オレ的炎上。 [B! 炎上] 【炎上】大手2chまとめブログの管理人が特定される【オレ的ゲーム速報@刃】

「オレが覇者で王者だ!」EVILが内藤を破り2冠 新日本プロレス、政権交代宣言で暗黒時代の予感(2020年7月13日)|BIGLOBEニュース

オレ的炎上

このようなノックアウト劇は、他の世界でも目立ってきている。 代表的なのは、テレビ朝日の女性記者からセクハラを告発された財務事務次官だ。 ご本人はそんなエロトークはホステスかキャバ嬢としかしないと突っぱねたが、録音されたデータには生々しいやりとりが残っていて、次官の座を失い減給処分にまでなったのはご存じのとおりだ。 経済界も同様だ。 日本を代表する企業、東芝では、経営陣が「チャレンジ」という美辞麗句のもとに、部下に粉飾をけしかけて大きな問題となった。 追いつめられた現場が利益のかさ上げをしたことがバレて大問題になると、経営陣はこんな言い訳をしている。 「オレは『がんばれ』と言っただけで、不正をやれとは言っていない」 「オレはそんなこと言っていないおじさん」に優しい社会 内田前監督や井上前コーチとモロかぶりだが、彼らの主張に当のアメフト部員たちからダメ出しが続出したように、この釈明に対しても現役東芝社員たちが反論。 結果、東芝の名声は地に落ちたが、これも日大の米倉顧問と同様、経営陣のみなさんは「ちっとも東芝ブランドは毀損(きそん)していない」と言い張って失笑を買った。 このように「オレはそんなこと言っていないおじさん」に対して厳しい視線が注がれるようになったひとつの要因は、2013年に大ヒットしたドラマ『半沢直樹』(TBS)の影響もあるのではないかと考えている。 二枚舌のパワハラ上司に「倍返し」するサラリーマンの復讐劇は、年齢・職業問わず多くの人たちが留飲を下げた。 あの『痛快TVスカッとジャパン』(フジテレビ)的な勧善懲悪ストーリーが支持されたことによって、「オレはそんなこと言っていない」という見苦しい言い訳で、「下」に責任を押し付ける偉いおじさんたちがここにきて「悪役」(ヒール)というパブリックイメージが定着したように思うのだ。

次の

【炎上】大手2chまとめブログの管理人が特定される【オレ的ゲーム速報@刃】

オレ的炎上

このようなノックアウト劇は、他の世界でも目立ってきている。 代表的なのは、テレビ朝日の女性記者からセクハラを告発された財務事務次官だ。 ご本人はそんなエロトークはホステスかキャバ嬢としかしないと突っぱねたが、録音されたデータには生々しいやりとりが残っていて、次官の座を失い減給処分にまでなったのはご存じのとおりだ。 経済界も同様だ。 日本を代表する企業、東芝では、経営陣が「チャレンジ」という美辞麗句のもとに、部下に粉飾をけしかけて大きな問題となった。 追いつめられた現場が利益のかさ上げをしたことがバレて大問題になると、経営陣はこんな言い訳をしている。 「オレは『がんばれ』と言っただけで、不正をやれとは言っていない」 「オレはそんなこと言っていないおじさん」に優しい社会 内田前監督や井上前コーチとモロかぶりだが、彼らの主張に当のアメフト部員たちからダメ出しが続出したように、この釈明に対しても現役東芝社員たちが反論。 結果、東芝の名声は地に落ちたが、これも日大の米倉顧問と同様、経営陣のみなさんは「ちっとも東芝ブランドは毀損(きそん)していない」と言い張って失笑を買った。 このように「オレはそんなこと言っていないおじさん」に対して厳しい視線が注がれるようになったひとつの要因は、2013年に大ヒットしたドラマ『半沢直樹』(TBS)の影響もあるのではないかと考えている。 二枚舌のパワハラ上司に「倍返し」するサラリーマンの復讐劇は、年齢・職業問わず多くの人たちが留飲を下げた。 あの『痛快TVスカッとジャパン』(フジテレビ)的な勧善懲悪ストーリーが支持されたことによって、「オレはそんなこと言っていない」という見苦しい言い訳で、「下」に責任を押し付ける偉いおじさんたちがここにきて「悪役」(ヒール)というパブリックイメージが定着したように思うのだ。

次の

[B!] 【炎上】フジテレビまたやらかす、「日本のパチモンばかりで生きている台湾人に大爆笑!」という最低な番組を放送 : オレ的ゲーム速報@刃

オレ的炎上

このようなノックアウト劇は、他の世界でも目立ってきている。 代表的なのは、テレビ朝日の女性記者からセクハラを告発された財務事務次官だ。 ご本人はそんなエロトークはホステスかキャバ嬢としかしないと突っぱねたが、録音されたデータには生々しいやりとりが残っていて、次官の座を失い減給処分にまでなったのはご存じのとおりだ。 経済界も同様だ。 日本を代表する企業、東芝では、経営陣が「チャレンジ」という美辞麗句のもとに、部下に粉飾をけしかけて大きな問題となった。 追いつめられた現場が利益のかさ上げをしたことがバレて大問題になると、経営陣はこんな言い訳をしている。 「オレは『がんばれ』と言っただけで、不正をやれとは言っていない」 「オレはそんなこと言っていないおじさん」に優しい社会 内田前監督や井上前コーチとモロかぶりだが、彼らの主張に当のアメフト部員たちからダメ出しが続出したように、この釈明に対しても現役東芝社員たちが反論。 結果、東芝の名声は地に落ちたが、これも日大の米倉顧問と同様、経営陣のみなさんは「ちっとも東芝ブランドは毀損(きそん)していない」と言い張って失笑を買った。 このように「オレはそんなこと言っていないおじさん」に対して厳しい視線が注がれるようになったひとつの要因は、2013年に大ヒットしたドラマ『半沢直樹』(TBS)の影響もあるのではないかと考えている。 二枚舌のパワハラ上司に「倍返し」するサラリーマンの復讐劇は、年齢・職業問わず多くの人たちが留飲を下げた。 あの『痛快TVスカッとジャパン』(フジテレビ)的な勧善懲悪ストーリーが支持されたことによって、「オレはそんなこと言っていない」という見苦しい言い訳で、「下」に責任を押し付ける偉いおじさんたちがここにきて「悪役」(ヒール)というパブリックイメージが定着したように思うのだ。

次の