自己 紹介 特技。 履歴書・エントリーシートの「趣味・特技」欄の書き方【例文つき】

自己紹介で好印象を与える!趣味の答え方とは?<シーン別>

自己 紹介 特技

長いようで短い学生生活が終わり、いよいよ春からは社会人です。 高校の入試の面接時にも自己紹介がありましたね。 私は、その時に大好きだったビートルズについて熱く語ったのを覚えていますが、今思い出すとちょっと恥ずかしいです。 ですが入学後、面接官だった担任の先生に「ビートルズ好きな子」と言われたくらいなのでインパクトはありました。 新入社員の自己紹介でも、良い印象を与えられるような挨拶を心掛けたいですね。 自己紹介の例文 自己紹介、大事なのは話の内容だけではありません。 話す時の態度もとても大事です。 ムスッとした顔で話されるのと、いきいきした笑顔で話されるのでは与えるイメージは違いますよね。 笑顔ではっきり話す• 丁寧な言葉遣い• 清潔な身だしなみ• 自分の名前• 配属先• 出身地、出身校、専攻• 特技や趣味など• これからの抱負• 「よろしくお願いします」の言葉 では、実際にどんなことを言ったら良いか例文をあげますので、参考にして下さい。 本日はこのような会を催していただきありがとうございます。 私の出身地は埼玉県で、中学、高校の6年間バレー部に所属しておりました。 今はバレーボールをする機会がなかなかありませんが、身体を動かすことが大好きで、夏はサーフィン、冬はスノーボードと季節のスポーツを楽しんでおります。 また、スポーツは観るのも大好きですので、皆様からのお誘いをお待ちしております。 仕事に慣れるまでは、何かとご迷惑をお掛けするかと思いますが、どうかご指導のほどよろしくお願い致します。 社会人としての第一歩をこの会社で迎えられることを本当に嬉しく思っています。 実家の周りには、田んぼや畑ばかりでとてものんびりと育ちました。 学生時代も田舎にある学校に通いましたので、今朝は初めての通勤ラッシュに本当にびっくりしました。 趣味はビーズや編み物などの手芸で、細かい作業が大好きです。 性格はおっとりしていますが、真面目に前向きに取り組むのが自分の長所だと思っています。 1日も早く皆様のご期待に応えられるように頑張りますので、ご指導のほどよろしくお願い致します。 時間はどれくらい?1分はやるべき? 初めての挨拶だからしっかり長文でと思うかもしれませんが、だらだら長くお話していると聞いているほうが疲れて飽きてしまいます。 時間にすると、一般的には1分程度、挨拶時にスピーチを求められた場合は3分程度です。 また、名刺交換の時や、初めて参加する会議の際は15秒程で、自分の名前・なぜその場に居るのかなどを簡潔に伝えます。 この短い時間だからこそ、良い印象を与える為には、相手の目としっかり目線を合わせる・姿勢を正す・はっきりと声を出すなどの態度に注意しましょう。 趣味や特技は話したほうがいい? 先輩との共通点を見付けたり、自分の印象を残す為にも、趣味や特技は話しましょう。 例えば、• 学生時代はサッカー部に所属しゴールキーパーをしていた• 小さな頃からバレエをしていてコンクールの経験がある• ピアノが得意で聴くだけで譜面を覚えられる• 子供の頃からプラモデルが好きで今では粘土で1から作っている など。 最後のプラモデルについては、私の中学時代の友人の趣味です。 笑 学生時代はそんな趣味があるような子に見えなかったので、意外でしたが、話しのきっかけになりました。 面白いネタってある? お調べしたところ、おもわず吹き出してしまうネタがいくつかありましたのでご紹介致します。 あえて自分の出身地以外の方言で自己紹介• 例)現在0・1トンですが、趣味はテニスと水泳です。 聞き手が飽きないように声にメリハリを付けて、話すスピードも早い・遅いを混ぜ込むと良いでしょう。 特に伝えたい部分は大きくゆっくりと話すとインパクトがあります。 まとめ 新入社員の自己紹介、緊張でせっかく考えた紹介文を忘れてしまったら大変ですね。 当日スムーズに話せるように、何度か声に出して練習すると良いでしょう。 鏡を見ながら表情も確認して、今では携帯電話やスマートフォンでも録音が出来ますので、一度録音して聴いてみるのも良いでしょう。 parukun.

次の

特技は立派な自己PR!例文と効果的な伝え方をご紹介|ハタラクティブ

自己 紹介 特技

長いようで短い学生生活が終わり、いよいよ春からは社会人です。 高校の入試の面接時にも自己紹介がありましたね。 私は、その時に大好きだったビートルズについて熱く語ったのを覚えていますが、今思い出すとちょっと恥ずかしいです。 ですが入学後、面接官だった担任の先生に「ビートルズ好きな子」と言われたくらいなのでインパクトはありました。 新入社員の自己紹介でも、良い印象を与えられるような挨拶を心掛けたいですね。 自己紹介の例文 自己紹介、大事なのは話の内容だけではありません。 話す時の態度もとても大事です。 ムスッとした顔で話されるのと、いきいきした笑顔で話されるのでは与えるイメージは違いますよね。 笑顔ではっきり話す• 丁寧な言葉遣い• 清潔な身だしなみ• 自分の名前• 配属先• 出身地、出身校、専攻• 特技や趣味など• これからの抱負• 「よろしくお願いします」の言葉 では、実際にどんなことを言ったら良いか例文をあげますので、参考にして下さい。 本日はこのような会を催していただきありがとうございます。 私の出身地は埼玉県で、中学、高校の6年間バレー部に所属しておりました。 今はバレーボールをする機会がなかなかありませんが、身体を動かすことが大好きで、夏はサーフィン、冬はスノーボードと季節のスポーツを楽しんでおります。 また、スポーツは観るのも大好きですので、皆様からのお誘いをお待ちしております。 仕事に慣れるまでは、何かとご迷惑をお掛けするかと思いますが、どうかご指導のほどよろしくお願い致します。 社会人としての第一歩をこの会社で迎えられることを本当に嬉しく思っています。 実家の周りには、田んぼや畑ばかりでとてものんびりと育ちました。 学生時代も田舎にある学校に通いましたので、今朝は初めての通勤ラッシュに本当にびっくりしました。 趣味はビーズや編み物などの手芸で、細かい作業が大好きです。 性格はおっとりしていますが、真面目に前向きに取り組むのが自分の長所だと思っています。 1日も早く皆様のご期待に応えられるように頑張りますので、ご指導のほどよろしくお願い致します。 時間はどれくらい?1分はやるべき? 初めての挨拶だからしっかり長文でと思うかもしれませんが、だらだら長くお話していると聞いているほうが疲れて飽きてしまいます。 時間にすると、一般的には1分程度、挨拶時にスピーチを求められた場合は3分程度です。 また、名刺交換の時や、初めて参加する会議の際は15秒程で、自分の名前・なぜその場に居るのかなどを簡潔に伝えます。 この短い時間だからこそ、良い印象を与える為には、相手の目としっかり目線を合わせる・姿勢を正す・はっきりと声を出すなどの態度に注意しましょう。 趣味や特技は話したほうがいい? 先輩との共通点を見付けたり、自分の印象を残す為にも、趣味や特技は話しましょう。 例えば、• 学生時代はサッカー部に所属しゴールキーパーをしていた• 小さな頃からバレエをしていてコンクールの経験がある• ピアノが得意で聴くだけで譜面を覚えられる• 子供の頃からプラモデルが好きで今では粘土で1から作っている など。 最後のプラモデルについては、私の中学時代の友人の趣味です。 笑 学生時代はそんな趣味があるような子に見えなかったので、意外でしたが、話しのきっかけになりました。 面白いネタってある? お調べしたところ、おもわず吹き出してしまうネタがいくつかありましたのでご紹介致します。 あえて自分の出身地以外の方言で自己紹介• 例)現在0・1トンですが、趣味はテニスと水泳です。 聞き手が飽きないように声にメリハリを付けて、話すスピードも早い・遅いを混ぜ込むと良いでしょう。 特に伝えたい部分は大きくゆっくりと話すとインパクトがあります。 まとめ 新入社員の自己紹介、緊張でせっかく考えた紹介文を忘れてしまったら大変ですね。 当日スムーズに話せるように、何度か声に出して練習すると良いでしょう。 鏡を見ながら表情も確認して、今では携帯電話やスマートフォンでも録音が出来ますので、一度録音して聴いてみるのも良いでしょう。 parukun.

次の

社内報の自己紹介で意気込みが伝わる文章の書き方と例文

自己 紹介 特技

自己紹介の目的 面接で自己紹介をする目的は、「話しやすい雰囲気を作るために、自分は何をしてきたどんな人間なのかを相手に理解してもらうこと」です。 自己紹介では何を言う? 自己紹介では、簡単なプロフィールと学生時代に何をしてきたかを紹介しましょう。 話す時間は、30~40秒を目安にしてみてください。 プロフィール プロフィールとは、名前、学校名、学部名、学年などの基本的な情報です。 学生時代に何をしてきたか ゼミやサークル、アルバイトなど、特に力を入れてきた活動があれば、基本的な情報の後にひと言加えると良いでしょう。 感謝の言葉 最後に、面接の機会を頂いたことへの感謝の気持ちを伝えることを意識してみましょう。 「本日は、よろしくお願いいたします」と述べる形で問題ありません。 自己紹介の例 上記で紹介した要素を踏まえた、自己紹介例を紹介します。 大学では観光社会学を専攻しており、卒業論文では、国内の観光地の変遷について研究しています。 趣味は旅行で、年に3~4回家族や友人と国内旅行を計画しています。 一緒に行くメンバーの好みを踏まえて、ガイドブックやネットで観光スポットやレストランを調べてスケジュールを作るのが得意です。 本日は、このような貴重な時間を頂きありがとうございます。 どうぞよろしくお願いいたします。 ここでは自己紹介の例を紹介しましたが、こう話せば正解、というものはありません。 実際に自己紹介をする際は、自分自身の言葉で伝えるように意識してみてください。 特に力を入れてきた活動がないので話すことがない…。 そんな時はどうする? 「サークルやアルバイトなどをやっていないから、何も話す事がない」と不安になる人がいますが、やっていない場合はあえて「やっていない」と伝える必要はありません。 学校での活動やアルバイト以外でもよいので、例2のように、趣味や特技など、プロフィール以外のあなたの情報が伝えられるようにひと言添えてみましょう。 自己紹介をする上で気をつけるポイントは? なかには自分をアピールしなくてはと考え、「サークルの副将の経験を通して、リーダーシップ培ってきました。 仕事でもこのリーダーシップを生かして…」など、自己PRを始めてしまう人もいます。 意気込んで話したくなる気持ちもわかりますが、どういうことをやりたいかという意欲は、その後の面接担当者とのやりとりの中で伝えていけば大丈夫です。 一方の自己PRは、今までの経験から自分は何ができるかをアピールするためのもの。 両者を混同しないように、違いを意識しておきましょう。 面接では緊張で余裕がなくなってしまうかもしれませんが、これらをほんの少し意識するだけでも違ってくると思います。 表情・視線 表情は明るく、姿勢をまっすぐにして視線はしっかり相手を見て話しましょう。 顔を下に向けて話してしまうと、自信なさげで声も聞き取りづらくなってしまいますので注意しましょう。 言葉遣い 学校や仲間内だけで使っている略語などは、相手に伝わらない場合もありますので、「まったく知らない外部の人が聞いたときに、正しく・わかりやすく伝わるか?」を基準に言葉遣いを見直してみてください。 声に出して練習してみることで、頭の中のシミュレーションだけでは気づけなかった点に気づくことができるかもしれませんし、表情や声の大きさなどの練習にもなります。 練習の際は、模擬面接のような形で友人などに手伝ってもらっても良いでしょう。 ただし繰り返しになりますが、本番に向けて過度に心配しすぎる必要はありません。 自己紹介は初めて会った相手に「私はこういう人間です」と伝えるためのもの。 これからコミュニケーションをする相手と気持ちよく話をするための「最初の挨拶」、というくらいの気軽な気持ちで臨みましょう。 緊張で何も話せなくなってしまったときの対処法 面接時は、緊張のあまり何も話せなくなってしまう…という状況もあるかもしれません。 そんなときも焦らなくて大丈夫。 面接では暗記してきた自己紹介文をすらすらと伝えるより、相手とコミュニケーションを取ろうとする姿勢を示すことが大切になります。 今日は、このような貴重な時間を頂きありがとうございます。 自分自身の気持ちも落ちつけられますし、相手の時間を頂いていることへの感謝を伝えることで、人の立場を配慮でき、気づかいのできる人だなという印象を与えます。 暗記してきたことを伝えなきゃと気負わず、まずは感謝の言葉を伝えようという気持ちで臨んでみましょう。 簡単5分で、あなたの強み・特徴や向いている仕事がわかる、リクナビ診断!就活準備に役立ててくださいね。

次の