小説家になろう 職業チート。 【小説家になろう】厨二全開!チート無双のオススメ作品!

チート薬師のスローライフ〜異世界に作ろうドラッグストア〜

小説家になろう 職業チート

大好きな『』が、もう二か月も更新されてませんorz。 いつになったら、女神への復讐劇が再開されますか? まあ、作者の体調不良らしいので仕方ないのだけど。 好きな作品が更新されないのは淋しいけれど、ちょうど追放モノが流行ってたこともあり、最近は、「」の復讐モノと追放モノを漁って読んでました。 で、せっかくなので、追放されたり復讐したりするパターンの中でおすすめ作品を集めて紹介してみます。 一応、今までに未紹介&未書籍化中心です。 とにかく続きが気になって仕方ない。 俺TUEEEEEEで圧倒する復讐劇です。 内容は、魔王討伐後に仲間に裏切られ殺されそうになった主人公が、裏切った勇者パーティの元仲間に復讐していくというモノ。 これ、Web小説ならではだと思うんですが、早い更新頻度と、にもかかわらず全然進まない展開が素晴らしいです。 更新のたびに、「まだか、まだ殺さないのか」と飢餓感を煽りまくり。 改行多めでモノローグ中心の作風で、話がぜんぜん進まないのが、ほんとにもう憎たらしいっ!! これも魔王討伐後に仲間に裏切られ、その裏切った勇者パーティの元仲間に復讐していく内容。 2018年7月に完結済みです。 復讐モノって、勇者たちが次々と殺害されていく世界の危機にもかかわらず、軍隊が登場することってあんまりないんですが、この作品は、はじめから魔王軍vs全人類として構想されているのが凄く好きです。 下手に脇道にそれたりせず、徹頭徹尾、復讐を軸にストーリーが展開したのもよかったっ!! いや、復讐モノって、わりと脇道にそれちゃうことが多くて、そうすると途端につまらなくなるんですよねー。 王座を追われた国王が雌伏の時を経て、立ち上がった民衆たちとともに、再び、王座を狙う話。 一応、追放&復讐モノだと思いますが、パーティを追放されるパターンではありません。 元国王の逆クーデターを軸に、魔王や勇者の謎や女神の秘密なども描かれ、シリアスで重厚さすら感じるのに、しかし、この軽いタイトルはないわ 笑。 マジにタイトルが軽すぎるだろっ!! おっさんの美少女育成ハーレム。 実力を隠して荷物持ちをしてるおっさんが、追放された美少女たちを集めて育成を始めるという話。 当初は追放要素が少なく育成中心だったのだけど、どんどん追放した元Sランクパーティとの対決色が強くなっていて、今後の展開がちょっと不安。 それにしても、「アルファポリス」で先行公開したものを「小説家になろう」に転載するスタイルとはいえ、一日二回更新というのは凄い。 生産職チートもの。 気持ちいいぐらいの俺TUEEEEEE。 『神さまSHOPでチートの香り』や『おきらく女魔導士とメイド人形の開拓記』を書籍化してる佐々木さざめきの作品なので、安定して面白いです。 追放をきっかけに転職して成功するパターン。 ダンジョンマスターに転職って、冒険者に復讐するには最適の職業だよね。 発想の勝利っ!! ……ただ、せっかくの設定をいまひとつ使いこなせていない感じが、ちと、もったいない。 特に、最新の第4章では、ダンジョン意味ない気がするんですが……。 格上とのインフレバトルっ!! 成長チートで凄いスピードで強くなっていく主人公に、その主人公よりも常に強い敵をぶつけていくスタイル。 「ステイタスが絶対なものの、五倍までなら逆転可能」という設定が素晴らしいっ!! あっという間にインフレしていく強敵とのバトルがすげー楽しいです。 2018年9月、完結済みです。 すげー面白かったのに、ちょっ、作者が折れていきなり終わらせやがった T-T。 『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』と似てたって、別にいーじゃん!! 内容は、冒険者のダンジョン攻略が神々の代理戦争となってる世界。 追放された駆け出しの冒険者は、追放され力を失った女神とともにダンジョン攻略を目指す、と、神様と冒険者の関係や英雄を目指す主人公像が、もう『ダンまち』そっくりなのだけど、それだけでなく、絶望的なモンスターとの闘いそのものの熱量がまた、『ダンまち』そっくり。 つまり、内容が似ているだけでなく、そのおもしろさも『ダンまち』と同レベルで素晴らしかったのに、「『ダンまち』そっくり」という指摘に作者が挫けて断筆したというね。 そこ気にしてたら、そもそも面白い小説なんて書けないだろっっっ!!!! 凄く面白かっただけに、めちゃくちゃ残念ですよ。 [ ].

次の

限界超えの天賦《スキル》は、転生者にしか扱えない ー オーバーリミット・スキルホルダー|「小説家になろう」レビューブログ

小説家になろう 職業チート

初作品です。 よろしくお願い致します。 毎日更新です。 アウステリア王国の平民の子、レヴィンは、12才の誕生日を迎えたその日に前世の記憶を思い出した。 自分が本当は、藤堂貴正と 言う名前で24歳だったという事に……。 天界で上司に結果を出す事を求められている、自称神様に出会った貴正は、異世界に革新を起こし、より進化・深化させてほしいとお願いされる事となる。 その対価はなんと、貴正の願いを叶えてくれる事!? 初めての異世界で、足掻きながらも自分の信じる道を進もうとする貴正。 最強の職業、無職(ニート)となり、混乱する世界を駆け抜ける!! 果たして、彼を待っているものは天国か、地獄か、はたまた……!? 目指すは、神様の願いを叶えて世界最強! 立身出世! 【日間ランキング64位・週間ランキング87位!】 職業の天啓とスキルによって、進むべき道が決まる世界。 だが、ジュエイル村の少年ハーミスは何の天啓も与えられなかった。 隠蔽の為に谷底に落とされた彼だったが、偶然とある装置を起動させる。 それは『四次元通販サービス』を使用する為の装置で、ハーミスは謎の配達員、キャリアーによって三年かけて蘇生され、金さえあれば何でも買えるスキル『通販』を手に入れる。 さらに谷底から脱出した彼は、村を出たローラ達が魔物を大陸から滅ぼす『聖伐隊』を作り上げ、魔物はおろか、それを助ける人間にすら暴虐の限りを尽くしていると知った。 だったら、遠慮しなくていいよな。 S級冒険者、それが紅崎龍樹 こうざきたつき に与えられた称号である。 夢も希望もなく退屈な日々を過ごしていた高校生の紅崎龍樹は、ある日突然異世界に迷い込んでしまう。 そこで絶体絶命の窮地に陥ったところをとある冒険者の男に救われ、『彼のよ うになりたい』と強い憧れを抱いた。 生まれて初めて見つけた夢を追い求め冒険者となった龍樹は、魔法が使えないにもかかわらずS級冒険者の判定を受ける。 S級冒険者、それはいったいどれほどの力が秘められているのであろうか。 自身の隠された才能に興味を持った龍樹はB級任務へと挑む。 しかし一つ大きな勘違いをしていた。 S級、Sランク、それが最高を意味するというのは当然である。 が、それはあくまで元いた世界での話。 異世界においても同じ常識が通用するとは限らない。 この世界での『S級』はStarter 見習い を意味するということにまだ気づいていなかった…… [10万字の書き溜めあり、1日に2話ずつ更新の予定です。 ラストまでの流れは決まっております] 買い物帰りにうっかり異世界に飛ばされた。 キャラ作成を完了しないと動けないらしいので、とりあえずナビに従い職業を選択しようとする。 適職が「魔王」。 魔王って、勇者に討伐されるやつでは? ……大丈夫なのか自分。 三国が鼎立する異世界。 突然東の荒野に降り立った 放り出された 主人公は、魔物に怯え、魔法に驚き、お風呂に入りたいと嘆きつつ、命からがら中立地帯の山近くへ辿りつく。 魔王であることを隠して就職したものの……。 夢で見た内容をほぼそのまま書きます。 矛盾があっても夢なので見逃して下さい。 毎日四回更新 8時・10時・14時・16時。 ブックマークしてもらえると嬉しいです。 評価・レビュー・感想待ってます。 ある日突然、30人近くの人間が姿を消した。 失踪したとかそういう類の話ではない、言葉の通り消えたのだ。 多くの人が見てる前で不思議な光に包まれ消えていった。 不可思議なことはさらに続いた。 その日を境に不思議な力を使えるものが現れはじめ た。 さらに、各地でダンジョンが現れ、その中からモンスターが出現するようになった。 まさに、漫画やアニメの世界が現実になり、ファンタジーの世界がはじまった。 そのことから、30人近くの人が姿を消した日は『はじまりの日』と呼ばれた。 それからおよそ20年…… 魔法に適応した法律、魔法研究機関の誕生、学校では魔法が必修科目になり、多くの企業が魔法を使用した商品の開発に力を入れていた。 今や世界は魔法を中心に回っている。 そして、全く新たな職業も誕生していた。 その一つが『冒険者』。 冒険者はダンジョンを探索し、モンスターを狩るのが主な仕事となる。 冒険者になるのはそれほど難しくない。 冒険者ギルドで一定期間の研修を受け、簡単な試験に合格すると冒険者として登録がされる。 冒険者には華があり、富も名誉も手に入る。 彼もそんな夢を追いかけ冒険者の道を辿る。 待っていたのは甘くない現実、『最弱の荷物持ち』と呼ばれ続ける毎日。 それでも彼はダンジョンに潜る。 しかし彼は忘れていた、冒険者には夢があるが、常に死と隣り合わせであるということを…… Sランク冒険者であるジェイクはソロであった。 もともとはパーティーを組んでいたのだがわけあって幼馴染と義妹とのパーティーを解消しソロで活動していた。 しかし彼がパーティーから、「女が剣士とかないわ」 というふざけた理由で追放された女剣士エイ ダと出会うことで物語は始まる。 あまり復讐物っぽくはおそらくですがならないとおもいます! タグにはありませんが割と主人公最強物です。 決して無双ではないですがかなり強い部類ですし、ヒロイン達もめちゃくちゃ強いので主人公のパーティー最強物です! ギルド戦力調査部とは、ギルドを利用してくださるお客様に(冒険者に)安心な冒険を提供する為に設立した部署である。 冒険者を支援する縁の下の力持ちなのだが、その業務は過酷だ。 仕事内容は、野にいるモンスターの能力値を決めたり、新種のモンス ターを発見したりと様々で、そのレベルや力、色々な能力値や技の設定まで調べているのは、彼等の力があるからなのだ。 攻撃をを受け止めその力の数値を測ったり、モンスターの居る場所の調査をして依頼書を書いたり、近くの町に依頼を探しに行ったりと、真っ先に調査しに行く彼等は冒険者以上の過酷さがある。 測量士と呼ばれる職業のクー・ライズ・ライトとウェポンテイマーという職業のファラ・ステラ・ラビスは、今日もそんな仕事に奔走していた。 測量士とは、自身の手で結界をつくることで力を発揮する職業である。 敵の特殊能力を変換し、自身のステータスにプラスするという旅には向かない能力を持つ。 だからあんまり戦いには参加しないし、結界に引き込むのに苦労する。 そんな彼は頑張りたくない人なのだった。 かってに襲いかかって来る敵。 なぜか襲いかかって来る仲間。 襲いかかって来る貧乏と借金。 草を食って喜べる彼に幸せな人生が訪れますように。 感動はしません。 だいたい変な人物に変にからまれて変が加速して行きます。 主人公が不幸になったりならなかったり、色んなことがあって日々を生き抜いてゆく物語です。 ギルドの仲間もおかしな人が続々出て来て基本ダメな人だらけです。 真面な人の方が少ないですよ。 当然主人公もダメな人です。 いつの時代も戦が絶えず起こっている。 ある者は剣を、ある者は魔法を、ある者は聖霊を。 あらゆる力を尽くして争いは絶える事なく続いていた。 そして、戦いは人同士だけでなくエルフや獣人、魔族をも巻き込んだ種族間戦争や国家間の争いへと発展し、闘い はすでに何百年も続いていた。 そんな時代に帝国の片田舎に最下級の身分である《平民》の次男として生まれたリクト。 次男である彼は成人しても耕す畑がない。 それを危惧した父親は幼い頃からリクトに代々伝わる剣術を叩き込んでいた。 そして成人後、リクトは食うために最下級の階級である《二等兵》として軍人となったが、軍人になってから2日後の初陣でいきなり危険な単独任務を押し付けられる。 それでも何とか乗り切って、ホッとしたのも束の間。 今度は帝都から美女が3人やって来て、実力を見せろと戦う羽目になる。 軍の権力と炎と雷がリクトに迫りくる。 そして、その後には美女達まで迫りくる。 父親譲りの剣術で斬り開いたその先にリクトが掴むものは栄光と……。 これは帝国の片田舎少年が最下級の身分《平民》と最下級の階級《二等兵》から父親譲りの剣術によって成り上がる物語である。 この世界では十八歳になると、神から「職業」を授けられる。 冒険者学園を卒業したばかりのアランが授けられたのは「ゆーちゅーばー」という前代未聞の職業だった。 その能力は「かめら」と呼ばれる物体で風景をとると、小銭が稼げる、というだけのもの。 役立たずと認定されたアランは、将来を誓いあった勇者パーティーから追放されされてしまう。 それだけでなく生まれ故郷である王都からも追放される。 手元に残ったのは、アランと同じくへんてこな職業の仲間だけ。 そう、役立たずな職業はひとまとめにして辺境へ捨てられることになってしまったのだった。 それでもアランは諦めない。 追放した勇者パーティーを見返すために「ゆーちゅーばー」という職業を磨き続けた。 そして、ついに「ゆーちゅーばー」の真の価値に気付いてしまう。 送る動画の質を上げていけば、無限に金が得られることを。 金さえあれば、世の中大抵のことは思い通りになってしまうことを。 この物語は追放された主人公たちが無自覚のまま無双をし、後の世でめちゃくちゃに脚色されてから、偉大なる伝説として永遠に語り継がれることになるだろうお話である。 主人公、八神宏一はどこにでもいる普通のサラリーマン。 取り立てて仕事ができるわけでもなく、今まで彼女が出来たこともない。 ブラック企業に勤務し、安い給料と長時間労働に苦しみ、家賃の支払い、奨学金の返済、さらには年金や税金などでなかなか貯蓄が 増えず、加えて昨今の低金利により銀行に金を預けてもほとんど利息がつかない中、老後の生活に漠然とした不安を感じる日々を送っている。 トレーダーとは株、為替、原油などの取引で莫大な大金を稼ぐ職業である。 途方もない格差に愕然とする宏一だったが、そこへ後輩がある提案を持ちかけてきた。 「よかったら先輩もトレーダーやりますか?」 「私が効率的なお金の増やし方を教えましょう。 大丈夫、覚えるのはサッカーのルールと同じくらい簡単ですから」 「ご存知かと思いますが、トレーダーは10万円くらいあれば、学生でもニートでも誰でもできるんですよ」 「トレーダーとして成功するのは、経済とか数学みたいな専門知識はほとんど必要ありません」 「むしろお金は銀行に預けるものとしか思ってないなら、その認識は完全に間違っていますよ」 こうして宏一は、ブラック企業からの脱出と、老後の不安を解消するために、可愛い後輩と共に家に居ながら働かずに金を稼ぐ方法を学ぶことにした。 もしこの手法を実際に試して損失を被ったとしても、作者は一切の責任を負いかねますので、予めご了承ください。 ある日、全くやる気が無い少年、咲ヶ谷裕斗は気まぐれでトラックに轢かれそうになっている女の子を助けた。 異世界召喚をされたというのに勇者を断ったのでカナタの好感度は急降下! 波乱で始まった異世界召喚物語。 行方はどうなるのか? この作品は異世界ものですが、主人公はあまりチートと呼べる力は持っていません。 努力と作戦によって勝っていきます。 プレイヤーたちの円熟化も進み、安定しているこのゲームにひとり の少女が降り立つ。 「さあ、ここにボクのモフモフパラダイスを作り上げてみせるんだよ!」 彼女の名前はリーン。 リアルでは飼えないペットのために、このゲームを始めたプレイヤーである。 モンスターをパートナーとしてともに戦う職業『テイマー』になった彼女は、初期パートナー『ライトニングシーズー』のシズクとともにこの世界を駆け巡る! すべては大好きなモフモフのために!! 設定等同じだったり変更されていたりする場所があります。 勧善懲悪が世の常とされるなか、ショーや格闘技でヒールアクター(悪役)の職に就いた父に、セイランは「なぜヴィランを演じるの」尋ねると「誰もが平等になれるわけではない。 必ず誰かが悪役を演じなければ、物語は完成しないんだよ」と教えられ、そんな父を 尊敬しながらも悪を憎むようになった。 魔王が討伐されて五十年。 勧善懲悪が世の常とされるなか、それでも悪は増え続ける。 よって人々は正義を志す養成校を設立。 子供たちに悪に負けない心を教えた。 そんな学生生活のなか、セイランは父親の職業ヒールアクターのせいで正義を志す子供たちのいじめに遭っていた。 この世界は史実の正義の子孫たちが未来を導こうとしている。 才能を持つ子供たちも然り。 セイランは決して劣等ではないが著しい才能もなく、毎日自分を損なっていた。 ある日、書庫の赤い本を見つけて手に取ると五体の幽霊が出現。 その幽霊の正体は、史実の悪霊。 実はヴィランたちは正義を名乗るクズに冤罪をふっかけられ、殺された可哀想な歴史の悪役。 事実を知ったセイランとヴィランたちは学園に、世に蔓延る転生したクズ正義たちの横暴に革命を起こすべくありとあらゆる手段を行使した復讐に奮起した。 これはどこかで読んだことがあったり、なかったり。 そういう物語の裏の裏の裏のお話。 「さぁクズ正義たちをド底辺に叩き落そうぜ!

次の

ありふれた職業で世界最強

小説家になろう 職業チート

小説家とは、物語を創作し、小説として発表をしている人のことです。 純文学、推理小説、SF小説、歴史小説、ライトノベルなどさまざまなジャンルがあり、1つのジャンルの小説しか書かない小説家もいれば、多岐にわたるジャンルでマルチに活躍する小説家もいます。 ひとつの作品が完成するまでためには多大な労力を必要とし、何年もアイデアを温め、取材をしたり資料を集めたりして構成を練り直し、ようやく形になることも少なくありません。 また、作品を本や雑誌で発表するだけでなく、サイン会やテレビ・雑誌のインタビュー、コラムやエッセイの執筆、文学賞の選考委員、講演会などさまざまな仕事を請け負うこともあります。 書籍や雑誌だけではなく、近年は携帯小説やWEB上の小説など、活躍の場が増えてきています。 小説家としてデビューするということは、自分の小説が書籍として売り出されることです。 一般的には、出版社の主催する文学賞に応募し、賞を受賞して書籍化されるという流れです。 文学賞を受賞すれば、世間的に注目を集めるだけでなく、他の作家から一定の評価を受けることもでき、その後の仕事への足掛かりにもなりやすいです。 そのほかには、出版社と契約して自費出版をする、自分で一から出版まで行う、文芸倶楽部に所属する、インターネット上で小説を公開して、出版社に目をつけてもらう、などの方法がありますが、こうした地道な活動をしていても小説家になれるのは限られた人のみです。 漫画家などと同様に出版社に自分の作品を持ち込むというイメージがあるかもしれませんが、出版不況の現在、なんのツテもなく持ち込みするのはあまり現実的ではないといえるでしょう。

次の