ヘキサ メト ニウム。 薬理

ヘキサメトニウムの作用に対するコリンのきっ抗

ヘキサ メト ニウム

と思いつつも。 トップが「ヘキサメトニウム」。 こういうとき毎回お願いするんですが 転載はしないでください そして もし知恵袋なんかに載せる場合 せめて一言コメントくださいw 検索して来てもらえる分には一向に構いません ですが知恵袋に勝手にURL載せられるのは若干不本意ですw 宣伝してもらえるのはありがたい・・・ と思うべきなのかな?? 分からん・・・。 ま、お願いしますねw あと念のため。 学生の戯言なので、信用性には欠けますw 間違ったことは言ってないハズですが 参考文献になるような代物ではないことも 当然ですがご注意をww んでは 始めましょうw まずは化学構造式 「ヘキサメトニウム」 ・自律神経遮断薬 ・ニコチン( N N)受容体遮断薬 ( N M受容体には作用しません) 自律神経の交感神経、副交感神経ともに遮断します。 (どちらも神経節の神経伝達物質はACh) 交感・副交感とも遮断 つまりは優位な方の神経抑制が効果として現れます。 例を挙げると 心拍数:心臓の副交感N遮断作用により心拍数増加 血圧:血管の交感N遮断作用により血管拡張=血圧降下 消化管運動:消化管の副交感N遮断作用により消化管平滑筋弛緩=運動抑制 などなど・・・ 基本的に血管のみ 交感>副交感優位で (というより血管は交感神経支配のみ) 他の器官は 副交感>交感なので それを念頭に置いておけばOKです。 臨床適用はありません。 動物実験で比較実験の際 主に降圧を目的として使用されている模様。 (医薬品医療機器総合機構参照) 臨床では同じ作用で短時間作用の トリメタファンが使用され こちらも目的は降圧作用。 といったところでしょうか。。 ちなみにおまけ 「スキサメトニウム」 こちらは脱分極性筋弛緩薬 骨格筋終板の N M受容体に結合し、 ACh作用を引き起こします。 ただし、コリンエステラーゼ抵抗性を持つため 持続的脱分極を起こし N M受容体を脱感作してしまうため 神経興奮を伝えない。 内服無効。 ってところでしょうか。 こちらは簡略的にw ないと思いますが もしリクエストあれば もうちょい電子伝達系くらいの説明ならできますw 以上 前回の申し訳なさ過ぎる記事の補足でしたww 今日は神戸海上花火大会でしたね〜 音だけ聞こえてました・・・ 一人で見るのは寂しいので 外には出ずww 音がやんだ後1時間くらいして スーパーに買い物に行ったら 見事に花火帰りの浴衣の人々に巻き込まれましたww スーパーも 夜の10時とは思えない盛況ぶりwww まぁメロンパンげっとできたのでよしとしますw さてと 大嫌いな化学に手をつけねば・・・ なんで2科目も化学があるのか・・・ 泣きたいw ではでは おまけ• 5 recent comment.

次の

ヘキサメトニウムの作用に対するコリンのきっ抗

ヘキサ メト ニウム

アセチルコリンの受容体には、ニコチンとムスカリンの2種類がある。 ニコチン受容体 自律神経 交感神経・副交感神経どっちも の 節前線維 終末 Nn : neuronのn と、 神経筋接合部 Nm : muscleのm に発現。 数少ない イオンチャネル型受容体の1つ。 ムスカリン受容体 副交感神経の 節後線維終末で発現。 M1〜M5の5種類のサブタイプがある。 こっちはたくさんある Gタンパク共役型受容体の1つ。 例外として、 汗腺は交感神経支配だが節後線維も アセチルコリンを使う。 また 副腎髄質では節後線維がなく、節前線維のアセチルコリンをそのまま受け取る。 ニコチン受容体作動薬 コリンエステラーゼ阻害薬含む ニコチン、カルバコール ニコチン受容体に結合。 ニコチン受容体拮抗薬 ツボクラリン クラーレと呼ばれる矢毒から作られた。 Nmのアンタゴニストとして働き、骨格筋を麻痺させ呼吸困難を起こさせる。 麻酔時の筋弛緩に用いられる。 ムスカリン受容体遮断薬 =抗コリン薬 アトロピン okotono.

次の

からむこらむその184

ヘキサ メト ニウム

EW-自律神経節遮断薬 自律神経節に作用する薬物 ・自律神経節シナプス後膜にあるニコチン様NN受容体は、節前線維から遊離されたAChにより刺激され、シナプス後膜の脱分極により、興奮を伝達する。 37 p. 110 ・つまり自律神経節に作用する薬物とは、このニコチン様NN受容体に作用する薬物をいう。 ・交感神経節にも副交感神経節にもニコチン様NN受容体が存在するが、自律神経節に作用する薬物がある一つの臓器において同時にそれぞれのニコチン様NN受容体に働くことはない。 ・一つの臓器に対して拮抗的二重支配を行う自律神経だが、いずれかの神経が各臓器に対して優位に働いている。 ・交感神経優位支配臓器:血管、汗腺(コリン作動性) ・副交感神経優位支配臓器:心臓、瞳孔、毛様体筋、消化管、膀胱、唾液腺 ・自律神経節に作用する薬物は、この優位神経節のニコチン様NN受容体に対して働きかける。 ・また自律神経節に作用する薬物は副腎髄質のニコチン様NN受容体に作用してエピネフリンの放出にも影響を与える。 1.自律神経節刺激薬 自律神経節刺激薬は自律神経節に作用して、節後線維の興奮を起こす薬物をいう。 薬物名 要点 アセチルコリン ムスカリン様受容体遮断後、大量投与しなければ現れない。 ニコチン 少量投与の場合、節刺激作用を現わす(節遮断薬の頂を参照)。 他にテトラメチルアンモニウム(TMA)、ジメチルフェニルピペラジニウム(DMPP)。 2.自律神経節遮断薬 自律神経節において、AChによる興奮伝達を遮断する薬物を節遮断薬という。 自律神経節は、交感神経と副交感神経に存在し、両者ともニコチン様作用であるため、節を遮断すれば、交感神経節も副交感神経節も遮断されることになる。 しかし各臓器はいずれかの神経が優位であるため、臓器への影響は優位支配の神経が遮断された時と同じ結果が現れる。 自律神経節遮断薬には競合的節遮断薬と脱分極性節遮断薬がある。 それぞれ、節伝達、外来性の節興奮のいずれも抑制する。 (例)血管は交感神経優位で、節を遮断すると交感神経節が遮断され、血圧が下降する。 消化管は副交感神経優位で、節を遮断すると副交感神経節が遮断され、消化管の緊張 が低下する。 薬物名・構造 要点 ヘキサメトニウム(C6) ・2個の4級アンモニウムの間に炭素鎖が6個。 ・消化管からの吸収が悪く、血液一脳関門を通りにくいので、中枢作用はない。 ・NN受容体の競合拮抗薬と考えられてきたが、現在では、Na チャネルのuse-blockであると考えられている。 ・作用発現は速く、持続は短い。 ・ヒスタミン遊離作用、血管拡張作用(パパベリン様作用)を現す。 ・全身麻酔時の低血圧維持の目的で点滴静注により使用。 しかし後に持続的脱分極を起こすため節遮断作用を有する。 薬物名・構造 要点 ニコチン ・タバコ葉のアルカロイドである。 ・少量で興奮、多量で抑制。 〔少量投与〕 ・自律神経節のシナプス後膜を脱分極し、各器官において優位支配神経の興奮効果 (血圧上昇、心拍数減少、縮瞳、腸管収縮、胃液分泌促進など)がみられる。 ・副腎髄質からのエピネフリンの分泌は増加する。 ・運動神経節接合部においてもニコチン様作用が現れ、骨格筋の収縮をきたす。 〔多量投与あるいは少量投与後期〕 ・シナプス後膜を持続的に脱分極し、優位支配神経の興奮効果は遮断される。 ・骨格筋は弛緩する。 ・カテコールアミン放出を介した、疲労回復感。 ex ニコレット 自律神経の優位性と節遮断効果 支配臓器 有意な神経 節遮断効果 血管 交感 血管拡張により血圧降下、起立性低血圧 汗腺(コリン作動性) 交感 分泌減少(制汗) 心臓 副交感 心拍数増加(頻脈) 瞳孔 副交感 散瞳 毛様体筋 副交感 遠視性調節麻痺、眼内圧上昇 消化管 副交感 緊張・運動の低下(便秘) 膀胱 副交感 尿貯留(尿閉) 唾液腺 副交感 分泌減少(口渇).

次の