全国のどこかのホールのデータを無料で見れるようになっているので、データの内容や使い勝手も確認できます。

次の

勝てる立ち回りの基本【パチンコデータランプ攻略】!!

パチンコ データ アプリ

では、データランプのそれぞれの名称と意味を説明していきます。 大当たり 当たり回数の合計です。 確変大当たり中に当たった当たり回数、出玉が発生しない当たりも含まれますが、機種によって様々です。 確変大当たり 「3、5、7」などの奇数で当たった場合に、次回大当たりが確定し、確率変動が起こる大当たりを指します。 ホールによっては、確変中の大当たりは全てこの「確変大当たり」にデータが上がる所もあります。 また、初当たり(連チャンする最初の確変大当たり)のみ、この「確変大当たり」になる場合もあります。 小当たり 確変機ではあまり見られませんが、小当たり設定をしているデータランプは、大当たりを小当たりに設定し、確変大当たりを大当たりに設定している店舗もあります。 回転数 直前の大当たりから、ヘソ(パチンコ台の中心にある穴)に入って、液晶やドラムが回転した回数を指します。 現状のパチンコ台は1000円で250玉払い出しであれば、平均で20回~25回ほど回ります。 総回転数 ほとんどのパチンコデータランプは回転数がメイン表示で、総回転数は、データランプを操作して表示させるタイプが多いです。 総回転数は、その日一日のトータルで何回転しているかを表します。 機種やホールによっては、確率変動中の遊戯回転数は総回転数に含まれない事が多いです。 通常時のみの総回転数を表示している場合が多いです。 【参考】 データランプの基本的な操作方法と名称と意味 ここからはデータランプの操作方法に関係する名称と意味を説明しますね。 ほとんどのデータランプは の4つのボタンのタイプがあります。 それぞれの使い方と意味について解説していきます。 切替ボタン 回転数表示から、総回転数表示、前日のデータ(総回転数、大当たり回数、確変大当たり回数)、前々日のデータと、切り替わります。 大体が1週間前から2週間前程度までのデータをさかのぼってみることが出来ます。 スランプグラフ 切替ボタンでスランプグラフ表示までしてくれる機種もありますが、スランプグラフのボタンは、その台の大当たりと総回転数のグラフを表示させるボタンです。 連続で押していくと、前日、前々日と切替ボタンのように過去のスランプグラフを参照することが出来ます。 コーヒーワゴン呼び出しランプ コーヒーサービスを行っている店舗では、コーヒーなどドリンクのサービスの呼び出しに使用します。 ドリンクサービス専用の可愛いお姉さんが注文を聞きに来てくれます。 呼び出しランプ 店員を呼び出すランプです。 玉が詰まったり、パチンコ台に何かしらの不具合が生じた際には遠慮なく呼びましょう。 今のパチンコ店では、サービスに力を入れているお店も多くなってきたので、演出でわからないこと等がある場合なども対応してくれる事が多いです。 【参考】 データランプのグラフからの立ち回り方 パチンコの立ち回り次第では勝率アップはしますので、データランプを上手に利用し自分なりの立ち回り方法を確立することをオススメします。 データランプでの立ち回り方は大きく分けて2種類です。 一つは「確率論」、もう一つは「スランプグラフ論」です。 確率論を生かし勝率を上げる方法 「確率論」は平たく言えば、「確率の収束」するタイミングを狙った立ち回り方です。 当日のデータが命なので、夕方など、ある程度稼働している台に有効な立ち回り方です。 例えば、314分の1の確率で大当たりが引ける台があるのに対し、当日のデータ上は5000回転回して大当たり回数が10回だったとします。 すると当日の大当たり確率は「500分の1」ということになります。 元々の台の確率では314分の1にならなければいけないので、連チャンを引き起こすことによって、確率を314分の1まで上げる状態を狙う方法です。 ただし、この立ち回り方は、お店のリセット状況などによって狙いどころが変わります。 確率の収束が起こるのは、理論上30000回転(1日でも5000回転~7000回転程度、店舗の稼働状況で変わる)に達した後という台が多いです。 お店側で毎日リセット(機械本来の回転数を0に戻す行為)している場合には、この立ち回りではまず勝てません。 リセットされていないお店であれば、前々日くらいから大ハマリが続いているようであれば、狙える立ち回り方と言えます。 【参考】 スランプグラフ論を生かして勝率を上げる 「スランプグラフ論」は、株などのグラフチャートの見方を参考にした立ち回り方です。 台によって勝ちパターンのグラフの形は違います。 色々な方法がありますが、代表的なのは、波の荒い台(グラフが激しいギザギザ)のハマリかけから打ち始める立ち回り方です。 ホップステップジャンプのように小さい三角山、中ぐらいの三角山の下りはじめから打つ方法です。 グラフデータが複数必要な為、データランプの切替ボタンで過去グラフを参照して台を決めている人はほとんどこの立ち回り方をしているといえます。 この立ち回り方の弱点は、台の挙動を把握しておかなければならないことです。 いくらグラフが勝ちパターンに近いと言っても、偶然の一致もあります。 その場合、何を見るかと言えば、その台の演出と大当たりの回数です。 当たる確率が高い演出で、全く当たらないようであれば、その台の期待値は大幅に下がります。 しかし、通常の演出(よく見かける演出)で大当たりを引く事が多いようであれば、その台の調子はいいということになります。 しかし、あくまで可能性に過ぎない為、100%勝てるというわけではありませんので注意が必要です。 【参考】 【まとめ】勝てる立ち回りの基本【パチンコデータランプ攻略】!! パチンコホールに必ずと言っていいほどあるデータランプ。 見方を覚えたら、後は実践あるのみです。 よくわからないような数字があれば、遠慮なく「呼び出し」を押して店員から聞きましょう。 聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥ですからね。 最後までお読み頂きありがとうございました。

次の

勝てる立ち回りの基本【パチンコデータランプ攻略】!!

パチンコ データ アプリ

今は有料は古い!?無料パチンコアプリ登場 Appストアなんかをみていると、有料アプリのランキングに大体パチンコパチスロアプリってランクインしているのではないでしょうか。 私もよくチェックするんですが、割と新台のアプリなんかがでるとすぐにランキングに載りますよね。 でもパチンコアプリはとにかく高い! 1個1200円なんかはざらですし、そこからオートプレイとかサウンド買ったりとかしていると結局1800円ぐらいしてしまいますよね。 しかも残念なことは、パチンコアプリの飽きるまでが異常に早いということです 笑 まぁこれは私だけなのかもしれませんが、せっかくお金を払ったのにゲームを初めてから何日か経てば、他のゲームにまた戻ってしまったりすることもよくありますよね。 新台導入されたその日にアプリリリースなんてこともありますから、そういう場合には新台がどんな感じなのかを確かめるのには最適です。 でも、飽きるのが早いがゆえに、有料アプリはお金かかったなりに遊びきれないことが多いんです。 そこに、基本無料のパチンコアプリが登場しました。 とはいっても、中身が無名のメーカーのどこのパチンコ店にも置いてないような台ばかりというわけではなくて、しっかりとホールに導入されている機種を遊ぶことができます。 さらに無料のパチンコアプリのいいところは、パチンコアプリ自体がホールの様な役割をしていて、そのホール内の色んな機種を遊ぶことができるという点です。 基本無料ですから、飽きたとしても他の台を始めればいいんです!何機種も実際のホールにおかれている機種を遊ぶことができるので、色んな機種を幅広く遊びたい方におすすめです。 無料アプリだからこその出玉課金制度 基本無料と言いましたからもうその時点でわかった人もいるかと思いますが、基本無料ということは、課金アイテムがあるということです。 そもそも無料パチンコアプリは、アプリ自体はパチンコ店を再現するかのように設定されていて、ホールを見て打ちたい台に座ると遊戯開始となる仕組みが多いです。 そして、遊びたい機種のアプリを別でダウンロードするわけです。 ここまでは無料です。 ですが、玉は無料でいくらでももらえるわけではありません。 これが課金アイテムとなるわけです。 基本無料である以上、ログインし続ければプレイできなくはない設定になってはいますが、そんなことでは中々出玉が貯まりません。 何故なら、無料パチンコアプリというのは大半が、ホールと同じような設定であるため、釘が渋かったりしてあまり回らなかったりするからです。 つまりは回収台ですね。 無料パチンコアプリでありながら、パチンコ店を再現しているわけですから、出玉も割と現実的というわけです 笑 そうすると、無料でもらえるパチンコ玉はすぐに尽きてしまいます。 結果、アプリで遊ぶにはゲーム内でパチンコ玉を購入するためのゲーム内通貨が必要なわけです。 その通貨を購入するために、課金する…というパターンが多く、中には直接パチンコ玉を購入するケースもあります。 でも、パチンコ玉を購入しても無くなってしまえばまた購入しなくてはなりません。 そうすることで、無料アプリとはいえ、有料アプリ以上のお金がかかってしまう事があるわけです。 遊ぶための通貨があって、いくらでも遊べるわけじゃないというのが、無料アプリの特徴でしょう。 課金してしまう様な仕組みがそろってる それじゃあわざわざ無料アプリ入れたところで、有料アプリ以上にお金使いたくないし、やる必要もないかなと考える方もいるでしょう。 でもそもそもは無料アプリなんです。 無料である程度は遊べます。 そして、有料アプリとは言っても、そんなにやり込むつもりもないし演出を見れればいいかな程度の方に合っているのかもしれません。 でも、運営側としては課金してほしいわけですから、課金するように色々と手を尽くしてきます。 それが新台の導入などで機種の充実を図ったり、ログインボーナスを良くしてユーザーを囲い込んだりと色々あるんでしょうけど、それだけでなく、高設定確定とか、大当たり確定のアイテムなんかも用意されています。 これらのアイテムはなんとガチャで手に入れることが多いです。 いよいよ出てきました 笑 でも、こういうアイテムが手に入れば出玉は確実に増えるわけですから、その後玉を買う必要が無くなっていくわけですね そもそも出玉を確保できればいいんだから、ガチャを回した方がいい!と思わせるようにできているんです。 というか思ってしまいます。 夢中になる要素は無料アプリの方が上 有料アプリだと、いくら遊んでもお金がかかるわけではありませんし、大当たり確率を操作したりして当たりやすくできてしまいますよね。 その場合は大当たりしてもなんとも思いません。 でも、無料アプリは制限があって、その制限の中でプレイするわけです。 しかも下手すれば玉を購入してプレイしている場合もあります。 そんな中で当たったときの感覚は全然ちがいます。 残念なことに換金はできませんが 笑 そして出玉さえあればこれから先出てくる新台を無料で遊ぶことができるようになるわけです。 もしかしたら、最初に課金したといても、そのあとに課金する事はなくなるかもしれません。 そうすると、無料アプリの方がお得なのかもしれませんよね。 パチンコファンの性といってもいいんでしょうけど、何かが増えたり減ったりする実感がハマっていく人を作るのかもしれません。 そうなったとき、パチンコ依存症のように、課金し続けてしまうかも。 しかもお金は戻ってきませんからタチがわるいです。 有料アプリも無料アプリも一長一短ですが、無料アプリ制作側の思惑にハマらないように課金はひかえましょう 笑•

次の