トイレ つまり 薬品。 トイレのつまり簡単に直せる6つの方法と13の原因

トイレつまりを薬品・洗剤で溶かす!『ティッシュやトイレットペーパー』のつまりをスッキリ解消!

トイレ つまり 薬品

メニュー• HOME• 事業者向け製品• 事業者向け製品一覧• ピーピースルーシリーズ• デオライト・サニットクールシリーズ• スカラストシリーズ• バスパシリーズ• サニットグリルシリーズ• ハイスカット・ネオポリシリーズ• その他• 環境設備薬品の取扱い上の注意• 家庭用製品• 家庭用製品一覧• ピーピースルーF• ピーピースカット• デオライトL• クールボールB• キッチンスカット• 業務案内• 業務案内一覧• 循環式浴槽の薬品洗浄• 冷却塔、空調機器洗浄• 給水、給湯管洗浄・貯水槽清掃• 排水管、設備の洗浄・調査• グリストラップ・厨房ダクト洗浄• 会社情報• 会社情報一覧• ご挨拶・経営理念• 会社概要・沿革• 営業所・販売パートナー• 採用情報• 個人情報保護について• 環境への取り組み• お問い合わせ.

次の

トイレつまりを薬品・洗剤で溶かす!『ティッシュやトイレットペーパー』のつまりをスッキリ解消!

トイレ つまり 薬品

人気コンテンツの目次• トイレつまりの解消方法!お湯や薬剤(薬品)を使って放置で溶かす まず絶対にやってはいけないことは? まずは 絶対にやってはいけないことを紹介します。 それは「わからないからといって業者をすぐに呼ぶ」ということです。 トイレ修理業者はすぐにトイレを直してくれます。 手際もよい場合があり、原因もちゃんと教えてくれるため便利と思われがちなのですが、注意しておきたいところがあります。 それは 「値段」です。 トイレの修理には値段がかかります。 しかも意外に高い業者が多く、最低でも4、5千円する場合もあり、手痛い出費となることは間違いありません。 従って、 節約することも考えると、すぐに業者を呼ぶのは得策ではありません。 なので、まずは下記でおすすめする方法を試して、どうしようもなかったら業者を呼んでください。 なぜなら、トイレの部品がないことによってトイレが機能しないのなら、自分ではどうしようもないからです。 共通の直し方!まずはラバーカップでカポカポしてみる まずは、どんな詰まり方をしていようが、 ラバーカップを使用してみてください。 ラバーカップをトイレに押し付けると、その吸引によって流れの悪い原因を吸引したり取り除いたりする効果があります。 もしかしたら、それをするだけでトイレつまりが解消するかもしれません。 なので、まずは問答無用でこちらを試してください。 また、ラバーカップ自体は安いもので千円もしません。 あらかじめ購入しておくことをおすすめします。 他のバケツ等に移し替えましょう。 それによって、詰まったトイレットペーパーをさっさと溶かすことが目的なのです。 おおよそ30分くらいで溶けてくれるでしょう。 節水によってトイレが流れない場合は? 節水によってトイレが流れなくなった原因は、 水の流れが弱いことで異物が残っているからです。 なので、 まずはラバーカップを使って吸引して、それでも解決できなかったら「尿石除去剤」を利用しましょう。 使い方は以下の通りです。 トイレつまりをスムーズに解決しよう! トイレつまりで絶対にやってはいけないことは焦って業者を呼ぶことです。 何でもかんでも業者を呼んでいると、気づいた時には余計なお金が結構かかっています。 なので、自分でトイレつまりを直せるようにしておくに越したことはありません。 また、水タンクの状態ケアも含め、常にトイレ掃除はしておきましょう。 これだけで、つまりの原因を減らせます。 ただ、今回紹介した方法でトイレつまりが解消しない場合にはすぐに業者を呼びましょう。 とにかく最初は何でも自分でやってみることがおすすめですからね。 おすすめ業者:詳細はこちらをクリック まとめ 困ったトイレの詰まりは、すぐに解消しましょう。 放置しておいても得することはありませんし、勝手に直ることもありませんからね。 ちなみに、今回紹介する方法でトイレが解消しなかったら、すぐに業者を呼びましょう。

次の

トイレつまりを薬品・洗剤で溶かす!『ティッシュやトイレットペーパー』のつまりをスッキリ解消!

トイレ つまり 薬品

何となく水の流れが悪くなってしまった場合、水の流れを作ってあげることでつまりが解決することも。 タンクの中にある水だけで流れていかないようであれば、バケツやヤカンなどで、少し高い位置から水を便器に流してみましょう。 水の流れが作られて、かたまっていたトイレットペーパーなどが、とけて流れていく場合があります。 ポイントは、流れていく排水口めがけて水を流すこと。 便器の他の部分に水が当たってしまうと、水の勢いが弱まってしまいます。 もしも、排水口がつまっていて、トイレのレバーを引いても便器の水たまりの水位が上昇してきてしまったら、一時的にトイレの水の元栓をしめておきましょう。 水たまりの中の水はバケツなどでくみとっておきます。 なるべく水たまりの水量を減らした後で、高い場所から水を一気に排水口めがけて流すのです。 水たまりの中に汚物や水がたまったまま、高い場所から水を流しても、トイレの床や壁に汚水をはね散らかしてしまいかねません。 できるだけ、水たまりの水の量を少なくしておきましょう。 お風呂よりも、少し熱い位のお湯を用意します。 温度は40度から50度程度が最適です。 4リットルほどあると良いでしょう。 どうせ流すなら熱いほうが良いのではと、熱湯を便器に流してしまうと、便器がピシッと割れてしまう危険性があります。 便器は陶器なので、水には強いのですが、熱湯には大変弱くできているのです。 そのため、お風呂くらいの温度が最適なのです。 最初にトイレの水たまりの中にある水を、バケツなどでなるべく取っておきます。 水たまりの量を少なくしたら、お湯を1リットルほど、便器に流してみましょう。 この後1時間ほど放置します。 放置する時にお湯を入れた便器の水たまりに、お酢と重曹を入れて泡を作り、つまりの原因となる紙などをふやかして流れやすくします。 物理的につまったものをどけて、排水管の中に流れを作り出します。 ワイヤーといっても、トイレのつまり専用のワイヤーを使用します、使用方法にコツが必要なので、つまっていない時に購入して、練習しておくと良いかもしれません。 製品としてはいくつかありますが、どれもワイヤーの先端が便器の排水管の形にあわせて曲がるようになっています。 1つあれば和式の水洗トイレにも、洋式の水洗トイレにも、節水用のトイレにも、どれにも対応できます。 トイレの排水管にワイヤーの先を入れたら、ハンドルを回して奥にワイヤーを入れていきます。 ワイヤーが先に進まなくなったら、つまりの原因に当っています。 これ以上ワイヤーを押すのではなく、ハンドルを回転させてつまりの原因をワイヤーにからめとります。 これによって、水に流せる汚物は流れていきますが、水に流れないペンやキャップ、携帯電話などはワイヤーがキャッチするので引き出すことができるのです。 ラバーカップよりも、さらに強力な吸引力があるのが、真空式のパイプクリーナーです。 ラバーカップは、カップの中の空気の分だけ真空になります。 真空式のパイプクリーナーは、ハンドルを上下させることでカップの中だけでなく、本体の中に強力な真空状態を作り出します。 使用方法は簡単です、真空式パイプクリーナーには、大きな吸引キャップと、小さな吸引キャップがついています。 大きな吸引キャップをトイレに使用します。 小さな吸引キャップは台所や洗面所、お風呂などに使用します。 大きな方の吸引キャップを本体につけたら、排水口の部分にパイプクリーナーをしっかりと固定します。 吸引キャップと、便器の部分がぴったりとくっついていないと真空状態になりません。 数秒間かけて吸引キャップを便器にゆっくりくっつけるつもりでくっつけましょう。 本体を排水口にぴったりとくっつけたら、ハンドルを上下させます。 引き上げたり押し下げたりして、真空状態を作るのです。 引き上げることで強い吸引力がはたらいて、つまりの原因となっているものを引き出します。 そして、押し下げることでトイレットペーパーなどの流すことができる汚物が、水流で粉砕されながら押し流されていくのです。 メーカーにより多少違いはありますが、高さは50センチもしない程度のものなので、1つあるといざという時にあわてずに済みますね。 値段もサイズによって1,000円から4,000円程度です。 トイレがつまる、というと排泄物がつまったと考えがちです。 しかし、つまる原因の多くがトイレットペーパーなのです。 トイレットペーパーが排水管のS字に曲がっている所にたまってしまい、流れなくなってしまうのです。 日本製のトイレットペーパーであれば、普通に水に溶けるのですが、海外の安いトイレットペーパーの中には水に溶けないものもあります。 インターネットやオークションで格安で売られているトイレットペーパーは、もしかしたら水に溶けないものである可能性が高いので気をつけましょう。 水に溶けるトイレットペーパーがトイレにつまってしまった場合は、数時間経てば溶けていきます。 あわてて水を流して、トイレの水たまりをあふれさせてしまうよりも、数時間後に水を流すと案外簡単に流れる場合もあります。 トイレットペーパーの使い方は、人によって家庭によって千差万別です。 通常の使用方法であれば、トイレがつまることもありませんが、一度にたくさんの量のトイレットペーパーを流そうとするとつまってしまいます。 トイレ掃除の時に、トイレットペーパーで便器掃除をしていることもあるでしょう。 その時に、トイレットペーパーを大量に使うと、つまりの原因となってしまいます。 また、子どもがいたずらでトイレットペーパーをたくさん流してしまうこともあります。 いったんは流れていくので、親御さんはわかりませんが、トイレのパイプは奥の方で曲がっているので奥でつまってしまうことがあるのです。 いつもな流れるので、トイレをゴミ箱のように何でも流してしまいがちです。 しかし、トイレの配管も物理的な限度がありますから、何でも全て流せるわけではありません。 トイレがつまる原因を作らないためにも、なるべくゴミは流さずにゴミ箱に捨てましょう。 トイレの掃除は汚物や尿の掃除でもあるので、誰もがしたくないものです。 そんなイヤなトイレ掃除を、簡単で楽にしてくれるのが流せるトイレ用お掃除シートです。 最近のシートは、繊維が改良されて、便器や便座、トイレの床や壁の雑菌までキレイにしてくれます。 ゴシゴシと拭けるように、厚手に作られているものもあります。 そして使用した後は、トイレに流せるので大変便利です。 しかし、流せるトイレ用のお掃除シートも、一度に大量に流してしまうとトイレのつまりの原因になります。 1回の掃除に1枚程度にしておきましょう。 それ以上使用するようであれば、ゴミ箱に捨てるようにしましょう。 流せるトイレ用のお掃除シートは、トイレットペーパーと比較すると厚手にできています。 そのため、水に溶けるまでに時間がかかってしまうのです。 トイレにティッシュペーパーをいつも置いている家庭も多いことでしょう。 トイレで鼻をかんだり、メイクの汚れをなおしたりと、トイレにティッシュペーパーがあると大変便利ですよね。 ティッシュペーパーをトイレットペーパーの代わりに使用している方もいるかもしれません。 しかしティッシュペーパーは、箱の説明書きにかかれているように、トイレに流してはいけないのです。 ティッシュペーパーは、水に溶けにくく作られています。 トイレットペーパーもティッシュペーパーも、見た目は大変似ているので、どちらをトイレで使っても大丈夫と思いがちです。 しかし、ティッシュペーパーを使い続けてしまうと、トイレがつまる原因となってしまいます。 生理用品や、パンティライナー、おむつなどをトイレに流したい気持ちはわかりますが、確実にトイレをつまらせる原因を作ってしまっています。 生理用品やおむつは、給水性能が高いので、水を吸うとパンパンに膨れ上がってしまうのです。 水を吸って外にモレないような仕組みに作られているので、流してしまうと排水管の中でつまってしまうのです。 おむつは大人用のものでも、子ども用もものでも、どちらも同じように水を含めば膨れ上がってしまいます。 おむつが詰まった時には、最悪の場合は床から便器を取り外す工事が必要です。 もし便器を通り越して、配管のほうにオムツが入ってしまっていたら、専用の工具でオムツをすこしずつほぐして吸い取っていくしかありません。 そうなると、工事費も通常料金では住まなくなってしまいます。 一軒家ならまだしも、マンションの場合は大規模な工事にまで発展しかねません。 生理用品やオムツは、トイレに流さずゴミ箱に捨てるか、トイレに専用のゴミ箱を作るようにしましょう。 生理用品などのサニタリーグッズは、シールのような素材が裏に加工されています。 トイレに生理用品などを流すことで、シール素材に他のトイレットペーパーなどがくっついて、大きなかたまりになるケースもあります。 生理用品やおむつをトイレに流しても、今まで流れているから大丈夫と思っていないでしょうか。 トイレのつまりは、ある時、急にやってきます。 流れているように見えて、奥の配管でつまりの原因を作っているかもしれませんよ。 冬場に多いのが、使い捨てカイロによるトイレのつまりです。 使い捨てカイロを貼っていたことも、トイレに落としたことも、わからないまま流してしまって、後になってトイレがつまってしまい、カイロが発見されるといったケースもよく見られます。 トイレに入る前に、腰や足に使い捨てカイロを貼っていたかどうか確かめましょう。 使い捨てカイロを使い続けていると、どこに貼っていたかも忘れてしまいがちなので、トイレに流す前にカイロが落ちていないか便器の中を確認するようにしましょう。 特にお年寄りが使い捨てカイロを腰につけている場合は、まわりの家族が気をつかってトイレに落ちないようにしっかりと腰につけてあげたり、ポケットのついた服を着せてあげるようにすると良いでしょう。 使い捨てカイロの外の包装は、中の活性炭などがこぼれてしまわないように丈夫な不織布で作られています。 トイレに落ちたことで、中身がいきなりこぼれ出ることは無いので、万が一落としてしまったら、ラバーカップで吸い出しましょう。 何をするかわからないのが子どもです。 トイレットペーパーをたくさん流すこともあれば、ちいさなおもちゃをトイレに流してしまうこともあります。 トイレは、流した直後は見えなくなって、すっかり流れたように思えます。 しかし、トイレの配管は中で複雑に曲がっているので、水にとけないおもちゃのようなものは、どこかに止まってしまっているのです。 ラバーカップなどで吸い出してしまわないかぎり、永遠にトイレのつまりの原因となります。 トイレの配管が曲がっているのは1ヶ所ではありません。 奥に行けばいくほど、取り出すのも難しくなってしまいます。 トイレは見えない雑菌が繁殖している場でもあり、子どもが遊ぶと衛生的にも良くありません。 子どもがトイレで遊んだら、トイレは用を足すところで、遊ぶところではないことを教えましょう。 節水するために、トイレのタンクにペットボトルなどを入れている家庭もあるでしょう。 しかし、トイレのタンクに物を入れてしまうと、トイレ本来の機能が発揮できなくなってしまうのです。 例えば、トイレのタンクに物を入れてしまうことで、タンクの中にあるクサリが外れてしまうことがあります。 また、浮きゴムや浮き玉にペットボトルが当たってしまうと、水が止まらなくなってしまうトラブルも。 そして、トイレはタンクの中の水の勢いで流す仕組みになっているので、十分は排水ができずにトイレがつまってしまうのです。 タンクが壊れてしまうと、便器ごと買い換えなくてはいけない場合もあります。 余計な出費が発生しないように、タンクには物を入れずにそのままノーマルな状態で使用してください。 節水のアイデアの1つとして、トイレの元栓を少し閉めて、一回の排水量を減らす方法があります。 しかし、トイレの元栓を閉めすぎて、水の流れが悪くなってしまうと、トイレのつまりの原因になってしまいます。 トイレの元栓は、トイレの中にあって、壁から出ています。 タンクと壁から出ている給水管の間にあって、マイナスドライバーで開閉できるようになっているのです。 トイレの元栓は『ドライバー式』『内ネジ式』『ハンドル式』の3タイプがあります。 右に回すと閉まって水が出にくくなります。 左に回すと開いて、水が出やすくなります。 壁から管が数センチ出ていて、その後元栓がついていて、配管が上か下に伸びているものです。 右に回すと閉まって水が出にくくなります。 左に回すと開いて、水が出やすくなります。 ハンドルを右に回すと閉まって水が出にくくなります。 左に回すと開いて、水が出やすくなります。 あまり開けすぎても、トイレを流すたびに水が床に跳ねてしまいます。 何回かテストして、ちょうど良い量に調節してください。 詰まった物を吸い出すのがラバーカップの正しい使い方です。 奥にあるつまりの原因をラバーカップの力で吸い出して、水の流れを作るのです。 この時に、携帯電話や洗剤のキャップ、使い捨てカイロなどの固形物が出てきたら、すぐに取り出せるように、ゴミ箱とビニール手袋も必要です。 まずラバーカップをゆっくりと便器に押し込みます。 じわりと密着させるつもりで、数秒かけて押し込みましょう。 そして、密着できたと感じたら、一気に引き上げます。 カッポン! と大きな音とともに、中からつまっていたものが出てきます。 固形物がでてきたら、ビニール手袋をした手で取り除きましょう。 この時に再び固形物を流してしまうと、またつまりの原因を作ってしまいます。 今度は流れても、おくのほうで大きなつまりの原因を作ってしまうかもしれません。 今は自分でラバーカップで取り出すことができても、次回はプロの業者に1万円以上出さないとなおせないかもしれません。 最悪、便器の買い替えなんてことにもなりかねません。 同じことをくりかえさないためにも、つまりの原因は出てきた時に取っておきましょう。 和式用と比べると、ラバーカップの先が出っ張っているのが特徴です。 先の出っ張りは、便器の形にあわせてラバーが密着するようになっているためです。 和式用のトイレは、排水口が洋式用のトイレよりも大きいので、ラバーの部分の口も大きく広く開いています。 大きければ洋式用のトイレにも使用できるのではないか? と考えがちですが、ラバーの口が広すぎて便器に密着しないので真空状態が作れないのです。 そのため、これまでの洋式用のラバーカップや和式用ラバーカップでは、便器に密着できないのです。 そのために新しく開発されたのが、節水便器用のラバーカップです。 和式用のラバーカップに、防止のツバのようなものがくっついています。 このツバがあることで、便器にしっかりとフィットして、つまりの原因を吸い出すことができるのです。 もしも、ラバーカップを買う時に、どれを買っていいか迷ったら、この節水便器用の万能ラバーカップを買っておけば間違いないでしょう。 トイレのつまりをプロに頼んだ場合は、平均して5,000円から1万円かかります。 あまり安い値段を宣伝でアピールしている会社は、オプションで色々追加で買わされたりすることがあるので注意しましょう。 注意してほしいのが「トイレクリーニング」ではなく「トイレのつまりを直してほしい」ことを、きちんと伝えることです。 普通にトイレクリーニングで業者にお願いしてしまうと、便器の尿石の汚れやウォシュレットの洗浄、床や壁といった掃除で終わってしまいます。 トイレのつまりは早くなおさないと、あふれてしまって大変なので、ついついパニックになりがちです。 しかし、水があふれて水浸しになってしまうようであれば、水の元栓を閉めれば良いのです。 トイレの水の元栓でも、家全体の水の元栓でもかまいません。 元栓をしめれば、しばらくすれば水は止まります。 最初に見積もりをとらないと、「作業料金のみです」と書いてあるので安心していたら、このままだと大変だと言われて追加料金をとられてしまうかもしれません。 特に「何円から」と書かれているものは、書かれている最低価格が工事費とは限りませんので気をつけましょう。 プロに頼む時は、必ず見積もりを3社以上とるようにしましょう。 同じ掃除内容でも、業者によって値段に開きがああるからです。 そして、見積もりをとったら内容をチェックしましょう。 ある会社には入っていた項目が、他の会社であればオプション料金になって割高になるケースもあります。 プロに頼んだ場合の値段の差は、便器を丸ごと外して洗浄するか、便器はつけたまま掃除するかの差です。 便座だけを取り外してクリーニングする場合もありますが、これは排水管のつまりとは直接関係ないので注意しましょう。 トイレに流せば、全て消えてくれると思いがちですが、便器の向こうには複雑に折れ曲がっている配管があります。 奥に行くほどつまりの原因を取り除くのは難しくなってしまいます。 もし、ペンや使い捨てカイロを便器に落としてしまったら、自分の排泄物がくっついて取り除くのは気が引けてしまいますが、そのまま流さないでティッシュなどに包んでゴミ箱に捨てるようにしてください。 そのまま流すと確実にトイレのつまりの原因になって一大事になってしまいます。 お店のトイレなど、出先で使い捨てカイロや異物を便器に落としてしまった場合、すぐにお店に言わないと後から被害相当額を請求されることがあります。 すぐに言えば、ラバーカップで異物がスポンと取れるかもしれません。 早め早めの対策が必要なので、トイレに異物を落としたらすぐに対処するようにしましょう。 マイホームで長く快適に暮らすために欠かすことができないのが、外壁の定期的な塗り替えです。 しかし実際に塗り替えようと思っても、費用がどれくらいかかるのか、悪い業者に騙されないか、などの不安を抱えている方が少なくないのではないでしょうか。 外壁塗装の費用は、建物の状態 劣化具合 や規模、塗料の種類、塗装業者などによって異なり、複数の業者から見積もりを取っても業者によって大きな金額差が出ることが珍しくありません。 また外壁塗装業界には、悪質な業者が数多く存在しています。 満足度の高い外壁塗装を行うためには、まず費用相場を知っておくことが重要になります。 そこで本記事では、外壁塗装で失敗しないための費用に関する基礎知識をご紹介します。

次の