第 五 人格 魔 トカゲ。 【アイデンティティV第五人格】魔トカゲの立ち回りと対策

6/6 【ハンター】魔トカゲ、ルキノ。るきの。 【第五人格】

第 五 人格 魔 トカゲ

シーズン7について 7月25日 木 から 新シーズン「シーズン7」が開幕する予定です! 推理の径の報酬も更新され、各キャラクターの 新衣装もたくさん追加になります。 新ハンター「血の女王」 第五人格1周年感謝祭にて、 新ハンター「血の女王 マリー 」が実装予定だと発表がありました。 マリー・アントワネットがモチーフになっており、 鏡を使ったスキルを使うことが出来るようです。 新サバイバー「バーメイド」 さらに、 新サバイバー「バーメイド デミ・ブルボーン 」の実装も告知されています。 生まれながらの酒好きで、スキルも お酒を使った能力になっています。 シーズン7は、7月25日 木 のメンテナンス終了後から約2ヶ月間になります。 シーズン7・真髄1ガチャからは、 新サバイバー「一等航海士 ホセ・バーデン 」が実装予定です! 懐中時計で 催眠をかけ、 幻影を見せることが出来る能力を持っているようです。 シーズン6からの引継ぎ要素 シーズン6からシーズン7に移行する際に、シーズン6から引き継ぐことが出来る要素があります。 ランク戦の段位 ランク戦の段位は、シーズン6 前シーズン の最終ランクを基準に引き継がれます。 閲歴点 閲歴点は経験値のようなもので、毎シーズンごとに上限が決まっていますが、基本的には蓄積されます。 シーズン7 新シーズン が開幕すると上限も解放になり、蓄積分はそのまま引き継がれます。 新しいレベル上限は70となっています。 新しい閲歴レベル報酬も開放されます。 4面ダイス 4面ダイスは、新シーズンに 最大100個まで持ち越すことが出来ます。 推理の径にて、スペシャルマスボーナスの最高報酬まで進んでいる場合は、新シーズンに持ち越すのも良いでしょう。 推理の径マス報酬 シーズン7の推理の径「スペシャルマスボーナス」の最高報酬は、 魔トカゲSSR衣装「夢泥棒」になります。 マス数 アイコン 名称 250 【衣装】調香師-セイヨウキヅタ 502 【衣装】野人-闇の森 1258 【衣装】曲芸師-青葉の赤 1528 【衣装】魔トカゲ-夢を盗む行者 S7・真髄ガチャ報酬 S7・真髄1ガチャ報酬まとめ レアリティ アイコン 名称 UR 一等航海士-フックキャプテン船長 SSR 泣き虫-時間に忘れ去られた男の子 SSR 心眼-目覚ましたくない女の子 SR 弁護士-迷うセーラー SR 夢の魔女-ウミヘビ女 SR 踊り子-夢の中に出てくる人 SR 納棺師-夢の中に出てくる人 SR 呪術師-夢の中に出てくる人 SR 芸者-夢の中に出てくる人 S7・真髄2ガチャ報酬まとめ レアリティ アイコン 名称 UR 血の女王-血祭り SSR 占い師-月相 SSR 野人-弄臣 SR 写真家-伯爵 SR 魔トカゲ-男爵 SR 納棺師-伴奏者 SR 機械技師-音取り SR 呪術師-毒苺 SR 曲芸師-操り人形 S7・ペルソナ5コラボ真髄ガチャ第1弾報酬 S7・ペルソナ5コラボ真髄ガチャ第1弾報酬まとめ レアリティ アイコン 名称 UR 曲芸師-雨宮蓮 SSR オフェンス-坂本竜司 SSR 踊り子-高巻杏 SSR 納棺師-喜多川祐介 UR 曲芸師-JOKER UR衣装「雨宮蓮」を覚醒する SSR オフェンス-SKULL SSR衣装「坂本竜司」を覚醒する SSR 踊り子-PANTHER SSR衣装「高巻杏」を覚醒する SSR 納棺師-FOX SSR衣装「喜多川祐介」を覚醒する S7・深淵秘宝ガチャ報酬 シーズン7は深淵秘宝ガチャがあるという告知は今のところありません。 発表がありましたら、随時掲載していきます。 S7・ランク秘宝報酬 シーズン7ではランク秘宝のSSR携帯品が3つまでとなり、毎日ランク戦を3回行うと翌日0時にランク秘宝が貰えます。 レアリティ 携帯品の画像 エフェクト 名称 UR 蝶が舞う 【携帯品】納棺師-黄バラの骸 SSR 青く光る 【携帯品】探鉱者-プラネタリウム SSR なし 【携帯品】曲芸師-星の飴 SSR オレンジ色に光る 【携帯品】魔トカゲ-ニッパー SR なし 【携帯品】白黒無常-前生の記憶 SR なし 【携帯品】狂眼-危機のスケール SR なし 【携帯品】野人-マスコット SR なし 【携帯品】一等航海士-海神の祝福 シーズン7の推理背景 シーズン7は、 探鉱者・呪術師・夢の魔女の推理背景が追加になります。 対象キャラクターを持っている方は、是非挑戦してみて下さい。 まとめ シーズン7は、新サバイバー「一等航海士」や新衣装がたくさん追加になります! 一等航海士は催眠術を使い幻影を見せて、ハンターを惑わすことが出来るサバイバーのようです。 以降は、新ハンター「血の女王」、新サバイバー「バーメイド」の実装も告知されており、今秋には新モード「21モード」も追加されます! シーズン7の新衣装も随時更新していくので、是非チェックしてみて下さいね!.

次の

【第五人格】シーズン7で入手出来る報酬一覧!最速最新情報! 【アイデンティティV】

第 五 人格 魔 トカゲ

存在感0 落下 魔トカゲはジャンプ中にその場で自ら落下することができる ハンタージャンプ その場でジャンプする。 更に空中でもう一度だけジャンプすることができる。 体力の消費は1回目が20で2回目が10。 CT10秒 1000 落下攻撃 ジャンプ中にその場で急降下して着地と同時に範囲内の魔トカゲに一番近いサバイバー1人に1ダメージを与え、板を破壊する。 ただし攻撃範囲は落下直前にサバイバーにも表示され、ある程度の高度が無いと落下攻撃は使用出来ない 1回ジャンプのピークギリギリの高度くらいは必要 2500 熱狂 空中で3回目のジャンプができるようになる。 体力の消費は3回目が10 蛇の化け物 落下攻撃の落下速度が上昇する 短所• ジャンプ中に壁や木の枝などの細かいオブジェクトに接触すると強制的に落下する。 接触してなくても勝手に落下することがある。 落下攻撃が使えるようになるまで攻撃手段が射程が短い通常攻撃しか無いのでファスチェに苦労する。 初動が遅くて不安定というのはハンターとしては致命的である。 存在感がない状態では閉鎖空間や神出鬼没がないと小屋グルだけで詰む。 落下攻撃の攻撃範囲自体はあまり広くないので回避されやすい。 3段ジャンプからの落下攻撃はサバイバーからは予測不可能だが正直魔トカゲから見ても何処に落ちるのかヤマ勘になる。 大きな身体で視界が遮られるため、懐に入られるとサバイバーを見失いやすい。 ステイン隠しが出来ない。 体の判定よりも前に顔が出る前屈みの姿勢の為、壁に向かって足踏みするステイン隠しをしようとすると壁から顔だけ出てくる事が多い。 対戦マップがの場合、まともにジャンプ出来る場所が少ない為非常に辛い戦いを強いられる。 でも地下に入ると2段ジャンプが出来ない 天井にぶつかる。 この2つのマップは他のハンターで挑んだ方がいい。 協力狩りで回復剤を購入しても体力の回復速度を上げられない。 ハンター最弱候補筆頭。 肝心のジャンプにまつわる制限が厳しい上に扱いづらいため、非常に安定しない。 一部尖った性能があるほどの強みが無いのも痛い。 かつて初期のが外在特質を一つも持っていないことをネタにされていたが、魔トカゲの外在特質に至っては体力の要素が追加されるという触れ込みの全ハンター中唯一のデバフしか無い効果のものであり「外在特質を持っていない方がマシ」という悲惨な状態である• 立ち回り次第ではジャンプでサバイバーを翻弄できるので、決してまともに戦えないというほどの弱さではない。 S9では魔トカゲメインで邪竜星20以上かつS徽章に到達した猛者も居た。 しかし魔トカゲ自体は既に環境に置いていかれている性能というのが否めず、他のハンターと比べても更に技量と知識が求められているのが現状である。 メインで使っていくには愛と覚悟が必要だろう• 協力狩りでは間違いなく最弱。 他のハンターであればCTの長さという弱点を補えるはずの回復剤で体力の回復速度を上げられないため実質的なスキルの回転率を上げきれずDPSに難あり。 立ち回り 最初からジャンプが使えるのでサバイバーがスポーンした位置にすぐに移動することができる。 問題なのはファスチェに入った後で、存在感が貯まるまでは通常攻撃だけで頑張らなければならない。 常に屈んだような姿勢で頭が前に出ている為か板に当たりやすく、ポジションによってはかなり苦戦することになる。 場合によってはジャンプからの即落下でサバイバーのミスを誘ったりする必要があるが、結局は読み合いに勝たなければいけない。 首尾よく落下攻撃が使えるようになったらサバイバーが窓枠か板の間を通ろうとするたびに落下攻撃を狙いたい。 それ以外の場面で落下攻撃を当てようとしても大抵普通に回避される。 ジャンプ中でなくとも空中にさえ居れば落下攻撃は使用可能。 通常のジャンプからの落下攻撃ほどの高さを必要とせず、サバイバー1人分程度の段差からの落下でも落下攻撃を使用できる。 段差を利用した落下攻撃はジャンプCT中でも使用、連発が可能だが落下攻撃を行うたびにジャンプのCTが10秒に更新される。 体力は消費しない。

次の

6/6 【ハンター】魔トカゲ、ルキノ。るきの。 【第五人格】

第 五 人格 魔 トカゲ

存在感0 落下 魔トカゲはジャンプ中にその場で自ら落下することができる ハンタージャンプ その場でジャンプする。 更に空中でもう一度だけジャンプすることができる。 体力の消費は1回目が20で2回目が10。 CT10秒 1000 落下攻撃 ジャンプ中にその場で急降下して着地と同時に範囲内の魔トカゲに一番近いサバイバー1人に1ダメージを与え、板を破壊する。 ただし攻撃範囲は落下直前にサバイバーにも表示され、ある程度の高度が無いと落下攻撃は使用出来ない 1回ジャンプのピークギリギリの高度くらいは必要 2500 熱狂 空中で3回目のジャンプができるようになる。 体力の消費は3回目が10 蛇の化け物 落下攻撃の落下速度が上昇する 短所• ジャンプ中に壁や木の枝などの細かいオブジェクトに接触すると強制的に落下する。 接触してなくても勝手に落下することがある。 落下攻撃が使えるようになるまで攻撃手段が射程が短い通常攻撃しか無いのでファスチェに苦労する。 初動が遅くて不安定というのはハンターとしては致命的である。 存在感がない状態では閉鎖空間や神出鬼没がないと小屋グルだけで詰む。 落下攻撃の攻撃範囲自体はあまり広くないので回避されやすい。 3段ジャンプからの落下攻撃はサバイバーからは予測不可能だが正直魔トカゲから見ても何処に落ちるのかヤマ勘になる。 大きな身体で視界が遮られるため、懐に入られるとサバイバーを見失いやすい。 ステイン隠しが出来ない。 体の判定よりも前に顔が出る前屈みの姿勢の為、壁に向かって足踏みするステイン隠しをしようとすると壁から顔だけ出てくる事が多い。 対戦マップがの場合、まともにジャンプ出来る場所が少ない為非常に辛い戦いを強いられる。 でも地下に入ると2段ジャンプが出来ない 天井にぶつかる。 この2つのマップは他のハンターで挑んだ方がいい。 協力狩りで回復剤を購入しても体力の回復速度を上げられない。 ハンター最弱候補筆頭。 肝心のジャンプにまつわる制限が厳しい上に扱いづらいため、非常に安定しない。 一部尖った性能があるほどの強みが無いのも痛い。 かつて初期のが外在特質を一つも持っていないことをネタにされていたが、魔トカゲの外在特質に至っては体力の要素が追加されるという触れ込みの全ハンター中唯一のデバフしか無い効果のものであり「外在特質を持っていない方がマシ」という悲惨な状態である• 立ち回り次第ではジャンプでサバイバーを翻弄できるので、決してまともに戦えないというほどの弱さではない。 S9では魔トカゲメインで邪竜星20以上かつS徽章に到達した猛者も居た。 しかし魔トカゲ自体は既に環境に置いていかれている性能というのが否めず、他のハンターと比べても更に技量と知識が求められているのが現状である。 メインで使っていくには愛と覚悟が必要だろう• 協力狩りでは間違いなく最弱。 他のハンターであればCTの長さという弱点を補えるはずの回復剤で体力の回復速度を上げられないため実質的なスキルの回転率を上げきれずDPSに難あり。 立ち回り 最初からジャンプが使えるのでサバイバーがスポーンした位置にすぐに移動することができる。 問題なのはファスチェに入った後で、存在感が貯まるまでは通常攻撃だけで頑張らなければならない。 常に屈んだような姿勢で頭が前に出ている為か板に当たりやすく、ポジションによってはかなり苦戦することになる。 場合によってはジャンプからの即落下でサバイバーのミスを誘ったりする必要があるが、結局は読み合いに勝たなければいけない。 首尾よく落下攻撃が使えるようになったらサバイバーが窓枠か板の間を通ろうとするたびに落下攻撃を狙いたい。 それ以外の場面で落下攻撃を当てようとしても大抵普通に回避される。 ジャンプ中でなくとも空中にさえ居れば落下攻撃は使用可能。 通常のジャンプからの落下攻撃ほどの高さを必要とせず、サバイバー1人分程度の段差からの落下でも落下攻撃を使用できる。 段差を利用した落下攻撃はジャンプCT中でも使用、連発が可能だが落下攻撃を行うたびにジャンプのCTが10秒に更新される。 体力は消費しない。

次の