アルファ オメガ 漫画。 よく、BL漫画を読んでいるとオメガやアルファという単語が出てき...

花ざかりのオメガバース

アルファ オメガ 漫画

王道では物足らない欲張りさん向け! ひと味違うオメガバース特集! 数年前、彗星の如く腐女子ワールドに登場した「オメガバース」。 みるみるうちに人気を得て、オメガバース専門誌まで刊行されるようになりました。 それ以降、ハチでないとダメなカラダになってしまったクマは、健気に可愛く、おバカにハチを求めるようになります。 ただでさえ性別を理由に周囲からは避けられているのに、母親も蒸発してしまったためウリをしながら学校に通うというハードな生い立ちの少年です。 にも拘わらず本人は意外と強く逞しく生きていこうとするタイプ。 悲壮感漂う少年だったら読むのが本当にツラくなりそうですが、本人の性格もあってかそこまで重くなり過ぎない作品でした。 性別を理由に差別をしない高城に人生で初めて恋をした花人。 本気の恋だからこそ相手の幸せを願って身を引こうとする姿は、恋というより愛に近いかもしれません。 高城の方は、一見オレサマかと思いきや割とマイペースな性格。 でも、ここぞという時はカッコイイ、男気ある攻です。 彼も彼で「運命の番にはなれないから本当に幸せにしてやれないかも」と思っている辺り、やっぱりこのふたりの関係性は愛だなぁとしみじみ思いました。 オメガバース初心者に特にオススメです! エッ、これデビュー作なんですか!?そう思わずにはいられない読者も多いのではないでしょうか。 本作は、明治時代を舞台にした御曹司と見世物の青年のシンデレラストーリー。 「身分違い」というジャンルは戦前を舞台にした作品でよく見かけますが、そこにオメガバースを組み合わせることで切なさのWパンチというか、漢字で表すなら「切甘切萌切悲悲切切甘」といった状態に陥ります・・・。 そんな虐げられる身であるマヤを救ったのは、誠実な性格の御曹司・征爾で。 彼と出会ったことでマヤの人生そのものが変わります。 しかし恋をした時のワクワク感から一転、マヤは絶望の淵に落とされ・・・。 その心情変化を安堂先生は瞳の描き方で表現しています。 ぜひ読む際はマヤの瞳に注目してみてください。 また、マヤの理解者・千代、征爾の友人・浮江などの脇キャラも愛すべき存在。 良き友たちに支えられたふたりが、どういう過程で愛を掴み取ったのか。 途中で某キャラに怒りを覚えるシーンもあるかと思いますが、どうか最後まで見届けてあげてください。 オメガバース界隈で、性別を偽るということは珍しいことではありません。 この状況に動揺する雪代。 心とカラダを強制的に引き裂きもする性差が、三角関係をより一層波瀾の展開へと導くというハラハラドキドキな本作。 楓を自身のヒーローとして想い続けてきたあずさとしては、どうしても番になりたかったのでしょう。 「何でも言うことを聞く」という条件つきで付き合うことなったふたりですが、そこからのあずさは意中の人をあの手この手で落としにかかるガチっぷり! 抱く側だった楓を快楽でグズグズに蕩かすばかりか、自身のヒートを利用して強制的にうなじを噛ませるほど! 病んでるというよりも、したたかという印象を受けました。 成り上がり一族の息子・隆臣と没落寸前の一族の息子・一昌。 さてさてどうするか。 一応ここは全ての性別が妊娠できるオメガバースの世界。 どちらが攻めるのかを巡り、攻防を繰り広げます 笑 セックスは相手の愛情を肌で直接感じる行為。 だからこそ自分のこだわりも大切にしたい。 そんなふたりの気持ちが絶妙に擦れ違ってしまう様子はもどかしいけれども愛おしい。 そんな中で孫を急かす姑が登場したりするわけで、「ああ、これがきっとこの世界の一般的な家庭なんだろうなぁ」と、ファンタジーだと分かりつつも妙に現実味を感じてしまうところが本作の魅力かもしれません。 全ての人が妊娠できる世界。 一家離散もやむなし!?という状況を救ったのは一代で成り上がった井坂(いさか)家との縁談。 援助が欲しい太刀上家と名前が欲しい井坂家、双方の利害の一致により長男の隆臣 たかおみ と一昌 かずまさ は結ばれることになる。 ラッキーなことに2人の間には恋愛感情も芽生える。 結真は遊びと金が大好きなクズ人間ですが、実は読書好きな一面も。 そんな結真の動揺やイライラを真っ直ぐに受け止めようとする恋人のとも。 お互いを思って「ただの幼馴染」に徹しているのです 泣 そんな折、星は担当作家の堤が幼馴染のともの恋人で遊んでいるという事実を知り・・・。 と、もう大波乱の予感! 堤が中心となって、結真・とも・星を交えての大乱交へ発展! 一見すると和を乱したかのように思える堤。 しかし実際は、その歯車は噛み合っているかのように見えただけで・・・堤が登場したことでそれぞれが本当の気持ちに素直になれたと言えます。 妙に人間臭く、リアリティのある作品をお求めの方にオススメです。 そんな神谷のプラトニックさにも触れられる作品です。 各キャラの深層心理に着目した非常に深い作品でした。 仄暗い物語がお好きな方、是非どうぞ。

次の

『オメガバース』ってなに?感動できるオメガバースBL漫画おすすめ11選【閲覧注意】

アルファ オメガ 漫画

ララ先生は、個人的にコミティアのの中で一番楽しみにしていた作家さんですが、遂にデビューされました! 私がララ先生の作風で、そして『夏の魔物』で一番好きな点は、 人物たちが抱える、あらゆる方向性を持った複雑な感情が、全て綺麗に表情に現れているところです。 微妙に変わったり、コロコロと変わったりと、1コマ1コマ全て違う表情をしている人物の顔に、我々は釘付けになります。 『夏の魔物』の中で、主人公のと村田くんが複雑な感情を持っているのは、枷になっていることがあるからです。 それは、絶対に覆ることのない、女性アルファと男性オメガの、オメガバースの関係性です。 オメガバースには、オメガが弱者、アルファが強者という、カースト制が存在します。 詳しくはググっていただけると助かります…笑 オメガは、ある時期に入ると、無条件にアルファを惹きつけてしまうので、恋愛・肉体関係においてオメガに選択権や決定権はないものとされています。 オメガは無条件にアルファを引き寄せますが、その中でも特別惹かれあったアルファとオメガの繋がりを「運命の番」などと言います。 しかし、本作は違うんです…! 2人はアルファだから・オメガだから惹かれあっているんじゃないんです。 佐藤さんは、第一話で村田くんに告白するために空き教室に呼び出しますが、 そこで初めて自身がアルファであること、また、村田くんがオメガであったことに気づき、 「この気持ちは、ずっと恋だと思っていた。 でも違った!私がアルファだから!」と混乱し、取り乱してしまいます。 ここで取り乱してしまうのも、今までの村田くんに対する感情は本物の恋であったことを信じている故なのです。 なので、読んでいてとても苦しいシーンでした。 そんな村田くんのちょっと生意気な性格と表情、是非みなさんにも見て欲しいです。 絶対虜になります…!笑 本作は、2020年4月現在、コミックシーモアにて先行配信されていますが、今後各電子書籍サイトでも配信予定だそうです。 もしかしたら、「オメガバース」というジャンルに抵抗を持っている方もいるかもしれませんが、まずは試し読みをしてみて欲しいです…! もちろん、オメガバースを知らなくても楽しめます。 この作品のあの空気感に触れたら、読者は「夏の魔物」に取り憑かれること間違いなしです。 …余談ですが、過去のコミティア出展の際に、Twitterで先生から絶賛のコメントを頂いたことのある作家さんなので、 作画や構成力はピカイチです!.

次の

【夏の魔物 分冊版】 [感想] これは決して夏のせいなんかじゃない #1巻応援

アルファ オメガ 漫画

オメガバースってなに? 実は オメガバース=概念・ジャンルで、基本的に全ての作品が独立しています。 そのため、一つの作品を読んだから他も読まないと話がわからなくなるんじゃないか、といった心配はありません。 具体的には、 男女の性別に加えて独自の性別の概念が用いられた作品ジャンルを指す言葉である。 主な特徴として「男性の妊娠出産」「両性具有」「発情期」「性別間の社会階級」といった設定を持っている。 狼の群れをモチーフにした性別間の社会階級という設定が特徴的で色濃いジャンル。 こんな感じで、 男女という性別に加えて、第二の性別をもつ世界観で描かれた作品を、 全て『オメガバース』と分類します。 オメガバースの元祖とは? 実は、『オメガバース』は日本で生まれたものではありません。 元々は、海外(英語圏)のArchive of Our Own(通称AO3)という、二次創作投稿サイトで発祥した特殊設定によるもの。 『オメガバース』は 群の中で社会階級をもつという"狼の習性"を元に作られていて、男性妊娠や狼男を扱った二次創作が元祖といわれています。 日本でも二次創作(ファンアート)や小説サイトなどで使われるようになり、人気に火がつきました。 日本では、現代社会や学校をモチーフにした作品が多いですが、獣人や人外などのファンタジーとの相性も良いのがこの設定。 欧米では、ヴァンパイアなどのファンタジー要素と絡んだ作品も多いようです。 血液型をイメージするとわかりやすいです。 それぞれの性には、以下のような特徴があります。 国のトップやエリートになることが多い。 社会的に優遇されている。 ヒートという突発的な発情期を持ち、相手を妊娠させる確率が高まる。 この性質は本能的なもので、一度結べばどちらかが死ぬまで解消されることはない。 描き手の解釈により様々なアレンジが加わっており、これが正しい!という設定はありません。 学園もの・近未来SF・ファンタジーなど、多彩な設定でストーリーを構築できるのが、オメガバースというジャンルのすごいところ。 オメガバースの世界観では、もはや 男女という性別は瑣末なこということです。 オメガバース・プロジェクトとは? 『オメガバース』はただでさえ特殊な設定ですから、さらに描き手によって設定が異なると、読者は混乱してしまいますよね。 そこで生まれたのが、「ふゅーじょんぷろだくと」が出版している 『オメガバース・プロジェクト』です。 自由な創作が可能なオメガバースというジャンルの中で、 世界観を統一した『オメガバース』特化の作品をだしているレーベル。 このレーベルでは、 "番のメカニズム"や "発情期抑制剤"などの設定が統一されています。 そしてこのレーベルができたことで、日本のオメガバースはある程度設定が統一されきたと言ってもいいでしょう。 特殊で複雑な設定についていくのが大変という人は、まずこのプロジェクトから読んでみるのがおすすめ。 野良で読み漁るか、レーベルで整理されたものから読むかという違いになります。 オメガバースにおける性差別と、上流階級の世界を描いた注目作です。 既刊3巻。 あとがき 『オメガバース』って一見設定が複雑なので、なかなか手が出せないという人も多いですよね。 そもそもGLよりもBLの世界でオメガバースが有名になったのは、 男同士の間で生じた性差が物語をより感動的にするからではないでしょうか。 設定が複雑な分読み応えがありますし、かなり感動できる作品が多いのも事実です。 一つの作品を読んだから他も読まないと話がわからなくなるんじゃないか、なんて心配は全くありません。 興味のある方は、ぜひ気になった作品から手にとってみてください。 最後までご覧いただき、ありがとうございました!.

次の