日高郡日高川町。 町のご案内

日高郡日高川町(和歌山県)の土地購入[宅地・分譲地]【ニフティ不動産】

日高郡日高川町

町のご案内 開庁時間等 役場本庁、中津支所、美山支所、寒川出張所の開庁時間は、午前8時30分から 午後5時15分までとなっております。 町章 外側の円は日高の日と旧町村の和を表し、その中に緑の高い山並みと青く澄んだ川の流れをもって、日高川町を表現しています。 全体として、旧町村を丸く融和し、豊かな自然をアピールすると共に、自然と共生する活力ある町の発展を願う町民にの思いを表しています。 町の花・木・鳥(平成27年5月1日制定) 町の花:ふじ 町内一円に分布し、開花とともに柔和な春のおとずれを感じさせてくれます。 また、町には、日本一の藤棚ロード(1,646m)があります。 町の木:うばめがし 町内一円に自生し、豊かな緑は、おちつきをあらわし、強靱さ、生命力は、堅実に発展する日高川町を象徴しています。 原木となる紀州備長炭の生産量は、日本一です。 町の鳥:うぐいす 町内一円で、さわやかにかなでる音色は、野山に、春のおとずれを告げるとともに、心をなごませ、感動をあたえ、自然との親しみを感じさせてくれます。 町民憲章(平成27年5月1日制定) 日高川町の産業 日高川町は、古くから農林業を基幹産業として発展してきました。 現在は、安定した品質で全国でも人気が高い「温州みかん」をはじめ、甘夏や不知火等の柑橘類、ウスイエンドウ、ブロッコリーやゴーヤなどの野菜類、また、山間部では、梅や椎茸、千両の栽培が盛んです。 また林業では、スギやヒノキ材のブランド化も促進して地産地消拡大を推奨しており、紀州備長炭の生産量は日本一です。 交流姉妹都市• 泉大津市(大阪府) ・・・旧・中津村と平成14年4月30日に提携• 大阪狭山市(大阪府) ・・・旧・美山村と平成12年5月に提携.

次の

《街の口コミあり》日高郡日高川町の賃貸 物件一覧 【goo 住宅・不動産】|賃貸住宅[賃貸マンション・アパート・賃貸一戸建て・賃貸一軒家]で部屋探し

日高郡日高川町

( 2020年7月17日 産業建設課)• ( 2020年7月13日 税務課)• ( 2020年7月13日 総務政策課)• ( 2020年7月8日 産業建設課)• ( 2020年7月8日 総務政策課)• ( 2020年7月7日 産業建設課)• ( 2020年6月30日 教育委員会教育課)• ( 2020年6月30日 教育委員会教育課)• ( 2020年6月30日 産業建設課)• ( 2020年6月29日 総務政策課)• ( 2020年6月30日 教育委員会教育課)• ( 2019年4月18日 教育委員会教育課)• ( 2019年3月25日 総務政策課)• ( 2019年2月1日 健康推進課)• ( 2018年12月6日 総務政策課)• ( 2018年3月16日 産業建設課)• ( 2018年3月16日 産業建設課)• ( 2015年12月16日 産業建設課)• ( 2014年11月28日 健康推進課).

次の

和歌山県 日高町役場

日高郡日高川町

郡域 [ ] (12年)に行政区画として発足した当時の郡域は、上記6町におよびの一部(龍神村各町)を加えた区域にあたる。 なお、現在の由良町は1879年までに所属した。 歴史 [ ] 古代は飯高郡(いひだか)と呼ばれていた。 近世以降の沿革 [ ]• 「」に記載されている初年時点での支配は以下の通り。 (134村14浦) 村数 村名 紀伊 98村 14浦 原谷村、池田村、萩原村、高家村、小中村、小池村、志賀村、上富安村、下富安村、小松原村、丸山村、島村、田井村、薗浦、濱ノ瀬村 、御坊村、吉田村(現・御坊市)、土生村、岩内村、熊野村、野口村、江川村、和佐村、山野村、松瀬村、三百瀬村、藤野川村、伊藤川村、若野村、入野村、玄子村、早藤村、中津川村、蛇尾村、平川村、船津村、西原村、高津尾村、高津尾川村、佐井村、大又村、老星村、阪野川村、三佐村、田尻村、小釜本村、下田原村、上田原村、三十木村、姉子村、三十井川村、原日浦村、上越方村、川原河村、弥谷村、皆瀬村、浅間村、寒川村、熊野川村、滝頭村、初湯川村、串本村、小家村、甲斐野川村、福井村、柳瀬村、安井村、東村、西村、宮代村、広井原村、丹生野川村、三ツ又村、湯ノ又村、小又川村、龍神村、南谷村、明神川村、立石村、山口村、川又村、印南原村、上洞村、高串村、田垣内村、神野川村(現・印南町)、小原村、皆瀬川村、松原村、崎ノ原村、丹生村、樮川村、方杭村、小浦、津久野浦、唐子浦、比井浦、小阪村、産湯浦、阿尾浦、、、吉原浦、名屋浦、北塩屋浦、南塩屋浦、野島村、上野村、楠井村、津井村、印南浦、島田村 33村 堺村、埴田村、芝村、気佐藤村、徳蔵村、南道村、熊岡村、晩稲村、山内村、北道村、吉田村(現・みなべ町)、筋村、谷口村、東本庄村、西本庄村、東岩代村、西岩代村、熊瀬川村、高野村、土井村、市井川村、滝村、広野村、島ノ瀬村、神野川村(現・みなべ町)、、西ノ地村、古屋村、宮ノ前村、羽六村、古井村、下津川村、見影村 和歌山藩・ 2村 荊木村 、財部村 和歌山藩・田辺藩 1村 脇ノ谷村• 明治4年• () - により、藩領が 、 、 の管轄となる。 () - 第1次府県統合により、全域が の管轄となる。 明治初年 - 唐子浦が比井浦に合併。 (134村13浦)• 明治9年() - 上富安村・下富安村が合併して富安村となる。 (133村13浦)• 明治10年() - このころまでに東村より枝郷が分立して殿原村となる。 (134村13浦)• 明治12年()(143村20浦)• - の和歌山県での施行により、行政区画としての 日高郡が発足。 郡役所が薗浦に設置。 三尾川浦・衣奈浦・小引浦・大引浦・神谷浦・吹井浦・江ノ駒浦・里村・門前村・中村・畑村・阿戸村の所属郡が本郡に変更。 土生村より枝郷が分立して小熊村・千津川村・鐘巻村・藤井村となる。 2ヶ所存在した神野川村が西神ノ川村(現・印南町)、東神野川村(現・みなべ町)にそれぞれ改称。 吉田村(現・みなべ町)が改称して東吉田村となる。 明治17年() - 皆瀬村より枝郷が分立して上初湯川村・愛川村となる。 (145村20浦) 町村制以降の沿革 [ ] 1. 御坊村 2. 松原村 3. 和田村 4. 三尾村 5. 比井崎村 6. 志賀村 7. 白崎村 8. 衣奈村 9. 由良村 10. 東内原村 11. 西内原村 12. 湯川村 13. 藤田村 14. 野口村 15. 矢田村 16. 丹生村 17. 早蘇村 18. 船着村 19. 川中村 20. 川上村 21. 寒川村 22. 龍神村 23. 上山路村 24. 中山路村 25. 下山路村 26. 清川村 27. 高城村 28. 上南部村 29. 南部村 30. 岩代村 31. 切目村 32. 切目川村 33. 真妻村 34. 稲原村 35. 印南村 36. 名田村 37. 塩屋村(左紫:御坊市 右紫:田辺市 水色:美浜町 桃:日高町 赤:由良町 橙:印南町 黄:みなべ町 緑:日高川町)• 22年() - の施行により、以下の町村が発足。 郡役所の所在地がとなる。 (37村)• (和田浦が単独村制。 現・美浜町)• (三尾浦が単独村制。 現・美浜町)• (単独村制。 現・みなべ町)• 明治30年()• - 御坊村が町制施行して となる。 (1町36村)• - を施行。 - 南部村が町制施行して となる。 (2町35村)• 明治33年() - 印南村が町制施行して となる。 (3町34村)• 12年()4月1日 - 郡会が廃止。 郡役所は存続。 大正15年() - 郡役所が廃止。 以降は地域区分名称となる。 16年() - 東内原村・西内原村が合併して が発足。 (3町33村)• 昭和22年() - 由良村が町制施行して となる。 (4町32村)• 昭和29年()• 4月1日 - 御坊町・湯川村・藤田村・野口村・名田村・塩屋村が合併して が発足し、郡より離脱。 (3町27村)• 8月1日 - 岩代村が南部町に編入。 (3町26村)• 内原村・志賀村・比井崎村が合併して が発足。 (4町23村)• 松原村・和田村・三尾村が合併して が発足。 (5町20村)• - 上南部村・高城村・清川村が合併して が発足。 (5町18村)• 昭和30年()• (6町13村)• 早蘇村・丹生村・矢田村が合併して が発足。 由良町・白崎村・衣奈村が合併し、改めて 由良町が発足。 - 龍神村・上山路村・中山路村・下山路村が合併し、改めて 龍神村が発足。 (6町10村)• 昭和31年()• - 寒川村・川上村が合併して が発足。 (6町9村)• 8月1日 - 川中村・船着村が合併して が発足。 (6町8村)• (6町6村)• 印南町・稲原村が合併し、改めて 印南町が発足。 切目村および切目川村の一部(羽六・宮之前・古屋)が合併し、改めて 切目川村が発足。 真妻村および切目川村の残部(樮川・古井・下津川・見影・脇ノ谷)が合併して が発足。 昭和32年()8月1日 - 印南町・切目川村・安住村が合併し、改めて 印南町が発足。 (6町4村)• 昭和34年()4月1日 - 印南町の一部(明神川の一部)が御坊市に編入。 昭和37年()4月1日 - 中津村の一部(藤野川)が川辺町に編入。 昭和53年() - 日高町の一部(荊木の一部)が御坊市に編入。 16年()10月1日 - 南部川村・南部町が合併して が発足。 (6町3村)• 平成17年()(6町)• 川辺町・中津村・美山村が合併して が発足。 龍神村が田辺市・・・と合併し、改めて が発足。 変遷表 [ ] 明治22年以前 明治22年4月1日 明治22年 - 昭和19年 昭和20年 - 昭和29年 昭和30年 - 昭和63年 平成1年 - 現在 現在 御坊村 明治30年2月1日 町制 昭和29年4月1日 御坊市 御坊市 御坊市 御坊市 湯川村 湯川村 藤田村 藤田村 野口村 野口村 名田村 名田村 塩屋村 塩屋村 松原村 松原村 昭和29年10月1日 美浜町 美浜町 美浜町 美浜町 和田村 和田村 三尾村 三尾村 由良村 由良村 昭和22年10月15日 町制 昭和30年1月1日 由良町 由良町 由良町 白崎村 白崎村 白崎村 衣奈村 衣奈村 衣奈村 東内原村 昭和16年8月1日 内原村 昭和29年10月1日 日高町 日高町 日高町 日高町 西内原村 比井崎村 比井崎村 志賀村 志賀村 矢田村 矢田村 矢田村 昭和30年1月1日 川辺町 平成17年5月1日 日高川町 日高川町 丹生村 丹生村 丹生村 早蘇村 早蘇村 早蘇村 船着村 船着村 船着村 昭和31年8月1日 中津村 川中村 川中村 川中村 川上村 川上村 川上村 昭和31年3月31日 美山村 寒川村 寒川村 寒川村 印南村 明治33年4月16日 町制 印南町 昭和31年9月30日 印南町 昭和32年8月1日 印南町 印南町 印南町 稲原村 稲原村 稲原村 切目村 切目村 切目村 昭和31年9月30日 切目川村 切目川村 切目川村 切目川村 昭和31年9月30日 安住村 真妻村 真妻村 真妻村 南部村 明治30年9月11日 町制 南部町 南部町 平成16年10月1日 みなべ町 みなべ町 岩代村 岩代村 昭和29年8月1日 南部町に編入 清川村 清川村 昭和29年12月1日 南部川村 南部川村 高城村 高城村 上南部村 上南部村 龍神村 龍神村 龍神村 昭和30年3月31日 龍神村 平成17年5月1日 田辺市 田辺市 上山路村 上山路村 上山路村 中山路村 中山路村 中山路村 下山路村 下山路村 下山路村 脚注 [ ].

次の