コマンダー モード。 コマンダー FC

Comments/コマンダーモード

コマンダー モード

Main Menu ラブライブ 特設 ・ 一覧系 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 歌詞関連 ・ ダンス系 ・ ・ ・ ライブ関連 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ネタ系 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ごみ箱 ・ ラブライブSS AQOURS 一覧系 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ネタ系 ・ ・ ・ 歌詞関連 ・ ライブ関連 ・ サビの振付 ロマサガ3 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 通しチャ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ アラケス ・ ・ アウナス ・ ビューネイ ・ フォルネウス ・ 企画 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ FFRK ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ロマサガRS ・ ・ ドロップ ・ 売却価格 ホウチ帝国 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ エロゲ エ作 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ネタ系 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ もんぱら ・ ・ ・ ・ RTA関連 ・ ・ ・ ・ A黄昏 ・ ・ シャリー ・ ・ ・ エスロジ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ アーシャ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ はじロロ ・ ・ ・ ・ ゼノギアス ニコニコ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 漫画とか ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 同人イベ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ その他ゲーム ・ きらファン ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 風来のシレン ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ iPhone系 ・ ・ ・ TRPG関連 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ Twitter関連 ・ ・ 感想系 ・ PC関連 ・ ・ ・ ・ ・ 動画作成 ・ 技術 ・ ・ ・ ExcelVBA その他 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 管理用 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 最新の5件 反撃体制 全員が最終行動を行う。 先制技は最初に行う。 最終行動技 アビスの風・アースライザー よりは先に行動を行う。 ちなみに行動前防御などはないので注意すること 行動順は陣形の先頭からであり、分身技の参照を行う時は調整しよう。 後攻で攻撃したいときに便利である。 ケースとしては全員透明の時に振り逃げ以外の技を使い、透明状態を解除したい場合などである。 闇の翼形態であればアビスの風以外は安定して避けることができる はず である。 をダメージソースにする場合次の戦法が取られる。 キャラクター が透明の時:反撃体制で技を使いダメージを与える。 キャラクター が透明でない時:先制が狙える作戦で振り逃げを行う。 どっちが高いかはサラの増幅に依存するため注意すること。

次の

コマンダーモード ‐ ロマンシング サガ3

コマンダー モード

コマンダーモードとは 主人公を陣形から外したモード コマンダーモードとは、主人公を陣形から外して戦闘を行うシステムです。 通常戦闘とは違い、コマンダーモードでしか使用できない術や技が存在します。 コマンダーモードのメリット コマンダーモードのメリットは、アイテム枠を圧迫せずに回復アイテムの使用ができること 装備していないアイテムを使用できる 、さらにターン終了時のHPを回復できることです。 また、コマンダーモードでしか使用できない、強力な合体技や合成術が存在します。 パーティに戦略指示ができる 戦略名 効果 集中攻撃 選択した敵に全員で攻撃 防御態勢 陣形技を使わないキャラが防御する 先制攻撃 成功で先制攻撃。 失敗で敵に先制攻撃される 反撃体勢 敵の攻撃終了後に攻撃する 陣形技優先 陣形技が先に発動される 陽動攻撃 陣形技を使わないキャラの攻撃にスタン効果 威力攻撃 技や術を使う。 威力重視になるわけではない 基本的には威力攻撃を選択するべき 戦闘指示は、戦闘時のコマンド選択で表示され、選択するとパーティ全体に戦略指示を出すことができます。 レアアイテムの効率的入手におすすめ コマンダーモードは時短になる コマンダーモードは、戦力としての使用方法以外に戦闘を時短する方法としても有効です。 暗闇の迷宮などでレアアイテムを収集する際には、コマンダーモードで回るのが最高率です。 所持している最高技以外は封印することで使用できなくなるため、陣形ボタン一つ押すだけで最高威力技で戦闘してくれます。 陣形技を発動させたくない場合 コマンダーモードで陣形技が強制的に発動してしてしまい、本来出したい技が発動されないことがあります。 陣形技のダメージが通常技の威力を下回る場合は、陣形技を発動しない工夫が必要です。 武器などの編成を変更したり、そもそも陣形技が発動しない「フリーファイト」にして戦闘に臨むほうが効率的にダメージを与えられる可能性があるので、お試しください。 ハリードについて ハリードは武器の最上部が曲刀限定になるので、どうしても威力が低くなります。 もし火力に悩む場合は遠回りになっても体術使いを目指し、他キャラで習得した高威力技をセットすることでコマンダーモードでもダメージが出せます。

次の

コマンダーモード ‐ ロマンシング サガ3

コマンダー モード

タイトルが全然興味ない、知らないって人にはお経のように読める気がしますが簡単に言えばニコンのワイヤレスのフラッシュシステムのこと。 上の写真みたいに外部ストロボがカメラと完全に離れてますが点灯してます。 そういう機能のことです。 ニコンのフラッシュシステムはニコンクリエイティブライティングシステム(CLS)といいましてその中のひとつの機能がアドバンストワイヤレスライティング。 でコマンダーモードってのは2個、3個と内蔵と外部ストロボを同時使用するときに指令を出す機能。 ワイヤレス多灯はキヤノンやほかのメーカーもできますが今回の話はニコンの場合。 他のメーカーはご自分でよく調べてください。 同じニコンでもほかのボディのかたは仕様が異なることがあります。 ワイヤレス多灯っていってるので内蔵以外のフラッシュを持ってないと始まらない。 アドバンストワイヤレスライティングに対応している新旧のスピードライトは ニコン SB-910 SB-900 SB-800 SB-700 SB-600 SB-R200 ニッシン Di866mk2 Di866プロ Di622mk2 など。 自分でちゃんと確認したのはこれだけ。 Metsやシグマのものもワイヤレス対応してる機種もあるようですがちゃんと調べてないもんで。 気になる場合はそちらはご自分でお調べください。 写真のスピードライトはですがこれはワイヤレスTTLのチャンネル1のグループAだけでしか使えないって制限があります。 このような制限があるものもありますので要確認してください。 ちなみにワイヤレスで光らせるとして台数制限はなく機種ごちゃまぜでも一緒に光ります。 しかしニコンでは台数制限は無いがマスターストロボのぞいて3台までが事実上の限界ということらしいです。 実際多灯するといっても4方向からやれば全方向から照らしてるといってもいいわけで3台以上の外部ストロボを使うって人もそうはいないのでは無いでしょうか。 ワイヤレスに対応したストロボがあったとしてもコマンダーモードが使えマスターとなるフラッシュが無いと始まらない。 ニコンの場合マスターストロボとなれるものは大まかに2種類。 コマンダーモードを搭載したカメラボディを使うかマスター機能があるスピードライトかトランスミッターを使うこと。 コマンダー対応ボデイ ニコン D70 D70s D80 D90 D200 D300 D300S D700 D7000 富士フィルム S5PRO マスター対応ストロボ ニコン SB-700 SB-800 SB-900 SB-910 SU-800 ニッシン Di866mk2 Di866プロ など。 注意点としてD70とD70sは内蔵フラッシュをコマンダーとしつかうと内蔵フラッシュの同時発光はできない。 SU-800はコマンダー機能だけのトランスミッターなんで発光ができないということ。 それと機種によって制御できるグループの数が変わります。 ボディの場合は大体2グループまで。 ストロボだと3グループに。 大まかなわけかたですので細かいことは機種ごとの仕様をよく読んでください。 ニコンの場合コマンダー対応ボディはミドルクラス以上ハイエンド未満。 コマンダー機能がほしいのならば入門機は避けましょう。 あとで外部ストロボを買い足せば使えますが外部ストロボ2個買わないいけないわけでかなり敷居が高いです。 逆にプロ機といわれるD4などにもコマンダー機能はなし。 ここらへん使うというか50万するボディ買える人は素直にストロボ買ってくださいというか買えるでしょう。 さてコマンダーモードの説明に移ります。 まずカメラ内のフラッシュの設定に入り内蔵フラッシュのところへ。 で内蔵フラッシュの発光をコマンダーモードにします。 書き忘れてましたがコマンダーモードを使うには内蔵フラッシュをポップアップしないとだめです。 なもんで内蔵フラッシュの無いD3などのプロ機ではコマンダーモードはつかえないってことに。 でコマンダーモードの設定になりました。 見てわかるとおり内蔵フラッシュ込みで3つのグループ、まぁ3つのストロボの発光モードや補正量、光量の調整をてもとのカメラひとつでやれちゃうのがコマンダーモードの超便利なところ。 コマンダーモードが無くてもスレーブ発光機能があるストロボを使えばスピードライトを離しての多灯ライティングはできますが光量調整はフルマニュアルになりついでにストロボを直に操作しないとだめ。 場合によってはストトボを数mも離すことになるんで細かい調整をわざわざストロボのところにいってやるのはめんどう。 その手間をなくしたのがコマンダーモードってことです。 なんかすっごいハイテクでしょ。 D90のコマンダーで選べる発光モードは発光なし(ーー)TTL マニュアル AやBグループの外部ストロボはAAという絞り絞り連動外部調光も使えますがストロボが対応してないと使えませんのでご注意を。 内蔵フラッシュを発光させないということができるのもコマンダーモードのいいところ。 スレーブではこれができないので横からだけのフラッシュってことができないのよね。 ちなみに設定ですべてを発光させないとするとフラッシュを起動させてない状態での撮影と同じになります。 あとチャンネルが4つえらべるんですがあんまり使わないかしら。 まぁチャネルごとにストロボをわければいろいろやれることもあるってね。 ちなみにチャネル設定はストロボ側で設定してここであわせたチャネルのものだけ命令ができます。 発光しないってときはそういうチャネルが違ってる場合があるので注意。 そして俺のDi622mk2のように1chのAグループでしか動かないってものもありますので説明書はよく読んでください。 でその少量発光が近接撮影時などに写り込む場合があるのでそういう場合は上の画像のSG-3IR(赤外線だけを通すパネル)を使えってなってます。 SG-3IRは1000円くらいなんで買えばいいんですがどのくらい写り込むものなのかが分からないとねってことでそんなテストを。 設定はこんな感じで内蔵フラッシュは発光なし。 でほかは適当に。 次にあげる写真は外部ストロボの電源を切って撮ってます。 命令はだしてるが光るものがないので真っ暗に写らないといけないって状況にしました。 こういう風に外部ストロボがあろうがなかろうが電源入ってようがいまいがコマンダーとしては動きます。 つながってるかどうかかってに確認できるほどハイテクではないってことは覚えておきましょう。 視力検査みたいな画像になってしまいましたが部屋を暗くして上で説明した真っ暗に写らないとおかしいという状況で撮りました。 画像クリックして大きくしてもらうとたしかわかると思いますが下半分くらいに「Di622」って白い文字がうっすら見えると思います。 被写体との距離は約50センチ。 てかりが無い被写体であればこんなくらいってこと。 影響ないっていってもいいかと。 と大事な設定はISO200 F10です。 とまぁちょっと光ってるのもしゃくなんで内臓フラッシュの前に手かざしてみました。 手でさえぎる場合は内蔵フラッシュに近づけすぎるとだめ。 それなりの間隔をあけると部屋でならなんとか大丈夫のようです。 ということでこの状態で撮ってみました。 完全にマックロの画像が撮れました。 SG-3IRがあればこんな風に撮れますよってことね。 とこれじゃわかりづらいので別の写真を。 もうちょい被写体選べよってことですが上の写真はこんな被写体でした。 今度は外部ストロボの電源をオンにして真横から光らせてます。 写真みてわかるとおりS95のモニタにがっちりフラッシュの四角い光がうつってますね。 さっきの写真のこの四角いのがうつってないのはカメラの向きを変えたから。 下からあおって撮らないと写らなかったのよね。 そういう角度を変えることで写ったりうつらなかったりするんでパネルが無い場合で内蔵フラッシュの光がきになる場合は角度かえてみましょう。 ということで手をかざしてまたとってみました。 正面からの光は完全になくなったのがよくわかると思います。 SG-3IRが必要か必要じゃないかは人によるとしか言えないですね。 このくらいって思う人もいるでしょうしこんなにって人もいるでしょう。 けどワイヤレス多様するのならあって損はないものでしょうから購入したほうがいいんでないかな。 おれもそのうち買います。 あと大事なこと書き忘れましたがコマンダーモードで内蔵フラッシュオフにしてもこの少量発光とは別に最初にものすごい光の量でフラッシュが光りますがそれは写真には一切影響しないモニター発光です。 シャッターボタンを押すと同時で光るのであれ?って思うのですが微妙にシャッター切れる前に光ってるので影響はない。 その後にまた少量発光してるってこと。 そんなことで長々書きましたがアドバンストワイヤレスライティングてのはこんなのってのは分かっていただけたでしょうかな。 フラッシュなどの光源に懲りだすと写真というのはかなり変わってきます。 お手持ちのカメラがコマンダーモードに対応しているのならばワイヤレスに対応したストロボを買ってみるとけっこうおもしろいですので予算があったら考えてみてください。

次の