努力=結果~異世界に飛ばされたら自分だけレベルアップシステムから外されていたので努力したら最強だった~。 HJネット小説大賞2019(HJネット小説大賞

努力した結果最強 小説家になろう 作者検索

努力=結果~異世界に飛ばされたら自分だけレベルアップシステムから外されていたので努力したら最強だった~

見世物でもある闘剣において、個性もなくただ強いだけの不人気闘剣士のフウタはひたむきに努力を繰り返すも、彼の人気は落ちるばかり。 悩み続けた彼は、運営側から提示された"華のある試合を演出する"という甘言に乗ってしまい、八百長試合を行ってしまう。 結果ありとあらゆる不名誉なレッテルを貼られ、コロッセオどころか国を追われた彼は、路銀が尽き、いよいよ野垂れ死にを覚悟した。 だが死の瀬戸際で彼が出会ったのは、フウタのことなど何も知らない、"最強"を志す姫君だった。 観客の居ないただの決闘。 それを最後の試合だと思い姫君と手合わせしたフウタは思いもよらぬ提案を受ける。 「当家の食客になりませんか? たまに手合わせしていただければ、後は何もしなくて構いません」 頑張れば頑張るほど嫌われる日々は終わり、今までの努力が報われるヒモ生活が幕を開けた。 ある世界に生きる男の話。 レイブン・グルジオという男がいた。 彼は才能に恵まれ尚且つ努力も怠らず、『転生魔王』の二つ名を持つ最強クラスの冒険者になった。 だが彼には戦闘以外に秀でた部分がこれといってなく、口数の少なさや愛想の悪さが災いして民衆か らは畏怖の対象となり、孤立して街を出た。 そしてダンジョンを転々としていたある日、偶然ダンジョン内に隠された謎の研究室を見つけたレイブンは、その中で一体の人形を見つける。 それが起動した結果、彼と人形が一体化し、自由に切り替えることができるようになった。 「二つの顔を持つ男、か。 この人形、ありがたく使わせてもらおう」 第二の身体を得た男は、自分の望む形での最強になるべく、もう一度街に繰り出す。 「娘が欲しい」「ならば孤児を養子に迎えればどうだ」 親友に相談してそう言われてからもう四年と数ヶ月。 なかなか見つからんもんだ。 俺の理想が高すぎるってのもあると思うが。 いや、それしかないわ。 だがまぁ、この数年で面白いやつとも知り合えたし結果的 には良かったかもしれん。 ま、流石にそろそろ見つかって欲しいけどな。 ……む? 服装と体型から孤児、だな。 一つ目の条件クリア。 ……他の条件もクリアしている。 見つけたぞ! 俺の理想の娘候補! よし、そうと決まれば早速あの子の孤児院にいこうって、俺孤児院の場所知らねぇわ。 あ、ちょうどいいし理想の娘候補に案内してもらうか。 「おーい! そこの嬢ちゃん!」「……わたし?」 【注意】不定期更新がデフォルトです。 気長に待っていただけると嬉しいです。 この作品は私の投稿している短編の連載版です。 そちらも読んでいただけると嬉しいです。 感想や誤字脱字の報告は随時受け付けています。 文字数などは安定しませんのでご注意を。 最初から主人公が強いですが、努力して強くなった後のお話ですのでご注意を。 少女の心と占いが、男の人生を変えた。 冒険者こと「ガーディアン」として活動していた、レイジ・ガルムファング。 順風満帆な人生を歩んでいた彼の日常は、突如終わりを告げる。 いつも通り任務を行っていたレイジ含むパーティは、突如ドラゴ ンに襲われた。 片腕を失う大怪我を負い、恋人を目の前で失ったレイジ。 そんな彼に追い討ちをかけるように仲間が裏切り、レイジは責任を負わされ、パーティと職場から追放されてしまう。 恋人、利き腕、友人、信用。 すべてを失い途方に暮れるレイジ。 そんな時、襲われていた獣人の少女、アンジェを喧嘩で救い出す。 自身を「百発百中の占い師」だと豪語するアンジェは、お礼にレイジの最適な職業を導き出す。 魔術師、拳闘士、そしてエンジニア。 最後のは聞いたこともない職だった。 信憑性に欠ける結果だったが、レイジは半ばヤケクソ気味にその占いを信じた。 どうせ死ぬなら、自分の物語の結末を見てから死にたい。 レイジはそう決めて、アンジェと共にもう一度ガーディアンの活動を再開しようとする。 しかし、彼の名前はすでに登録を抹消されていた。 万事休すかと思ったその矢先、アンジェはとんでもないことを言った。 「レイジはオレと結婚して、苗字が変わった。 だから新しく登録して欲しい」 その一言から、レイジは第二の人生を歩むようになる。 さまざまな力が目覚め、才能を開花させるレイジ。 それでも慢心せず努力を続けるひたむきな彼に、人々は惹かれ、新たな仲間たちが集い……。 これは、どん底に落ちた男が描く、成り上がりの物語。 小さな町の鍛冶屋の次男として生を受けたアステルの魔力は出力だけが一級品でそれ以外の拡散性や持続性については欠陥だらけで「まともに扱える魔法は殆どないだろう」と告げられてしまう。 だが、だからといって何もせずに諦めることだけは嫌だとアステ ルはどうにか魔法を扱えるように特訓をするが、その努力が結果に結びつくことはなかった。 悔しさに涙を流すアステルに元Aランクギルドメンバーであるフィーネ・キャロル、同じくAランクギルドメンバーの医者であるミラ・アーカードの手が差し伸べられた時、閉ざされかけていた彼の人生の扉は再び開くことになり、世界最高のギルドメンバーを目指すための彼の長い人生の旅が始まることになる。 流星のアステルは現在、ヒナプロジェクト様が運営されている小説家になろうでのみ掲載させて頂いております。 その他のサイトに掲載されているものは作者及びヒナプロジェクト様の許可を得ずに無断で転載されているものですのでご注意下さい。 とある貧乏魔術師は決闘であっけない死を迎え、気づけばロイドという王族の子に転生していた。 王位に関係がない第七王子ということで親兄弟から好きに生きろと言われたロイドは、 今まで満足に出来なかった魔術の研究に励む事にする。 余りある時間と資産、そして地道な努力と前世の知識、恵まれた環境により、ロイドは恐るべき速度で魔術を習得していく。 ……のだが、本人はその力を戦闘に使おうとはせず、あくまでも知的好奇心優先で実験と研究に熱中していた。 その結果、周囲の評価がとんでもないことになっていくのだが……ロイドはそんなことは気にもせず、気ままに魔術を極めるのだった。 世の中に絶望しかけた彼であったがひょんなことからかつて異世界の勇者が遺したとされる書物(実はスポ根漫画)を手に入れる。 異世界の文字は難解であったがなんとか読み解いた結果 、とうきゅうやきゅうぎという文字が判明。 そうか!これはきっと闘球と球技、つまり球を使った武術なんだな! そう判断したおっさん冒険者は、かつての勇者が遺したスポ根漫画の数々を誤って読み解き、独自の戦い方を構築していくこととなる。 努力すれば、いつか自分だって。 幼い頃に聞いた冒険譚の主人公のようにだってなれるはず。 そんな希望を胸に秘め、ただ一つ身につけた剣技【パリイ】でひたすら目の前の木剣を弾き続けた。 「パリイ」 やがて、剣を振るわずして千の木剣を弾けるようになった男は思う。 いくら努力しても、望んだ結果は得られなかった。 そろそろ自分も夢から醒める頃合いなのかもしれない。 おかげさまで 日間総合ランキング1位 週間総合ランキング1位 月間総合ランキング1位 四半期総合ランキング1位 年間総合ランキング1位 達成(いっとき) また累計で38位(!)ぐらいとなりました。 ありがとうございます! 異世界の神の勝手によって異世界に転移することになった倉野。 実際に異世界で確認した常識と自分に与えられた能力が全く違うことに少しずつ気付く。 異世界の住人はレベルアップによってステータスが上がっていくようだったが、倉野にだけレベルが存在 せず、行動を繰り返すことによってスキルを習得するシステムが採用されていた。 そのスキル習得システムと異世界の常識の差が倉野を最強の人間へと押し上げていく。 だが、倉野はその能力を活かして英雄になろうだとか、悪用しようだとかそういった上昇志向を見せるわけでもなく、第二の人生と割り切ってファンタジーな世界を旅することにした。 最強を隠して異世界を巡る倉野。 各地での出会いと別れ、冒険と楽しみ。 元居た世界にはない刺激が倉野の第二の人生を彩っていく。 そんな世界で。 魔術第一学園に、無能の烙印を押された落ちこぼれの少年がいた。 彼は周囲からの様々な嫌がらせを受けながらも、いつか誰もが認める魔法騎士になることを目指して日々努力に明け暮れていた。 そんな少年に転機が訪れる。 それは、学園の実技試験での魔獣狩りの最中だった。 想定外の強力な魔獣の出現によって、少年は囮として魔獣の徘徊する森で置いて行かれたのだ。 死に物狂いで逃げる中で、少年は谷底へと身を投げ窮地に一生を得る。 魔獣の森で生き抜いた少年の感覚は研ぎ澄まされ、その実力は最弱から最強へ。 これは、落ちこぼれだった少年が努力で掴んだ力で、世界にその名を轟かせる物語。 批評は嬉しいですが、批判は辞めてくださるとありがたいです。 何の前触れもなく異世界に召喚された高校二年生、灰瀬零斗。 すごい力を貰えるのかと思ったら、与えられた《加護》は『体が頑丈になる』。 これでどう戦えという零斗を他所に、異世界の住民は勇者にしては弱すぎる彼を『無加護』と名付け冷たく当たる。 彼なりに 考えに考え、友人を突き放してまで努力した結果、得たのは『国外追放』という名の『死刑』。 もう知ったことかと、零斗は夢の異世界ライフに見切りをつけ、降り立ってしまった魔境にて鍛錬し、最強となる。 ネコを助けて死んだ39歳の独身男。 挙げ句には皇帝になってくれとまで頼まれるが……「え? いやいや、俺なんかが皇帝に相応しいわけないでしょ? それにもっと魔術を極めたいし……というか、努力を止めるのが怖い!」 そんな努力ジャンキーとなった彼の面白おかしい物語。 基本的に力を隠したまま裏で活躍するので、社会はエイビーに対して冷たいですが、優秀な妹や仲間たちは彼のことを心から信頼し、認めてくれています。 主人公最強です。 14歳の少年、ギアル・クロックスは教会にて「儀式」を受けていた。 儀式とは各々に潜む才能を、『職業』『扱える魔法』『能力』としてあらわし、それに沿った力を与えられるというもの。 そのため儀式で判明した内容と手に入れた力によって、人生が決まっ てしまうのが社会の常識であった。 ギアルの職は『大魔導師』。 数多の種の魔法を操ることが可能な将来有望な人材。 ……本来ならばそうなるはずだった。 同時に判明した扱える魔法は、大魔導師として前代未聞の『速度』の一種類のみ。 それはつまり、攻撃も回復も、速度操作以外の補助もできない木偶の坊であることを意味していた。 学び舎の教師や級友達は失望し、彼に落ちこぼれの烙印を押す。 そんな中、むしろギアルは自身のその結果に希望を抱き_____。 逆境に燃えた少年の最強への道が、今、開かれる! ========== 本作は小説家になろうのほかに、カクヨム様、アルファポリス様にも投稿しております。 alphapolis. 二人は最弱の冒 険者として同僚から馬鹿にされ続けていた。 そんなある日、魔獣が突如にして帝都を襲撃する。 実力も人望もないルイスだが、それでもルイスは、せめて自分にできる仕事を行う。 結果、なぜか《無条件勝利》という謎スキルを習得した。 そうしているうちに、世界の避けられぬ運命を突きつけられる。 そしてまた、最強スキル《無条件勝利》を使ってもなお敵わぬほど、相手が強力であることを。 なぜ自分は急にこんなスキルを手に入れたのか。 そもそも《無条件勝利》とはいったいどういうことか。 二千年前に起きた帝国と共和国の戦争でなにが起きていたのか。 *オーバーラップノベルス様から書店やアマゾンで書籍発売中です! 熱く感動できる物語を目指していますのでぜひお手に取りくださいませ! 別サイト、キャスフィ様でも投稿しております。 俺の名前は『タロウ』。 漢字で書けば『太郎』だ。 役所などの見本で良く目にする、タロウが俺の名前である。 そんな俺は訳あって異世界へと転生する。 理由は察してくれ。 ……自殺じゃ無いぞ? それはさておき。 俺の転生した世界『ダークライト』は、 剣と魔法が支配するファンタジー溢れる世界である。 魔物も溢れているがな。 その世界に転生する際、女神様は俺に『努力チート』なるものを授けてくれたが、努力はチートでは無い事を知っている。 とても残念である。 だがしかし! この世界で遊び人を極めると、賢者になれるという事をお伽噺で俺は知った。 となれば、賢者を目指すしかあるまい。 そんな夢を抱き、先ずは遊び人に転職する為に旅立った矢先、『努力チート』は正真正銘、本物のチートであった事を知る。 結果、俺は努力に努力を重ね、最強そして最凶のステータスを手に入れた。 だが俺は、魔法で無双がしたい。 せっかく魔法がある世界に転生したのだから、ド派手な魔法を使いたいのだ! この物語は、『努力チート』で最強となったこの俺『タロウ』が、賢者を目指して奮闘する物語である。 気がつくと大草原の真っただ中にいた。 食べるものも飲むものもなく、 夢中でスライムに襲いかかるも瀕死状態になる。 そんな危機に無償で助けてくれた少女の名を 『露原 イツキ』と言った。 一人では何もできない主人公を心配して パーティーを組むこ とになった。 収入が低いうえに、物価高騰が重なり、 貧乏一直線、薬草を摘みマーケットに売り、 野宿生活だ。 ある日孵った卵はスライムだった。 野草を摘んでいたせいか 回復魔法の使える希少種だ。 そのつもりはなかったのだが結果として拷問してしまった。 カーバンクルは、我が身可愛さに、子供=卵を差し出してきた。 無事、カーバンクルの魔法反射を入手した一行は 最強の雑魚ウルティメットドラゴンを倒し、テイムした。 ステータスは上がりまくり異常なほどだ。 ペットたちも異常に強くなった。

次の

『努力=結果~異世界に飛ばされたら自分だけレベルアップシステムから外されていたので努力したら最強だった~』 : annualreport2016.candafoundation.org

努力=結果~異世界に飛ばされたら自分だけレベルアップシステムから外されていたので努力したら最強だった~

公式キーワード ワードをチェックすると、検索ボックスに自動で入力されます。 検索ワードは直接入力も可能です。 作品傾向• ギャグ• シリアス• ほのぼの• ダーク 登場キャラクター• 男主人公• 女主人公• 勇者 舞台• 学園 時代設定• 未来 要素• ロボット• アンドロイド• 職業もの• ハーレム• 逆ハーレム• 群像劇• チート• ミリタリー• ハッピーエンド• バッドエンド• グルメ• ゲーム• 超能力• タイムトラベル• ダンジョン• パラレルワールド• タイムリープ おすすめキーワード ワードをチェックすると、検索ボックスに自動で入力されます。 検索ワードは直接入力も可能です。 恋愛 恋愛〔大ジャンル〕• 異類婚姻譚• 身分差• 年の差• 悲恋 異世界• ヒストリカル• 乙女ゲーム• 悪役令嬢 現実世界• オフィスラブ• スクールラブ• 古典恋愛 ファンタジー ハイファンタジー• オリジナル戦記 ローファンタジー• 伝奇 文芸 ヒューマンドラマ• ハードボイルド• 私小説• ホームドラマ 歴史• IF戦記• 時代小説• 逆行転生 推理• ミステリー• サスペンス• 探偵小説 ホラー• スプラッタ• サイコホラー アクション• 異能力バトル• ヒーロー• スパイ• 冒険 コメディー• ラブコメ SF SF〔大ジャンル〕• 近未来• 人工知能• 電脳世界 VRゲーム• VRMMO 宇宙• スペースオペラ• エイリアン 空想科学• サイバーパンク• スチームパンク• ディストピア• タイムマシン パニック• バイオハザード• パンデミック リプレイ用キーワード ワードをチェックすると、検索ボックスに自動で入力されます。 検索ワードは直接入力も可能です。 リプレイ用 キーワード• ソード・ワールド2. アリアンロッドRPG2E• ダブルクロス The 3rd Edition• メタリックガーディアンRPG• グランクレストRPG• ガーデンオーダー• ナイトウィザード The 3rd Edition• アルシャードセイヴァーRPG• ドラゴンアームズ改• モノトーンミュージアムRPG• ブレイド・オブ・アルカナ• セブン=フォートレス メビウス• バトルガールプロデュースRPG エースキラージーン• チェンジアクションRPG マージナルヒーローズ• 片道勇者TRPG• 神話創世RPG アマデウス• デッドラインヒーローズRPG• 常夜国騎士譚RPG ドラクルージュ• 巨獣討伐RPG コロッサルハンター 公式キーワード ワードをチェックすると、検索除外ボックスに自動で入力されます。 除外ワードは直接入力も可能です。 作品傾向• ギャグ• シリアス• ほのぼの• ダーク 登場キャラクター• 男主人公• 女主人公• 勇者 舞台• 学園 時代設定• 未来 要素• ロボット• アンドロイド• 職業もの• ハーレム• 逆ハーレム• 群像劇• チート• ミリタリー• ハッピーエンド• バッドエンド• グルメ• ゲーム• 超能力• タイムトラベル• ダンジョン• パラレルワールド• タイムリープ おすすめキーワード ワードをチェックすると、検索除外ボックスに自動で入力されます。 除外ワードは直接入力も可能です。 恋愛 恋愛〔大ジャンル〕• 異類婚姻譚• 身分差• 年の差• 悲恋 異世界• ヒストリカル• 乙女ゲーム• 悪役令嬢 現実世界• オフィスラブ• スクールラブ• 古典恋愛 ファンタジー ハイファンタジー• オリジナル戦記 ローファンタジー• 伝奇 文芸 ヒューマンドラマ• ハードボイルド• 私小説• ホームドラマ 歴史• IF戦記• 時代小説• 逆行転生 推理• ミステリー• サスペンス• 探偵小説 ホラー• スプラッタ• サイコホラー アクション• 異能力バトル• ヒーロー• スパイ• 冒険 コメディー• ラブコメ SF SF〔大ジャンル〕• 近未来• 人工知能• 電脳世界 VRゲーム• VRMMO 宇宙• スペースオペラ• エイリアン 空想科学• サイバーパンク• スチームパンク• ディストピア• タイムマシン パニック• バイオハザード• パンデミック リプレイ用キーワード ワードをチェックすると、検索除外ボックスに自動で入力されます。 除外ワードは直接入力も可能です。 リプレイ用 キーワード• ソード・ワールド2. アリアンロッドRPG2E• ダブルクロス The 3rd Edition• メタリックガーディアンRPG• グランクレストRPG• ガーデンオーダー• ナイトウィザード The 3rd Edition• アルシャードセイヴァーRPG• ドラゴンアームズ改• モノトーンミュージアムRPG• ブレイド・オブ・アルカナ• セブン=フォートレス メビウス• バトルガールプロデュースRPG エースキラージーン• チェンジアクションRPG マージナルヒーローズ• 片道勇者TRPG• 神話創世RPG アマデウス• デッドラインヒーローズRPG• 常夜国騎士譚RPG ドラクルージュ• 巨獣討伐RPG コロッサルハンター 初回掲載日 (年月日) ~ 抽出条件の指定• 挿絵のある小説• 小説PickUp!対象小説• ブックマークしている小説• 評価をつけた小説 ブックマークしている小説、評価を付けた小説の抽出はしてご利用下さい。 登録必須キーワード• R15• 残酷な描写あり• ボーイズラブ• ガールズラブ• 異世界転生• 異世界転移 除外条件の指定• 長期連載停止中の小説• ブックマークしている小説• 評価をつけた小説 ブックマークしている小説、評価を付けた小説の除外はしてご利用下さい。 登録必須キーワード• R15• 残酷な描写あり• ボーイズラブ• ガールズラブ• 異世界転生• 異世界転移 ワード検索範囲指定• 作品タイトル• あらすじ• キーワード• 作者名 すべてのチェックを解除した場合、すべての項目がワード検索の対象となります。 検索結果の並び替え: 異世界トリップ 検索結果: 3,397作品 元御庭番衆の末裔…とは言っても、現代日本に於いては要人警護を主にする警備会社で働くただのサラリーマン。 何処にでもいるような、中肉中背優男風な日下部怜(くさかべれい)28歳は、テロ対策本部特別指揮官補佐という名のただの雑用要員中に、爆破に巻き込まれて異世界トリップ。 人よりちょっとだけ生い立ちが特殊で、ちょっとだけ頑丈で、ちょっとだけ運動神経がよくて、ちょっとだけ特殊技能を持ってる怜は、魔法や剣のある世界で無事生き残れるでしょうか。 異世界での生き残りを掛けたバトル!ではなく、特に使命もなく(女神に会ったりしてない)、現世のしがらみ(御庭番末裔達がいる里の頭首候補)も無くなったので、チートな現地人と共に、のんびりスローライフ送れるように頑張りたいと思います。 その男は他のどんな男よりも強く逞しく、そして、聡明だった。 圧倒的な力で他をひれ伏させたその男は、自分も自分以外の全てをも恐れず、怯まず、退かず、全世界を敵に回し、最強の軍隊を率いてこの世界を征服しようとしたのだった。 後の世で征服王と呼ばれ、貪狼とも、或いは暴狼とも蔑まれ、かつては世界最大最強の国家だったル・ガル帝國を滅ぼした稀代の悪王と罵られる男の物語。 ヒトの世界からやって来た父とイヌの母を持つその男は、幼き日に別れた祖父との約束の為、世界を焼き払ってでも目的を果たす事を選択したのだった。 出会いと別れ。 世界を越え、世代を越え、様々な所で魂の兄弟として結ばれていくエディとその仲間達の物語。 かつて世界最大の帝國だったル・ガルが辛く貧しい国に落ちぶれていくきっかけとなった男の、今はもう忘れ去られた本当の歴史の物語です。 ある日死神のミスで交通事故に遭った彼女は、そのまま死亡してしまう。 生き返る為の試練として、かつて夢中になって読んだ物語の舞台・ネバーランドに飛ばされた彼女は、フック船長に迎えられ、海賊の仲間として過ごすことになる。 物語とは異なる性情のフック船長、世話役となった航海士・ローザ、永遠の少年であるピーター・パン、彼の仲間であるロスト・ボーイズ。 15歳以上推奨です。 また、この作品はノベルアップ+及び魔法のiらんどでも掲載しております。 その人を助けるべく奮闘するが、見た事もない化け物が襲ってきて絶対絶命!?「大丈夫ですか!?これ飲めますか!?」「ッ…に…げ…」「にげ?苦くないですよ、スポドリなんでむしろどっちかっていうと甘いですね」 天空に住まう龍の国の美形騎士と、いつの間にか登山スタイルで異世界トリップしていた女性の話。 「これは何だ?」 「魔法瓶ですよ。 中身の温度を保たせる事ができるんです」 「凄いな、良かったら魔法陣を教えてくれないか?」 「魔法!?」 第一章は女性が嫌いで恋をした事がないダンスィーな龍騎士が無自覚に恋愛し、色々戸惑ったり頑張ったりするお話です。 もふもふした神獣や可愛らしい精霊?などの力を借りつつ、二人で旅をしながら、龍の国へ行きます。 R15は保険です。 魔物を倒したりとかちょいちょい残酷な描写があります。 腐女子とは、男同士の恋愛が描かれた創作物をこよなく愛する、言ってみればホモ大好きな女の子のことである。 といっても私はそのことを周囲にひた隠しにしていて、表面上はリア充を装っている。 メイクもするしスカートだって短くする。 腐女子はやっぱり日陰者で、公に胸を張れる趣味じゃない。 『ホモが嫌いな女子なんかいません』と言っても、やっぱりそういう話題を出すと眉をひそめる人もいるんだから。 私はその辺にいる節操のないオタクとは違う。 正しく節度を保った、慎み深い隠れ腐女子なのだ。 ……だから何だと言われたらそれまでだけど。 異世界転生。 その夢物語が二人の少年少女の理不尽な死によって実現してしまった。 しかしながら、その夢物語はどんな運命だろうがありえない話。 そのありえない話を実現してしまった彼ら、少年の名は青原仁也。 少女の名は辻島優花。 二人は高校生で勉学に励みながら、平凡な生活を淡々と送っていただけだった。 特質した理由など彼らにはない。 たとえ真実を知っても。 理不尽な死でも。 二人は神に頼まれ事を終えるため、異世界を旅する。 この物語は、無残にも殺されてしまった高校生が死んで転生し、神の眷属として異世界の悲劇と運命に立ち向かっていく勇気溢れる長編物語。 目を覚まし気が付くと見知らぬ草原に職無し、金無し、住居無し、で。 これは最強でも最弱でもなくハーレムも目指さない、ある凡人な探偵が冒険者になり異世界で困惑しつつ自力で生活を送りながらも元の世界への帰還を目指し奮闘するお話。 タイトルは後で変更する可能性があります。 毎週水曜日16時投稿予定ですが、遅れる場合があります。 彼女はオタク故に順応も早かった。 仕方が無いので魔導師として生活中。 本来の世界の知識と言語の自動翻訳という恩恵を駆使して異世界で生きる彼女。 ところが現実は厳しかった。 癖があるどころか乙女の夢をぶち壊す美形連中と異世界人の扱いを知った彼女は痛感する。 そこが独房であるらしいと察するも、呼びかけに応じる声はない。 異常な寒暖差の気候、日に二度ドアの下から差し入れられる信じ難いほどに不味い食事、何より自分の置かれた状況がまるでわからない不安が、気力と体力を削っていく。 そして、意識を取り戻して十日目、彼は唐突に独房から解放される。 自分と同じ粗末なローブに身を包んだ異形の集団とともに移送されたのは、円形闘技場を彷彿とさせる施設だった。 そこで彼を含むローブの集団は、巨大で凶悪な〝魔獣〟なる生き物との一対一の闘いを強制される。 境遇を同じくする者たちが次々と凄惨な死を迎える中、主人公はどうにか生き残ろうと行動する。 しかし、彼は未だ知らない。 それが、異世界での過酷な生存競争の幕開けであることなど。 忍者としての技能を持つマサムネに光の国の王城に閉じ込められている魔術師フォトンが言う。 「私を城の外に連れ出して」と。 そしてマサムネとフォトンは王城を抜け出して異世界のいろんな国の観光旅行を始めるのだった。 端的に言って異世界召喚もの、あるいは異世界トリップものです。 そして異世界を観光する冒険譚です。 主人公もヒロインたちもチートで最強です。 特にヒロイン。 主人公も体術や忍術はトップクラスで無双しますが・・・。 苦手な方はご注意ください。 本編は既に完結しておりますので、お気楽に読んでやってください。 現在の更新は、現代編というか外伝というか並行世界というか蛇足というか呟きというか……そんな感じです。 さらに言えば国を巡るごとにハーレムが増えていく予定です。 ヒロインについては下記に追加していきます。 【フォトン】最悪かつ災厄な魔術師にして不死身の呪いをその身に宿す女の子。 【リリア】現地妻。 【ツナデ】主人公の義妹。 超ブラコン。 【イナフ】ハーフエルフ。 合法ロリ。 【ウーニャー】ドラゴン娘。 零歳児という究極の違法ロリ。 【フィリア】水を操るトライデントを持つ美女。 年上キャラ。 【巫女】現地妻。 神を観測する者(ゴッドゲイザー)。 【ドール】形の国の王。 別名、コミュ障王。 【ジャンヌ】渚の国のテロリスト。 パイロキネシスト。 じゃあよろしくね~」 大学生の葉月衣奈(はづきえな)大学に向かう途中だったのに突然異世界で女神見習いとして降臨ですか!? え? 元の世界に戻れるかは不明?……神様って他にも降臨するの!? こうなったら、まったりのんびり自由に生きてやるんだから! のんびり生活しようと頑張っても何故かせっせと働いてしまう……そんなお話になる予定です。 よろしくお願いいたします。 ブックマークや評価、誤字報告などありがとうございます。 その他投稿サイトでも公開しています。 料理の名前は「ラメン」……それは一口食えば、天にも昇る味である! 私はあっという間に「ラメン」の虜となり、毎晩、街角でその男を待ちわびていた。 しかし、ある夜を境に、男は消えてしまった……『友』と呼べるほど仲良くなった男は、私の前から姿を消してしまったのだ。 それから二十年、私はもう一度だけでも「ラメン」を味わいたくて、同じ街角に立ち尽くしている。 ああ……愛しの「ラメン」よ、もう二度と、あの味に出会えないのだろうか……? そんな風に絶望していた、その時だ。 しかし、そこに現れたのは、あの男の『息子』を名乗る、レンという料理人だった。 異世界には、『勇者』として召喚されたのに、チートを振りかざして己の欲望を満たすために、好き勝手なことをする無法者達がたくさんいる。 異端審問官は、そんなチート転生者の無法を取り締まるのが仕事である。 迫りくる人知を超えた魔物と、自分勝手な勇者たち。 脅威に立ち向かい、仲間たちとともに現地の人の生活を守る。 異端審問官としての俺の戦いが今始まる。 サクッと読めます。 ある初夏の晩、あれこれ思い悩む流護は、疎遠気味になっていた幼なじみの少女を夏祭りに誘おうと思い立つ。 迷い込んだそこは、剣と魔法と魔物に彩られたファンタジー世界。 様々な人との出会い、様々な敵との戦い。 剣と魔法の飛び交う過酷な異世界を、流護は己が拳で切り抜けてゆく。 その世界へ招かれた理由を、知らないままに。 きっと許されない出会いを果たしてしまった二人の、物語。

次の

HJネット小説大賞2019(HJネット小説大賞

努力=結果~異世界に飛ばされたら自分だけレベルアップシステムから外されていたので努力したら最強だった~

見世物でもある闘剣において、個性もなくただ強いだけの不人気闘剣士のフウタはひたむきに努力を繰り返すも、彼の人気は落ちるばかり。 悩み続けた彼は、運営側から提示された"華のある試合を演出する"という甘言に乗ってしまい、八百長試合を行ってしまう。 結果ありとあらゆる不名誉なレッテルを貼られ、コロッセオどころか国を追われた彼は、路銀が尽き、いよいよ野垂れ死にを覚悟した。 だが死の瀬戸際で彼が出会ったのは、フウタのことなど何も知らない、"最強"を志す姫君だった。 観客の居ないただの決闘。 それを最後の試合だと思い姫君と手合わせしたフウタは思いもよらぬ提案を受ける。 「当家の食客になりませんか? たまに手合わせしていただければ、後は何もしなくて構いません」 頑張れば頑張るほど嫌われる日々は終わり、今までの努力が報われるヒモ生活が幕を開けた。 ある世界に生きる男の話。 レイブン・グルジオという男がいた。 彼は才能に恵まれ尚且つ努力も怠らず、『転生魔王』の二つ名を持つ最強クラスの冒険者になった。 だが彼には戦闘以外に秀でた部分がこれといってなく、口数の少なさや愛想の悪さが災いして民衆か らは畏怖の対象となり、孤立して街を出た。 そしてダンジョンを転々としていたある日、偶然ダンジョン内に隠された謎の研究室を見つけたレイブンは、その中で一体の人形を見つける。 それが起動した結果、彼と人形が一体化し、自由に切り替えることができるようになった。 「二つの顔を持つ男、か。 この人形、ありがたく使わせてもらおう」 第二の身体を得た男は、自分の望む形での最強になるべく、もう一度街に繰り出す。 「娘が欲しい」「ならば孤児を養子に迎えればどうだ」 親友に相談してそう言われてからもう四年と数ヶ月。 なかなか見つからんもんだ。 俺の理想が高すぎるってのもあると思うが。 いや、それしかないわ。 だがまぁ、この数年で面白いやつとも知り合えたし結果的 には良かったかもしれん。 ま、流石にそろそろ見つかって欲しいけどな。 ……む? 服装と体型から孤児、だな。 一つ目の条件クリア。 ……他の条件もクリアしている。 見つけたぞ! 俺の理想の娘候補! よし、そうと決まれば早速あの子の孤児院にいこうって、俺孤児院の場所知らねぇわ。 あ、ちょうどいいし理想の娘候補に案内してもらうか。 「おーい! そこの嬢ちゃん!」「……わたし?」 【注意】不定期更新がデフォルトです。 気長に待っていただけると嬉しいです。 この作品は私の投稿している短編の連載版です。 そちらも読んでいただけると嬉しいです。 感想や誤字脱字の報告は随時受け付けています。 文字数などは安定しませんのでご注意を。 最初から主人公が強いですが、努力して強くなった後のお話ですのでご注意を。 少女の心と占いが、男の人生を変えた。 冒険者こと「ガーディアン」として活動していた、レイジ・ガルムファング。 順風満帆な人生を歩んでいた彼の日常は、突如終わりを告げる。 いつも通り任務を行っていたレイジ含むパーティは、突如ドラゴ ンに襲われた。 片腕を失う大怪我を負い、恋人を目の前で失ったレイジ。 そんな彼に追い討ちをかけるように仲間が裏切り、レイジは責任を負わされ、パーティと職場から追放されてしまう。 恋人、利き腕、友人、信用。 すべてを失い途方に暮れるレイジ。 そんな時、襲われていた獣人の少女、アンジェを喧嘩で救い出す。 自身を「百発百中の占い師」だと豪語するアンジェは、お礼にレイジの最適な職業を導き出す。 魔術師、拳闘士、そしてエンジニア。 最後のは聞いたこともない職だった。 信憑性に欠ける結果だったが、レイジは半ばヤケクソ気味にその占いを信じた。 どうせ死ぬなら、自分の物語の結末を見てから死にたい。 レイジはそう決めて、アンジェと共にもう一度ガーディアンの活動を再開しようとする。 しかし、彼の名前はすでに登録を抹消されていた。 万事休すかと思ったその矢先、アンジェはとんでもないことを言った。 「レイジはオレと結婚して、苗字が変わった。 だから新しく登録して欲しい」 その一言から、レイジは第二の人生を歩むようになる。 さまざまな力が目覚め、才能を開花させるレイジ。 それでも慢心せず努力を続けるひたむきな彼に、人々は惹かれ、新たな仲間たちが集い……。 これは、どん底に落ちた男が描く、成り上がりの物語。 小さな町の鍛冶屋の次男として生を受けたアステルの魔力は出力だけが一級品でそれ以外の拡散性や持続性については欠陥だらけで「まともに扱える魔法は殆どないだろう」と告げられてしまう。 だが、だからといって何もせずに諦めることだけは嫌だとアステ ルはどうにか魔法を扱えるように特訓をするが、その努力が結果に結びつくことはなかった。 悔しさに涙を流すアステルに元Aランクギルドメンバーであるフィーネ・キャロル、同じくAランクギルドメンバーの医者であるミラ・アーカードの手が差し伸べられた時、閉ざされかけていた彼の人生の扉は再び開くことになり、世界最高のギルドメンバーを目指すための彼の長い人生の旅が始まることになる。 流星のアステルは現在、ヒナプロジェクト様が運営されている小説家になろうでのみ掲載させて頂いております。 その他のサイトに掲載されているものは作者及びヒナプロジェクト様の許可を得ずに無断で転載されているものですのでご注意下さい。 とある貧乏魔術師は決闘であっけない死を迎え、気づけばロイドという王族の子に転生していた。 王位に関係がない第七王子ということで親兄弟から好きに生きろと言われたロイドは、 今まで満足に出来なかった魔術の研究に励む事にする。 余りある時間と資産、そして地道な努力と前世の知識、恵まれた環境により、ロイドは恐るべき速度で魔術を習得していく。 ……のだが、本人はその力を戦闘に使おうとはせず、あくまでも知的好奇心優先で実験と研究に熱中していた。 その結果、周囲の評価がとんでもないことになっていくのだが……ロイドはそんなことは気にもせず、気ままに魔術を極めるのだった。 世の中に絶望しかけた彼であったがひょんなことからかつて異世界の勇者が遺したとされる書物(実はスポ根漫画)を手に入れる。 異世界の文字は難解であったがなんとか読み解いた結果 、とうきゅうやきゅうぎという文字が判明。 そうか!これはきっと闘球と球技、つまり球を使った武術なんだな! そう判断したおっさん冒険者は、かつての勇者が遺したスポ根漫画の数々を誤って読み解き、独自の戦い方を構築していくこととなる。 努力すれば、いつか自分だって。 幼い頃に聞いた冒険譚の主人公のようにだってなれるはず。 そんな希望を胸に秘め、ただ一つ身につけた剣技【パリイ】でひたすら目の前の木剣を弾き続けた。 「パリイ」 やがて、剣を振るわずして千の木剣を弾けるようになった男は思う。 いくら努力しても、望んだ結果は得られなかった。 そろそろ自分も夢から醒める頃合いなのかもしれない。 おかげさまで 日間総合ランキング1位 週間総合ランキング1位 月間総合ランキング1位 四半期総合ランキング1位 年間総合ランキング1位 達成(いっとき) また累計で38位(!)ぐらいとなりました。 ありがとうございます! 異世界の神の勝手によって異世界に転移することになった倉野。 実際に異世界で確認した常識と自分に与えられた能力が全く違うことに少しずつ気付く。 異世界の住人はレベルアップによってステータスが上がっていくようだったが、倉野にだけレベルが存在 せず、行動を繰り返すことによってスキルを習得するシステムが採用されていた。 そのスキル習得システムと異世界の常識の差が倉野を最強の人間へと押し上げていく。 だが、倉野はその能力を活かして英雄になろうだとか、悪用しようだとかそういった上昇志向を見せるわけでもなく、第二の人生と割り切ってファンタジーな世界を旅することにした。 最強を隠して異世界を巡る倉野。 各地での出会いと別れ、冒険と楽しみ。 元居た世界にはない刺激が倉野の第二の人生を彩っていく。 そんな世界で。 魔術第一学園に、無能の烙印を押された落ちこぼれの少年がいた。 彼は周囲からの様々な嫌がらせを受けながらも、いつか誰もが認める魔法騎士になることを目指して日々努力に明け暮れていた。 そんな少年に転機が訪れる。 それは、学園の実技試験での魔獣狩りの最中だった。 想定外の強力な魔獣の出現によって、少年は囮として魔獣の徘徊する森で置いて行かれたのだ。 死に物狂いで逃げる中で、少年は谷底へと身を投げ窮地に一生を得る。 魔獣の森で生き抜いた少年の感覚は研ぎ澄まされ、その実力は最弱から最強へ。 これは、落ちこぼれだった少年が努力で掴んだ力で、世界にその名を轟かせる物語。 批評は嬉しいですが、批判は辞めてくださるとありがたいです。 何の前触れもなく異世界に召喚された高校二年生、灰瀬零斗。 すごい力を貰えるのかと思ったら、与えられた《加護》は『体が頑丈になる』。 これでどう戦えという零斗を他所に、異世界の住民は勇者にしては弱すぎる彼を『無加護』と名付け冷たく当たる。 彼なりに 考えに考え、友人を突き放してまで努力した結果、得たのは『国外追放』という名の『死刑』。 もう知ったことかと、零斗は夢の異世界ライフに見切りをつけ、降り立ってしまった魔境にて鍛錬し、最強となる。 ネコを助けて死んだ39歳の独身男。 挙げ句には皇帝になってくれとまで頼まれるが……「え? いやいや、俺なんかが皇帝に相応しいわけないでしょ? それにもっと魔術を極めたいし……というか、努力を止めるのが怖い!」 そんな努力ジャンキーとなった彼の面白おかしい物語。 基本的に力を隠したまま裏で活躍するので、社会はエイビーに対して冷たいですが、優秀な妹や仲間たちは彼のことを心から信頼し、認めてくれています。 主人公最強です。 14歳の少年、ギアル・クロックスは教会にて「儀式」を受けていた。 儀式とは各々に潜む才能を、『職業』『扱える魔法』『能力』としてあらわし、それに沿った力を与えられるというもの。 そのため儀式で判明した内容と手に入れた力によって、人生が決まっ てしまうのが社会の常識であった。 ギアルの職は『大魔導師』。 数多の種の魔法を操ることが可能な将来有望な人材。 ……本来ならばそうなるはずだった。 同時に判明した扱える魔法は、大魔導師として前代未聞の『速度』の一種類のみ。 それはつまり、攻撃も回復も、速度操作以外の補助もできない木偶の坊であることを意味していた。 学び舎の教師や級友達は失望し、彼に落ちこぼれの烙印を押す。 そんな中、むしろギアルは自身のその結果に希望を抱き_____。 逆境に燃えた少年の最強への道が、今、開かれる! ========== 本作は小説家になろうのほかに、カクヨム様、アルファポリス様にも投稿しております。 alphapolis. 二人は最弱の冒 険者として同僚から馬鹿にされ続けていた。 そんなある日、魔獣が突如にして帝都を襲撃する。 実力も人望もないルイスだが、それでもルイスは、せめて自分にできる仕事を行う。 結果、なぜか《無条件勝利》という謎スキルを習得した。 そうしているうちに、世界の避けられぬ運命を突きつけられる。 そしてまた、最強スキル《無条件勝利》を使ってもなお敵わぬほど、相手が強力であることを。 なぜ自分は急にこんなスキルを手に入れたのか。 そもそも《無条件勝利》とはいったいどういうことか。 二千年前に起きた帝国と共和国の戦争でなにが起きていたのか。 *オーバーラップノベルス様から書店やアマゾンで書籍発売中です! 熱く感動できる物語を目指していますのでぜひお手に取りくださいませ! 別サイト、キャスフィ様でも投稿しております。 俺の名前は『タロウ』。 漢字で書けば『太郎』だ。 役所などの見本で良く目にする、タロウが俺の名前である。 そんな俺は訳あって異世界へと転生する。 理由は察してくれ。 ……自殺じゃ無いぞ? それはさておき。 俺の転生した世界『ダークライト』は、 剣と魔法が支配するファンタジー溢れる世界である。 魔物も溢れているがな。 その世界に転生する際、女神様は俺に『努力チート』なるものを授けてくれたが、努力はチートでは無い事を知っている。 とても残念である。 だがしかし! この世界で遊び人を極めると、賢者になれるという事をお伽噺で俺は知った。 となれば、賢者を目指すしかあるまい。 そんな夢を抱き、先ずは遊び人に転職する為に旅立った矢先、『努力チート』は正真正銘、本物のチートであった事を知る。 結果、俺は努力に努力を重ね、最強そして最凶のステータスを手に入れた。 だが俺は、魔法で無双がしたい。 せっかく魔法がある世界に転生したのだから、ド派手な魔法を使いたいのだ! この物語は、『努力チート』で最強となったこの俺『タロウ』が、賢者を目指して奮闘する物語である。 気がつくと大草原の真っただ中にいた。 食べるものも飲むものもなく、 夢中でスライムに襲いかかるも瀕死状態になる。 そんな危機に無償で助けてくれた少女の名を 『露原 イツキ』と言った。 一人では何もできない主人公を心配して パーティーを組むこ とになった。 収入が低いうえに、物価高騰が重なり、 貧乏一直線、薬草を摘みマーケットに売り、 野宿生活だ。 ある日孵った卵はスライムだった。 野草を摘んでいたせいか 回復魔法の使える希少種だ。 そのつもりはなかったのだが結果として拷問してしまった。 カーバンクルは、我が身可愛さに、子供=卵を差し出してきた。 無事、カーバンクルの魔法反射を入手した一行は 最強の雑魚ウルティメットドラゴンを倒し、テイムした。 ステータスは上がりまくり異常なほどだ。 ペットたちも異常に強くなった。

次の