カラー チェンジ ガーネット。 カラーチェンジガーネット ColorChangeGarnet

【楽天市場】宝石・ルース一覧 > ガーネット > カラーチェンジガーネット(ColorChange Garnet):直輸入価格のルース屋さん

カラー チェンジ ガーネット

今回は様々なタイプやカラーバリエーションの存在するガーネットの中でも稀少性と他のガーネットにはない個性的な特徴を持った「 カラーチェンジ・ガーネット(アレキサンドライト・タイプ・ガーネット):Color Change Garnet(Alexandrite Type Garnet」を紹介しちゃいたいと思います。 多種多様なガーネットの中には、「 カラーチェンジ効果」を持ったタイプも何種類か存在しますが、その殆どが淡い色合いで見た目の印象が劇的に変化する程の強いカラーチェンジ効果を持ったものは少ないんですね。 ちゅ~ような中、劇的なカラーチェンジ効果を持った代表的な宝石となる「アレキサンドライト」と類似した劇的なカラーチェンジ効果を持ったガーネットが今回の記事で紹介する「 カラーチェンジ・ガーネット(アレキサンドライト・タイプ)」となります。 ここで紹介する「カラーチェンジ・ガーネット」は、劇的なカラーチェンジ効果と自然光や蛍光灯のような光源の下で見える色合いと白熱灯や炎のような光源の下で見える色合いが「アレキサンドライト」に類似している事から、「 アレキサンドライト・タイプ・ガーネット」や「 アレキタイプ・ガーネット」の通称で呼ばれるタイプのみで、それに該当しない「カラーチェンジ・ガーネット」は除外していますよ。 こうした名称や通称は正式な固有の宝石名ではない為、ガーネットとして独立したタイプではないのですが、この「 アレキサンドライト・タイプ」の「 カラーチェンジ・ガーネット」に関しては、ガーネットの中では「ロシア産:デマントイド」や「ケニア産:ツァボライト」といった別格クラスと同様に極めて稀少なタイプの宝石としての特別なガーネットとして扱われているから個別で記事を書く事にした訳でありんす。 カラーチェンジ効果のあるガーネットあれこれと雑談 冒頭でも書いたように「カラーチェンジ効果」を持ったガーネットは、微妙なカラーチェンジ効果を持ったタイプまで含めると何種類かのタイプが存在が、一般的にはパイロープ・ガーネットとスペサルティン・ガーネットの中間的なタイプのガーネットとなっています。 一般的に「カラーチェンジ・ガーネット」として流通しているガーネットには、次のようなタイプがありますよ。 【 いろいろなカラーチェンジガーネット 】 カラーチェンジ効果とは、自然光や蛍光灯といた光源下で見える色合いと白熱灯や炎といった光源下で見える色合いが異なって見える特殊な光彩現象の事で「 チェンジ・オブ・カラー」とも呼ばれ、日本語では「 変色効果」と呼ばれる珍しい光彩効果のひとつです。 現在は、そこまで劇的なカラーチェンジ効果が出ないタイプや地味な色合いのアレキサンドも市場に増えてきた為、もっとも代表的なアレキサンドライトの変色効果となる青緑色系~赤紫色系、青紫色系~赤紫色系へと劇的なカラーチェンジ効果を示すタイプだけが、主に通称や俗称でいうところの「アレキタイプ」や「アレキサンドライト・タイプ」と呼ばれるカラーチェンジ効果と呼ばれます。 【 雑談:ガーネット以外でカラーチェンジ効果のある鉱物や宝石 】• ダイヤモンド:カメレオン・ダイヤモンドと呼ばれる温度による変色効果• サファイア:様々なタイプの変色効果を持ったタイプがあります。 スピネル:サファイヤと同じで様々な変色効果を持ったタイプあります。 トルマリン:濃緑色~橙系もしくは黄色系の変色効果を持っているタイプ• トリフィライト:褐色系~赤色系への劇的な変色効果• ダイアスポア:褐色や淡褐色系~ピンク色や淡ピンク系への変色効果• アパタイト:淡褐色系~淡ピンク系への変色効果• フローライト:青色珪~紫色系への劇的な変色効果• アンデシン:揺らぐような緑色系~揺らぐようなオレンジ色系への変色効果 その他にも、劇的なカラーチェンジとまではいなかいまでもカラーチェンジ効果を持った宝石はいろいろあります。 また、ここでは「蛍光性」による色の変化が生じるタイプの宝石や天然石は除外しているので、あくまで自然光や蛍光灯等の光源下での色合いと白熱灯や炎等の光源下での色合いが異なる「カラーチェンジ効果:変色効果」が見られるタイプの宝石や稀少宝石、天然石を抜粋していますよ。 アレキタイプのカラー・チェンジガーネットについて カラー・チェンジガーネットの中でも「アレキタイプ」と呼ばれるガーネットは、他のカラー・チェンジガーネットのに比べて、劇的なカラーチェンジ効果があり、ガーネットの色合いとしては極めて稀少な青色系のアレキサンドライトに似た色合いとカラーチェンジ効果を有しているのが、最大の特徴となります。 多種多様なタイプとカラーバリエーションを持ったガーネットの中でも特に稀少色となるのが「青色系」となり、この青色系をしたガーネットの多くは「アレキタイプ」のカラーチェンジ・ガーネットとなるんですね。 その美しい色合いと光沢感、そして劇的なカラーチェンジ効果を持つ「アレキタイプ」のガーネットは、マダガスカルのベギリー(ベキリー)鉱山や周辺地区から産出されていた事から、その産地名が由来となった「 ベキリー・ブルー・カラーチェンジ・ガーネット:Bekily Blue Color Change Garnet」という俗称で呼ばれる事もあります。 近年は同じマダガスカルのベギリー(ベキリー)産でも美しい青色系のカラーチェンジ・ガーネットの産出量は激減し、殆ど枯渇しているようで、パナジウムに起因するライムカラー系のカラーチェンジ・ガーネットが増えているようです。 鉱物名:天然ガーネット• 宝石名:ガーネット(カラーチェンジタイプ)• 通称:ベキリー・ブルーカラーチェンジ・ガーネット、アレキサンドライト・タ イプ・ガーネット、アレキサンドライト・ライク・ガーネット、アレキタ イプ・ガーネット等• 特徴:劇的なカラーチェンジ効果、稀少な青色系のガーネット• 和名:中間タイプになる為、特に正式な和名はなし• 結晶系:等軸晶系• 産出形状:菱形十二面体結晶、偏菱二十四面体結晶等• カラー:青緑色系~赤紫色系への劇的な変色効果• カラー補足:アレキサンドライト・タイプ・ガーネット以外は省略• 透明度:透明• 光沢:ガラス光沢• モース硬度:7程度(個体差があります。 劈開:なし(但し、裂開は一方向に明瞭)• 断口:亜貝殻状または不平坦状• 比重:3. 72~3. 78程度(個体差があります。 偏光性:単屈折性(異常複屈折)• 多色性:認めず• 分光性:特有の吸収を認む• インクルージョン:針状、結晶、液体等• 産地:マダガスカル(ベキリー地区)• 代表的なカット:特になし 今回はカラーチェンジ・ガーネットの中でもアレキサンドライト・タイプ・ガーネット、それもベキリー・ブルー・カラーチェンジ・ガーネットに絞って紹介していますので個体差による差異は少ないものの同地区から産出するカラーチェンジガー・ガーネットは若干のカラーバリエーションがあり、褐色系や緑青色系から褐黄色系や褐オレンジ色系への劇的なカラーチェンジ効果を持ったタイプとは差異が生じます。 劇的な変色効果がなくても青色系のガーネットとしては、現状、このタイプしか存在しない為、別格クラスのロシア産:デマントイドやケニア産:ツァボライトと同レベルの稀少宝石となっています。 ベキリー・ブルー・カラーチェンジ・ガーネットのルース 現在は産出量が殆どない状況でカラーチェンジ・ガーネットというと必ずしもベギリー・ブルー・カラーチェンジ・ガーネットをイメージする訳ではないと思いますが、カラーチェンジ・ガーネットの中ではもっとも劇的な変色効果を持っています。 また、アレキサンドライト・タイプやアレキサンドライト・ライク、アレキタイプと呼ばれる事からも分かるように色合い的にはアレキサンドライトと似た色目と変色カラーを有しています。 最初の画像は自然光や蛍光灯といった光源下で見える色合いとなり、こちらの画像は白熱灯や炎といった光源下で見える色合いとなり、このようにアレキサンドライトにも似た劇的なカラーチェンジ効果が見られます。 このガーネットは産地が限定されている為、特徴にも類似性が見られ、インクルージョンとして針状包有物が見られ、あまり大粒サイズの結晶がない事から1ctアップの大きさはかなり稀少なルースとなります。 やはり素晴らしいベキリー・ブルー・カラーチェンジ・ガーネットのルースとなり、稀少性が高いだけでなく非常に美しい色合いでガーネットとしては他には存在しない青色系となる事もあって、この大きさのルースになるとカット研磨も恐ろしく丁寧で完璧なジェムストーンの扱いとなりますよ。 もう入手する予定がないというか、恐らく今後は還流品での流通がメインになると思うので、 一度もジュエリー等に加工された事もないコレクターの蒐集品となっている大粒サイズのヴァージンルースの価値は高まってくるんじゃないかなぁ・・・ 同じく最初の画像は自然光や蛍光灯といった光源下、2枚目の画像は白熱灯や炎といった光源下での変色効果した色合いになります。 ガーネットはバリエーションが豊富なので、追求し始めると大変なのですが、本当に美しい高品質のロシア産:デマントイド(ホーステール状インクルージョン入り)とベキリー・ブルー・カラーチェンジ・ガーネットまで手に入れたら、そこが上がりとなると思いますよ。 ベキリー・ブルー・カラーチェンジ・ガーネットを使って製作したジュエリー 大粒サイズで非常に美しいベギリー・ブルー・カラーチェンジ・ガーネットだったので、豪華絢爛な宝飾系のリングを製作しました。 さすがにこのクラスの稀少宝石となるとダイヤモンドは引き立て役というか単なる脇石に過ぎませんが、かなり拘って製作したジュエリーになります。 前回の記事でも書きましたが、もう、ここまで拘って緻密な宝飾系ジュエリーは製作できなくなってきたので、そういう意味でも思い入れが深いジュエリーになります。 こうしたハイエンドな宝石や稀少宝石、それらを使ったジュエリーなんかは誰もが気軽にお買い物したり身に着けたりできるものではありませんが、代々、資産として家宝として引き継がれていけるものなので、できる時には、こうしたジュエリーなんかも再び製作したいと思っています。 カラーチェンジ・ガーネットの魅力 このルースはカラーチェンジガーネットとして現在、一般的に扱われているタイプとなりますが、これが自然光や蛍光灯といった光源下の色合いで、下の画像が白熱灯や炎といった光源下で見られるカラーチェンジした色合いになります。 ベキリー・ブルー・カラーチェンジ・ガーネットと同じマダガスカル産となりますが、カラーチェンジ効果も青紫色~赤紫色となり、劇的とまでは言えない上、サイズ的にも小粒サイズとなっていますし、ガーネットしては稀少色となる青色系の色合いではありませんね。 それでも単なるガーネットに比べて変彩効果がある分、特徴的なガーネットとなり、余程、高品質か大粒サイズのガーネットは無理にしても、よくある品質とサイズのガーネットよりは高価なものとなっています。 世の中から白熱灯が姿を消しつつある中で、カラーチェンジ効果を実感できるシチュエーションやロケーションも減りつつありますが、どんなに時代が変わっても自然の生み出した稀少な宝石は残り続けていくと思います。 あたしの中でカラーチェンジ効果やキャッツアイ効果やスター効果といった特殊な光彩効果を持って宝石や稀少宝石は、こうした宝石類に興味を持った切っ掛けとなったひとつなのですが、そんな切っ掛けから様々な宝石や稀少宝石に興味を持つようになったんだよ。 あたしは純粋に宝石や稀少宝石が好きなんだなぁ~って改めて思った次第。 ちゅ~ような感じで、まだ、もう少しガーネットのシリーズが続くよ。 ち~ゆ~。

次の

カラーチェンジガーネットの意味・効果・石言葉・相性の良い組み合わせまとめ | みんなのパワーストーン

カラー チェンジ ガーネット

性質・特徴 [ ] 一般式はA 3B 2(SiO 4) 3または、A 3B 2C 3O 12と表される。 主成分は、Aとして・・(二価)・など、Bとして鉄(三価)・・・など、Cとして・アルミニウム・鉄(三価)などが入る。 5 - 7. 5、は3. 1 - 4. はで、はまたはとなる。 その整った形状から、誕生石の一番目に選ばれたといわれる。 ガラス状のがあり、透明度はさまざま、色は無色・黄・褐・赤・緑・黒などがある。 種類 [ ] 柘榴石は、化学成分により次のような端成分に分けることができ、天然にはこれらのとして存在する。 、、などに産する。 (パイロープ:) Mg 3Al 2(SiO 4) 3。 (スペッサルティン:) Mn 3Al 2(SiO 4) 3。 マンガンに産する。 に産する。 (schorlomite、チタン柘榴石)や(demantoid)もこれに属する。 (グロッシュラー:) Ca 3Al 2(SiO 4) 3。 スカルンに産する。 がこれに属する。 (ウヴァロヴァイト:) Ca 3Cr 2(SiO 4) 3。 クロム鉱床に産する。 Mg 3Cr 2(SiO 4) 3。 majorite Mg 3(Fe,Al,Si) 2(SiO 4) 3。 にちなむ。 (goldmanite) Ca 3V 2(SiO 4) 3。 (morimotoite) Ca 3TiFeSi 3O 12。 にちなむ。 (hibschite) Ca 3Al 2(SiO 4) 1. 5-3(OH) 6-0。 (katoite) Ca 3Al 2(SiO 4) 3-x(OH) 4x。 にちなむ。 (グロッシュラー) 用途・加工法 [ ]• 特に透明度の高い赤色、橙色、黄色、緑色のものを宝石として装飾用に使用する。 丸く磨き上げられたものはと呼ばれる。 硬度の高さから「金剛砂」という粉末状のとして利用されることが多い。 粒子の細かい柘榴石は、比較的安価にかつ大量に採掘できることから、などに利用される。 パイロープガーネットの成分とスペサルティンガーネットの成分の中間に位置するものにカラーチェンジガーネットというのも存在する。 に非常に似た変色効果を発揮する大変興味深いルースとして知られている。 産地としては、スリランカ・アフリカ・マダガスカルなどが代表的だが、スリランカ産のものは既に鉱山が閉鎖されているため、現在は産出されていない。 マダガスカルからは良質なカラーチェンジガーネットが産出することが多いが、スリランカ産の方が珍しいため、コレクターの間では高い値で取引されている。 参考文献 [ ]• 、『偏光顕微鏡と岩石鉱物 第2版』、1983年。 、『叢書5 日本産鉱物型録』、2006年。 関連項目 [ ]• (柘榴石のようにあまりにも赤いため、その名がついた。 にある)• (YAG。 の発振用媒質)• (ガーネットが照明代わりに使われたとされる)• ウィキメディア・コモンズには、 ()に関するメディアがあります。

次の

2つの顔をもつカラーチェンジガーネット!その魅力に迫る!

カラー チェンジ ガーネット

カラーチェンジガーネットってどんな石?詳しい意味 意味 カラーチェンジガーネットは、太陽で見る光と室内で見る白熱光と2つの光で見るときに異なった色合いを表します。 内包されている成分にもよりますが、自然光だと緑色から紫青色、白熱光では赤色系に変わる姿が美しい貴重な宝石として特別視されてきました。 そんな2色をまとうカラーチェンジガーネットは、 素晴らしい愛を守護する石という意味を持っています。 満ち足りた愛情や心を受け入れたいときは深い喜びの感情を招いてくれるでしょう。 歴史・言い伝え カラーチェンジガーネットはマライアガーネットの変種で、1970年代初め頃に報告されていました。 当初はその美しさが認められておらず、流通するまでは採掘関係者や一部のコレクターなどにしか知られていなかったそうです。 その後、1987年にタンザニアのウンバ川流域で太陽光ではエメラルドグリーン、白熱光ではルビーのような赤色に変わる魅惑的なガーネットが見つけられたのをきっかけに一気に注目を浴びることになりました。 2つの色を持つ宝石というとアレキサンドライトを思い浮かべる人も多いかもしれませんが、今では アレキサンドライトをも上回る希少な石ともいわれています。 また、「アレキガーネット」と呼ばれることもありますが、これはアレキサンドライトのように色が変わることから付けられた呼び名であり、正式な名称ではないので気をつけましょう。 特に変色率が高く透明度も美しいものは値段もどんどん高価になっているため、安価なものは偽物の場合が多く注意が必要です。 良質なカラーチェンジガーネットは現在とても少なくなっているそうなので、もし心を掴まれる色合いのカラーチェンジガーネットを見つけたらとても レアな巡り合わせです! 宝石との出会いは一期一会なので、迷わず手にいれた方がよいかもしれません。 カラーチェンジガーネットの効果 カラーチェンジガーネットはどのようなキーワードが含まれているのでしょうか。 身に着けたい方のヒントになるようお伝えします。 効果 カラーチェンジガーネットは 環境が変わるときに大きな力を発揮してくれるといわれています。 どんな場所に行ったとしても、持ち主に良い影響を与えるよう周囲のエネルギーと共鳴させるでしょう。 ネガティブな気持ちになりがちなときにこそポジティブで前向きになるべく心強いサポートになってくれそうです。 また、 愛のお守りとしても万能なので、思いやりの気持ちを充満させたい場合にも重宝されます。 パートナー間や家族との触れ合いがうまくいっていないときには、心の距離を補う愛のパワーを流してお互いのハートを暖めてくれるでしょう。 石言葉• 昼と夜の愛の変貌 カラーチェンジガーネットには 「昼と夜の愛の変貌」というとても妖艶で魅惑的な石言葉があります。 違った表情を持つ女性の華やかな部分を際立たせてくれそうですね。 こんな人におすすめ カラーチェンジガーネットは 魔除けや浄化をしたい人はもちろん、仕事運を高め 成功を手にしたい人にもおすすめです。 本来の力を発揮し、夢を掴むため次なる扉を開ける鍵となってくれるでしょう。 うまくいかない状況を良い方向へ転換させてくれる不思議な力が宿っているといわれているので、迷っている人は、心を落ち着けながらこの石を持って気持ちを集中させてみましょう。 先々の展望をイメージでき、未来を輝かせてくれるはずです。 恋愛の面では 大きな愛を成就させるパワーが期待できます。 勇気を持って想いを伝えたい人にもおすすめです。 カラーチェンジガーネットのお手入れ・浄化方法 お手入れ法 ガーネットは扱いやすい宝石と言われていますが、お手入れするときには他の宝石などとぶつからないよう気を付けましょう。 基本的には柔らかな布でやさしく磨き、もし汚れがとれない場合は柔らかいブラシなどを水やぬるま湯に浸してゆっくりとこすり洗いしてあげてください。 その後にはちゃんとすすいでから水分をふき取り、自然乾燥しましょう。 浄化方法• 水晶クラスターにのせる• さざれ水晶の上において休ませる• 月光浴をさせる といった方法がおすすめです。 また、クリスタルチューナーで音を出してカラーチェンジガーネットに音を聴かせて浄化する、という方法も有効です。 大きな力が宿っていると信じられてきていて、日々の中に 驚くような変化をもたらしたいときにこそ輝く方へ進めてくれるはずです。 そこにカラーチェンジガーネットの持つ 魔よけやバランス調和のパワーが混ざりあうことで、不安感は癒され、持ち主にとって晴れやかな状況へと転換してくれるでしょう。 どちらも希少な石なので、その相性は期待以上のパワーを発揮するかもしれません。 グラウディングにもよいので、夢に描いてばかりいるのではなくそれらを現実にするにはどうしたらいいか、具体的に動けるようアドバイスを与えてくれます。 成功運や願望成就によいとされるカラーチェンジガーネットと一緒に持てば、フラフラすることなくしっかりとした 自分の意思で夢を掴めるでしょう。 不必要なものを弾くアンバーは、心を静めて 幸せなことを呼び寄せやすくします。 そこにカラーチェンジガーネットの生み出す 新たな展望へのサポートが重なれば、どんどん意欲を高めて歩めるでしょう。 プラス、 誠実な愛のエネルギーを満たす人との出会いという恩恵も与えてくれそうです。 カラーチェンジガーネットの基本データ 英名 Color change garnet 和名 柘榴石(ざくろいし) 産地 タンザニア、スリランカ、マダガスカル、インド他 色 赤、青、緑、紫、茶、ピンク他.

次の