プリコネ ユイ ランク。 プリコネ・ランク11以上に上げない方が良いランク止め優先キャラは? | GAMETIME

【プリコネR】正月ユイ(ニューイヤー)の評価と専用装備

プリコネ ユイ ランク

ムイミから、出合い頭に「諸悪の根源」呼ばわりされました。 いきなり見覚えのない人に「諸悪の根源」呼ばわりされました。 諸悪の根源に対してのムイミちゃんの殺意高すぎて草生える— のえるん ???「ごめんな…ユイ…」 ???「ごめんね…ユイちゃん…」 ???「ごめんなさい、先輩…」 ???「すまない…ユイ…」 ムイミ「諸悪の根源め!死ねば世界が正常になるかもしれないな!1!!613」 — ぽまれ なぜ諸悪の根源なのか?という点ですが、これが非常に複雑。 かなりかなりざっくり説明するとこうなります。 プリコネRの世界は不自然に再構築された世界で、そこに皆記憶を失った状態で閉じ込められている 現実世界の肉体は気を失った状態• その中でムイミは記憶を失っていない• ムイミ「世界が不自然に再構築された原因はユイ 」 世界が不自然に再構築された原因はユイ、つまり諸悪の根源 ということでムイミはユイを襲いました。 「騎士クンが幸せじゃない世界なんていらない」 ただ、 言わされたにしろ、本心の願いにしろ、どちらの願いも世界の再構築に影響しているのでは関わるのでは?と議論が続かれています。 プリコネRの世界が前作のどの段階から再構築されたのかはまだはっきりしていません。 ユイが諸悪の根源というかアストムル世界の中に何人も閉じ込められる原因を作った人っていうのは多分嘘じゃないのがつらいところですよね— ゆゆゆ 少し真面目に考察してみたんですけど。 ・今の世界線で過去の記憶(ランドソルの舞台がゲームの世界だと知ってるのはムイミさんだけ)が全て消されていて、ムイミさん曰く「草野結衣こそが今の世界を作り出した諸悪の根源」— ツムギ/繭宮つむぎ💍 あとがきを書き直しました。 仮に【ユイが諸悪の根源】だったとしても【ユイを諸悪の根源にした悪魔】の存在はもっと議論されるべきだと思ってます。 【プリコネR考察】第1部最後に出てきた謎の人物に…— あき ずっと青春 プリコネ前作より ユイが『諸悪の根源』と言われてるのはこの辺りが関係しているのかな? 関係ないけど『叶えてしましました』は草 — ユウキ 今日はユイは諸悪の根源なのか問題について。 しかし前作ではこの後にユイの本当の願いが明かされるのでこのままRe:Diveだとやるせないのです。 — 東京スーパーチャンネル ちなみに前作「プリンセスコネクト!」のストーリーは公式から配信されているので気になった方はぜひ視聴してみてください 【お知らせ】 サービスを終了しました「プリンセスコネクト!」ですが、みなさまに長くご愛顧いただいていた感謝の気持ちとして、メインストーリーをYouTubeで全て公開しました。 動画を提供していただいたユーザーの方、誠にありがとうございます。 — プリンセスコネクト!公式 【使用例】 諸悪の根源 そんなわけで、例の1シーン以降プリコネでは諸悪の根源という言葉がよく使われるようになりました。 主な使用例としては以下の通り• 限定ユイがガチャでなかなか出ない• 敵のユイにヘイトが貯まった• とりあえずユイが出たので ニュイでコッコロガチャ回せないプリコネ民の皆様がユイを『諸悪の根源』呼ばわりしてるのに草を禁じ得ない。 — mark 神撃のキノコ 今の自分が取れる分の無償分全部使ったけどユイちゃん出ない😭 これは諸悪の根源ですわ — 水風 これは諸悪の根源 これは天使 — とす 他にもユイにヘイトが貯まったときは、現実の本名「草野優衣」を呼び捨てにして、 「草野」と呼んだり、草をはやすときに「さすがに草野」と使ったりもします。 最終話の最後の最後でなにやら怪しい人物が登場しました。 通称「ダーク草野」です。 このいかにも悪そうなキャラが、騎士君たちの姿を遠隔で眺めながら「また会えたね…騎士クン」とつぶやいたシーンで第1章が終わります。 「また会えたね…騎士クン」といえば、ユイを代表するセリフです。 ストーリー最後に現れた人は ユイしか考えられないんだよな…… 最後のセリフがユイの称号の言葉 前作からの流れからだと願いを叶え神となったユイが作った世界が今の世界、覇瞳皇帝もユイのことが羨ましいと言ってたし覇瞳皇帝も神になりたかった。 まとめ 本記事の内容をまとめると、.

次の

プリコネRキャラ別おすすめランクまとめ【プリンセスコネクト!Re:Dive】|かずと と むぎ

プリコネ ユイ ランク

今すぐジュエルを手に入れる! プリンセスコッコロ(プリコロ)の推奨装備ランク?星上げ(才能開花)はどこまですべき? プリンセスコッコロランク(プリコロ)に関しての推奨ランクが気になりが、一体どの装備ランクレベルが適正となっているのでしょうか? 今の所、プリンセスコッコロ(プリコロ)の推奨装備ランクは LK10・LK14となっています。 ですが、まだクランバトルでのプリンセスコッコロの使用が無い状態なので、はっきりとして推奨ランクが分かっていない状況です。 まだ、ランクをLK10まであげていないのであればLK9で止めておいて、クランバトル後の評価をもとに上げるのが無難でしょう。 そして、推奨の星上げ(才能開花)ですが、推奨は 星3となっています。 これは星上げ(才能開花)でのプリンセスコッコロの詳しい情報がまだ少ないので、むやみに星上げして後悔するよりかは、詳しい情報が出てから正しい性能を把握して星上げした方が良いという事にになります。 回復サポートスキルが多く、効果も長時間継続可能。 攻撃力アップのバフ量が優秀なうえ、TP回復も付いている。 UBで味方全体を回復することができる。 低評価な点• 自身のTP上昇が低いため、UB発動が遅い。 【プリンセスコッコロの総合評価】 プリンセスコッコロの特徴は、サポートスキルの多さです。 プリンセスコッコロのサポートスキルをまとめると以下のようになります。 味方全体のHP回復(UB)• TP上昇(UB)• 魔攻・物攻のクリティカルダメージアップのバフ(UB)• 敵防御ダウンのデバフ(UB)• 味方全体の継続的なHP回復(スキル)• 味方全体への魔攻・物攻の特大アップのバフ(スキル)• TP小回復 サポートできないところがないほどの サポートスキルの多さですね。 サポートスキルとしては、どの編成にも対応でき、耐久性も高いステータスなので編成しやすいキャラです。 UB効果も 全て18秒間と長時間にわたりサポートしてくれるのも魅力。 上手くUBを重ねることが出来れば味方全体にHP回復・TP回復・クリティカルダメージアップなどが、 継続的に付与することもできてしまいます。 スキル「ブライトアテンション」の攻撃力アップの バフ量が高いうえに、頻度も多いので超強火力が出せる編成を組むことが可能となります。 他のサポートキャラと比べてもグンを抜いて優秀で強いぶっ壊れなキャラだといえるでしょう。 【 プリンセスコッコロの使い方】 プリンセスコッコロはTP上昇が少し低いので、TP回復できるキャラとの編成で早くUBを打ってサポートフィールドを展開していきたいところです。 また、プリンセスコッコロは味方全体に継続的に回復にすることができ、バフを高頻度で付与できるので高火力キャラを多く編成していくのが良いでしょう。 また、クリティカルダメージをアップすることができるので、クリティカル率の多いヒヨリやクリスティーナなどとの相性が良いと思われます。 また、正月コッコロなどのバフスキルを持ったキャラとの編成することでさらに火力を増す編成もおすすめです。 プリンセスコッコロは基本的には、クランバトル・アリーナとどのクエストでも活躍が期待できる強いキャラです。 編成例• ムイミ• ヒヨリ• クリスティーナ• ウズキ• プリンセスコッコロ• 正月コッコロ• サレン• プリンセスコッコロ• 水着サレン• スポンサードリンク プリンセスコッコロ プリコロ)は引くべきキャラ! ここまで、プリンセスコッコロの性能を中心に見てきましたが、 ここからは、その性能や強さをもとにプリンセスコッコロは引くべきなのかというところを考えていきたいと思います。 超火力を出せる編成が組みたい• 優秀なサポートキャラがいない これらも考えているのであれば積極的に引くべきだといえるでしょう。 プリンセスコッコロの性能はどのクエストでも活躍が期待でき、どのような編成でも活躍できるキャラ性能です。 はっきり言って、現環境のサポートキャラの中ではぶっちぎりで性能が優秀ですので、手持ちのジュエル次第になるとは思いますが、 引くべき強いキャラだといえると思います。 また、限定キャラで手に入りにくいということもありますし、引いておきたいキャラですね・・・ ただ、プリンセスフェスガチャのみの実装だけではなく、今後もどこかのタイミングで実装もあるみたいなので、ジュエルが厳しい方はそのタイミングを狙うのもありだと思います。 その性能はぶっ壊れと言っていいほどに強い性能でした。 まさに、引いておきたいキャラですね。 「どうしてもプリンセスコッコロが引きたいけど、ジュエルが足りない!」 「天井爆死してもう課金もできない!!!」 そんなジュエルが足りなくて困っている方に、 「課金せずにジュエルを大量に手に入れる裏ワザ 」をご紹介しますね! とっても簡単な裏ワザですので、是非この機会にご利用ください!.

次の

プリコネ・ランク11以上に上げない方が良いランク止め優先キャラは? | GAMETIME

プリコネ ユイ ランク

今すぐジュエルを手に入れる! プリンセスコッコロ(プリコロ)の推奨装備ランク?星上げ(才能開花)はどこまですべき? プリンセスコッコロランク(プリコロ)に関しての推奨ランクが気になりが、一体どの装備ランクレベルが適正となっているのでしょうか? 今の所、プリンセスコッコロ(プリコロ)の推奨装備ランクは LK10・LK14となっています。 ですが、まだクランバトルでのプリンセスコッコロの使用が無い状態なので、はっきりとして推奨ランクが分かっていない状況です。 まだ、ランクをLK10まであげていないのであればLK9で止めておいて、クランバトル後の評価をもとに上げるのが無難でしょう。 そして、推奨の星上げ(才能開花)ですが、推奨は 星3となっています。 これは星上げ(才能開花)でのプリンセスコッコロの詳しい情報がまだ少ないので、むやみに星上げして後悔するよりかは、詳しい情報が出てから正しい性能を把握して星上げした方が良いという事にになります。 回復サポートスキルが多く、効果も長時間継続可能。 攻撃力アップのバフ量が優秀なうえ、TP回復も付いている。 UBで味方全体を回復することができる。 低評価な点• 自身のTP上昇が低いため、UB発動が遅い。 【プリンセスコッコロの総合評価】 プリンセスコッコロの特徴は、サポートスキルの多さです。 プリンセスコッコロのサポートスキルをまとめると以下のようになります。 味方全体のHP回復(UB)• TP上昇(UB)• 魔攻・物攻のクリティカルダメージアップのバフ(UB)• 敵防御ダウンのデバフ(UB)• 味方全体の継続的なHP回復(スキル)• 味方全体への魔攻・物攻の特大アップのバフ(スキル)• TP小回復 サポートできないところがないほどの サポートスキルの多さですね。 サポートスキルとしては、どの編成にも対応でき、耐久性も高いステータスなので編成しやすいキャラです。 UB効果も 全て18秒間と長時間にわたりサポートしてくれるのも魅力。 上手くUBを重ねることが出来れば味方全体にHP回復・TP回復・クリティカルダメージアップなどが、 継続的に付与することもできてしまいます。 スキル「ブライトアテンション」の攻撃力アップの バフ量が高いうえに、頻度も多いので超強火力が出せる編成を組むことが可能となります。 他のサポートキャラと比べてもグンを抜いて優秀で強いぶっ壊れなキャラだといえるでしょう。 【 プリンセスコッコロの使い方】 プリンセスコッコロはTP上昇が少し低いので、TP回復できるキャラとの編成で早くUBを打ってサポートフィールドを展開していきたいところです。 また、プリンセスコッコロは味方全体に継続的に回復にすることができ、バフを高頻度で付与できるので高火力キャラを多く編成していくのが良いでしょう。 また、クリティカルダメージをアップすることができるので、クリティカル率の多いヒヨリやクリスティーナなどとの相性が良いと思われます。 また、正月コッコロなどのバフスキルを持ったキャラとの編成することでさらに火力を増す編成もおすすめです。 プリンセスコッコロは基本的には、クランバトル・アリーナとどのクエストでも活躍が期待できる強いキャラです。 編成例• ムイミ• ヒヨリ• クリスティーナ• ウズキ• プリンセスコッコロ• 正月コッコロ• サレン• プリンセスコッコロ• 水着サレン• スポンサードリンク プリンセスコッコロ プリコロ)は引くべきキャラ! ここまで、プリンセスコッコロの性能を中心に見てきましたが、 ここからは、その性能や強さをもとにプリンセスコッコロは引くべきなのかというところを考えていきたいと思います。 超火力を出せる編成が組みたい• 優秀なサポートキャラがいない これらも考えているのであれば積極的に引くべきだといえるでしょう。 プリンセスコッコロの性能はどのクエストでも活躍が期待でき、どのような編成でも活躍できるキャラ性能です。 はっきり言って、現環境のサポートキャラの中ではぶっちぎりで性能が優秀ですので、手持ちのジュエル次第になるとは思いますが、 引くべき強いキャラだといえると思います。 また、限定キャラで手に入りにくいということもありますし、引いておきたいキャラですね・・・ ただ、プリンセスフェスガチャのみの実装だけではなく、今後もどこかのタイミングで実装もあるみたいなので、ジュエルが厳しい方はそのタイミングを狙うのもありだと思います。 その性能はぶっ壊れと言っていいほどに強い性能でした。 まさに、引いておきたいキャラですね。 「どうしてもプリンセスコッコロが引きたいけど、ジュエルが足りない!」 「天井爆死してもう課金もできない!!!」 そんなジュエルが足りなくて困っている方に、 「課金せずにジュエルを大量に手に入れる裏ワザ 」をご紹介しますね! とっても簡単な裏ワザですので、是非この機会にご利用ください!.

次の