出勤 簿 テンプレート。 手書き対応!シンプルな出勤簿「word・Excel・pdf」

労働者名簿 賃金台帳 出勤簿等雛形ダウンロード

出勤 簿 テンプレート

出勤簿は、会社で働く従業員の労働時間を記録するための帳簿で労働基準法で作成が義務付けられています。 出勤簿に記載する内容自体は具体的に定められてはいません。 しかし賃金台帳で記入すべき事項と関連づけると労働日数、休日日数、残業時間などを記録して保管することが求められているといえるでしょう。 出勤簿は決まったフォーマットの書式がないためエクセルで自作したり、勤怠管理ソフトを利用することが一般的です。 従業員が少ない場合は、エクセルでの管理で十分ですが、エクセルに慣れていないと1から作るのも大変なのでテンプレートなどを活用するといいでしょう。 今回は 出勤簿のエクセルテンプレートを紹介しますので、是非自分の会社で使いやすいテンプレートをダウンロードしてみてください。 出勤簿とは 出勤簿とは、 従業員の労働日数や労働時間、残業や休出などを記録する帳簿のことです。 出勤簿、労働者名簿、賃金台帳の3つは「法定三帳簿」として労働基準法で定められています。 ただし、出勤簿のフォーマットについては特に指定はなく、労働者の始業や終業時間を含む出勤状況がわかるならどのような形式でも自由に管理が可能です。 以前は出勤簿の記録は自己申告でよかったのですが、2019年の4月からは、出勤簿と共にタイムカードなどの客観的な時間が把握できる機器と併用することが求められています。 詳細については、厚生労働省のページで確認できます。 出勤簿の書き方の例 出勤簿をエクセルで管理する場合は、その日の出勤時間、退社時間をセルに記入していきます。 残業がある場合は残業時間も記入します。 その出勤簿を上司が確認して承認するという流れです。 エクセルで出勤簿を管理する利点は、自動的に計算できるということです。 計算式さえ入れておけば、出社時間と退社時間を入れておくだけ、月の労働時間、残業時間などは自動計算できる場合が多いです。 出勤簿はタイムカードと併用が必要に 労働基準法によって、会社は出勤簿やタイムカードなどで労働者の労働時間を3年間保存することが義務付けられています。 いままでは、労働者が各自で出勤簿を記入していればよかったのですが、2019年の4月からは、自己申告で出勤簿に労働時間を記入するという方法が禁止になりました。 これからは、労働時間を把握するために、タイムカードやICカード、パソコンなどの機器の使用時間の記録が必要になりました。 しかしタイムカードがシステム化されていればいいですが、単なる出勤と退勤の打刻だけのタイムカードでは自分の労働時間を一覧で見ることができません、 タイムカードのデータを元に出勤簿を作成すると毎月の労働時間を簡単に見ることができるので両方を併用するのがいいでしょう。

次の

出勤表|無料のExcelテンプレート・日付と曜日が自動表示できます

出勤 簿 テンプレート

出勤簿テンプレート 02(Excel)の説明 勤務時間の自動計算式が入ったExcel形式の出勤簿です。 太枠内に必要事項を入力すると、所定内の勤務時間のほか、早出や時間外勤務時間も自動で計算されます。 深夜勤務、休日出勤があった場合は、別途「深夜・休出」の項目に勤務時間を入力してください。 シート右上の年月も、数字を入れ替えると日付と曜日が自動で変更されるので、1つずつ書き換える必要がありません。 摘要欄では、「有給・欠勤・特休(特別休暇」・遅刻・早退」をプルダウンメニューから選べます。 (有給、特別休暇、欠勤は、日数が自動で集計されます) 編みかけの部分には計算式が入力されているので、消さないようにご注意ください。 【ご利用上の注意事項】 掲載されているファイル(ワード・エクセル)は個人でのご利用に限らせていただきます。 当サイトの許可なく商用や転載でのご利用は禁止させていただきます。 パソコン用のワード・エクセルに最適化されています。 環境によって表示されているレイアウトに差異が発生する場合がございます。 その際はお手数ですが任意修正してご利用ください。 ファイルをご利用するにあたり発生したトラブルに関しましては責任を負いかねます。 掲載希望の書式テンプレートのご依頼はメールでのお問い合わせにて承らせていただきます。

次の

出勤簿のテンプレート|エクセル作成の2種類・無料でダウンロード

出勤 簿 テンプレート

会社ではパートタイマーや派遣社員、管理職など様々な雇用形態・職位の従業員が働いています。 そこでまずは、管理の対象となる従業員を洗い出して、それらのすべてに対応できるような管理のしくみを構築する必要があります。 勤怠管理の対象となる従業員は、基本的には会社の経営者と一体的な立場で仕事をする管理監督者(いわゆる管理職)以外全員です。 ただし、主に専門職などに適用される裁量労働制では労働時間が給与に反映されるわけではありませんので、厳密に把握する必要はありません。 しかしながら、勤怠管理をおこなう目的として、賃金を適正に支払うこと以外にも、近年は、労働者の健康維持の観点から「長時間労働を防止する」ことが重視されています。 働き方改革の狙いもまさにそこにあります。 万が一従業員の過労死や過労自殺などの事態が起こってしまいますと、従業員の家族や関係者に甚大な影響を与えてしまうだけでなく、企業(使用者)側にとっても、賠償責任の発生やイメージダウンなど大きなダメージを蒙ります。 そのため、管理監督者や裁量労働制対象者であっても、一般の従業員ほどの厳密性は求めないまでも労働時間は記録しておく必要があるといえます。 また、後述しますが、深夜時間帯や休日の労働に対しては、これらの労働者にも割増賃金が発生します。 労働時間管理においてあらかじめ確認・周知しておきたいのが「どこまでを労働時間とみなすか」の定義です。 法的に定められた労働時間の定義はありませんが、たとえば自宅に仕事を持ち帰った場合は残業時間としてカウントすべきか?など、判断が難しいケースがあります。 持ち帰り残業については、明らかに就業時間内に処理できない量の業務を会社が命じた場合は労働時間としてカウントする、という判断になるでしょう。 ですが、いちいち判断が必要になるような状況は作らない、というのが望ましいですから、持ち帰り残業を禁止するなどのルール作り、過剰な量の業務を課さないための体制作りなども重要です。 「制服に着替える時間を労働時間と見なすかどうか?」という議論もあります。 着替えが義務であれば労働時間とし、義務でなければ労働時間と見なさない、という解釈が一般的ですが、後からもめないように、あらかじめはっきりさせておく必要があるでしょう。 この他にも、判断に迷うようなことがないかどうか事前に洗い出しをおこない、法律に照らして問題のないようにルール作りをしておくことをおすすめします。 労働基準法により、労働時間は「1日8時間・週40時間」と定められており、これを超えて働いた場合には、残業代として通常の賃金の1. 25倍の割増賃金を支給する必要があります。 ただし、裁量労働制の場合には多くは「みなし残業」として、また、管理監督者(管理職)の場合には経営者と一体的な立場であるとみなされ、規定の対象外となりますので、規定の労働時間を超えて働いた場合でも残業手当は基本的には支給されません。 なお、同じ残業でも、22時から翌朝5時までの間は、深夜残業代として、通常の賃金の1. 労働時間を月単位や年単位で調整する変形労働時間制を採用している場合は、22時から翌朝5時までが所定労働時間内であれば時間外労働の割増は必要ありませんが、深夜勤務として1. 25倍の割増賃金を支払う必要があります。 ただしすでにその週に40時間以上勤務している場合は1. 25倍の割増賃金となります。 理想的な勤怠管理システムは、労働時間の把握がシンプルかつ正確におこなえて、そのデータを正しくスムーズに給与計算にも反映できる、というものでしょう。 しかし、タイムカードに代表されるように、シンプルで従業員にとっては使いやすいものでも、データの手入力や計算が必要になるなど、管理や給与計算をおこなう側としては不便な上に、人為的なミスが起こりやすいというのが実情です。 始業・終業時刻の記録・データ化・管理そして給与計算への反映までをスムーズにおこなえる勤怠管理システムを導入する、あるいは外部のシステム会社に依頼して構築してもらうという方法もありますが、従業員の少ない中小企業では導入と維持のコストを考えるとなかなか踏み出せないかもしれません。 そこで、多少の省力化に役立つものとしてお勧めしたいのが、労働時間を算出する計算式が設定されたExcel勤怠管理テンプレートです。 これまで労働時間を手計算していた、あるいは厳密に管理していなかった場合にご利用ください。 働き方改革関連法により、新たに義務化されたことがあります。 それは、年5日の有給休暇の取得義務(年10日以上の年次有給休暇が付与される労働者の場合)です。 労働基準法では、「使用者は、労働者ごとに、年次有給休暇を付与した日(基準日)から1年以内に5日について、取得時季を指定して年次有給休暇を取得させなければならない」(ただし、すでに5日以上の年次有給休暇を請求・取得している労働者に対しては、使用者による時季指定は不要)としています。 また、労働者ごとに年次有給休暇管理簿を作成し、3年間保存しなければなりません(システム上にデータがあれば可)。 このことが守られないと労基法違反となり、罰則も課されますから、管理者側は従業員の有給取得状況の把握と記録をしっかりとおこなう必要があります。 勤怠管理をきちんとおこなうことで、各従業員の労働状況が一目で把握できるようになります。 そのため、健康への影響が懸念されるほど長時間労働をしている従業員がいないか、長時間労働をする部署に偏りはないか、常に目を配ることができ、社内の人事異動などの参考にもなります。 また、計画通りにスケジュールが進んでいても、作業時間ベースでみると多くの従業員が長時間の残業続きになっているなど、労働時間を「見える化」することで浮かび上がってくる課題があるかもしれません。 繁忙期などをなくすことはできませんが、労働時間の把握を通して、特定の個人や部署に仕事が偏りすぎないよう調整するなど、問題を放置しないようにすることが大切です。

次の