みん は や フレンド 対戦。 一人でもみんなでもできるみんはやとは?一ヶ月使ってみた感想。

対戦部屋

みん は や フレンド 対戦

SIEは、PS4用ソフトの無料オンラインアップデートを3月29日に実施することを決定しました。 『New みんなのGOLF』は、発売20周年を迎えた『みんなのGOLF』シリーズの最新作です。 シリーズ初のPS4タイトルで、9ホール一体型のオープンコースが最大の特徴です。 部屋の作成時に、ラウンドするコースやコンディション(天気やカップの大きさなど)を設定できる他、パスワードを入力しないと入れない部屋を作成して、フレンドだけで遊ぶ部屋を作ることも可能です。 コース内のホールを、チームメイトと協力しながら奪い合っていきます。 制限時間内に、各自が好きなホールを選んでラウンドすると、成績に応じてポイントが得られ、ホール単位で合計点の多いチームがホールの勝者となり、最終的により多くのホールを獲得したチームの勝利となります。 もちろんフレンドだけでプレイしたい人は、フレンド制限をONにして遊ぶことも可能です。 2~20人のプレイヤーが1ホール単位で同時にラウンドする対戦形式が対戦部屋に追加されます。 通算TOP100と月間TOP100のランキングが表示されるので、マイキャラを作りこむ楽しみがさらに拡がります。 博士のお題(ミッション)をクリアすると、報酬を受け取ることができます。 ロビーアクションが追加 『みんGOL』シリーズ作でおなじみのツチュウ、キッキ、ダダこね、3つの新規ロビーアクションが追加されます。 最高段位に上がるには、スコアはもちろん他の条件も……。 価格は700円+税です。 緑深い松林に囲まれ、ホールを囲む花々が鮮やかに美しく咲きほころぶ、もっとも美しいコースの1つとなっています。 一方で、全体的に起伏が大きく高低差があり、総ヤードは全コース最長を誇ります。 適度に配置されたバンカーや点在する小川や池がコースを取り巻き、難易度が高く、飛距離自慢のプレイヤーでも苦戦するであろう難コースとなっています。

次の

【みんゴル】フレンドとは?|ゲームエイト

みん は や フレンド 対戦

概要 [ ] プレイヤー同士がオンライン対戦でを行う。 基本プレイは無料だが、課金することによってポイントを購入したり広告を非表示にしたりできるなどの特典が得られる。 システム [ ] 「」、「」、「」の3種類がある。 ランダムマッチとフリーマッチは解答権を獲得後、スコアアタックはルームリーダーがボタンを押すかシンキングタイムが終了した後に表示される4つの候補の文字から1文字ずつ選択して解答する。 ランダムマッチ [ ] プレイヤーがオンラインでマッチングするモード。 「 1対1対戦」と4人で対戦を行う「 みんなで対戦」の2つの対戦方式がある。 1対1対戦 [ ] 正解10ポイント、誤答マイナス10ポイントでさらに相手に問題文が全て表示されてから解答する権利が与えられる。 0点以下の減点または失格はない。 50ポイント先取で勝利。 みんなで対戦 [ ] 先着3人に解答権が与えられ、最も早く解答権を獲得したプレーヤーは正解20ポイント、誤答マイナス20ポイント。 2番目・3番目に解答権を獲得したプレーヤーは正解10ポイント、誤答マイナス10ポイント。 誤答5回で失格。 70ポイント先取で勝利。 二者以上が同時に同ポイントで勝利ポイントに達した場合は1問先取のサドンデスが行われる。 誤答は相手に問題文が全て表示されてから解答する権利が与えられる。 レート [ ] ゲームの勝ち負けに応じて、2つの対戦方式それぞれに設けられているレートが上下し、ランクも変動していく。 Sランクにおいてはレート100ごとに右下に付される数字の値が(無印)から最高9まで増えていく。 3ヶ月間のシーズンごとにレベル(経験値)によりレートが変化する。 フリーマッチ [ ] ルールが任意で設定できるモードで、勝ち負けに関わらずレートが上下することはない。 「 オンライン対戦」と「 対面対戦」の2つの対戦方式がある。 オンライン対戦 [ ] 不特定多数のプレイヤーと対戦ができる方式。 2人以上の任意の人数でプレイでき、解答権やペナルティなどの対戦ルールは、ルーム作成者のルームリーダーが決めることができる。 出題問題は、ランダムマッチで出題されるおまかせ問題の難易度を自分好みに設定したり、自分で作った問題を出題することもできる。 ルームリーダーは、フレンドやフリーマッチで前回対戦したプレイヤーを招待することができる。 この際、ポイントを消費することで全員一括招待をすることができる。 また、ルームごとに設定されたルームIDをSNSを通じて宣伝し、プレイヤーを集めることもできる。 対面対戦 [ ] 複数人でスマホを持ち寄り、スマホを早押し機として使い実際のクイズと同様口頭で回答する方式。 ルームリーダーは、画面に表示された問題文を読み正誤判定をする出題者としての役割を果たすため、問題に回答することはできない。 出題できる問題はオンライン対戦と同様で、対戦ルールもオンライン対戦と同様ルームリーダーが設定できる。 スコアアタック [ ] クイズに解答してスコアを獲得し、ゲーム終了までに獲得した合計スコアを競うモード。 「 マルチモード」と「 シングルモード」の2つのプレイ方式がある。 出題された問題はスルーできず、通常2秒のシンキングタイムが終了し次第、必ず回答しなければならない。 マルチモード [ ] このモードで遊ぶには、ライブ配信サービスのアカウントを連携する必要がある。 配信者としてルームリーダーになり、視聴者に協力してもらいスコアを競う「配信者ルーム作成」と、配信者が作成したマルチモードのルームに参加する「視聴者協力プレイ」がある。 いずれも、ルームリーダーが早押しボタンを押したタイミングでルーム内の全員が同じ問題に回答する。 正解したときに表示されている問題文の残り文字数が多いほど、より多くのスコアを獲得できる。 ルーム内のプレイヤー全員が正解すると全員正解ボーナス、さらに連続全員正解でコンボボーナスを獲得できる。 ゲーム開始時にライフは通常3つ与えられており、出題数に応じて設定された割合のルーム内のプレイヤーが不正解の場合、ライフを1消費し、ライフが0になるとゲームオーバーとなる。 また、「配信者ルーム作成」では、視聴者から任意でコンティニューチケットをもらうことができ、「視聴者協力プレイ」では、指定された条件をクリアすると、協力ポイントをもらうことができる。 シングルモード [ ] このアプリで唯一、1人でクイズを楽しむことができるモード。 徐々に表示される問題文を読み、わかった時点でボタンを押して解答する。 正解したときに表示されている問題文の残り文字数が多いほど、より多くのスコアを獲得できる。 連続正解でコンボボーナスを獲得できる。 ゲーム開始時にライフは通常3つ与えられており、不正解の場合、ライフを1消費し、ライフが0になるとゲームオーバーとなる。 スタミナ [ ] マルチモードの「配信者ルーム作成」かシングルモードを一度プレイするごとに、スタミナが1つ消費される。 スタミナは60分経過するごとに1つ回復し、最大5つまで回復できる。 スタミナが無くなってプレイできなくなった際は、1500協力ポイントを消費してスタミナを全回復することもできる。 アイテム [ ] ポイントまたは協力ポイントを消費することによって、スコアが獲得しやすくなるアイテムを使用することができる。 各アイテムに必要な協力ポイントがある場合、ポイントより協力ポイントが優先的に消費される。 また、ゲームオーバーになった際に続きから再開するために、「コンティニューチケット」を使用できる。 必要な分のコンティニューチケットがない際には、代わりにポイントを消費してゲームを続きから再開することもできる。 その他機能 [ ] 達成項目 [ ] 1日1回項目を達成することで、それに応じたポイントが付与される デイリーと、特定の期間に達成することで付与される シーズンがある。 達成することで、アイテムをゲットするためなどに使えるポイントを受け取ることができる。 アイテム [ ] 200ポイントを消費することで、対戦中に使用できる「早押しボタン」や「スタンプ」がランダムでゲットできる。 早押しボタンが全43種、スタンプは全63種で、イメージは以下の通り。 スタンプ一覧 フレンド [ ] フレンドになったプレイヤー一覧、フレンドリクエストを送られたプレイヤーを確認できる。 ここでフレンドと個別にメッセージでのやり取りが可能。 1対1対戦に招待し、おまかせ問題を任意の難易度でプレイすることもできるが、この勝敗に関わらずレートが上下することはない。 また、200ポイントを消費することで、フレンドにラベルを追加することができる。 ランキング [ ] 「1対1対戦」、「みんなで対戦」においては、「レーティング」、「連勝中」(進行中のシーズンのみ)、「最多連勝数」のランキングを閲覧することができる。 「スコアアタック」においては、「マルチ」、「シングル」、「協力スコア」のランキングを閲覧することができる。 計9つの分類でそれぞれ上位50位までが掲載され、シーズンごとにリセットされる。 過去のシーズンの各分類の上位50位、進行中のシーズンでは自分の全国順位を確認することも可能である。 クイズ履歴 [ ]• 履歴 ランダムマッチで出題された問題を閲覧することができる。 デフォルトでは最新10件しか表示されないが、500ポイントを消費してさらに10件増やすことが可能。 また、問題に対して修正・削除依頼を出すことができる。 お気に入り 履歴の問題をお気に入りに登録することができ、これに登録した問題はいつでも閲覧できるようになる。 デフォルトでは5件までしか登録できないが、500ポイントを消費してさらに5件増やすことが可能。 作問 自分で問題を作成できるモード。 ここで作成した問題はフリーマッチで出題することもでき、また運営に投稿することでランダムマッチで使われる問題として採用される場合がある。 なお、投稿した問題が採用された場合は、運営から通知が届き、設定のお知らせにて確認できる。 メディア [ ] 放送の『』で取り上げられ、10連勝を目指す企画が行われた。 脚注 [ ] [].

次の

『New みんなのGOLF』オンライン要素“対戦部屋”などが無料アップデートで強化。新DLCコースも配信

みん は や フレンド 対戦

みんはや=みんなで早押しクイズ みんはやとは正式名称は「みんなで早押しクイズ」といい、名前通り早押しクイズができるアプリです。 早押しの赤いボタンがアイコンです。 アプリの機能としては早押しクイズをするだけで至ってシンプルです。 対戦相手はランダムな相手と対戦する「ランダムマッチ」と友達と対戦する「フレンド対戦」があります。 問題文が流れて答えが分かったらボタンを押して回答をします。 回答は一文字ずつ行います。 その際に選べる文字は4つの選択肢です。 一文字目の選択が正しければ次の文字をまた四択で選べるという仕様になっています。 間違えたら不正解となる。 最後まで正しく選んだ場合のみと正解となる。 今回は「すいか」で3文字なので3回四択を選ぶという感じになります。 回答については少し慣れるまで時間がかかるかもしれません。 みんはやにはランクというものが存在します。 ランダムマッチでは自分のランクが近い人と対戦するようになっています。 いきなり東大王クラスの相手と当たることはないので安心ですね。 勝つとレートと呼ばれるものが溜まり、レートが一定数たまるとランクが上がります。 ランクが上がると問題の難易度も上がるし相手も強くなっていきます。 ランクはS、A、B、Cがあり、それぞれ+とーでランク分けされています(例:C+、B+など)。 私の現在のランクはBとまだ中盤ですが、全然問題も分からないし、相手も強くなってきて全然勝てない状況に陥っております。 笑 クイズのジャンルは政治や歴史からアニメなど本当に幅が広いです。 出てくる問題のジャンルは選択できないのでいろんなジャンルの知識が試されます。 みんはやの長所 では私が実際にみんはやで遊んでみていいなと思った3点を説明していきます。 問題のテンポがいい! クイズって問題を答えた後に解説がついているものが多いです。 しかし、みんはやはクイズに答えた後には正解が出て2、3秒後には次の問題が始まります。 純粋にクイズを楽しむために利用しているのでサクサクと進んでとてもテンポがいいです! また、一回のクイズは形式設定もできますがデフォルトでは1問10点の50点先取です。 ですので一回のバトルが5分くらいで終わります。 (熱戦で長引く時もありますが。 ) ちょっと時間ができたという時にサクッとできちゃうんです。 シンプルさがいい! みんはやを利用する前は友達がプレイしているのを見てデザインがシンプルすぎて古臭い印象を受けました。 しかし、実際にみんはやを利用してみると、そのシンプルさが故に誰でも操作が簡単でとてもよかったです。 アプリを始めたてでも迷わずに操作することができました! 一人でもみんなでも楽しめる! 先ほども説明しましたが、みんはやはランダムマッチとフレンド対戦があります。 電車などの移動中や暇つぶしではランダムマッチを、みんなでワイワイ楽しみたいときはフレンド対戦というふうに一人でもみんなでも楽しめます。 特にみんなでやると想像以上に盛り上がります。 あまり親しくない人とやると距離が縮まっていいかもしれません! みんはやの残念な部分 次はみんはやでちょっと残念だと思った点についてです。 ちょっとラグがある このアプリのちょっと困った点はラグがあることです。 毎回というわけではありませんが、みんなで対戦している時にたまにラグが発生します。 ラグのせいで負けたらちょっとイライラしますよね。 笑 早押しクイズアプリとしては致命的ですが、私はガチではなくみんなでワイワイ楽しむことに重きを置いているのであまり気にしていません。 体感で10回に1回くらいラグが発生します。 多分自分のスマホの問題もあると思いますが。 これはユーザー側ではどうしようもないので割り切るしかないですね。 一ヶ月毎日やっちゃうくらいに楽しい!中毒性あり! みんはやを一ヶ月ほど使ってみて良かった点と悪かった点を挙げてみました。 インスタのような華麗さはありませんが、思ったよりも楽しい!と感じられるアプリだと思います。 騙されたと思って一度利用してみてください。 中毒性は抜群です。 ハマること間違いないです!.

次の