バスクチーズケーキコンビニ。 コンビニのチーズケーキ、クオリティ高っ!2019年新作から定番まで7選!

コンビニのチーズケーキ、クオリティ高っ!2019年新作から定番まで7選!

バスクチーズケーキコンビニ

バスチー -バスク風チーズケーキ- 北海道産生クリームと卵黄でさらにしっとり濃厚になりました。 配合と焼成方法を見直して、表面の焦がしカラメルのべたつきを軽減しました。 ローソン標準価格 215円 税込 カロリー 244kcal デザート その他の商品• プレミアムロールケーキ 150円 税込• CUPKE 夏モンブラン くず風ミルクゼリー使用 295円 税込• ミチプー -ミッチリプリン- 240円 税込• パリとろ -パリとろブリュレ- 285円 税込• ふわしゅわ -ふわしゅわスフレ- 240円 税込• お抹茶バスチー -バスク風チーズケーキ- 380円 税込• 生バウム -生バウムクーへン- 165円 税込• チョコクランチエクレア 165円 税込• モアホボクリム -ほぼほぼクリームのシュー- 200円 税込• チョコチップクレープ 生チョコ入り 165円 税込• ふんわりワッフル カスタード&ホイップ 140円 税込• ふっくら生地のプチシュー 13個 300円 税込• ふっくら生地のプチエクレア 7個 300円 税込• どらもっち あんこ&ホイップ 180円 税込• もっちりとした白いたい焼き 130円 税込• 桜餅 こしあん 2個 180円 税込  オリジナル商品 カテゴリ一覧• 地域商品•

次の

大手コンビニ3社チーズケーキランキング!No.1チーズケーキはコレに決定

バスクチーズケーキコンビニ

ブームを生んだ立役者。 全体的に完成度が高いローソンの「バスチー」 バスクチーズケーキ人気のきっかけとなったローソンの「バスチー」。 発売からわずか3日で100万個以上も売れた大ヒット商品で、リリース当初は売り切れも続出して、入手困難でした。 味のほうはというと、表面と底面は焦がしカラメルをあしらいつつ、中身はなめらかで濃厚。 やさしい酸味、マイルドな甘さ、ほんのりとしたカラメル感。 そしてクリーミーなテクスチャーとなめらかな口どけが素晴らしく、完成度が高いと思いました。 フランス産クリームチーズ、北海道産の生クリーム、牛乳、エグロワイヤル R の卵などを素材に使用。 エグロワイヤルというのは、一般的な卵の2~3倍の値段がする高級な卵で、セブンイレブンの商品によく使われています。 製法にも深いこだわりがあり、表面が焦げるギリギリまで高温で一気に焼き上げるのがポイント。 50回以上もの試作を繰り返し、ようやく理想の焼き加減にたどりついたそうです。 セブン-イレブン「バスクチーズケーキ」税抜238円 見るからに黄色味が強いのは、エグロワイヤルの影響でしょうか。 味も比較的濃厚で、そこは好みが分かれるところかもしれません。 リッチさやカスタード感が強い分、酸味、チーズ感、ほろ苦さは薄れる印象。 高級感はコンビニ随一だと思います。 セブン-イレブン「バスクチーズケーキ」 税抜238円 味と食感の4重奏!ファミリーマート「香ばしブリュレのチーズケーキ」 ファミリーマートは、現在のところ宮崎県・鹿児島県だけでしかバスクチーズケーキを販売していません。 それ以外の都道府県にあるのがこちらの「香ばしブリュレのチーズケーキ」です。 レア、ベイクドの2種類のチーズケーキを層にして、その上にブリュレしたスポンジが乗っています。 手が込んでいます。 商品名の「香ばし」は、手作業で行われるというブリュレと、スポンジに加えられた全粒粉、そしてローストした小麦粉からきています。 ファミリーマート「香ばしブリュレのチーズケーキ」税抜239円 くっきりと分かれた4層構造なので一体感は弱いですが、逆にそのせいで、味とテクスチャーの波が時間差でやってくるのが楽しくて印象的。 生クリームのようなニュアンスを思わせる中央のレアチーズケーキと、ジャリッとしたカラメルが乗ったスポンジのメリハリは特に秀逸です。 バスクチーズケーキという本稿の趣旨とは少し違いますが、スイーツとしてのクオリティは十分に高いです。 ファミリーマート「香ばしブリュレのチーズケーキ」 税抜239円 余韻スッキリ、ビター感が上品な成城石井の「バスクチーズケーキ」 コンビニ以外からの一品目は、成城石井をノミネート。 成城石井のスイーツといえば、長い容器に入った「プレミアムチーズケーキ」が有名ですが、バスクチーズケーキも今年リリースしています。 北海道産の純生クリームを使い、保存料不使用で仕上げられたバスクチーズケーキは、ほろ苦さと、濃厚なチーズの味わいを楽しめます。 成城石井「バスクチーズケーキ」税抜399円 好バランスという方向性がローソンと似ている気がします。 ただ、ローソンのものよりも、こちらのほうが上品でリッチに仕上がっている感じです。 カラメルは成城石井のほうがビターで大人的。 濃厚でいて、すっきりとした余韻のキレもナイスです。 ただ、価格はローソンの倍近いので、筆者ならもうちょっとお金を出して、名作の「プレミアムチーズケーキ」を買っちゃうかもしれません。 成城石井「バスクチーズケーキ」 税抜399円 しっとりソフトで大容量!ラ・フルーリエ「バスク風チーズケーキ」 「ラ・フルーリエ」ブランドを展開する利恵産業は、「ロピア」や「ユータカラヤ」という神奈川発の高コスパスーパーを手がける企業のグループ会社。 同ブランドでは、成城石井の「プレミアムチーズケーキ」のジェネリック的な商品が有名です。 紀ノ国屋やクイーンズ伊勢丹などの高級スーパーでも売られていて、今回は紀ノ国屋で購入しました。 焦がしている感じやビターなテイストは弱めで、ベイクドチーズケーキに近い味わいといえます。 また、しっとり系のテクスチャーとソフトな口どけは、スフレチーズケーキのようなニュアンスを思わせます。 テイストは、甘味が強めな一方で酸味は抑えめ。 インパクト重視ではなく、上品な印象です。 サイズが大きくてボリューム充分なので、たっぷり食べたい人におすすめです。 ラ・フルーリエ「バスク風チーズケーキ」 税抜398円 表面のほろ苦さと、チーズの濃厚さを楽しめるバスクチーズケーキは、どちらかといえば大人向けのスイーツといえます。 そのせいか、どの商品も本格的な味わいで、甘ったるいのが苦手な大人が食べても満足感がありました。 ワインに合わせても面白いでしょう。 まだまだブームが続きそうなバスクチーズケーキ。 [All Photos by Hideaki Nakayama].

次の

コンビニ・スーパーのバスクチーズケーキ全13種まとめ

バスクチーズケーキコンビニ

【ローソン】BASCHEE(バスチー) コンビニで初めて発売されたバスク風チーズケーキがこの「バスチー」だ。 2019年3月下旬、スイーツ界隈でブームになっていたバスクチーズケーキを ローソンがいちはやく商品化し、記録的ヒットとなった。 それまでプレミアムロールケーキが持っていた記録をぬりかえたそうだ。 このバスチーのおかげで、バスク風チーズケーキの名前は一般にも知られるようになった。 そしてバスチーのヒットをみて、他の菓子メーカーや洋菓子屋、ファミレス、カフェが追随し、バスク風チーズケーキを販売することに。 バスチーは、本場のバスクチーズケーキのように表面を焦がしたわけではない。 代わりに、表面にカラメルを塗ることで、バスクチーズケーキの表面の焦げを再現した。 あくまで「バスク風」ではあるが、バスクチーズケーキの特徴であるほろ苦みと濃厚さは、しっかり楽しめた。 また、ローソンはバスチーのアレンジ商品を販売している。 バスチーは、バスク風チーズケーキという名前を世に広めたスイーツである。 歴史的なスイーツの1つなので、もし食べていないならぜひ一度食べてほしい。 はやりに流されるのではなく、自身のペースで淡々と新作をリリースするスタイルは、ファミリーマートらしい。 ファミリーマートのバスクチーズケーキは、カップにはったタイプで、これはコンビニ初だ。 カップにすることで、型崩れの心配がなくなる。 そして生地をしっとりさせることできる。 その狙い通りというべきか、 ファミリーマートのバスクチーズケーキはとても口どけがよかった。 カップタイプというのもあるかもしれないが、プリンにも近い、とろける食感を楽しめた。 値段 230円 カロリー 176kcal 製造者 ロピア 【紀伊国屋】バスク風チーズケーキ 日本で初めてセルフ型のスーパーマーケットをオープンしたことでも知られる紀伊国屋も、バスクチーズケーキを販売している。 紀伊国屋は高級路線のスーパーなので、値段は320円と高めだ。 しかし、紀伊国屋のバスクチーズケーキは他店とはまったく違う。 バスクチーズケーキはベイクドチーズケーキの一種なのだが、 レアチーズケーキかと思うくらい、しっとりしている。 どうすればこんなにしっとり作れるのだろうか、と呆然としてしまうくらいしっとりしている。 大げさではなく、本当に他店のバスクチーズケーキよりも圧倒的にしっとりしているのだ。 もし紀伊国屋に近くにあるのなら、絶対に一度は食べてほしい。 その口どけに驚くはずだ。 値段 320円 カロリー 262kcal 製造者 紀伊国屋 【山崎製パン】バスク風チーズケーキ 大手菓子メーカー、山崎製パンのバスク風チーズケーキ。 こちらは近所のスーパーでみつけた品だ。 値段は358円で、先のイーストナインの2個入りバスクチーズケーキよりはすこし高いが、1つ200円を下回るのでお手頃かもしれない。 さてこちらは表面が焦げた色になっているが、再現度は低い。 まず生地がスフレっぽい。 写真からもわかると思うが、気泡があって、チーズスフレを食べているようであった。 またバスクチーズケーキ特有の濃厚感もほろ苦みも感じられなかった。 バスクチーズケーキの再現度は低いが、スイーツとしては普通に美味しい。 バスクチーズケーキではなく、 美味しいスフレチーズケーキと思って食べたほうがいいだろう。 値段 358円 カロリー 記載なし 製造者 山崎製パン.

次の