石坂 浩二 水戸 黄門。 あぁ水戸黄門 第29部

石坂浩二の水戸黄門降板の真相は?ガンではなく暴力団絡みだった?

石坂 浩二 水戸 黄門

徳川第五代将軍綱吉との確執により水戸藩主だった光圀が隠居させられるまでをドラマチックに描く。 光圀が隠居するまでのいきさつは、これまでのシリーズでは語られなかったエピソード。 好奇心が溢れ、博学で、百年先の日本を見つめて「大日本史」編纂という偉業にも取り組んだ光圀とはどのような人物だったのか。 新しい光圀像を演じる石坂に期待が膨らむ。 衣裳、メークなども光圀の時代を反映させ、新しい光圀像を現出させる。 第1話で隠居した光圀は江戸から水戸へ移り、第2話以降はしばらく水戸領内での物語が綴られ、第5話以降諸国漫遊に旅立つことになる。 水戸光圀(みとみつくに)/ 石坂浩二(いしざかこうじ) 水戸藩二代目藩主。 若い頃は「乱暴、狼藉、かぶき者」と側近を嘆かせた。 年齢を重ねてもその本質ははあまり変わっていない。 正義がないがしろにされることが我慢できない。 自身が、父頼房の第三男でありながら世子になった不義を、いつも感じていた。 徳川永遠の安泰と、戦いのない日本を願っている。 一方日常ではユーモアにあふれ、好奇心旺盛の学者肌の、人情厚い人であった。 著書は「大日本史」「礼儀類典」「南朝事蹟」他多数。 朝鮮人参や黒ぶどう、おらんだ茄子を外国から取り寄せ、庭園で栽培していた。 インコ、七面鳥なども飼育していたという。 綱吉との対立がもとで、隠居させられるが…。

次の

水戸黄門・第30部|ドラマ・時代劇|TBS CS[TBSチャンネル]

石坂 浩二 水戸 黄門

『水戸黄門』に主演する武田鉄矢(撮影/江森康之) 日本の時代劇でもっとも有名な作品といえば、多くの人が『水戸黄門』を挙げるだろう。 この時代劇の名作が今月で50周年を迎えた。 これまで25年以上、『水戸黄門』を取材してきた時代劇研究家でコラムニストのペリー荻野さんが知られざる逸話を綴る。 * * * そんなわけで、主演の『水戸黄門』(BS-TBS)第二シリーズは九州世直し旅を続けて、博多に到着。 11日最終回のタイトルは「老公、なんばしよっと?」であった。 最終回だけに、内容もてんこ盛りの大サービス。 なんと博多にご老公こと水戸光圀(武田)にうり二つの金貸しおや(武田二役)がいて、大騒動になる。 金貸しおやじは「このバカちんが!」と武田の得意文句を連発。 すばらしい。 ただし、「今のスタイルの」とつけたように、この50周年は、1969年8月に始まったTBS「ナショナル劇場」の枠でスタートしたシリーズについて。 水戸光圀がお供の助さん、格さんと世直し旅をするストーリーは、このシリーズ以前にも映画やテレビで多数映像化されている。 いざとなると格さんが「控えおろう!」と、葵の御紋の印籠を見せて、悪人たちをギャフンと言わせるスタイルが定着したのは、「ナショナル劇場」だったのだ。 これまで私は25年以上、『水戸黄門』について取材してきたが、このシリーズのスタート時については、意外な事実も多かった。 一番意外だったのは、そもそもシリーズにするつもりがなかったということ。 番組スタートの準備期間は4か月ほどしかなく、当初決まっていた主役()は諸事情によって降板したことはよく知られている。 初代ご老公が俳優座の重鎮・東野英治郎に決まったものの、内容がなかなか固まらない。 月曜8時、家族みんなで楽しめる「時代劇ホームドラマ路線」でいこうとしたが、大御所脚本家から届いた第一話は、壮大なストーリーで、とてもホームドラマどころじゃなかった。 そんな危機的状況を救ったのは、脚本家の宮川一郎。 ドラマ『家売るオンナ』などで知られる脚本家・の師匠である。 シリーズ化が決まっていなかったため、最終回に「終わり」と書いた宮川先生は、執筆のため缶詰めになっていた旅館から抜け出して、飲みに行ったところ、スタッフから「好評につき、『終わり』では困る」と呼び戻されて、末尾を書き直したというエピソードもある。 なお、、ら大御所俳優が多数出演してきたが、『銭形平次』『暴れん坊将軍』に出演した美空ひばりは『水戸黄門』には出演が実現しなかった。 ご本人は出演を希望していたと聞くと、本当に残念だと思う。 それから50年。 わざと印籠を落とし、ご老公がちゃんと格さんに渡すのかと思ったら、助格ふたりの間にきっちり置くだけって。 やっぱり区別ついてない? こんなコントができるのも、視聴者が『水戸黄門』の基礎知識があるという前提があってこそ。 50年前、宮川先生が「終わり」と記したままだったら、今はなかった。 そう思うと感慨深い。 BSなどで『水戸黄門』放送は続く。 故郷での夏休みに家族で観る機会があれば、半世紀続くシリーズだということ、思い出してください。

次の

石坂浩二と里見浩太朗、水戸黄門交代劇での遺恨を越え初共演

石坂 浩二 水戸 黄門

概要 [ ] 作詞:、作曲: 歌詞は3番までと思われがちであるが、作詞者もその存在を忘れていたと言う 「幻の4番」と言われる歌詞も存在する。 「幻の4番」を含む「ああ人生に涙あり」は、2005年1月21日にバードランドミュージックから発売された『水戸黄門』の盤で初CD化された。 ただし、この「幻の4番」は当初3番の歌詞として作詞されたものであり、現在3番とされている歌詞は本来4番であった。 歌詞はであるため、「」や「」「」といった、他の七五調の楽曲の歌詞と入れ替えて歌うことも可能である。 特に「どんぐりころころ」の方は「どんぐり黄門」などと称されることがある。 歴代歌手 [ ]• 初代:・(第1部〜第3部)• 3代目:里見浩太朗・(第9部〜第13部)• なお、里見、横内が歌っている部分は使い回しではなく、相方が代わるたびに共に録り直されている。 なお、歴代で最もキーが高い。 そのためサビの部分では伊吹のコーラスはそのまま残っており、キャスト表記もこれまでと同様にあおい・伊吹の連名となっている。 次の原田・合田の歌に使用されている伴奏は橋幸夫が使用していたものと同じ。 なお、伴奏に変化はない。 当初のアレンジは29部以降のものに近い。 なおキーの高さは11話までが先代の原田・合田版と17部まで使用されたものの中間程度、12話以降がG3Kと同じである。 9代目: ・(BS-TBS版) CD・レコード [ ] フルコーラスで収録されたバージョンが存在するものは:• 原田龍二・合田雅吏(第34部〜第41部で使用されたバージョン) の3種類。 フルコーラスでないが、TVで使用された音源が収録されたものは:• 杉良太郎・横内正(1番・2番の他、1番だけ及び3番だけを二人同時に歌ったものも存在)• 里見浩太朗・横内正(主題歌で流れた1番・2番のほか、3番・4番の組合せの歌も存在する)• 里見浩太朗・大和田伸也• 里見浩太朗・伊吹吾朗• あおい輝彦・伊吹吾朗(主題歌で流れた1番・2番の他、1番・3番の組み合わせの歌も存在する)• G3K(1番・2番もしくは1番・3番を同時に3人で歌唱の2種類がある)• 原田龍二・合田雅吏 第34部〜第38部で使用された1番・2番のみ• 東幹久・的場浩司(第42部12話以降のもの) があり、『水戸黄門』のサウンドトラック盤に収録されている。 東・的場のものだけはVol. 2(発売元:アスタエンタテインメント、2011年8月3日発売)に収録されている。 なお、第30部から第32部で使用された橋幸夫・舟木一夫・西郷輝彦らによるソロバージョン、第33部で使用された原田・合田の初期バージョン、第42部において11話まで使用されていた東・的場のバージョンはCDやレコードに収録された例はない。 カバー [ ]• が1人で歌ったものがから発売されたアルバムや、オムニバスCD等に収録されている。 杉の水戸黄門降板後に番組とは無関係に収録されたものであるため番組で使用された例はない。 また番組で使用されたものと比較すると明らかに曲の速度が早い。 橋幸夫、原田・合田のアレンジをが一人でカバーしている。 尚、伴奏に変化はない。 仙台貨物3枚目のアルバム、 デコ (発売元:、2009年10月28日発売)に収録されている。 後述するが、カラオケでは〈仙台貨物〉「ああ人生に涙あり」という曲名で収録されている。 パロディ [ ]• 『』の「ばか兄弟」コントで、「学校に行きたい」という弟()のために、あんちゃん()が先生となって、家の中に『いかりや学校』を作るというコントの最後に「校歌」と題して、この歌を歌ったことがある。 頃放送されたの「ポップナウ」のテレビコマーシャルは『水戸黄門』のオープニングのとなっており、も本曲のパロディが使われていた。 ナレーションも、水戸黄門ナレーターを担当していただった。 8月、同局のバラエティー番組『』では、画像がリンカーンマークに、歌ったのは、のコンビ。 その他 [ ]• の(嵐電)の車内放送では、番組の撮影を行っているやの最寄り駅ののアナウンスの際BGMにこの曲の一節が流れる。 6月放送のにおいて「水戸黄門のテーマソングは何にでも合う?」というタイトルで取り上げられ、を使った土木工事や肩たたきなどの映像のに本曲が流され、テンポが見事に合うことが示された。 カラオケ [ ]• では、里見・横内のフルコーラスと橋幸夫・原田・合田のタイプは「仙台貨物」で収録されている。 だと、里見・横内のフルコーラスが収録されているが、JOYSOUNDf1であれば、キョクナビの音設定であおい・伊吹のアレンジに変えたりも出来る。 また、第一興商と同じく、橋幸夫・原田・合田のアレンジはアーティストが仙台貨物になっている。 脚注 [ ].

次の