ジャグラー 差枚数。 スロット差枚自動集計ツール

スロット差枚自動集計ツール

ジャグラー 差枚数

||||| ジャグラーの差枚数データから高設定を見抜く方法 スポンサーリンク ここでは ジャグラーの「差枚数」をチェックすることで高設定台を見極める方法を紹介したいと思います。 みなさんはある程度の回転数が付いているジャグラーで高設定を探すときには、 1. BIG確率 2. REG確率 3. ボーナス合算確率 主にこの3つのホールデータを活用して打てる台を選んでいる方が多いと思いますが、 この3つのデータに加えて 「差枚数データ」を考慮することで高設定のGET率が格段にアップするのでその方法を紹介します。 まずは総回転数、BIG回数、REG回数から 推定差枚数を算出してくれる下記ツールを利用します。 ジャグラーのシマでボーナス合算確率が設定6の近似値の台を探す 2. ツールにその台のBIG回数、REG回数、総回転数を入力 3. ツールでの計算結果による差枚数と、データ表示機に示されたスランプグラフの差枚数を比較 これだけで、その台が高設定なのか低設定なのかがある程度わかり、打つべきか回避すべきかの判断が付けられます。 みなさんは台に備え付けのデータ表示機のスランプグラフから大体の差枚数を読み取ってもらえればOKです。 による 推定差枚数と比較してみると設定6の近似値まで達しており、今度は高設定に十分期待がもてる結果となりました。 REG確率や合算確率を参考にする限りでも、低設定の可能性は低いと思われます。 【例-1】に比べると コイン持ちがよくブドウ確率が高いと判断できるので、このような台が空き台になったら積極的に狙っていきましょう。 【例-1】と【例-2】では、どちらも6000G強の回転数でボーナス合算確率が設定6以上の台をサンプルとして取り上げましたが、 コイン持ちがよくブドウ確率が高いと判断できる【例-2】のほうが高設定の期待が高まるということがお分かりいただけたと思います。 このように ジャグラーはBIG・REG回数と総回転数から推定差枚数をチェックすることで、ある程度の設定を判別することができるので活用してみてください。 今回使用したは有料制(月額300円程度)ですが、現在ジャグラーで思うように勝てず、まだ利用したことがないという方には是非オススメしたいです。 スポンサーリンク.

次の

ジャグラーの総差枚数を増やす!ぶどう抜きの紹介・プロは絶対にやってます

ジャグラー 差枚数

いつもはマイジャグなんかもかなり客付きが良いんですが、今日は半分といったところでした。 というワケで今日の記事は以上です。 それでは。 115ビュー• 70ビュー• 68ビュー• 60ビュー• 58ビュー 最近のコメント• に りょうた より• に 転生 より• に りょうた より• に りょうた より• に りょうた より アーカイブ• 3 カテゴリー• 固定ページ• ブログ村ランキング.

次の

<ジャグの波ってエグい>差枚数管理機能つきジャグラー!?こんな荒波、常人にはキツすぎるよ・・・。

ジャグラー 差枚数

以下のグラフで説明しますね! 縦軸:差枚数 横軸:ゲーム数 まず、A点を見てください。 これはA点の時点で 客が投入した枚数が1500枚ということになります。 つまり、この時点では店側に1500枚の利益になっています。 次にB点を見てみましょう。 この時点では 客が投入した枚数と、台が放出した枚数が同じということになります。 つまり、差枚数が0枚で店側には1円の利益にもなっていません。 では最後に、C点を見てみましょう。 これはC点の時点で この台が払い出したメダルの枚数が2000枚ということです。 つまり、この時点で店側に2000枚の赤字になっています。 簡単ではありますが、差枚数の考え方は上記の内容となります。 次のグラフで説明しますね! 図のように、 赤色の点線と 緑色の点線で区間を分けました。 赤色の区間は、約3200Gで、 差枚数が約3200枚となっています。 緑色の区間は、約4500Gで、 差枚数が約500枚です。 これらから分かることは、 右肩上がりの線の傾きが急な程、短いゲーム数で多くのメダルを放出している ということになります。 状況としては、以下のような感じです。 赤色の区間:朝一からジャグ連や早いゲーム数でボーナスを引いていた。 緑色の区間:ハマりやちょっとした連チャンを繰り返して、下皿プレイが続いていた。 また、上記とは逆に低設定では以下のようなグラフが見受けられます。 朝一から、約4800Gで、 差枚数が-4500枚です。 等価であれば9万円近く、店の利益となっています。 このように、 右下がりの傾きが急な程、大きいゲーム数でのハマりが多いです。 600Gハマってその後数Gで当たるがまた700ハマる、といった打っていて全然面白くない感じです。 低設定にありがちで台の状態も悪いと言えます。 実際にジャグラーのグラフを見て、見方をイメージしよう これまでに説明したことを踏まえて、高設定 設定6 と低設定 設定1 のグラフをそれぞれ見てみましょう。 つまり、高設定の場合はほとんどが店側の赤字になっていることが分かります。 グラフを見て、どんな状態か分かれば台選びの参考になります。 見てすぐに状態が分かれば、よりあなたの立ち回りにプラスとなります。 今回の内容は、高設定・低設定を判別する基礎知識となりますので、ぜひ頭に入れておきましょうね! それではこの辺で。

次の