コミュニケーション 障害 と は。 コミュニケーション障害とは

精神障害者がコミュニケーションを高めるには|就労移行支援と補助ツール

コミュニケーション 障害 と は

もくじ• 精神障害とコミュニケーション上の主な特徴 まずは法律上の精神障害者の定義と、精神障害のコミュニケーション上の特徴について見ていきましょう。 精神障害者とは? 法律では、精神障害者とは「統合失調症、精神作用物質による急性中毒又はその依存症、知的障害、精神病質その他の精神疾患を有する者」のことです(「精神保健及び精神障害者福祉に関する法律」の第5条)。 統合失調症は100人に1人弱がかかるといわれる精神疾患で、幻覚や妄想があらわれるのが特徴。 精神作用物質による急性中毒又はその依存症については、薬物やアルコールによる急性中毒や依存症が典型例です。 知的障害は発達期に生じる知的発達の障害のことで、理解力や思考力、金銭管理・手先の器用さ・読み書き等に困難が伴います。 そして、その他の代表的な疾患は、気分障害とてんかん。 気分障害は大きく分けて「うつ病」と「双極性障害」の2つあり、うつ状態では数週間以上にわかって気分の落ち込みが継続します。 一方、てんかんは、脳の神経細胞に突然発生する激しい電気的な興奮によって、繰り返し「てんかん発作」が起こる病気です。 症状は、視覚や聴覚に異常があらわれる、頭痛や吐き気がする、身体の一部がけいれんする、突然意識を失う、など人によってさまざまです。 精神障害のコミュニケーション上の特徴 精神障害のコミュニケーション上の主な特徴として、具体的には以下のような特徴があります。 ストレスに弱い• 不安になりやすい• 疲れやすい• 若年期の発病や長期入院等の理由で社会生活に慣れていない場合がある• 幻覚や妄想の症状が見られる場合がある 精神障害者が抱えるコミュニケーション上の課題 では、精神障害者が実際にコミュニケーションの中でどのような課題を抱えているか、見ていきましょう。 困っていても、自分から助けを求められない 案内表示を見落としやすかったり音声言語でのコミュニケーションが苦手だったりするために、必要な情報を受け取れない場合があります。 また、仕事で自分では分からないことも出てくるでしょう。 そのような時に、精神障害者は自分から質問できない、声をかけられないという課題を抱える傾向があります。 声をかけると人に迷惑をかけるのではないか、怒られたり非難されたり、拒絶されたりするのではないかと感じたり、他人と目を合わせることが苦手だったりするためです。 困っている状況を説明できず、どうしてよいか分からない 困っているときに「どうしましたか?」と声をかけてもらえても、うまく伝えられないケースもあります。 自分の中で話がうまくまとまらない、言葉がうまく出てこない、自分の気持ちを表現すること自体が苦手といった場合があるからです。 うまく状況判断ができず、混乱してしまう 精神障害をもつ人の場合、情報や手順が多すぎると混乱してしまうことがあります。 音声でのコミュニケーションが苦手な人の場合は、口頭の説明だけでは情報を把握しきれません。 集中するのが苦手なケースもあり、周りのことに気を取られ相手の話をうまく聞けなかったり、自分が何をしていたのか忘れてしまったりすることもあります。 他に、待つことが苦手だと列に割って入ったり、会話を遮ったりしてしまうことがありますし、予想外のことが起こるとパニックになることもあります。 コミュニケーションに対して過度に苦手意識を持っている 就労移行支援事業所「ルミノーゾ町田」で実際に多く見られるのは、コミュニケーションに対して非常に強い苦手意識を持っているケースです。 1対1での会話なら問題のない人でも、大人数が見ていると思うと普段の調子で話すことが難しくなってしまいます。 発達障害者の場合、いわゆる「空気が読めない」こと 発達障害者の障害特性としては、自分なりのルールがあり、それをしっかり守ろうとする傾向が見られます。 ルールに合わないことがあると、集中できなかったり怒り出したり、パニックになったりして、柔軟な対応が難しいのです。 これが原因となり、周囲にとって「空気が読めない」行動をとってしまいます。 就労移行支援事業所で受けられる訓練やプログラム 就職して長く働き続けるには、コミュニケーション上の課題を解決する必要があります。 1人でコミュニケーション能力を高めることは難しいため、就労移行支援事業所などで実施される訓練やプログラムへの参加が有効です。 ここからは、ルミノーゾ町田で実施している訓練・プログラムの中から、コミュニケーション能力の向上を目的とするものを3つご紹介しましょう。 プログラム名「就労パスポートを作ってみよう」 【参考】 「就労パスポートを作ってみよう」では、厚生労働省が公表した就労パスポートを実際に作成してみます。 就労パスポートの作成を通して自身の障害を受容し、周囲へ発信することが目的のプログラムです。 参加者の皆さんは、自身の障害について言語化することで、新しい発見をしている様子。 ただ、人によっては障害を言語化することが精神的につらい場合もあります。 プログラム名「アンガーマネジメント」 「アンガーマネジメント」は、怒りについて理解することにより、他者とのコミュニケーションを円滑にすることを目的としています。 このプログラムでは、アンガーマネジメント用のカードゲームなどを活用します。 ゲーム感覚で学習できるため参加のハードルが低く、議論も活発に交わされます。 予想外の自分の怒りのツボに驚く参加者もいるようです。 プログラム名「アサーション・トレーニング」 「アサーション・トレーニング」では、相手を尊重しつつ、自らの意見・立場を主張できるようなスキルやアサーティブな考え方を身につけていきます。 ケーススタディを用いながらグループごとに議論し、どのように対応するのが適切かを話し合ってもらうプログラムです。 人によっては議論の中で混乱してしまう場合がありますが、じっくり話し合うことで、なぜその対応が適切なのか腹落ちする参加者も多く見られます。 コミュニケーション補助ツールの活用も効果的 口頭だけのコミュニケーションが苦手な場合や言葉ではうまく表現できない場合は、コミュニケーション補助ツールを使うと、お互いの意思を伝えやすくなります。 コミュニケーション補助ツールの代表的なものは、コミュニケーション支援ボードと筆談器。 どちらも多くの公共施設や交通機関、銀行などに設置されています。 いつでも使えるように小型で軽いものを自分で持ち歩くのもよいでしょう。 コミュニケーション支援ボード 【参考】 コミュニケーション支援ボードとは、よくある会話で必要な表現をイラスト付きで記載したものです。 誰でも自由にダウンロード・印刷して利用できるため、自宅のプリンターで印刷して持ち歩くと便利です。 タブレット端末があれば、そこにダウンロードして使ってもよいでしょう。 コミュニケーション支援ボードはさまざまなところで作られていますが、養護学校を中心に用いられているのは東京IEP研究会が作成したもので、日常生活全般の表現が載っています。 一方、交通機関で使う表現を載せたものでは、交通エコロジー・モビリティ財団が作成したボードがあります。 【参考】 筆談器(筆談ボード) 【出典】 筆談器とは、繰り返し文字や絵をかいたり消したりできるボードです。 聴覚障害者などが利用する場合が多いのですが、精神障害者でも、音声でのコミュニケーションが苦手なケースや、絵や図で表現するほうが分かりやすいケースなどで活用できます。 筆談器の種類は多く、価格帯も1000円程度のものから1万円近くまでするものなどさまざま。 よく使われている商品は、「かきポンくん」(3000円程度)で、もっと安い筆談器では「ジッキースーパーライト」シリーズ(1500円〜2000円程度)があります。 黒と赤の2色で書ける筆談器では、「メモレBR」や「ジッキースーパーライトBR」(いずれも2500円程度)があり、もっと多くの色を使うなら携帯用ホワイトボード「WiWi Board」(1000円程度)が便利でしょう。 ルミノーゾ町田では、「ブギーボード BB-1GX」(4000円程度)を使っています。 家電量販店なら3000円程度で手に入ります。 記事協力: 代表理事 竹井弘二.

次の

日本コミュニケーション障害学会

コミュニケーション 障害 と は

「親の行動」が引き金となって、対人恐怖症に育つことがあるため、子供と接する時には、以下のような言動をしないように気をつけましょう。 子供の話を無視する 子供のコミュニケーションは親と会話することで成長していきます。 幼稚園や学校から帰ってきた時に、子供が「今日ね、~~」と話しかけてきたら、手を置いて子供の話に耳を傾けてあげましょう。 そこで「忙しいから、後にして」などと 子供の話を遮断してしまうと、子供は話しかけることに抵抗感を抱いてしまいます。 子供の話を全否定する 子供の話を全否定することが原因でコミュニケーション障害になることがあります。 人の悪口や間違ったことを言ったとしても、全面的に怒鳴りつけてはいけません。 子供の話を否定するのではなく、なぜいけないのか理由をしっかりと述べた上で 正しい方向にマインドコントロールしてあげましょう。 親がコミュニケーションをおろそかにする 子供は親の姿を見てコミュニケーションを学びます。 親が夫婦や友達とのコミュニケーションをおろそかにしていると、子供はそれを見て真似をしようとします。 そのため、まずは 親が正しいコミュニケーションを取って、子供にあるべき姿を見せることが大切です。 コミュニケーション障害の子供に育ってしまわないように、親は正しい接し方を意識して子供を育てましょう。 発達障害におけるコミュニケーション障害の子供の特徴 必ずしも、親の接し方が原因でコミュニケーション障害の子供に育つわけではありません。 子供のコミュニケーション障害は個性(性格)なのか、発達障害によるものなのか、その 症状の特徴の違いを少しだけ紹介します。 発達障害が原因の場合 発達障害が原因で起こる子供のコミュニケーション障害には、以下のような特徴があります。 落ち着きがない• 団体行動が苦手• 話がかみ合わない• パニックに陥りやすい この特徴に当てはまった子供は、発達障害によるコミュニケーション障害かもしれません。 言語などの知能面に問題がなく日常生活に支障をきたさない場合は、個性(性格)の範囲になりますが、「ちょっと変わった人」などといじめの対象になり精神的な「二次被害」を引き起こす可能性もあるので、注意が必要です。 コミュニケーションが苦手な子供は発達障害なのか? コミュニケーションが苦手な子供が、 必ずしも「発達障害」とは限りません。 また、 発達障害は先天的な脳の機能障害であるため、幼少期の家庭環境や親のしつけとは無関係です。 発達障害は、 早期発見・早期療育することで、症状を改善できる可能性があります。 もし子供に先天的な発達障害が疑われる場合は、早めに専門医師に相談して適切に対応することが重要となります。 少しでも気になることがあれば、全国都道府県に設置された「」に相談してみましょう。 コミュニケーション障害の子供の症状・診断チェック 発達障害におけるコミュニケーション障害の子供の症状は、 見分けるのが難しく、その兆候を掴むことが大切です。 人との会話やコミュニケーションが苦手で、幼稚園でも常に一人で遊んでいる• 相手の話が聞けない、一方的に話すことが多い• 急な予定変更などに対応できない• 予想外の出来事があるとパニックになる• 大きな音が苦手で、耳を塞ぐことが多い• 学習能力に偏りがある(かけ算はできるのに、足し算ができないなど)• 興奮するとなかなか治まらない• いきなり感情を爆発させる このような症状が見られたら、 発達障害によるコミュニケーション障害である可能性が高いです。 専門病院などで診察してもらいましょう。 子供のコミュニケーション障害の治療法 発達障害における子供のコミュニケーション障害は、 早期発見し治療・療育することで改善できる可能性があります。 それでは、その治療方法について紹介します。 行動療法 発達障害が原因で異常な行動を取ってしまう子供に対し、 自然な言動を一つひとつ教え、少しずつ学ばせていく、という治療方法です。 人間関係の築き方を学ぶソーシャルスキルトレーニング(SST)や、会話力を養うコミュニケーション訓練などが、よく知られています。 心理療法 臨床心理カウンセラー、専門医師によるカウンセリングをはじめ、 会話を通して問題点を浮かびだし、発達障害における問題行動を減らしていく、という治療方法です。 主な方法としては、力動的心理療法で無意識の行動パターンを発見する、精神分析から問題行動の原因を探る、対人関係療法で人と接触する訓練を行う、などが代表的です。 ペアレントトレーニング 発達障害(コミュニケーション障害)の子供に対して 肯定的な言葉で、シンプルで伝わりやすい指示を出す、という治療方法です。 通常の教育方法では効果を生みにくいため、親の療育を発達障害の症状に合わせて変えていくというアプローチになります。 薬物療法 発達障害による症状を和らげるために、 薬物を投与する場合があります。 軽度なうつ状態の子供には抗うつ剤や抗不安薬(マイナートランキライザー)、症状の激しい子供には抗精神病薬(メジャートランキライザー)を処方するなど、その症状を緩和させます。 まとめ ここでは、 「子供のコミュニケーション障害」について紹介しました。 発達障害における子供のコミュニケーション障害を改善するためには、 早期発見・早期療育が重要です。 もし自分の子供に、コミュニケーション障害・発達障害の兆候がみられたら、専門医師に相談して早めに治療することをおすすめします。 最後までお読みいただき、ありがとうございます。 【あわせて読んで欲しい記事】 ・ ・.

次の

日本コミュニケーション障害学会

コミュニケーション 障害 と は

病気が原因で、言葉が不明瞭になったり、会話のリズムが乱れたりするのを「構音障害」といい、のどや呼吸器、舌、あご、唇など発語、発音器官が麻痺してスムーズに動かせなくなる運動機能の障害で、脳卒中(脳梗塞や脳出血)の後遺症が典型です。 脳卒中は日本人の死因の第4位を占め、一昔前より死亡率は下がっていますが、厚生労働省が2016年4月に発表した「」によると、患者数は117万9000人で後遺症に悩む人が多いのが現状です。 歌手の西城秀樹さんは、「月刊文藝春秋」2016年12月号で自身の脳梗塞(ラクナ梗塞)の後起きた構音障害のため、「言葉がでにくく、うまくしゃべることができなくなった」という体験を語っています。 1、構音障害・失語症とは 言葉を作る機能は、肺から送られてきた呼気が声帯を通過する時に声帯を振動させる「発声」、のど(咽頭)から口、鼻までの空間の形を変化させる「共鳴」、そしてのどから唇、鼻の穴までの通路の形を狭めたり閉じたりしながら言語に変える「構音」に分かれます。 人体の器官でいえば、肺とのどが「発声器官」、声道(声帯から唇までの声の通る道)を取り巻くものが「構音器官」です。 構音障害は、その構音器官、あるいは発声器官の損傷や麻痺によって言葉がうまく話せない状態をいいます。 脳卒中が原因となってその後遺症で、発声、構音器官のどこかに運動麻痺が残るとか、舌癌の治療で舌や口腔内の一部を切除したために起こる障害です。 構音障害の多くは、運動性構音障害であり、運動神経が麻痺して呂律が回りにくくなることが多いため、「運動性」を冠しているのです。 よく似た症状に失語症や音声障害(発声障害)があります。 構音障害と音声障害は言語知識に問題はなく発声に関する筋肉、神経が障害された状態ですが、失語症は「大脳の病変」によって得た言語知識が障害された状態を指し、話す、書く、読む、聞く、の4つの側面すべてにおいて障害が現れます。 1-1、構音障害と失語症の違い 以下のように構音障害と失語症は明確な違いが存在します。 2、構音障害患者に対する看護目標 ・ 患者が、話す意欲を失わず、コミュニケーションに関する欲求不満を減らせるよう援助すること ・ リハビリの意欲がわくように努めること 看護師の仕事は、ほとんどのコミュニケーションを言葉で行います。 構音障害の患者に対しても言葉で説明しようという思いが先走りがちで、患者の方はそれに対して「言いたいことがうまく伝わらない」という「もどかしさ」「ふがいなさ」「いらいら感」を感じることがよくあります。 脳卒中の後遺症の場合は、身体の不自由さも伴い、発症前には普通にできていた動作ができなくなり、日頃からストレスを感じやすくなっている上に、なにげない言葉であっても本人が傷つく内容、例えば励ますつもりで「しっかりして」と投げかけられると、患者は逆にますますストレスがかかってしまい、人との関わりを避ける方向になってしまう可能性が高くなります。 また、うつの亢進や、場合によると認知症を招くきっかけになる可能性もあります。 そのため、構音障害患者に対して看護を行う場合には、ほかの疾病の看護とは違う側面があるということを知っておかねばなりません。 3、構音障害における観察項目 1、コミュニケーションの不自由さの程度を測る ・声の大きさ、強さはどの程度か、しっかりした話し方かどうか ・話し方の調子、発話速度や抑揚、リズムはどうか ・発する音の誤りがあるか。 母音と子音でどのような傾向か ・全体として発話の明瞭度はどうか 2、 言葉を出す能力、受容に影響する身体障害、特に声帯の麻痺、口の奇形、変形や奇形の有無、程度。 難聴かどうか視覚障害がないかどうか 3、 発話に伴うストレスがある様子かどうか 4、 会話だけでなく、他の人とのコミュニケーションの状態はどうか 構音障害が失語症と異なる点は、発語に障害に出ても言葉を聞いて理解することについては問題がないということです。 そこを観察することで、失語症なのか、構音障害なのかを間接的に判断する材料にもなります。 4、構音障害患者への看護の取り組みと指導 基本的な対処方法として、患者自身が「喋りにくい」と感じている心情を理解してあげることが必要です。 喋りにくいと訴える人の気持ちが、「気にする必要はない」という方向に傾くように支援します。 そうなったら、「大きい声になった」、ということを患者本人にも告げてあげましょう。 自分が赤ん坊扱いされていると感じることでプライドを傷つけられ、落ち込んでしまいがちです。 ・ 分かったふりをしてはいけません。 誤解につながり、あとあとにその間違いを引きずってしまいます。 5、構音障害のリハビリテーション 構音障害のリハビリの基本は、脳卒中(脳梗塞、脳出血)の再発の防止、日常生活での機能障害からの回復を通じて、ことにあります。 治療を始めてできるだけ早期に、看護師と理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、臨床心理士ら専門家によるチームを立ち上げリハビリを開始します。 先の西条秀樹さんは、あごの筋トレ、舌のストレッチ、風船の膨らませの訓練を繰り返し「歌を取り戻した」と話しています。 看護師は、最も早い段階から患者と接しているわけなので、退院後のリハビリに協力してもらう役割の家族の状況も含め、詳しい説明が求められます。 5-1、リハビリの3つの段階 リハビリは、発症直後から3週間位までの「急性期」、病状安定後から3〜6か月程度までの「回復期」、それ以降の「維持期」の3段階に分けられます。 一般的には、急性期のリハビリは病院で、回復期のリハビリはリハビリ病棟や専門施設で行えれば良いのですが、地域によってはリハビリ施設の不足気味のとこもあります。 患者家族とも協力して、適切なところを選ぶようにしたいところです。 廃用症候群は筋力が衰えたり、関節が固まることで、肺炎や認知症の二次的障害を起こすリスクも高まりますから、残存機能を活性化する必要があります。 一方、患者が体力的にも精神的にも不安定な時期なので、運動による血圧の急変を避ける必要もあります。 医師やリハビリの専門家の指導のもと、慎重に行う必要があります。 脳梗塞を例にとると保険治療上、上限180日です(例外はあります)が、大部分の人はこの期間内に日常生活を営める程度に回復します。 一旦失った身体的機能は脳機能に原因がある場合、一度死んでしまった脳神経細胞自体は再生できないものの、リハビリを続けることで、その近くにある脳細胞が新しくネットワークを形づくり、ある程度まで肩代わりできることが分かってきています。 脳梗塞の場合、発症の時の症状と、障害の程度で後遺症からの回復がどの程度見込めるか、という「あるべきゴール」の目安がつきます。 そのゴールを目指して、リハビリを行うことになります。 まとめ 構音障害は、脳卒中(脳梗塞や脳出血)の後遺症が典型です。 患者にとっては、日頃、当たり前にできた会話が不自由になるのでストレスが高まります。 看護に当たっては病状の観察とともに、患者がこのストレスにうまく対処できるように働きかけ、リハビリへの流れを作っていくことが必要です。

次の