シンハ ライト の 2018。 シンハライト ローズS優勝とオークス祝賀会: SKYWALKブログ

【募集予想】気が早いけどキャロットの2019年から予想開始 シンハライトやマリアライトの初仔など

シンハ ライト の 2018

久々の投稿ですw 今日はシンハライトのローズSの応援と、オークスの祝賀会で大阪にやってきました。 今年2回目w 阪神競馬場にも2回目で大丈夫かと思ったんですが、電車乗り間違えたのは内緒ですw ローズSは秋初戦ということでどんな感じで出てくるのかと思ったんですが、プラス14kgと成長して出てきたかな?という気配。 パドックで見ててもこれなら大丈夫という感じでしたね。 レースはいつもの後方を追走。 重馬場で前有利のような展開で、ジュエラーでさえ前目につけていたので心配してました。 直線入り口でも後方にいたので、あれ?と思ってましたが、だんだん追い込んで先頭までの距離が縮まって逃げるクロコスミアと同時にゴール! 負けたかと思ったんですが、ハナ差で勝ってましたw 大人数でのゼッケンを囲んでの写真撮影をし、祝賀会会場の大阪帝国ホテルへ。 Our Bloodの文字からアダムスピーク、リラヴァティ、アダムスブリッジの映像からシンハライトの新馬戦からオークス優勝までのゴールシーンの映像で祝賀会が開催。 歓談の時間になって、まずは石坂調教師のところに行って、少しお話ししました。 桜花賞勝ってれば「良かったんだけどねw」とやはりあの時は悔しかったそうです。 でも、「まだまだこれから楽しめますから」とG1をあといくつか勝たせてくれると受け取りましたw写真とサインももらってホクホク。 その後、長蛇の列になっていた池添騎手のところに行って、こちらも写真とサインを頂いてきましたw で、この祝賀会で司会をしていたのが、フジTVの福原アナウンサー。 学生時代から競馬中継観てたんで、「福原さんで競馬の世界に興味持ちました!」と言って写真とサインをおねだりw「福原さんでずっと若々しくて変わんないっすね」と言ったら、「もうアラフィフですよ〜w」と楽しくお話しできて感激でした。 最後に3班に分かれて集合写真をして終了。 次は秋華賞の祝勝会でまた楽しみたいですね!.

次の

シンハライトが丸わかり!競走馬データベース

シンハ ライト の 2018

セブンサミットのプロフィール 馬名: セブンサミット 2歳・牡馬 馬主:キャロットファーム 管理:石坂師 募集額:1億円 父:モーリス 母:シンハライト 母父:ディープインパクト デビュー予定:未定 鞍上予定:未定 父は新種牡馬のモーリス 父はこの世代の新種牡馬となるモーリス。 種付料400万円でさすがと言わんばかりの繁殖牝馬に恵まれた上に、現時点で全体的に子の評価もかなり高そう。 父系にはグラスワンダーの血もありながら、母系でメジロの血を引く血統でもあり個人的にはもう楽しみしかない。 同世代の新種牡馬ライバルとなりそうなドゥラメンテや、他にもミッキーアイル、エイシンヒカリ等などいますが、どんな結果を出して来るか楽しみな種牡馬です。 オークス G1 を制し、通算6戦5勝でパーフェクト連対の母 そして母はディープインパクト産駒のシンハライトですね。 現役時はデビュー3連勝でチューリッ1プ賞 G3 を制した勢いで桜花賞 G1 へ挑むも、ジュエラーにハナ差及ばず2着。 しかしオークスで距離が延びれば15番手から最速の上がりタイでチェッキーノをクビ差押さえG1馬の仲間入りとなりました。 その後ローズS G2 も制し、秋華賞で2冠を!との矢先、屈腱炎を発症し無念の通算6戦5勝で引退、繁殖へと上がりました。 そんな中、初仔となるモーリスを配合した セブンサミットがデビューへ向け調整され、先日入厩済みとの事。 そこはPOG馬としたらどう考えるか…ただ、血統的に父母共に勝負根性もありましたし、日本ダービー G1 もこなせそうだが勝手ながら距離は1600~2000mがベストな感じでしょうか?馬体も500キロ超えでかなり大きめのサイズとの事で先ずは無事にデビューを迎えて欲しいですね。 関係者は軒並み高評価ですし調教の動きも良さそう。 更に血統的にも文句なしで、POGでも間違いなく人気になりそうですしコレは素直に期待したいですね!鞍上は池添Jで行って欲しいのが本音だが、これだけ関係者の期待度が高いとルメールJの可能性も!? 何れにせよ、デビュー戦が楽しみな1頭です!.

次の

シンハライト株式会社

シンハ ライト の 2018

来年、2019年の募集予想を開始します。 ボコスカプクプクと今回はかなり気合を入れて更新していこうと思います。 まずは、キャロットクラブのとびだせ とねっ仔が早速更新されたG1優勝馬の初仔2頭からですね。 とびだせ とねっ仔の更新から当温泉紹介サイトの募集予想が始まる・・・ダービーに終わりダービーに始まるでしたっけ、そんな感じの名言に似ていますよね。 ダービーと言えば表面張力ですけど、そんなことはどうでもいいですが、とにかく募集予想を気合入れていきます。 2018年もまだ募集予想の更新を残していますけど、2019年に向けては例年より前倒しで進めます。 例年通りに12月くらいになる社台ファームやノーザンファームの血統登録 が判明する時期 を待っていたら更新が間に合わない。 だから、どうせ適当予想ですし見切りでも進めていこうと思います。 幸い、社台・サンデー会員であればでかい枕、もとい繁殖牝馬名簿が届きます。 こうなったら、もう繁殖牝馬名簿を枕にして良い夢を見る・・・ではなく、全ページをチェックして更新していくくらいの気合でいきます。 更に2代母や3代母まで力を入れようと考えています。 まとまったタイミングでブログでも話題にしますけど、コツコツ更新していきますので、半年に1回くらいは見て頂ければと思います。 さて、2018年5月1日に更新された公式サイト「とびだせ とねっ仔」ですが、2頭のライト兄弟、いえ、ライト姉妹・・・何でもいいですが紹介されています。 どちらも母はG1馬で初仔。 という記載はありますが、まず間違いなく順調なら募集されてくるでしょう。 特に シンハライト2018はいきなり億にいってしまうのではないか、と勝手に思っています。 安定のシンハリーズ血統ですものね。 写真を見る限りお母さんにソックリ。 能力も似ていたら凄い馬になりそうです。 マリアライト2018もそれなりの価格・・・億いっちゃうかも。 それでも売れちゃうのだもの。 もちろん血統からすると、そのくらいあっても驚きません。 ただエピファネイア産駒ですし、父母キャロット価格ということで多少安めに・・・どうなのかしら。 基本、母キャロットの初仔は出てくると予想していきます。 シンハライトも注目ですが、 リラヴァティ こちらもモーリス の初仔もいるでしょうし、 シンハリーズも無事に生まれていれば父ディープインパクトです。 ポロンナルワもディープインパクトなんですよね、全馬無事に募集されたら凄いことになりそう。 セレクトセールに行く馬もいるでしょうけど・・・。 この一族がますますアワワっ!と言う感じなキャロットのアワワブラッドになっていきますね。 あわわっ。

次の