坂本 龍馬 東 修介。 JIN

JIN‐仁‐ レジェンド 登場人物 東修介: 日曜劇場 完全攻略

坂本 龍馬 東 修介

「自分は何のために、この時代に来ることになったのか?」 自分の運命にとまどい、過去の人間の運命を変えていることを自覚しつつも、現代から持ち込んだ知識と幕末の人々の協力により人々の命を救い、近代医療を実現していく。 その過程で仁は、日本の歴史自体にも大きな関わりを持つようになっていく。 「現代の医師が、もし幕末へタイムスリップしたらどうなるか?」をテーマに描いた、SF色の強い医療ドラマです。 いよいよ最終回です。 ひとつひとつの伏線を丁寧に回収していく様は、非常に好感が持てます。 最終回だと言うのに、次々とドラマが起こり、目が離せない展開になっている点も評価したいところです。 咲のその後は、幸せであったかどうかは、決してわかりません、しかし、恭太郎も死なずに済みましたし、仁友堂も残り、医師団も活躍されたようで、十二分のラストだったと思います。 タイムスリップものにありがちではありますが、「結局なんだったんだ」と言われれば、言葉に詰まるところもあります。 咲を助けるためのお話なようにも見えますが、そうすると遡り続けたどこかの時代で矛盾が生じてしまいます。 創作物なので、そこまで深く考える必要はないのですが、ちょっと気になっちゃうと言えば気になっちゃいますね。 東修介にとって坂本龍馬は、兄の仇だった。 その後、坂本龍馬を助けるために手術を始める。 手術は順調に終わり、後は呼吸と意識が戻るのを待つだけだった。 その間、仁友堂では、偽のペニシリンの作り方を教え、その影響で死んでしまった患者がいるという事件が起こっていた。 この影響で、ペニシリンを製造していた山田純庵が捕縛、拷問を受けることになる。 松本良順や多紀元エンたちらは、集まって話し合った結果、この事件の裏には陰謀があることを掴む。 そうして黒幕として、奥医師・三隅俊斉の名があがった。 野風からの便りを読み上げて聞かせると、自発呼吸をし始める坂本龍馬。 やがて意識を取り戻し、会話できるまでになった。 その頃、東修介は腹を斬っていた。 西郷隆盛は、東修介が坂本龍馬の志を守ろうとして、坂本龍馬本人を斬ったのではないかと推測する。 江戸に戻った南方は、仁友堂に降りかかった災難を、山田純庵らから耳にする。 自分がこの時代にやってきたことで、周囲の人に降りかかる悪影響を考えた南方は、仁友堂を終わりにしたいと告げた。 これに仁友堂の医師団は反対する。 その結果、南方は仁友堂をつづけながら、松本良順や多紀元エンらの力を借りて講義をつづけ、自分の持てるすべてを託していこうと決意していた……。 新たな人物 橘未来(中谷美紀) 橘病院の医者。 野風の子・安寿の子孫。 安寿は、両親を亡くした後、橘家の養女となった。 原稿用紙2枚でわかる「JIN-仁-完結編 第11話(最終回)」 咲は想いを伝えるよりも、南方から託される医術だけで十分だと言った。 勝鱗太郎から、フランスへの官費留学を薦められる恭太郎。 旧幕府軍と合流するため、会津若松に向かう松本良順。 その間、南方に医学所の指図を願う。 江戸の大通りで彰義隊と官軍の争いを見かける。 激しくなる頭痛。 自分がここに来た理由もわからないままの南方。 最後に自分ができることを探す。 自分の脳の手術は、どうしてもこの時代ではできない。 出来ないことを考えて嘆くより、出来ることをやって笑っていたい。 そう考える南方だった。 徳川の意地を通すため、上野に誘われる恭太郎。 自分が死んだ後、自分を使って脳の勉強をするように指示する南方。 咲に敷居をまたぐように言葉添えをしてくれないかと、母・栄に頼む恭太郎。 恭太郎の上野行きを知って、自身も上野に向かおうとする咲。 必死でそれを止める栄。 上野に野戦治療所を設置するため、医学所にも声を掛けるよう伝える南方。 恭太郎と再会した咲。 しかし咲は撃たれて腕に傷を負ってしまう。 多紀元エンが治療所を訪れ、野戦治療所に協力する。 そのとき、咲を背負った佐分利祐輔が、治療所に辿り着く。 ベッドに運んだ後、咲は自分の治療を自分でするという。 頭痛が酷くなっている南方は、手の震えが止まらない。 咲の治療を、佐分利に頼む。 蘭方の医師と、本道の医師が、協力して治療体制にあたる。 それは奇跡のような光景であった。 同じ頃、恭太郎は自分が何も残せていないことを悔やんでいた。 そんな恭太郎に南方は、恭太郎が命がけで守ってきたのは徳川ではなく、橘の家だった、と説く。 戦は1日で終わり、官軍による残党狩りが始まった。 南方は頭の中から坂本龍馬の声がきこえていた。 そのとき、一度は立ち上がって、治療所を手伝っていた咲が倒れてしまう。 咲が感染しているのは緑膿菌。 この菌にペニシリンは効かない。 咲の容態は好転せず、このままでは敗血症性ショックにより、死に至る可能性があった。 栄は苦渋の決断で、咲に会わないことを決める。 南方は咲を直すための方法を閃く。 そして小さな瓶を、総出で探す。 頭の中の声に従い、進み続ける南方。 その後、南方は現代に戻る。 小さな瓶をその場に残して……。 南方が目覚めたとき、病院のベッドの上だった。 いま居る時代では、病室にいるはずの未来(みき)の姿も消えていた。 これは南方が歴史を変えた結果なのだろうか。 現代に戻った南方は、咲がどうなったのか、自分が行ったことがどうなったのか調べることにする。 その結果、仁友堂の名前と、医師団は、歴史に名を残していることが判明する。 しかしいくら調べても、そこにないものがふたつあった。 それは、南方仁と橘咲という名前だ。 橘咲のその後を調べていくと、未来(みき)とうり二つの女性と出会う。 彼女の名は橘未来。 咲はその後、恭太郎が拾った薬で回復していた。 だが残されていた過去の写真に、南方仁の姿はなかった。 咲が南方に宛てたと思われる手紙を預かる。 手紙によると、仁友堂から南方の名前が、存在自体が消えているという事実を知る。 歴史の修正力によって……。 「JIN-仁-完結編 第11話(最終回)」のミドコロ 佐分利さん泣かせますね。 咲さんは最後まで健気でした。 恭太郎も死なずに済みましたし、多紀元エンも良いところで良い役をさらっていきました。 現代に戻った後も、概ねキレイにまとまっていたのではないでしょうか。 少なくとも、第1期最終話とは段違いのデキだと思います。 一番感心したのは、生まれ変わった未来(みき)との出会いとその後を、フワッとした終わり方に留めたという点ですかね。 安易に未来(みき)とくっついてしまったり、それを匂わせてしまうと、咲のことを哀れに感じてしまい、気持ちよく終われない人もいたでしょうし。 生まれ変わった未来(みき)は、以前の未来(みき)ではないのですから、相思相愛になるのは、このドラマの主題から外れてしまう気もします。 なので、このままフワッとした終わり方が、ベストだったんじゃないかなと感じました。 「JIN-仁-完結編 第11話(最終回)」のココがちょっと……。 あまり不満はありませんが、1点だけ気になったところがありました。 それは、いわゆるタイムスリップ関係の説明をするときに、小説という体裁を借りて、後輩である野口元(山本耕史)に説明させるという手法です。 客観的に理解させるには、これほどわかりやすい手法はないのですが、よくある方法というか、ベタな方法というか、ちょっと興ざめしてしまいました。 考え過ぎかもしれませんが、気にならなかった、と言えばウソになる……と言ったところでしょうか。 最後に ついにJINが完結しました。 たくさんの伏線を散らした割には、上手く、キレイにまとまったのではないかと思います。 心なしか、第1期と比べて完結編では、お涙頂戴編が少なく感じましたけど、物語自体はキレイに収まっていたように感じます。 何より、生まれ変わった未来(みき)と、物語中でくっつかなかった、というのは評価したいところです。 せっかくダブルヒロインを配したのですから、安易にくっつけてしまうのは、興ざめしちゃうんですよね。 結論から言うと、タイムスリップものが好きだという点もあって、ひいき目に見てはいますが、かなりクオリティの高いドラマだったのではないかと思います。 ドラマ「JIN -仁-」を無料で見る方法を教えちゃいます! ドラマ「JIN -仁-」は、TBS・テレビ東京などが共同で運営する 「Paravi」という動画配信サービスで、第1話~最終回・全話を見放題で配信中です。 Paraviってどんなサービスなの? Paraviは、TBS(東京放送ホールディングス)を始めとした、• 東京放送ホールディングス• テレビ東京ホールディングス• 博報堂DYメディアパートナーズ• WOWOW• 日本経済新聞社• 電通 計6社の共同出資で設立された 「プレミアム・プラットフォーム・ジャパン」という企業が運営する、オンライン動画配信サービスです。 「月額925円で現在放送中のTBS系ドラマが見放題」の他、映画・韓流・スポーツなど他にも沢山の番組を見放題で楽しむことができる、今最注目のVODサービスです! 更にParaviは 30日間の無料お試し期間が必ず付いてきます。 30日間は無料で動画を楽しめるうえに、無料期間中に解約しても違約金は一切発生しません。

次の

ファンメッセージ|TBSテレビ:日曜劇場「JIN

坂本 龍馬 東 修介

からの続きです。 坂本龍馬(内野聖陽)が東修介(佐藤隆太)に斬られ、東も自害したことについて、西郷隆盛(藤本隆宏)大久保一蔵(眞島秀和)が話しています。 東の遺書には、龍馬が誰かに暗殺される前に、仇を討ちたかったと書いてあったのです。 西郷は「東さんは坂本さんの作ったもんを守りたかったのかもしれん」と語ります。 もし徳川方が龍馬を殺したとなれば、大政奉還が本意でなかったことになるので、龍馬の仕事が水の泡になるところだったが、仇討なら、誰も文句は言えないというのです。 * 咲(綾瀬はるか)が「また何かご思案をされているので」とたずねると、南方仁(大沢たかお)は「龍馬さんは東さんに自分を守るために斬ったって言ったんです。 龍馬さんに重傷を負わせれば、恭太郎さんたちは去る。 その後、私が治すことを願ったのかなって」と答えます 「さようなお考えなら、あそこまでの傷を負わすことはなかったのではないでしょうか。 東様がお守りしようとしたのは、坂本様の生き方のようなものだったのでは」と咲は言いました。 そして登勢(室井滋)から預かった龍馬の形見を渡してくれます。 仁と龍馬の2ショット写真でしたね。 咲からもっと落胆するかと思ったと言われ、仁は「こうなるんじゃないかって思わなかった訳じゃないんで、どこか覚悟してたっていうか、まあ何のために来たのか、またわからなくなりましたけど。 咲さんこそつらかったでしょ」と振ります。 すると咲は「私は…、すいません。 気がゆるみまして。 兄のことはお許し下さい」と泣きながら、頭を下げました。 仁は「頭を上げて下さい。 許すも許さないも、私は…」と言いながら、考え出します。 「その顔を見て、ふと思った。 咲さんは俺がここにいなければ、こんな顔をすることはなかったんじゃないだろうか。 俺はここにいる人たちを救えないばかりか、運命の歯車を狂わせているだけじゃないだろうか」 ** 仁と咲と佐分利祐輔(桐谷健太)が帰ってくると、仁友堂の門に板が打ち付けられ、壁には落書きがされていました。 そこへ山田純庵(田口浩正)福田玄孝(佐藤二朗)八木(斉木テツ)横松(中江大樹)が現れます。 山田は取調べで痛めつけられ、痛々しい様子でしたね。 偽のペニシリンの作り方を教えられたと訴えられ、勝海舟(小日向文世)松本良順(奥田達士)多紀元琰(相島一之)鈴屋彦三郎(六平直政)は、陰謀に三隅俊斉(深水三章)が関わっていると考え、策を練ったのです。 訴え出た医者の1人が良心に耐えかね、内幕を話したいと申し出てきたとうわさを流したのでした。 すると三隅は医者たちを毒殺しようとし、その現場を押えたのです。 *** 山田が「ペニシリンをお守りましたぞ」と手をにぎってきますが、仁はやるせない表情になり「仁友堂はこれで終わりにさせて下さい。 私は疫病神だと思うんです。 私がここに来なければ、みなさん医学所や医学館で普通に出世して、こんな目にあうことはなかったんです。 私と関わることで、助けた誰かが誰かの命を奪うようなことになったり、患者さんだって私が治療を行わなければ、苦しみを長引かせることもなかったんです。。 それに私の頭の中には岩(がん)があります。 かなり進行してると思われますし、取り除くことはどうやってもできません。 これからはここを続けていくことも難しくなると思います。 皆さんのこと松本先生にお願いしますので」と話しました。 すると山田は「私たちに病人を置いて出て行けとおっしゃるのでございますか。 そのようなお言葉に従っては、緒方先生に向ける顔がございませぬ」と仁の手を取って、壁にかかった「国の為 道の為」という緒方洪庵の書を見せます。 横松と八木は改良した医療器具を持ってきて、佐分利は「私の夢はこの世で一番の医者になることでございました。 先生が疫病神でも、鬼でも、変な夢を見とっても、出会えたことを後悔したことなど、一瞬たりともございません」と満面の笑みです。 咲が「私どもに持てるすべてを教えて下さいませ。 国のため、道のために」と緒方洪庵の書を指すと、仁は「はい」と笑顔を見せましたね。 **** 本郷台地で、仁は恭太郎と会っていました。 「あの日、見たことを話すなってことですか」と仁が聞くと、恭太郎は「はい。 咲と母のためと思って」と頼んできます。 仁は「龍馬さんの最期の言葉は、この国をちゃんと作れたのかでした。 死んでいった人たちに出来るのは、その人たちがもう一度生まれてきたいと思う国を作ることだって。 ずっと思ってたと思うんです。 このことを忘れずに前を向きませんか」と伝えました。 仁は仁友堂を続けながら、松本と多紀に頼んで、改めて講義を持たせてもらいますが、頭痛が前にも増して起るようになります。 元気のない仁を、喜市(伊澤柾樹)が励まし、茜(橋本真実)は子あんドーナツを持ってきてくれましたね。 西郷が率いる官軍が品川まで迫り、勝が仁の所へやってきます。 西郷との話し合いがうまくいかなかったら、自分たちで江戸の火をかけようと、新門辰五郎に頼むというのです。 勝から「これだけ教えてくれ。 江戸は火の海になるのかい、ならないのかい。 これが禁じ手だってことはわかってるんだ」と聞かれ、しばらく考えていた仁は「それって勝先生次第じゃないでしょうか」とすっきりした顔で答えると、勝も笑顔になりましたね。 高輪薩摩藩邸で、勝と西郷の話し合いが行われます。 勝が「江戸を火の海にしたって、1つの良いこともあるめえ。 列強のえじきになるのがオチだと思わねえかい。 俺らがやってるのはこの茶碗の中の戦いと一緒よ」と話しました。 西郷が「坂本さんが以前同じこつを言われもした」と言うと、勝は「あんた勘違いしてるよ。 おいらがあいつを真似してるんじゃねえ。 あいつがおいらの真似をしてるんだよ。 あいつとおいらは一緒なんだよ。 あいつは終わっちゃいねえんだよ」と答え、西郷を納得させます。 ***** 仁は「龍馬さんがいなくなった今、あの患者は確実に俺なんだろう。 あんな腫瘍を放置すれば、確実に死に至る。 だとしたら生あるうちに、持てるすべてを伝えよう。 それは明日につながるはずだから。 命を救う技術は刻みつけられていくはずだ。 この人たちの目に手に心に。 生き残るすべを、命のらせんが刻むように」と切り替えましたね。 そこへ龍馬の声が聞え、佐久間象山(市村正親)の「意に沿わぬことであったら、神は容赦なくお前のやったことを取り消す」という声、未来(中谷美紀)の「こんなに怖いんだね。 手術される方って。 私今まで全然わかってなかったよ」という声が聞え、仁は頭痛で倒れてしまいます。 野風(中谷美紀)に咲は、龍馬の形見の品を渡しました。 野風は「お亡くなりになられたのは、確か霜月の22日の夜と。 あの日は初雪が降りんしたな。 坂本様、お久しぶりでありんす」とかんざしを髪に刺します。 そして野風が仁の病は治せないのかたずねると、咲は「手は1つだけございます。 なれどそれは人の力では、どうにもならぬ手でございます」と答えました。 野風が「元の世へお戻りになられることでありんすか」と聞いてきたので、咲は「はい」と返しましたね。 ホルマリン君!?.

次の

ドラマ「JIN−仁−完結編」第11話(最終回)のあらすじ&感想 動画を無料で見る方法も教えます!

坂本 龍馬 東 修介

女同士の友情もいいけど、男同士の友情もこれまたよいものですね。 坂本龍馬と南方仁のやり取りを見ているとふたりは友情を超えて愛し合っているんじゃないかと思ってしまいます。 時空を超えた男同士の友情。 美しいです。 1867年(慶応3年)11月15日に坂本龍馬は暗殺されました。 龍馬33歳の誕生日。 坂本龍馬を殺した犯人はいまだ謎のままなので、いろんな人が龍馬暗殺について研究されています。 京都見廻組説、新撰組説、薩摩藩黒幕説、紀州藩説、後藤象二郎説、中岡慎太郎との相打ち説、自殺説などがあるようです。 というわけで、坂本龍馬がドラマになると、やはり気になるのは暗殺者。 誰が龍馬を殺すかが見どころになります。 NHKの大河ドラマ「龍馬伝」では「京都見廻組の今井信郎」でした。 そして「JIN -仁-」は、まさかまさかの恭太郎さん。 恭太郎さんは咲ちゃんのお兄さんです。 仁先生と龍馬が親しいのもよく知っています。 恭太郎さん自身も龍馬を妬むほど尊敬しています。 その恭太郎さんに龍馬を斬らせる仁スタッフ。 しかも、妹と仁先生の目の前で・・・。 非情な展開に、私も仁先生と一緒になって「やめてぇ〜」と叫んじゃいました。 もちろん心の中で。 物語としては最高なんだろうけど、真面目で誠実な恭太郎さんの気持ちを思うとあまりにも切なかったです。 一般論ですが、男性は仁先生のように鈍感な人が多いです。 1から10まで言葉にしなくちゃわかってもらえません。 でも、たま〜に、痒いところに手が届くように人の気持ちがわかる男性がいます。 内野龍馬はそういう感じのお人です。 野風の気持ちも、仁先生の目的も、みんなお見通しでした。 そして恭太郎さんの気持ちも。 彼に殺されるその瞬間も恭太郎の胸の内がわかる男でした。 栄さんと咲さんを人質にとられたかえ? わしを斬ったら死ぬつもりかえ? まっこと、それより他に道はないかえ? 土佐弁で優しく語りかける龍馬さん。 どうして、あなたは最後までわかる男なの〜。 とここまでは感動したのよ。 ドキドキしたし、ぼろぼろ泣いたし、なのに、まさかまさかの大どんでん返し。 なぜ東修介が・・・。 一瞬の出来事だったから理解できなくて固まる私。 人の気持ちがわかる龍馬さんにぜひ解説してもらいたい。 それは無理なので私なりになぜ東が龍馬を斬ったのか考えてみました。 (1)刺客を斬ろうとしたら間違って龍馬を斬ってしまった。 (2)どうせ刺客に斬られるくらいなら俺が斬ろうと思った。 (3)龍馬への復讐心は消えず最初から龍馬を斬るつもりだった。 (4)恭太郎と龍馬の話を聞いて、恭太郎に斬らせるのは可哀想だと思った。 (5)周りは敵ばかり。 仁先生の腕を信用し、敵を欺くため龍馬を斬った。 東マンは恭太郎さんと同じく真面目なお人。 龍馬が寺田屋から出てきたときも「逃げて下さい」と叫んでいたくらいだから(1)だとは思うけど、どうなの?来週になったらわかるのかしら。 予告を見てると来週はいよいよ未来に帰っちゃいそうね。 なんかまた泣かされるんだろうな。 ところで泣いたことしかいつも書いてないけど笑ってもいます。 第9話で笑ったところは「咲をよろしくお願いします。 末永くよろしくお願いします」と仁にお願いする恭太郎、「お忘れくださいませ」と慌てて仁にお願いする咲、「はい」と笑顔で即答する仁、「忘れるんでっか」と仁に突っ込む佐分利。

次の