首都大学野球連盟。 首都大学野球連盟

「首都大学野球連盟」強豪筑波大学・桜美林大を徹底解説。注目選手から部員数、寮、学費、偏差値まで教えます。

首都大学野球連盟

概要 [ ] (昭和39年)、が翌年からの出場枠を拡大するにあたり、当時に準加盟だったが新リーグの結成について同連盟の3部、準加盟1部2部所属校を中心に呼びかけた。 この呼びかけに対し、まず、、東京教育大学(現:)、が賛同を示して東都大学野球連盟を脱退。 とも追随した。 1964年6月22日にはこれら賛同チームにより 首都大学野球連盟が正式に発足した。 なお最初の公式戦は、諸大学が東都大学野球連盟から脱退表明してから約2ヶ月後の1964年9月9日、で、による始球式を経て行われた。 東都大学野球連盟の下部に所属していた大学で構成されたため、発足当初はその実力がマスコミや野球関係者の間で軽視されたが、リーグ結成から5年後のには東海大学が新興リーグ所属校としては快挙となる選手権優勝を成し遂げた。 には高校時代から有名であったのが東海大学へ入学し、その活躍を見たいファンがリーグ戦開催地の(首都大学野球本拠地開会式会場)へ連日押しかける騒ぎに。 全国大会出場時にはのとの直接対戦が実現し、原が本塁打を放つなど話題を呼んだ。 特徴 [ ] 大学野球の2大タイトルであるとにおいて連盟として通算10回の優勝を誇る。 戦後発足した他の新興大学野球連盟の中でも抜きん出た成績であり、各所属校の努力や実績、OBらの活躍などがマスコミに評価されたこともあって、現在では主要五大学リーグ(・・首都大学・・)の一つとして数えられている。 また、設立時の経緯からリーグ運営は東海大学が中心となっており、連盟の会長は同大総長が代々務めている。 東海大学のみが目立つ印象が強いが、明治神宮野球大会では、にが優勝、にはが優勝、が2001年に準優勝、にはが準優勝するなど、次第に群雄割拠の様相を呈してきている。 またリーグ創立40周年を迎えた頃から積極的に門戸を開き、北関東エリアの大学も含めて所属校が増加。 これを受け、2部ではリーグ戦、入替戦出場校決定の形態を段階的に変化させている。 近年は1部リーグも含めて学業優先のため、授業期間内は原則として平日にリーグ戦を行わない方針を採っている。 近年はリーグ戦、入替戦のWeb中継など新たな取り組みも実施。 沿革 [ ]• 春季にを脱退した東海大学・成城大学、日本体育大学、東京教育大学(現:筑波大学)、武蔵大学の5大学で交流試合を実施。 6月13日にから正式に承認を受け、同様に東都を脱退した明治学院大学と東京経済大学の2校を加えた7大学にて秋季から正式なリーグ戦を開始。 優勝は東海大学。 2月、第14回の出場枠獲得が決定。 秋季リーグ戦で日本体育大学が初優勝。 秋に行なわれたで連盟選抜チームが優勝。 で東海大学が連盟代表として初優勝。 東海大学のが春季リーグ戦でリーグ史上初の完全試合、通算39勝のリーグ新記録。 (でから1位指名を受ける。 春季リーグ戦で明治学院大学が初優勝。 明治神宮鎮座50周年奉納野球大会()で東海大学が連盟代表として初優勝。 春季リーグ戦で帝京大学が初優勝。 春季リーグ戦で大東文化大学が初優勝。 明治学院大学のが4試合連続本塁打、通算26本塁打のリーグ新記録。 日本体育大学のが通算39勝のリーグタイ記録。 で東海大学が優勝。 連盟代表として通算2度目。 リーグ戦の試合会場をからに変更。 東海大学の(第15,17,19代監督)がリーグ戦出場。 、で東海大学が準優勝。 秋季リーグ戦で東海大学のがシーズン最高打率. 541のリーグ新記録。 東海大学がリーグ新記録となる9連覇を達成。 (1976年春季リーグ戦〜1980年春季リーグ戦) で日本体育大学が初優勝。 連盟代表として通算2度目。 東海大学の原辰徳が通算144安打、シーズン24打点のリーグ新記録、シーズン26安打のリーグタイ記録を樹立。 史上初の2度目の三冠王を獲得。 (で読売ジャイアンツから1位指名を受ける。 で東海大学が優勝。 連盟代表として通算3度目。 で東海大学が優勝。 連盟代表として通算4度目。 秋季リーグ戦で東海大学のがリーグ新記録の21連勝。 (でから1位指名を受ける。 秋季リーグ戦で筑波大学が初優勝。 で筑波大学が初優勝(国公立大学として初)。 連盟代表として通算5度目。 で東海大学が準優勝。 春季リーグ戦で帝京大学の(元)が4試合連続本塁打のリーグタイ記録。 春季リーグ戦で城西大学が初優勝。 で東海大学が準優勝。 で東海大学が準優勝。 で東海大学が準優勝。 で東海大学が優勝。 連盟代表として通算3度目。 40周年記念で学生とOBプロの対抗戦(東京ドーム)を実施。 第1回(明治神宮野球大会の関東地区予選)で東海大学が準優勝。 で東海大学が準優勝。 で東海大学が準優勝。 構成数増加に伴い、2部をA・Bの2グループ(勝率制+1位同士による2戦先勝方式の入れ替え戦出場決定戦)に変更。 、で東海大学が準優勝。 で東海大学が優勝。 連盟として初。 春季リーグ戦で日本体育大学のがシーズン10勝の新記録。 秋季リーグ戦で東海大学のが通算14、53イニング連続無失点のリーグ新記録。 (で読売ジャイアンツから1位指名を受ける。 を導入。 1部8校、2部7校制に改組。 入替戦をこれまでの1部最下位校対2部優勝校の1カードに加えて、1部7位校対2部2位校も加えた2カードを行うことになる。 で東海大学が優勝。 連盟代表として通算4度目。 秋季リーグ戦で東海大学がリーグ新記録となる33連勝。 春季リーグ戦で東海大学のがリーグ史上2人目となる完全試合を達成。 で東海大学が優勝。 連盟として通算2度目。 1部6校、2部9校制に改組。 秋季リーグ戦で桜美林大学が初優勝。 で桜美林大学が優勝。 連盟として通算3度目。 で桜美林大学が準優勝。 で日本体育大学が優勝。 連盟として通算4度目。 で日本体育大学が優勝。 連盟代表として通算6度目。 東海大学のが秋季リーグ戦で史上12人目の。 が加盟。 秋季リーグ戦で東海大学がリーグ史上初の通算1,000勝を達成。 チーム数の変遷 [ ] 年・期 全チーム数 1部 2部 備考 秋季 7 7 - 首都大学野球連盟発足 春季 10 6 4 2部リーグ制に移行 、、が加盟 春季 11 6 5 が加盟 1967年秋季 12 6 6 が加盟 秋季 13 6 7 が加盟 春季 14 6 8 が加盟 春季 15 6 9 が加盟 春季 16 6 10 が加盟 春季 15 6 9 創造学園大学が脱退 春季 15 8 7 1部リーグ8校、2部リーグ7校に再編成 春季 15 6 9 1部リーグ6校、2部リーグ9校に再編成 春季 16 6 10 が加盟 運営方法 [ ] 構成 [ ] 1部6校、以下を2部(2010年~2013年春季は2グループ制)とする運営。 2014年~2015年は1部8校、2部7校構成に改組していた。 対戦方法 [ ] 春季と秋季にそれぞれリーグ戦を実施。 また各シーズン終了後に各部の間で 入れ替え戦を実施する。 1部 [ ] 6校による 2戦先勝方式の総当たりによる 勝ち点制。 (引き分けは再試合) 尚、2016年春季からは3回戦及び雨天等による中止順延試合を予備週に行う。 (月曜等の平日には原則行わない) 2014年春季から2015年秋季までは8校による2回戦総当たり(全14試合)。 勝率により順位を決定していた。 2部 [ ] 1次リーグは9校による1回戦総当たり(全8試合)、2次リーグは1~4位と5~9位の各グループ内総当り。 1、2次リーグ合計の 勝率により順位を決定する。 2009年までは、総当たりによる2戦先勝方式の勝ち点制から2回戦総当たりの勝率制という変遷で順位を決定していた。 参加校が増加し、各校立地が広範囲となった2010年から2013年春季までは全10校をA・Bグループに分割。 グループ内で2回戦総当たりの8試合(2013年春季はA4校、B5校で行ったためAは6試合)を行い、勝率にて順位を決した上で両グループ1位校が優勝決定戦(勝点制)を行い、その勝者が入替戦に進む。 2013年秋季は9校による2回戦総当たりの勝率制(全16試合)を行い、次年度より1部が8校になるのに伴い1位と2位が自動昇格する。 2014年春季から2015年秋季までは7校による2回戦総当たりの勝率制(全14試合)を行い1位と2位が入替戦に進む。 2016年春季からはまず1次リーグ(1回戦総当り)を行い、1~9位まで順位を決める。 その順位を元に、2次リーグ(1~4位と 5~9位の2グループ)で総当り戦を行い、1次リーグ及び2次リーグの合計の勝率を元に最終順位を決定する。 1次リーグ 1~4位グループでは最終順位 1~4位校を決め、1次リーグ 5~9位グループでは最終順位 5~9位校を決める。 タイブレーク [ ] 3時間経過または12回を終了し同点の場合はを適用する。 1死満塁で攻撃を開始する。 チームの勝敗と責任投手以外のタイブレーク適用時の個人記録は公式記録に含まない。 順位決定方法 [ ] 勝率制 [ ] 当該チームの全勝数を引き分け試合を除いた全試合数で割ったもの。 その数値が高いチームを上位とする。 勝率が同じ場合は、優勝の決定が必要な場合に限り決定戦(プレイオフ)を行なう。 また、優勝に関係のない順位で同一勝率の場合は、前シーズンの順位が上のチームを、そのシーズンも上の順位とする。 入れ替え戦 [ ] リーグ戦の終了後に上位リーグの最下位校と下位リーグの優勝校との間の1カードのみで対戦を組み、勝利チームを次シーズンの1部リーグの所属とする(敗北チームは次シーズンは2部リーグ所属となる)。 対戦方法は 2戦先勝方式。 2014年春季から2015年春季まではリーグ戦の終了後に1部リーグの最下位校と2部リーグの優勝校との間、及び1部リーグの7位校と2部リーグの2位校との間の2カードで対戦を組み、勝利チームを次シーズンの1部リーグの所属としていた(敗北チームは次シーズンは2部リーグ所属となった)。 対戦方法は 2戦先勝方式。 2015年秋季は次年度より1部が6校になるため特殊な入替戦を行った。 まずは、1部リーグの最下位校対2部リーグの優勝校、1部リーグの7位校対2部リーグの2位校で1回戦を行う。 次に、1回戦の勝利チーム同士で2回戦を行う。 そして2回戦の勝利チームが1部6位チームとの決勝戦を行い、決勝戦の勝利チームが次シーズンの1部リーグ所属チームに、残りの4チームは次シーズンは2部リーグ所属となった。 対戦方法は1回戦・2回戦は トーナメント方式、決勝戦が 2戦先勝方式。 2戦先勝方式 [ ] 先に2勝したチームがその相手校との対戦に勝利したとする方式。 (1勝1敗の場合は第3戦を行い決着を付ける。 ) 試合会場 [ ] 設立当初は東都大学野球連盟の試合のない日にを使用していたが、学業との兼ね合いから土日開催を目指して同球場からは撤退し、以後は(当時本拠地)が主体の運営に変更した。 しかし川崎球場はスタンドの老朽化のため2000年に解体・改修され、硬式野球での利用ができなくなったため、その後は、、、、を中心に加盟各大学の所有球場(日本体育大学横浜健志台球場・明治学院大学グラウンド)なども利用しながら試合を開催している。 これまでは神奈川周辺を中心とした球場で行われていたが、利便性・集客力・公平性などを検討し、加盟各校付近の、や埼玉(など)の球場も使用されるようになった。 2006年春季にはという首都圏から離れた遠隔地で開催する試みも行われている。 1部リーグ戦では入場料を徴収。 (かつて平日の3回戦は無料の時代もあった) 歴代優勝 [ ] 歴代優勝チーム・入れ替え戦の結果 [ ]• (注1):1部リーグのみのため入れ替え戦はなし。 (注2):1966年春季からの2部創設にともない、1965年秋季最下位の東京教育大学が2部に自動降格。 (注3):2部をA・Bの2つのグループに分け、各グループの1位チームによる優勝決定戦の結果。 各グループの優勝チーム( 太字は優勝チーム)• 2010春 A: 東京経済大学、B:明星大学• 2010秋 A: 東京経済大学、B:桜美林大学• 2011春 A: 大東文化大学、B:明治学院大学• 2011秋 A:城西大学、B: 明星大学• 2012春 A:足利工業大学、B: 桜美林大学• 2012秋 A: 城西大学、B:桜美林大学• 2013春 A:獨協大学、B: 桜美林大学• トーナメントの結果、優勝した1部8位の城西大学が1部に残留、1部6位の大東文化大学、7位の東京経済大学は2部降格、2部優勝の明星大学と2位明治学院大学は2部残留が決定した。 (注6):明治神宮大会に出場したのはリーグ2位で代表決定戦に出場し、出場権を勝ち取った筑波大学。 (大学選手権と神宮大会の実績はリーグ発足以前も含む) 学校 最終出場大会 全国大会 合計出場回数 大学選手権 神宮大会 備考 東海大学 2019年 神宮大会 59 38 21 全日本大学野球選手権大会優勝:4回 明治神宮大会優勝:3回 日本体育大学 2017年 神宮大会 22 10 12 全日本大学野球選手権大会ベスト4:4回 明治神宮大会優勝:2回 筑波大学 2018年 神宮大会 5 1 4 明治神宮大会優勝:1回 帝京大学 2017年 大学選手権 4 2 2 城西大学 2003年 神宮大会 3 1 2 明治神宮大会準優勝:1回 明治学院大学 1974年 大学選手権 2 2 0 大東文化大学 1972年 大学選手権 1 1 0 桜美林大学 2016年 神宮大会 1 0 1 明治神宮大会準優勝:1回 加盟大学 [ ] (2019年秋季リーグ開幕時のもの) 1部リーグ [ ]• 2部リーグ [ ]• かつて所属していた大学 [ ]• 硬式野球部(2012年秋季をもって脱退。 ) 脚注 [ ] []• なお、加盟チーム数が7校以上の場合は、リーグ構成・編成数を適時数で区切って上部・下部あるいは、予選・本選(代表決定戦)に分けるなどで運営を工夫しているリーグもあるが、トーナメント戦や代表決定戦制を採っているケース以外は上部(一部・最上部)は6校の構成でリーグ戦を行っているケースが多数派を占めている。 (詳細は各リーグの記述を参照のこと。 この地方開催では出場した大学の学校案内のコーナーが設けられ、200部ずつ用意され各大学のパンフレットが品切れになるなど、なかなか好評であったが、2010年現在においてはこの試みはこの2006年に行った一度かぎりとなっている。 なお、いわゆる華試合を除いたリーグ戦の公式日程を本来の開催地域から離れた遠隔地に遠征して開催したのは、全日本大学野球連盟傘下のリーグとしては初の試みとなっている。 その後2013年に廃校。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

[ 2019年度 首都大学野球 秋季リーグ戦 2部 ]

首都大学野球連盟

新型コロナウイルス感染予防の対応について 日本をはじめとする世界に猛威をふるっている新型コロナウイルスに罹患された方々には心からお見舞い申し上げるとともに、感染予防や治療に尽力されている皆様には安全に留意され、ご活躍されることをお祈りいたします。 当連盟の新型コロナウイルス感染予防の対応について、進捗状況をお知らせ申し上げます。 <6月30日発表 当連盟公式戦について> 当連盟は、本日4月17日(金)に、断腸の思いではございますが、学生はもとより関係者の安全を第一として、通常の春季リーグ戦および入れ替え戦を中止せざるを得ないと決断いたしました。 その後、新型コロナウイルスの感染状況の推移を見定めながら、対応策を検討しておりました。 これに関して、代替措置・救済措置を検討しておりましたが、代替試合等は行わないことを決定いたしました。 (理由) 6月30日(水)時点で、21加盟校のうち、約半数は課外活動を自粛しており、7月8月に公式戦を行える状況ではありません。 さらに、練習を再開している加盟校であっても、まだ対外試合を自粛している場合もございます。 9月開幕を予定している秋季リーグ戦の開催に向けて、注力するため、代替試合は行いません。 なお、2部〜4部もその前後の週で開幕できるよう準備を進めます。 7月20日(月)監督会 7月下旬 理事会・評議員会 当連盟といたしまして、秋季リーグ戦の開催に向けて、新型コロナウイルスの感染予防に努め、全身全霊で準備をしてまいります。 詳細は、当連盟Webページをご確認ください。 令和2年度東都大学野球春季リーグ戦は中止いたしました。 今後の取り組みについては決まり次第、発表いたします。 (試合情報はありません) 【アーカイブ映像について】 下記の配信ページより、アーカイブ映像がご覧になれます。 415 最優秀防御率 清水 昇 國學院大學 1. 75 新人賞 川村 啓真 國學院大學 学生審判 駒澤大学 ベストナイン 投手 上茶谷 大河 東洋大学 8票 初受賞 捕手 頓宮 裕真 亜細亜大学 9票 2回目 一塁手 岡田 耕太 駒澤大学 13票 初受賞 二塁手 中川圭太 東洋大学 10票 4回目 指名打者1回 三塁手 伊藤 雅人 國學院大學 11票 初受賞 遊撃手 小川 龍成 國學院大學 満票 初受賞 外野手 竹原 祐太 東洋大学 14票 初受賞 鎌仲 純平 國學院大學 13票 初受賞 吉田 叡生 中央大学 9票 初受賞 指名打者 該当者なし 最高殊勲選手 長沢 吉貴 日本大学 最優秀投手 河端 優馬 青山学院大学 首位打者 峯村 貴希 日本大学. 476 最優秀防御率 河端 優馬 青山学院大学 0. 69 学生審判 拓殖大学 最高殊勲選手 野口 皓貴 順天堂大学 最優秀投手 萩原 拓光 順天堂大学 首位打者 今松 将太 大正大学. 412 最優秀防御率 新井 慎也 学習院大学 1. 26 最高殊勲選手 越石 琢民 芝浦工業大学 最優秀投手 高田 晃大 芝浦工業大学 首位打者 越石 琢民 芝浦工業大学. 421 最優秀防御率 高田 晃大 芝浦工業大学.

次の

【首都大学野球連盟】高校球児のための首都大学リーグガイド!

首都大学野球連盟

・クラブハウス(2016年3月完成) シャワールーム・トレーナールーム・トレーニンセンター、倉庫等が設備されています。 野球部専用の寮はありません。 しかしアスリート専用の「啐啄(そったく)寮[アスリート寮]」があります。 野球部のみではないので、他の競技の選手と交流でき違った成長が出来る環境です。 (弓道部、野球部、陸上競技部駅伝チーム、アメリカンフットボール部)。 朝・夕2 回の食事提供により、アスリート育成をサポートします。 リーグ戦期間中以外は、グラウンドでの全体練習は実力別ではなく、学年ごとやポジション別で練習をし、紅白戦では佐々木と下級生のベンチ外部員が対戦することもあった。 また、リーグ戦中もスタメンこそある程度固定するが、ベンチ入りメンバーはコーチや学生コーチの声を聞き、メンバーを頻繁に入れ替える。 「できる限り平等に競争させています。 投手は野村弘樹特別コーチ(元横浜)にお任せしていますが、佐々木ら主力だけを見るのではなく、ベンチ外の投手にも同じように指導していただいています」(より引用) すべての選手にチャンスを与える指導が持ち味。 このスタンスは非常に好感が持てます。 なぜなら、完璧に分け、推薦入試の選手しか練習させない大学があるからです。 野球小僧も大学2年まではそのような監督の下で野球をしていました。 しかし、監督が代わり、桜美林大学のような方針に変わりガラッと環境が変わった経験をしています。 どれだけ練習ができないのがつらいか・・・。 練習は3時間?時間の使い方で将来が決まる。 そのため、グラウンドでの全体練習は長期休暇中でも3時間ほどと短いが、その分サブグラウンドやトレーニングルームでの個人練習、日々の生活(野球部専用寮もなくアルバイトも可能)など「時間の使い方」で成長に大きな差が出る。 (より引用) 全体練習が3時間はめちゃくちゃ短い。 しかし野球小僧はこの指導方針に共感します。 野球の練習は全体でしかできないことを3時間程度やれば、正直問題ありません。 残りは自分自身の体と相談しながら、個人練習をすればいい。 いや本当におすすめできる大学です。 強豪桜美林大学全国大会シートノック 桜美林大学の成績(首都大学野球連盟) 年度 成績 順位 2016年(春) 6勝8敗 4位 2016年(秋) 8勝3敗 1位 2017年(春) 2勝10敗 6位(2部降格) 2017年(秋) 8勝3敗(2部) 1位(1部昇格) 2018年(春) 3勝10敗 6位(1部残留) 2018年(秋) 6勝6敗 4位 2019年 春 0勝10敗 6位(2部降格) 2019年(秋) 8勝0敗 1位(2部)昇格 東都大学野球連盟もかなりレベルが高く、入れ替えが激しいですが首都大学野球も負けていません。 優勝したチームが次の年には2部へ降格もあります。 正直どこの大学も他のリーグへ行けば、優勝争いができるチームばかりです。 気になる学費と偏差値 偏差値 部活で疲れて、時間のない中での勉強 進学するには、勉強が必要になってきます。 なぜなら、野球推薦で入学できる部員はほんの少しだからです。 基本的には入学試験を受けて、入学します。 事実、大学野球で推薦が来る選手は一握りの選手です。 多くの場合、必ず試験を受けないといけません。 なので、勉強は必然的に必要になります。 もちろん 受験勉強だけではなく、内申書も重要になるので、普段の勉強も頑張らなくてはいけません。 とは言え、部活をしていたら、勉強する時間もなければ、疲れて勉強をやってても集中できませんよね。 正直大変ですよね・・・。 その気持ちわかります。 でも安心してください。 部活動で疲れてても、時間がなくても勉強できる方法が1つだけあるんです。 根性でやれ!!!!ではありません。 もし気になるなら下記の記事を見てください。 そうすれば、勉強のやり方が1発でわかります。 あわせて読みたい 野球のレベルアップ まずは強豪大学で、野球をするのであれば野球のレベルUPは欠かせません。 なぜなら、入学できたとしても100名を超える部員の中で、レギュラーをとらないといけないからです。 例えば、同級生の部員が10名程度の弱小大学へ行けば、ある程度は試合にも出れると思いますし、最高学年になればベンチ入り、レギュラーが見えてきます。 しかし、強豪大学の場合同級生が40名~50名います。 4学年で200名を超える大学もあります。 その場合どうでしょうか、同級生が全員ベンチ入りできても25名です。 残りの数十名はおのずとスタンドで応援です。 (全国大学選手権のベンチ入りで計算) もちろん下級生もその中に入ってくるので、もっと厳しい世界になります。 だからこそ、野球のレベルを上げなくてはいけません。 まずは、あなた自身の野球のレベルをUPさせてください。 野球のレベルUPをしたいのであれば、プロの指導を受けたり、方法を真似るのが一番です。 下記の記事に紹介をさせて頂いています。 よかったらどうぞ。

次の