安心フィルター au。 auひかりの安心ネットフィルターは、他よりも安くて便利!

【裏技・最新版】Android・IPhoneで「あんしんフィルター」を無効(解除)にする方法!【30分以内!!】

安心フィルター au

もちろん使用制限だ! 善悪の判断も金銭感覚もないのだから制限して当然デス ! 大人ですら引っかかるんですからね。 ちょっと前に職場の上司が佐川急便偽メールにひっかりそうになってました。 子どもに携帯を買い与える際には各キャリア、こども用のフィルター加入義務づけらしいです。 我が家はauなので、auあんしんフィルターに必須加入です。 もちろん無料です。 auあんしんフィルターだけでは我が家的には物足りなかったので、後日Googleファミリーリンク追加しました。 使用制限を二つかけるとまぁメンドクサイ。 でも、13歳までの数か月は 親子で楽しいスマホライフを送るために刷り込み含め頑張ろうと思います。 13歳以降はどんな管理体制になるのかはなってみないとわかりませんが。 抜け穴発見してしまった。 今後は細かなチェッ クを覚悟!!! auあんしんフィルターで物足りないこと *アプリを利用時間内、年齢制限を満たしていれば、制限なくダウンロードできてしまう。 あれもこれもとそんな入れんだろう?なんて考えは甘いですからね。 「とりあえず入れとこう~ 」で入れたアプリをWi-Fi無いところで使って、データダウンロードとかした日にゃあ…。 *利用時間数を設定できない 時間帯は設定できるんです。 でも、8:00~20:00までの間使用できたとしても、12時間使用し続けてもらっても困るわけで…。 一日の上限はあっても悪くはない思うのです。 「罰則」に利用できたりもするので便利ってのもあります。 *ギガ使用にく上限がなく、使った分だけ請求が上乗せ(auピタットプラン加入のため) 大手キャリアの料金が高いといわれる所以ですよね。 あんしんフィルターには関係ないのですけど、ここ切実な問題。 使ったら使った分だけ料金が上乗せされてゆく… 子どもには定額プランがいいですよ、やっぱ。 口うるさく言い続けなければいけませんのでね。 子どものスマホはauではなく格安へどうぞ~って言ってるようなものですよ、とau批判してしまいそうです。 期間限定の学割ではなく学生プランを切望します。 でないと2年後は子どもだけau離脱かも…。 うちは上乗せされた分の料金はお小遣いから天引きという制度にする予定なので、良しとしますけど。 Googleファミリーリンクを導入した理由(併用の利点) * アプリのダウンロード制限 いくら年齢制限に見合うものばかりとはいえ、制限なくアプリ入れられてもね…。 使われたくないアプリがあれば、ダウンロードされたものを規制すればいいだけの話。 それはauあんしんフィルターでも可能です。 でもね、 もし最初の中間テストで成績ひどかったら…利用時間短縮してやる! ともちろんと脅しております。 *位置情報が正確なうえにアプリを開くと表示される。 道案内までしてくれる auあんしんフィルターでもGPSによる位置確認ができます。 でも、管理者ページに行って、2クリックして検索実行して、さらにしばらく待って位置情報が拾われ、さらに30秒待ったら真の位置情報が得られます。 Googleファミリーリンクなら、アプリを立ち上げて、見たい端末をクリックすれば、Googleマップが表示されており位置情報が表示されてます。 しかもナビまで出来てしまう。 一度、友達と遊びに行った 娘の居場所を検索し、ナビしてみたら、最短で案内してくれました。 公園内のどこかっていうのも結構正確に。 これは 非常時には使えますよ。 今後使うことが無いように祈りますけどね。 19時やのにどこ行っとるねん!! って時には使うかも。 で、さらに怒られる、っと。 Googleファミリーリンク併用の欠点 *どっちで制限してるかわからなくなる アプリで複数端末を管理できるGoogleファミリーリンクを主に利用するようにしてますが、いろんなパターンがあったり、で。 フィルタリングに引っかかるものは両方の許可が必要となるものがあります。 どっちで規制かかっとるねん、とはなりますけど、しっかりフィルタリングできてるんだと思うことにしてます。 *必要な機能まで制限してしまってめんどくさいことにもなる au WALLETとかau Marketとかいらんし。 My auも子供にはいらんやろ~。 なんていう自己判断は恐ろしいですよ。 My auがないことにより、auの機能を正常に遂行することができなくなり、auあんしんフィルターでの位置情報を拾えず、でした。 非常事態になった時に使い物にならないなんてあってはならないですからね。 子どものスマホのGPSなんて確認したことないわ~、する必要ある? って職場の方に言われましたけど、使い物になるかどうかの確認はしておいても損にはならないかと思います。 フィルタリングの抜け穴 *LINE 時間外利用 LINEはアプリなので、アプリ利用時間外では使用できません。 基本的には。 LINEだけではないのですが、アプリから「通知」ってきますでしょう? この通知を表示させると、送られたメッセージの一部が見れ、返信が可能になります。 利用時間外に自分の部屋にこもり、友達とLINEしていた…と。 メッセージは一部しか見れないし、スタンプは見れないけど、短文ではやりとり可。 ようやるわ…。 解決方法はLINEの設定から、メッセージ通知の内容表示をOFFにすることで解決。 *GoogleのDiscover(見出しのみ) 時間外利用 Googleに表示されるニュースの見出しが24時間365日見れるってところが問題。 もちろん見出しだけ。 その記事の内容を詳しく見に行くとか、検索するとかは出来ないけれど、更新すれば新しいニュースの見出しが表示される。 見出ししか見れないけれど… 見出ししか見れないから、長時間見ることはないやろうけど… 今入ってるアプリをアンインストールするから新しいの1つ入れてよ~ と言われて苦肉の策をよく考えたものだと感心して承諾しました。 おかげさまで発見できました。 一度許可すると、アンインストールしたあとでも、申請を出さなくても、再度インストールしなおすことができる、ということを。 「このアプリなら使ってもいいか」と思って一度は許可したけど、「こんな内容なんかあかんわ!」と考えを改め、アンインストールした。 これだけではそのアプリから遠ざけたことにはならんということにご注意を。 正解は インストールした状態でアプリの規制をしないといけない、のです。 アプリがスマホに残ったままで容量を食ってしまうのですが、それ以外の対処が今は思いつかない。 許可する場合は親もよく考えて許可しなくてはならない ということを認識させられました。 子どもの使用1か月目のデータ通信量と利用状況 頑張ってくれたと思います。 そこはべた褒めです(笑) 小学校最後の月なんて学校に半分しか行ってません。 休みの日はほどんど友達と遊びに行ってましたが、気を付けて使ってくれましたね。 LINE以外のアプリを使うときはできるだけ家で、というのを守ってくれたんでしょう。 利用したものはもちろんダントツLINEが1位です。 あとはインターネットで調べものってのが多いですね。 時間外使用のGoogleニュース大きく含め…。 理科や社会の問題集でわからないところは教科書ではなくスマホで調べて書く、とか。 問題集で解く意味あるんか?とツッコむところですが、「わからないことは調べる」って考え自体は大事な事なので「今は」良しとしましょう…。 今月から中学生。 どうなるやら…。 あとがき auあんしんフィルターはauユーザーであるならば必ず入れないといけません。 子どものために。 子どもはそう思わないんでしょうけど。 我が家的にauあんしんフィルターでは足りない部分があるのでGoogleファミリーリンクを導入しました。 併用は面倒な部分もありますけど、両方優秀なフィルタリングなのでどちらかは入れるべきです。 子どものために。 それでも犯罪に巻き込まれるときは巻き込まれるんでしょうけどね。 抜け穴はどこかには必ずあって、子どもはなぜか見つけてしまう。 そこは怒らずよく見つけたと褒めたくないけど褒めましょうか。 フィルタリングしてるからと安心せず、放置することなく、適度に管理するのがBEST。 管理しすぎると逆効果になるでしょうから。 難しいお年頃でしょうし…。 物わかりの良い娘なので、ちゃんと抜け穴教えてくれました。 この馬鹿正直さ、ちょっと将来を心配してしまいます。 でも私に気付かれずに抜け穴で楽しんでたしたたかさ…。 一応そこは褒めましょう。 その探求心を勉強方面に向けてもらいたいものですね(笑) ま、楽しいスマホライフを送るために、スマホバトルはこれからも!.

次の

高校生のスマホにフィルタリングをかけるとどうなるのか<au・iPhone>

安心フィルター au

セキュリティ対策とフィルタリングは超大切 子どもの頃、こっそり怪しいサイトや過激なサイトを見てみたことはありませんか? 子どもの頃、詐欺の迷惑メールに怖くなってしまったことはありませんか? 大人になってしまえば、詐欺のサイトやメール、過激なサイトを見ても無視できたり、特に被害を受けずに済むかもしれません。 しかし、これはかなり楽観的な見方です。 まず第一に「セキュリティ対策」はしっかりしなければすぐにでも攻撃され、クレジットカードの番号を知られてしまったりします。 さらに、まだ未熟な子どもがそうしたサイトに引っかかって被害に合う可能性があります。 セキュリティ対策をしないのは地雷原を歩くようなもの! 地雷原というのは地雷の原因が源ではなく、地雷のフィールド、つまり地雷がたくさん埋まっているゾーンのことです。 ちょっと古いデータですが、総務省の作成したネット被害に関する統計を見てみましょう。 さらに、 重大な被害である「ウイルス感染」「不正アクセス」、「スパイウェア被害」、「ウェブ上での被害」などを足し合わせると11. 8%になります。 つまり、 100人いたら5人、20人いたら1人の割合で被害を受けていることになります。 これはかなり深刻です。 パソコンを使っている知り合いが20人いれば、必ず誰かは深刻な被害を受けていることになります。 そしてパソコンを使っている知り合いが20人いない人はかなり少ないと思います。 身近な人で被害にあったことがある人が必ずいるという計算になります。 そのため、 必ず「セキュリティ対策」は必要なのです。 注意!実はフィルタリングに関する法律がある! 子どもの被害のほうですが、こちらでは「被害」の概念をもう少し広げる必要があります。 子どもの場合、暴力的な映像を観たり、過激な発言を読んだりしてそれを安易に鵜呑みにしてしまい、極端な理解を身に着けてしまったのなら、それはある種の被害です。 ただし、暴力的な描写を含む絵画や映画などの芸術等を否定しているわけではありません。 あくまで、大人になって一定の成熟に達し、様々な情報を正しく判断できるようになってから、そうした情報にアクセスすべきだ、という意見におそらく従っています。 そして、実際にそうした被害をなるべく減らすための「法律」ができています。 総務省のホームページでは、以下のようにまとめられています。 保護者の責務 第六条 保護者は、インターネットにおいて青少年有害情報が多く流通していることを認識し、自らの教育方針及び青少年の発達段階に応じ、その保護する青少年について、インターネットの利用の状況を適切に把握するとともに、青少年有害情報フィルタリングソフトウェアの利用その他の方法によりインターネットの利用を適切に管理し、及びその青少年のインターネットを適切に活用する能力の習得の促進に努めるものとする。 2 保護者は、携帯電話端末等からのインターネットの利用が不適切に行われた場合には、青少年の売春、犯罪の被害、いじめ等様々な問題が生じることに特に留意するものとする。 平成二十年法律第七十九号 青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律 第一章 この法律では、 保護者の責務についても語っています。 そこでは、 保護者が「その保護する青少年について、インターネットの利用の状況を適切に把握する」「青少年有害情報フィルタリングソフトウェアの利用その他の方法によりインターネットの利用を適切に管理」に努めなければならないと書いてあります。 親は自分の子どものインターネットの利用状況を把握し、さらにフィルタリングなどを使ってその利用を管理する必要があるのです。 要するに、 「親がある程度子どものネット利用を見て、フィルタリングを使って制御するべし」ということです。 ただし、「自らの教育方針及び青少年の発達段階に応じ」と書いてあるので、「自分の教育方針」と「子どもの年齢・レベル」に合わせて行う必要があります。 結局個々の親の「教育方針」に任されるので、一定の仕方でフィルタリングを強制したりするわけではありませんが、小学生と高校生では、そのフィルタリングの仕方が異なるのは認めるべきでしょう。 以上でわかる通り、このネット社会の中で、 「フィルタリング」を使うのはもはや常識であり一般的だと言えるでしょう。 安心ネットフィルター 主な機能は2つ ここからは「auひかり」の「安心ネットフィルター」について詳しく見ていきたいと思います。 安心ネットフィルターはスマホタイプもありますが、これから扱っていくのはauひかりの安心ネットフィルターです。 ただしスマホにも適用できます。 基本的にはauひかりのフィルター まず、「安心ネットフィルター」というのは「auひかり」に使うものだという点を抑えておきたいと思います。 「フィルタリング」と聞くと、なんだか「スマホ」や「携帯電話」だけを想像してしいまいがちですが、実はパソコンにも使われるもので、かなり長い間使われています。 ただし、「auひかり」と言ってもパソコンだけに使われるものではありません。 基本的にこの 「安心ネットフィルター」は「無線LAN環境でのみ」使えるので、Wi-Fiでスマホ・タブレット・ゲーム類・パソコンにつないだ場合、それらすべてにフィルタリングをかけることができます。 もちろんそれぞれ個別に設定できます。 あまり攻撃から身を守るタイプではありませんが、「危険なサイトに入らないようにする」という機能で、攻撃自体を避けることができます。 不正コード配布• フィッシング・ワンクリ詐欺• グロテスト・ショッキング これらをブロックするのが主な機能です。 いきなり不正コード、フィッシングへの対応と言われてもちょっと難しいので簡単に言うと、 「脅威のあるサイトをブロックする」という機能を意味しています。 不正コードというのは要は「マルウェア」と呼ばれるもので、ダウンロードすると勝手にパソコンを動かして、ウィルスを入れたり、情報を送ってしまったりします。 フィッシングは高額請求などの詐欺などを意味します。 こういった脅威をもつような危険なサイトを事前に察知して、入れないようにするのが主な機能です。 主な機能は以下にまとめられます。 子どもの閲覧に不適切なサイト…暴力・アダルト・飲酒喫煙など• 知らない人と交流できるサイト…出会い系サイト・掲示板など• 利用に知識、経験、判断力が必要なものや、水着・下着などの描写が含まれるサイト…極端な主張・オカルトなど• 時間の浪費が心配なサイト…ゲーム・娯楽など• 上記以外の心配事が含まれるサイト…ダウンロード・広告・など 全部で約80項目と色々ありますが、これらが一気にすべてかかるわけではなく、6つのタイプに分けられて適切な組み合わせができています。 そこでauが作成した組み合わせを選択すれば、自動的にその年齢にあったフィルタリングを適用することができます。 種類は全部で6つです。 フィルタリングの設定はとても簡単! このフィルタリングの設定や変更はとても簡単です! もちろんお店やサポートサービスである程度やってもらうことも可能だと思います。 ここでは簡単にやり方を見て、その簡単さを確認しておきましょう。 ちょっと見づらいですが、要は登録してあるスマホなどのデバイスが列挙されています。 「フィルターレベル」という部分をクリックすると、6つの中から1つ選ぶことができます。 これで1つ選択すれば設定完了です。 すべての端末を一気に変更することも可能です。 専門的な知識が無くても、特に時間をかけて難しい設定をしなくても、簡単にフィルタリングの設定・レベルの設定をすることができます! 安心ネットフィルターの条件・料金 安心ネットフィルターの利用条件と料金について見ていきましょう。 利用条件はルーター まず、安心ネットフィルターを利用するには以下の2つをクリアする必要があります。 auひかりホーム• ホームゲートウェイがBL1000HW まず、auひかりホーム、つまりauひかりホームでなくてはなりません。 そして、ホームゲートウェイ、つまりルーターが「BL1000HW」でないといけません。 このルーターは2018年3月以降にauひかりホームを申し込んだ人に配られているタイプで、最も最先端のすぐれたルーターです。 auひかりから月額500円でレンタルできますが、 auスマートバリューを適用している場合は無料でレンタルできます。 月額利用料 利用にかかる料金は以下です。 初期費用:無料• 月額利用料:190円/月 月額190円/というのは破格の安さです。 大手フィルタリングの「i-フィルター」は最安で「3年間19,800円」でフィルタリングパックを売っています。 これは1ヶ月に換算すると月額550円になりますので、 これに比べるとauのフィルタリングがかなり安いことが分かります。 安心ネットフィルターは3ヶ月無料!(3ヶ月無料キャンペーンは終了しています) しかも、この安心ネットフィルターは3ヶ月無料で使えるのです! 3ヶ月無料キャンペーンは2020年3月いっぱいで終了していて、現在は初月無料になっています。

次の

ソフトバンクのあんしんフィルターでできること|設定方法と注意点

安心フィルター au

・契約可能数は1回線 端末 につき1契約 ライセンス までです。 ・OS発売元において同OSのサポート期間が終了している場合 特定のOSとの組み合わせを含む 、同OSに起因する不具合については弊社ではサポート対応ができませんので、あらかじめご了承ください。 ・すべての端末での動作を保証するものではございません。 ・他社が提供しているフィルタリングサービスを併用した場合、正常に動作しない場合がございます。 ・現在「i-フィルター」製品をご利用中の場合、ご利用中のシリアルから有効期限の引き継ぎは行えません。 ・「i-フィルター 6. 0」 無料お試し版も含む)、「i-フィルター 5. 0」、「i-フィルター for iOS」、「i-フィルター for Android」がインストールされた端末では、「i-フィルター for マルチデバイス」をご利用いただくことはできません。 それぞれのソフトウェア/アプリをアンインストール後、お申し込みください。 ・「青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律(青少年インターネット環境整備法)」の規定により、インターネットサービスを青少年が利用するにあたっては、保護者が不要としない限り、フィルタリングサービスの利用を条件とさせていただきます。 ・フィルタリングサービスの設定状況についてメール等にて確認させていただく場合がございます。 ・i-フィルターはデジタルアーツ株式会社の登録商標です。 ・マルチユーザーモードには対応しておりません。 ・対応OSは最新バージョンを推奨します。 ・対応OSはすべての端末での動作を保証するものではございません。 ・HUAWEI製一部端末については、特定のバージョン、操作等により専用アプリ「i-フィルター」の利用が停止されてしまう事象が確認されており、非推奨となっておりますのでご注意ください。 詳細については以下をご確認ください。 ・Root権限取得済み端末は動作保証外となります。 ・「i-フィルター for Android」をAndroid TVでご利用いただく場合、アプリフィルタリング機能はサポート対象外となります。 [iOS版]• ・Jailbreakされた端末は動作保証外となります。 ・「i-フィルター for iOS」にはアプリのフィルタリング機能はございません。

次の