市川一家4人殺人事件 長女。 関光彦【市川一家4人殺人事件】の生い立ちと現在、生き残りの長女

市川一家4人殺人事件

市川一家4人殺人事件 長女

犯人の関光彦は地元では有名な不良で有名でした。 ケンカ、喫煙、飲酒、万引き、窃盗を繰り返すようないかにもな不良でした。 働き者の祖父の援助を得ながら関一家は暮らしていました。 働き者の祖父は鰻屋を経営していて、関光彦も働きながら生活していました。 関光彦はお金を稼ぐために働いていたのではなく、「なぜ祖父はこんなに働いているんだろう」ということで働いていました。 不良であった関光彦は鰻屋で働くのも長続きせず、不良仲間とつるんだり、夜遊びに耽っていました。 たまたま仲間と行ったフィリピンパブで一人のフィリピン人女性と仲良くなり、恋に落ちます。 フィリピン人女性は妊娠、フィリピンで子どもを産むとフィリピンに帰ります。 帰るとそのパブで別のフィリピン人女性と遊んでしまいます。 そこで乱暴な関光彦は自宅へ監禁と乱暴をします。 女性は2日後にお店へ戻りますが、お店側が暴力団に頼み「落とし前」をつけるように頼み関光彦は200万円請求されてしまいます。 関光彦は暴力団員にリンチされます。 むしゃくしゃした関光彦は夜、道を歩いていた女性を暴行し強姦します。 この事件も関光彦逮捕後に追起訴されています。 お金のない関光彦はどうにか工面する方法を探しました。 関光彦は強盗や脅迫、空き巣をしてお金を巻き上げることにしました。 そこで狙いをつけたのがこの「市川一家4人殺人事件」の被害者となる家族でした。 父親の会社には長女と関光彦の二人で向かいます。 マンションを出たところで長女を待たせ、思い出したかの様にマンションに戻ります。 通報を防ぐために父親を殺害するためです。 関光彦は父親をを包丁で一突きで刺し、殺害しました。 そして自分の車で会社に向かいました。 深夜の事でした。 通帳と印鑑と現金を受け取ります。 その後、関光彦は長女を強姦するためにホテルに行き、強姦します。 強姦してから4時間寝てまた強姦したといわれています。 長女は関光彦に合計5回強姦されたそうです。 その後はまたマンションに戻ります。 戻ると妹が泣き叫んでいて近所にばれると嫌だと、殺害します。 包丁で一刺し、包丁は妹の胸を貫通したそうです。 それでも痛い痛いと生きていてうるさかったと首を絞めて殺害しました。 この時、初めて長女が反抗したことに腹を立て、長女にも襲いますが全治2週間ほどのケガでした。 関光彦は女子高生コンクリート詰め殺人事件が未成年の犯行で犯人が重い罪に問われなかったことから、自分もそうであろうと余裕でな気分でした。 本人は「少年院は何年かな」という感覚でした。 平成6年の千葉地裁の判決は死刑でした。 「お金の工面という動機でも酌量の余地なし。 犯行時が少年だったということを考慮しても4人を残虐に殺人したことは極めて重大」とのことでした。 その後上訴しますが、平成13年に死刑が確定しました。 法律では未成年でも犯行時に18歳以上であれば死刑判決できますし、死刑執行もできます。 戦後少年死刑囚の死刑執行は40数名ですが、最近のほとんどの少年死刑囚の死刑執行の多くはまだのようです。 死刑執行はしておりません。 死刑執行を待たれる声がかつてはありましたが、世間の関心度は薄まっています。 死刑執行されずに私たちの税金で生きている意味はあるのでしょうか。 死刑執行が早く済むことを願います。 関光彦は1977年1月生まれです。 現在は40歳です。 祖父は鰻屋チェーン店の経営者でした。 祖父は反対しましたが、娘さんは結婚しました。 遊び人で不真面目そうな相手に鰻屋一筋仕事一筋の祖父は大反対していました。 結果、借金ばかり作り浮気もDVもする人で離婚しています。 その後は祖父の支援を受けたり受けられなかったりで貧乏な生活をしていました。 次第に母である祖父の娘も光彦に暴力をするようになりました。 そして、貧乏な生活故にいじめを受けるようになってしまいました。 ここで光彦の性格がひねくれてしまったようです。 中学を上がるときには祖父も娘や光彦には甘くなりました。 学力も運動もできる光彦に周りも将来を期待していました。 ですが、表向きは真面目でしたが、裏では不良とつるみ地元で評判の悪い不良でした。 その後、少し離れた高校に進学しますが、素行不良で退学となります。 退学になった後は祖父の鰻屋を手伝います。 お金稼ぎではなく働き者の祖父がどんな気持ちで鰻屋で働くかを知るためでした。 ですが次第に、出勤時間は遅くなり、来なくなるようになりました。 そのことで口論になった祖父に暴力をふるいます。 祖父は倒れたところ、顔を蹴られ、左目に直撃、左目の眼球破裂をして失明してしまいました。 祖父は不良や荒くれものを更生させたい意欲のある人で、鰻屋の従業員も元不良の人が多くいました。 そこで、犯罪のやり方などよくない情報を知ったと後に語っています。 18歳の時に鰻屋の従業員仲間とフィリピンパブへ行き、そこで恋に落ち事件が始まっていきます。 関光彦は壮絶な生い立ちで父親譲りの酷い性格でした。 光彦逮捕後にインタビューで甘やかしたことを後悔しているといっています。 生い立ちの悪さが関光彦を狂わせてしまったのでしょうか。

次の

小沢翔が犯人か?顔画像特定!市川杏菜さん道連れに自殺か…長野県坂城町上平

市川一家4人殺人事件 長女

関光彦元死刑囚は当初、空き巣目的で侵入したと言います。 しかし、テレビの音が聞こえたため室内を覗くと、祖母が1人でテレビをつけたまま寝ているのが見えました。 関光彦は寝ている祖母を足で蹴って起こし、現金の有りかを強引に聞いて現金8万円を奪いました。 しかし、関光彦が尿意を催しトイレに入った隙に祖母が110番しようとしていたので、電気コードで首を絞めて殺害に及びます。 その後いったん外に出てたばこやジュースを買い、また長女宅へ再度侵入し現金などを物色したという事です。 午後7時ごろ、帰宅した母親と長女を脅してうつぶせにさせ、母親の背中を包丁で5回刺して失血死させました。 その後9時ごろに長女の妹が保母に連れられて帰ってきました。 関光彦は妹を祖母が横たわっている部屋に入れると、長女を寝室に連れ込み3度目の強姦をしました。 午後9時40分ごろになるとフリーランスのカメラマンである父親が帰宅しました。 娘が寝ていると思った父親は犯人に気付かず、背後から関光彦に包丁で左肩を刺されてしまいます。 そして金を要求された父親は所持金と通帳2冊(合計256万円)を渡しました。 しかし関光彦は満足せず、父親の事務所の金も要求し、長女を連れて事務所に取りに行きました。 この時関光彦は父親を生かしておくと警察に通報されると思い、長女だけを1階に残して再び部屋に戻り父親を殺害しています。 事務所に行った後、関光彦は長女をラブホテルに連れ込んで合計2度の強姦を行いました。 そして翌朝、長女のマンションに帰ると幼稚園児の妹が泣き叫んだので、妹も殺害しました。 父親の事務所に通帳を取りに行った長女は、この時助けを呼ぶこともなく通帳を持って出て行きました。 しかし連れの男性がいることを知った従業員は男性を怪しく思い、近くの派出所に通報しています。 通報を受けた派出所の警察官は長女のマンションに確認に行きましたが、明かりが消えており静かだったので留守だと思い引き返しました。 しかしその時にはすでに3人が殺害されていて、妹だけが生きていました。 この時踏み込んでいれば、妹は助かっていたかもしれません。 翌朝にも長女から金を工面をするようにと電話が会社にかかってきます。 従業員は怪しく思いマンションに行ってみますが、カギがかかっており呼んでも返事がないことを不審に思って2度目の通報をします。 そこで警察が踏み込んで事件が発覚する事となります。 関光彦元死刑囚の父親は弟が産まれて以降は仕事をせず、ギャンブルや女遊びを始め、さらにはDV ドメスティックバイオレンス や関光彦とその弟に児童虐待などを繰り返していたそうです。 関光彦は父親の日頃の暴力が原因で母親・弟と共に葛飾区のアパートに転居し、1983年に両親は正式に離婚しました。 このように関光彦とその弟は、不遇な生い立ちのなかで育ってきました。 そんな不遇な生い立ちがあった関光彦元死刑囚ですが、うなぎ店を経営する祖父は、関光彦の事を溺愛していたようです。 高級車を買い与えたり、小遣いもたくさんあげていたという事です。 そんな関光彦がどうしてここまで残虐な犯罪を犯すようになってしまったのか、度々メディアでも論議を巻き起こしていたようです。 関光彦元死刑囚の死刑執行には賛否両論がありました。 否定派の意見では、「まだ未成年であり、不遇生い立ちを考えると、更生する余地のある人間に対しての死刑執行は許されてはならない」というものがありました。 また、犯行当時の関光彦元死刑囚の判断能力は成人よりも劣っていて、家庭環境や社会環境も劣悪で不遇な生い立ちということもあり、事件の責任を関光彦に負わせるのは妥当ではないという意見もありました。 肯定派の意見は、「事件の重大性や遺族の被害者感情、社会的影響を考えると関光彦の死刑は妥当だ」というものが大半でした。 また、不遇な生い立ちの少年であっても、事件の重大性から考えて死刑にする方が今後の少年犯罪の抑止に繋がる、とも言われていました。 1998年10月から、東京新聞の記者が市川一家4人殺害事件の執筆をするために、関光彦元死刑囚と度々文通や面会をしていました。 記者は当初面会に行きましたが、1日に1人しか面会ができない決まりになっているため、なかなか会うタイミングが取れなかったといいます。 そのため、約1日かけて拘置所に行っても無駄足になることが多かったようです。 面会の実施が難しいとわかった記者は、関光彦元死刑囚と文通でコンタクトを取るようになります。 文通を始めたころは落ち着いている様子だった関光彦元死刑囚ですが、拘置期間が長引くにつれて精神が不安定になっていったそうです。 1999年12月17日に東京拘置所と福岡拘置所で2人の死刑執行が行われた時は、「眠れない、正気が保てない」と手紙で訴えており、その後しばらく手紙が来なかったという記述もあります。

次の

『市川一家4人殺人事件』残された長女と関光彦(犯人)のその後【実名写真】

市川一家4人殺人事件 長女

氏 名 関光彦 事件当時年齢 19歳 犯行日時 1992年3月5日 罪 状 傷害、強姦、強姦致傷、強盗殺人、殺人、強盗強姦、恐喝、窃盗 事件名 市川一家四人殺害事件 事件概要 店員関光彦被告は、知り合いのホステスを自室に泊まらせたことを暴力団員に脅され、200万円を要求されたため、強盗を決意。 2月中旬、市川市内でたまたま通りかかった会社経営者の男性(当時42)の長女(当時15)を暴行し、奪っていた身分証明書から経営者一家の住所を知っており、押し入ることにした。 1992年3月5日16時半頃に押し入り、寝ていた母親(当時83)から現金8万円を奪ったうえ、首をビニール製コードで絞めて殺した。 長女が帰宅したところで監禁。 長女の目の前で、19時ごろ帰宅した妻(当時36)の背中を包丁で刺して殺した。 同21時半すぎ、帰宅した男性から預金通帳などを奪ったうえで刺し殺し、翌6日6時半すぎには泣き出した次女(当時4)を刺殺。 長女にも切りつけて背中などに約2週間のけがを負わせた。 関被告は奪った数十万円に満足せず、午前1時ごろ、監禁していた長女に、男性の会社に「金が必要だから通帳を取りに行く」と電話させたうえ、市川市内の会社に連れだし貯金通帳や印鑑などを会社に残っていた知人から受け取らせていたこともわかった。 その際、長女は知人に「雑誌で記事をかいたことで脅されている」と説明。 助けは特にもとめなかったという。 不審に思った知人は派出所に連絡、午前1時半前後に署員が役員宅に出向いたがその時は電気が消えており、応答もなかったため不在と思って引き揚げた。 午前9時過ぎ、男性の知人から「社長宅の様子がおかしい」と近くの派出所に届け出があり、署員が現場に駆けつけた。 玄関のかぎがかかっていたため、隣室のベランダをつたって窓から入ったところ、4人が別の部屋で死んでおり、部屋の中で関被告と長女が呆然と立ちつくしているのを発見し、関被告を連行。 深夜、逮捕状を請求、逮捕した。 長女は関被告に脅されただけであり、事件とは無関係である。 関被告はほかに、行きずりの女性を強姦したり、路上ですれ違った車の運転手に傷害を与えたりするなど、1991年10月から一家殺害直後に逮捕されるまでの約5カ月間に計14の犯罪を繰り返した。 一 審 1994年8月8日 千葉地裁 神作良二裁判長 死刑判決 控訴審 1996年7月2日 東京高裁 神田忠治裁判長 控訴棄却 死刑判決支持 上告審 2001年12月3日 最高裁第二小法廷 亀山継夫裁判長 上告棄却 死刑確定 拘置先 東京拘置所 少年被告の死刑確定は、統計を取った1966年以降、9人目。 その後 再審請求中。 関死刑囚は現在40歳。 東京拘置所で、税金で生きています。

次の