はとことは結婚できる。 いとこ婚は日本でできるの?そのメリットと課題とは

いとこ婚

はとことは結婚できる

「いとこ」とは まずは「いとこ」の解説をおこないましょう。 「いとこ」とは 「父母の兄弟姉妹の子供」のことを指します。 家系図を見ていただくと分かるように、自分と同世代の関係性になりますね。 そのため「いとこ」は法律用語では4親等の傍系血族とも呼ばれています。 「いとこ」について詳しく知りたい方はこちら 「はとこ」とは 次に、「はとこ」の解説をおこないましょう。 「はとこ」とは 「祖父母の兄弟姉妹の孫」のことを指します。 他の言い方だと「父母のいとこの子供」としても表せますね。 家系図上では「いとこ」と同じで自分と同世代の関係性となっています。 はとこの別名 実は「はとこ」には別名が存在しています。 それが「またいとこ」と「ふたいとこ」という名称です。 どちらも「はとこ」と全く同じ意味なのですが、通称として別の呼び方があるんですね。 そのため「はとこ」は法律用語では6親等の傍系血族とも呼ばれます。 「はとこ」について詳しく知りたい方はこちら 結婚することは出来る? これまで説明をしてきたように「いとこ」も「はとこ」も立派な親族となります。 そんな「いとこ」と「はとこ」ですが、「自分」と結婚することは出来るのでしょうか? 「いとこ」と結婚することは出来る? 「いとこと結婚することは出来るか」ということですが、 いとこと結婚することは出来ます。 民法では、近親者の婚姻禁止の範囲として「3親等内の傍系血族」を定めています。 先ほど解説をしたように、いとこは「4親等の傍系血族」ですので結婚することは可能となります。 「はとこ」と結婚することは出来る? 「はとこと結婚することは出来るか」ということに関しても、 はとこと結婚することは出来ます。 理由はいとこの場合と同様で、民法では近親者の婚姻禁止の範囲として「3親等内の傍系血族」を定めています。 はとこは「6親等の傍系血族」ですので結婚することは可能となります。 「いとこ」と「はとこ」の違いを確認 続柄 関係性 系統 「自分」と結婚 いとこ 父母の兄弟姉妹の子供 4親等の傍系家族 出来る はとこ 祖父母の兄弟姉妹の孫 6親等の傍系家族 出来る 「いとこ」も「はとこ」も関係性に違いはあるものの、自分と同じ世代であることが共通しています。 ただ、世代が同じだとしても年齢が近いということではありません。 平均的に年齢は近い傾向にはありますが、自分の両親と同じくらい年齢の離れている「いとこ・はとこ」がいる場合も珍しくはありません。 また、どちらの続柄とも結婚できることは少し意外ですね。 まとめ 今回は「いとこ」と「はとこ」の違いについて解説を行ってきました。 似ている言葉ですが、関係性がわかりにくく戸惑ってしまうこともあります。 いとこは「両親の兄弟姉妹の子供!」、はとこは「おじいちゃんおばあちゃんの兄弟姉妹の孫!」と覚えてしまうと分かりやすいですね。

次の

はとこの意味がパッと分かる!家系図と「サザエさん一家」で一目瞭然

はとことは結婚できる

親族の中でも、親や子供、兄弟姉妹とは結婚できないということは一般的によく知られていますが、 それ以外ではどこまでが結婚できない範囲で、どこからが結婚できる範囲になってくるのかいまいちよく分かっていない方も多いと思います。 結論から言うと、親族同士で結婚できる範囲となるのは、実際に血の繋がりがある者同士では4親等以上離れた場合であり、4親等以上離れた関係性の中で最もよく考えられるのが「いとこ」です。 つまりあなたから見て親の兄弟姉妹の子供です。 有名な政治家の中にはいとこ同士で結婚している方が何人もいらっしゃいます。 しかし、いとこの父母、つまり叔父や叔母は自分から見て3親等となるため結婚することはできません。 また、自分の甥っ子や姪っ子も3親等の親族となるため結婚できません。 ただしそれ以上離れれば結婚できる範囲となります。 ただし、結婚できる範囲には色々と変わったルールがあり、第三者と養子縁組をした場合にもまた別の決まりが絡んできます。 そこで今回は、あなたの親族の中で結婚できる範囲と結婚できない範囲について具体的に解説いたします。 親族の範囲について まず初めに確認しておきたいのが、そもそも親族とはどこからどこまでの範囲を言うのかということですが、 民法第725条では、親族の範囲は以下のように定義されています。 第七百二十五条 次に掲げる者は、親族とする。 一 六親等内の血族 二 配偶者 三 三親等内の姻族 引用元:民法 つまり「 6親等内の血族および3親等内の姻族」があなたの親族と呼ばれる方々です。 このうち血族とはあなたと実際に血の繋がりのある方々のことであり、姻族とは婚姻関係によって新たに親戚となった方々です。 あなたの配偶者の血族はまさに一番わかりやすい姻族ですが、例えばあなたの親の再婚相手や、あなたの子供の配偶者も姻族です。 では実際に自分から見てどの関係にある方が何親等なのかということは以下の図でご確認ください。 数字は親族の親等であり、姻族の親等は〇で囲ってあります。 また、現実的にかかわりを持つ可能性のある範囲で書いてあり、この図では親族の範囲のすべてを示しているわけではありませんのでご了承ください。 例えば6親等の血族というとひ孫のひ孫まで含まれますが、現実的にそこまで年の離れた人間と関わることはないでしょう。 親族の中で「結婚できる範囲」と「結婚できない範囲」について それでは次に、親族の中で 結婚できる範囲と 結婚できない範囲について具体的に解説しますが、 まず、あなたから見て結婚できない範囲となるのは• 直系血族• 3親等内の傍系血族 と定められています。 直系血族とは、あなたの「両親、祖父母、曽祖父母」及び「子、孫、ひ孫」のような上下に直系の血族のことであり、直系血族の場合にはそれより上や下の4親等以上離れた人物とも結婚することはできません。 スポンサードリンク 養子縁組をした場合の「親族」について 「 養子縁組」とは、法的な手続きによって例えばあなたと第三者を親子の関係にするものです。 この養子縁組によって生じた関係性を法定血族と言い、それに対してもともと血の繋がりがある血族を自然血族と言います。 養子縁組には• 普通養子縁組• 特別養子縁組 の2つの種類があり、 例えばこの記事をご覧になってくださっている方が今後行う可能性があるのは普通養子縁組です。 特別養子縁組は6歳未満の方を対象に行われる養子縁組であり、普通養子縁組では養子縁組をした後も実の親との関係性は続きますが、特別養子絵縁組では実の親との親族関係が終了するというところが大きな違いです。 つまり特別養子縁組をした6歳未満の子供は、実の産みの親が法律的に親ではなくなるのです。 では養子になって新たな親族関係が生まれると、いったいどこまでが結婚出来ない範囲になるかというと、 もしもあなたが養子になった場合、 「養親、養親の親、養親の祖父母」等、養親の直系尊属とは結婚が出来なくなります。 尊属とは上の世代の方々のことです。 しかし、 「直系の実の子供、孫、ひ孫」等、養親の直系卑属(ひぞく)や養親の傍系血族とは結婚することが出来ます。 つまりあなたが養子になると法律上は養子の実の子供と兄弟姉妹の関係になりますが、その相手と結婚することは可能なのです。 また、実際に血の繋がりがあると不可能であった叔父叔母や甥姪とも、養子でできた関係性であれば結婚することが可能です。 また、もしもあなたが特別養子縁組によって6歳未満で過去に養子に出されていたという場合、あなたと実の親経由の親族関係は法律上は既になくなったことになっていますが、それでも実の親や兄弟姉妹と結婚することはできない決まりとなっています。 一般的には親族同士での結婚というのは珍しいことですが、著名人の中には特に「いとこ」にあたる人物と結婚していらっしゃる方は何人もいらっしゃいます。 また、養子縁組をすると養親の直系尊属との結婚はできなくなると言いましたが、それは養親養子の関係性が解消された後も適用されます。 つまり再び他人に戻っても、一度養親養子の関係性になった者同士は結婚することが出来ないのです。 不思議ですね。 これについて詳しくは「」をご参照ください。 それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

「いとこ」と「はとこ」の違いとは【行政書士監修】

はとことは結婚できる

いとこ 両親の兄弟姉妹(おじ、おば)の子供 はとこ・またいとこ 両親のいとこ(いとこ違い)の子供 であることが分かると思います。 自分と親族の間柄を示す等級のことを 親等と言いますが、自分から見ると 「いとこ」は4親等、「はとこ・またいとこ」は6親等ということになります。 親等で考えると、「いとこ」と「はとこ・またいとこ」は等級に違いがあることが分かりますよね。 実生活で「いとこ」と関わることが思いますが、親等で考えれば「祖父母の兄弟(大おじ・大おば)」と同じ4親等です。 近いようで遠い関係のように感じますよね。 「はとこ・またいとこ」に関しては6親等で、ひいおじいちゃん(曽祖父)・ひいおばあちゃん(曽祖母)よりも遠い存在ということになります。 と言っても両親が「いとこ」の関係なので、それほど遠い関係というわけではないかもしれませんね。 サザエさん一家の場合 「いとこ・はとこ・またいとこ」との関係が家系図を見て分かったと思います。 ここからは、国民的アニメ「サザエさん」を例に見ていきましょう。 サザエさんの家系図を簡単にまとめてみました。  誰を基準に考えるかによって、誰と誰が「いとこ」「はとこ・またいとこ」になるのかが変わります。 「いとこ」の関係 「いとこ・はとこ・またいとこ」とは結婚できる? さて、ここで気になるのが「いとこ」同士、「はとこ・またいとこ」同士で結婚できるかということ。 その答えは 「できる」です。 日本では、民法という法律の中で結婚に関してルールが定められています。 民法第734条に、親族間の結婚についての記載があります。 (近親者間の婚姻の禁止) 第七百三十四条 直系血族又は三親等内の傍系血族の間では、婚姻をすることができない。 ただし、養子と養方の傍系血族との間では、この限りでない。 2 第八百十七条の九の規定により親族関係が終了した後も、前項と同様とする。 出典元: 法律を見る限り、 日本では4親等以上離れていれば結婚できるということになります。 「いとこ」は4親等、「はとこ・またいとこ」は6親等になるので、「いとこ・はとこ・またいとこ」とは結婚できるというわけです。 聖徳太子の時代から「いとこ」同士の結婚はあったようですが、現在の日本では「いとこ」同士の結婚はかなり少なくなったみたいです。 ただ、 海外では事情が異なります。 例えば、アメリカでは「いとこ」同士の結婚を禁止している州がありますし、サウジアラビアでは「いとこ」同士のお見合いが多いそうです。 親族間の結婚は、それぞれの地域の文化が影響しているということですね。 まとめ 「いとこ・はとこ・またいとこ」の違いについて、理解できたでしょうか? もう一度振り返ってみましょう。

次の