ボンバーマン wii。 「ボンバーマン」最新質問一覧

ボンバーマンキャラクター一覧

ボンバーマン wii

他の四人の科学者 と、ある星の古代遺跡の調査をしていたが、突如として四人全員が姿を消したため、宇宙に向けてSOS信号を発信した。 好奇心旺盛かつ食いしん坊なため、どんな味がするかの調査を兼ねて敵キャラクターを調理して食べることもある。 一番好きな調理法は丸焼きにしたものを丸かじりすること。 ボスキャラクター プラントガーディアン ミドリのイセキのボス。 ミドリのクリスタルが、遺跡と人のパワーを吸収して変身した姿。 アクエルガーディアン みずのイセキのボス。 みずのクリスタルが、遺跡と人のパワーを吸収して変身した姿。 ストームガーディアン さばくのイセキのボス。 さばくのクリスタルが、遺跡と人のパワーを吸収して変身した姿。 ボルカノガーディアン ホノオのイセキのボス。 ホノオのクリスタルが、遺跡と人のパワーを吸収して変身した姿。 ノヴァクリスタル ありとあらゆるエネルギーを吸収し、世界を支配しようと企む悪のクリスタル。 ノヴァアーク ノヴァクリスタルが4つのクリスタルを吸収し、真の力を解放した姿。 4つのクリスタルに対応した攻撃を仕掛けてくる。 ボンバーマンランドシリーズ 巨大テーマパークを舞台としており、上記までの作品群とは異なるシリーズ。 ボンバーマンランド PS ボンバーマン 主人公の白ボンに加え、黒ボン、赤ボン、青ボンがノーマルゲームとランドモード、緑ボンがノーマルゲームの仲間として登場。 性格付けや設定はあまりない。 ルーイ ボンバーマンと仲のいい生き物。 以降のランドシリーズにも登場する。 ポミュ ボンバーマンと仲のいい生き物。 以降のランドシリーズにも登場する。 プリティボンバー 度々白ボンと出くわし、携帯や凡を盗むなど悪事を働くが、ピースをとる手助けをしてくれたり、ピースを譲渡したり(実際には、ピースをあげようとしたが下の階で落としてしまった)という場面もあり、最終的に仲が良くなる。 エンチョウ ボンバーマンランドの園長。 語尾に「〜ねん」と付ける。 以降のランドシリーズにも登場する。 ボンバーマンカート以降 しろボン(ボンバーマン ) 声 - 梶原くみ(『カートDX』、『バトルズ』、『ボンバーマン(DS) 』、『ランド3』) ランドシリーズの主人公である元気いっぱいな男の子。 プレイヤーの操作キャラクター。 くろボン しろボンの親友であり、永遠のライバルでもある少年。 目つきが少々鋭く、首に赤いスカーフを巻いている。 語尾が必ずカタカナになる。 あかボン 赤ちゃんのボンバーマンとして登場。 『ランド1』に登場したある夫婦の子供という設定がある。 あおボン ゴールド軍団の一員として登場。 率直なつっこみを入れてくる辛口な男の子。 スポーツが好きで、スポーツの事が話題に上がるとテンションが上がる。 みどりボン ゴールド軍団の一員として登場。 頭がいいけどどこか抜けている眼鏡の男の子。 頭脳を使ったゲームを好む。 『Touch! 』ではハッカーとしての技術がある。 『タッチ! ゴールドボンバー いばりんぼな金持ちのお坊ちゃん。 ゴールド軍団のリーダーで、あおボンとみどりボンを従えている。 怒りっぽいが仲間想いでもある。 語尾に「〜なのだ」と付ける。 負けず嫌い。 暗いところが苦手。 『タッチ! プリティボンバー 略称プリボン。 「みんなのアイドルだけど少しわがままなお姉さん」というキャラ付けがなされ、イケメン目当てで遊園地を回ることが多い。 エンチョウ 『ランド1』にも登場した、ボンバーマンランドの園長。 レーサーボンバー 女の子の憧れの的である、レーサー志望のクールな少年。 しろボンたちより少し年上のような風格がある。 ミニボン ボンバーマンランドのスター。 名前の通り体形が小さい。 『ポータブル』では記憶を失ったしろボンと協力して記憶を失った他のボンバーマン達を救う。 『タッチ! チャーリー プリティボンバーの執事である緑色のボンバーマン。 執事以外にもジェット機の操縦を使いこなす。 ダーク軍団 ダークボンバーを筆頭としたランドで必ず事件を起す集団。 ヒゲヒゲ団の戦闘員(しかも喋る)や、バロム、パースと言ったモンスターを手下にしている。 ボンバーマンランドで必ず登場するが、ランド以外の遊園地では登場しない。 ダークボンバー ランドシリーズで必ず問題を起こしている、ハチのようなコスプレをした謎の少年。 普段の性格は陽気だが、戦闘時にバトルスーツを着て大型のハチに変身すると、紳士的で落ち着いた性格になる。 負けても負けを認めないし、事件を起しても反省しない。 電撃を放ち、モンスターを召喚するなど、多彩な攻撃を持っている。 バグラーよりも若いながら、人の精神を利用したり、乱したりしてしまう能力を持つため、第2のバグラーと噂されている。 白ボンに倒されてからは仲間と共にランド内でバイトをしていた。 『ボンバーマンランド2』のランドアドベンチャーではダークな音楽を流す蓄音機を使いランド内の客(外に居る者限定)を洗脳して、ランド内の乗り物を破壊させる。 しかも植物を枯らしたり水を汚染する事ができる。 ただし、蓄音機は1つのゾーンののみしか使えない。 また、ランドの雰囲気が暗く、洗脳された者はそれを「楽しい」と言っている。 しかも、洗脳された者の笑い方は変。 洗脳された者は白ボンのような白い物を嫌っている。 なお、洗脳された者の中に「ボンバーランド」を「ダークボンバーランド」と呼んでいる者がいた。 プリティボンバーをさらいイルカ島で結婚式をあげようとした。 周りから恐れられているが、『ランドシリーズ』主要人物から馬鹿にされたりダークボンバーの結婚相手にされたプリティボンバーから自身よりも何百倍も我侭であるため嫌われている。 『ボンバーマンカートDX』ではバグラーとともにトアル村を困らせている。 四天王 ダークボンバーの部下4人。 『ランド2』のランドアドベンチャーでは白ボンに負けた後、白ボンを恐れていた。 ダークローズ ダークボンバー率いるダーク軍団の一員。 薔薇の妖精のような姿の謎の人物。 性格はきついが、優しい。 ボンバーマンと同じラインに出くわすと、葉っぱのようなカッターを飛ばして攻撃してくる。 『ボンバーマンランド2』のランドアドベンチャーではグリーンゾーンで蓄音機を流していた。 ダークウィッチ ダーク軍団の一員。 言葉遣いが丁寧で、穏やかな性格。 水晶玉に乗って移動している魔女。 自分の周りから敵キャラを召喚する。 『ボンバーマンランド2』のランドアドベンチャーではレッドゾーンで蓄音機を流していた。 プリティボンバーのボムパッドを使って白ボンを誘い戦いを挑む。 ダークピース ダーク軍団の一員。 謎の人物。 人付き合いは苦手らしく、しゃべり方がぎこちないが、ダークボンバーへの忠誠心は確かなもの。 『ランド1』のアイテム「ボムダッシュ」と同じように突進攻撃をしてくる。 『ボンバーマンランド2』のランドアドベンチャーではイエローゾーンで蓄音機で人々を洗脳していた。 ダークドール ダークボンバーに命を与えられたピエロ型の人形。 ダーク軍団の一員。 陽気で親切な性格。 動きが素早いうえ、爆弾で囲んでも分身して逃げてしまうことがある。 『ボンバーマンランド2』のランドアドベンチャーではブルーゾーンで蓄音機を流していた。 仕事を減らすため偽者を使っていた。 その他の敵(チャチャ・バグラー・ヒゲヒゲ団) チャチャ(ランド2) もともとは、どこかの子供に捨てられたボンバーマンの形をしたおもちゃ。 ダークボンバーにより生命を与えられ、自身の目的である世界中の子供達をダークな心にする事を実行する。 人々に対する恨みを不特定多数にぶつけるという、やや凶悪な性格だが優しい性格を持っていた。 ダークボンバーの事件の後、チャチャの要望でボンバーマンランドにトーイゾーンが造られる。 戦う時は野球ボール、サッカーボール、ラグビーボールといったボールを投げてくる。 また、『ランド2』に登場するおもちゃの兵隊はチャチャ同様に子供に捨てられたおもちゃ達で、これらもダークボンバーによって生命を与えられた。 バグラー 悪の天才科学者。 人々の困った顔やおびえた顔を見ることを喜びとしている。 『ボンバーマンカートDX』ではヒゲヒゲ団(ムジョー・メカード)とダーク軍団と手を組み、悪事を働いて誰が一番トアル村を困らせることができるか競い合うパーティを主宰していた。 白ボンの実力に興味を抱いており、白ボンと戦うためムサボン(をモデルにしたボンバーマン)をさらったり、白ボンを部下にしようと勧誘したり、悪の力を植え付けようと発言する描写もある。 アトラクション「ボンガン」「トロッコ爆弾」では的として登場する。 ムジョー ヒゲヒゲ団の総帥。 メカード ヒゲヒゲ団に所属する悪の天才科学者。 ヒゲヒゲ戦闘員 ヒゲヒゲ団の戦闘員。 『ランド』、『ボンバーマン64』、『ランド2』『ボンバーマンカートDX』、『ランドポータブル』に登場する。 『ボンバーマンカートDX』ではボヨヨン戦闘員、マイン戦闘員、ライン戦闘員、ヒュージ戦闘員の戦闘員強化体も登場する。 Touch! ボンバーマンランド DS ボム船長 ボンバーアイランドの支配者にしてキャッスルゾーン支配者。 海賊の船長の服装をしている赤いボンバーマン。 移動する時は、スプリングボムを使って飛ぶ。 クラブ島がお気に入りの場所。 サメピエロ サメのきぐるみを着たボンバーマン。 スペードゾーンの支配者。 性格は陽気。 語尾に「〜サメ」と付ける。 バット 蝙蝠のきぐるみとタキシードを着たボンバーマン。 ダイヤゾーンの支配者。 丁寧口調で喋る。 ハープ 人魚の形をしたボンバーマン。 常にハープを持っている。 航海に出る人々を祈りながらハープを引いていたが、一人取り残されるのが悲しいため寂しい所がある。 ボム船長から貰った「フラワーボム」に思い出がある。 ハープが演奏する歌は「ハープひめの歌」と言われている。 リズム 魚を象った仮面を被っているボンバーマンで、常に太鼓を持っている。 クラブゾーンの支配者。 性格は陽気。 音楽が好き。 自称「森の妖精」。 タッチ! ボンバーせんにんの1番弟子。 船に乗っていた白ボン達を一瞬で「ボムボムキングダム」に移動させる人知を超えたマジックを使用したり、人を風船のような体形にして浮かせる「フワフワノジュツ」を使用や、指定した人物を別の姿に変える「バケバケマジック」するなど多彩な奇術を使う。 白ボンを気に入っている。 ジョーカー 「ボムボムキングダム」のアトラクションの受付で必ず登場するピエロ。 各ゾーンによって外見が異なる。 ジャック 「スターゾーン」の支配者。 常に木馬上に乗っているボンバーだが、木馬が消えると泣き出す。 木馬は生きている。 アクアボン 「ムーンゾーン」のサーカス見習い団員の女の子。 星をモチーフにした飾りと水色の外見が特徴。 いつもドジをするが、頑張り屋。 「ダンスでボンバー」でアクアボンが負けた時すねた顔になっている。 クイーン 「ムーンゾーン」のサーカス団長。 フォーチュン3姉妹 占いをしている姉妹。 「スターゾーン」、「ムーンゾーン」、「サニーゾーン」に各一人いる。 ボンバーせんにん兄弟 「ムーンゾーン」の空の上で修行している方が兄で、「アースゾーン」の地下で修行しているのは弟。 100年前から生きている。 ボンバーせんにん兄はアクアボンがサーカスの練習で失敗した時に励ましてくれる懐が広い所を持っている。 弟から100年前(弟曰く99年前)から貸している帽子がある。 また、弟からセンスがないと言われる。 ボンバーせんにん兄弟は外見が同じだが、色は違う(兄は赤で、弟は青) エース サニーゾーン支配者。 大柄で金色が特徴。 性格は熱血だが、海を泳ぐ事ができない。 ミイラボン 「アースゾーン」に住むボンバーマン。 カボチャの仮面で、体は包帯で包んでおり、右手にスコップを持っているのが特徴。 1000年間墓に眠っており、自分の仲間と遊び遊び終わると1000年の眠りに付く。 エヴィルボンバー 「アースゾーン」に住む魔法使い。 「ボムボムキングダム」を征服しようと企む。 また、キングダムの関係者から恐れられている。 「エヴィルキャッスル」と呼ばれる自身の城を持つ。 『BOMBERMAN Act:Zero』 Xbox 360 実験体 BOMBERMAN プロトタイプ ヒト素体 男女の固体が存在する。 地上へ脱出するために、待ち受ける戦いを突破してゆく。 BLACK BOMBERMAN 脱出する者の前に立ち塞がる、黒いBOMBERMAN。 『爆ボンバーマン2』では「宇宙軟体生物」という設定になっている。 通常世界観の作品ではないが『ボンバーマンジェッターズ~伝説のボンバーマン~』では「オイラ」。 作品によって外観や場所などの設定が異なるので、宇宙基地となっているが必ずしも宇宙にあるとは限らない。• エンディングや『ボンバーマンストーリー 公式ガイドブック』の86ページの記述では、同一人物(マックスの正体)であることが示唆されている。 バグラーの前世であるダークボンバーの紹介文に「その悪の心は輪廻転生を繰り返す」とあり、バグラーもそれを引き継いでいるとも考えられる。 『ボンバーマンウォーズ』に登場する「ダークボンバー」に似たキャラクターデザインとなっている。 『ボンバーマンジェッターズ』など世界観が異なる作品ではこの限りでない。 中本がモデルに抜擢された理由は不明。 ムジョーの声ではなく、ナレーターがムジョーの台詞を読み上げるだけ。 バッドエンディングには登場しない。 「ヒゲ」とも「イー」とも鳴くことが確認されているが、基本的には「ヒゲ」と鳴いている。 『サターンボンバーマン』では異なり、『サターンボンバーマン ハドソン公式ガイドブック』14ページのアートワークでは両腕を 右に伸ばして 右足を曲げ足の裏を 右側へ向けるポーズ、で閲覧できる『セガサターンマガジン Vol. 9』のサタボンの記事のアートワークでは その逆向きのものが確認されている。 12号のステージ2(レウィシア戦)でそのような挙動を示すが、レウィシア以外の女性キャラクター(ハニー、まみ、デラル)に対してはそのような挙動を示していない。 『ストーリー』のみ例外的にリーダーが異なる。 ガンマンの姿のハニーは登場しない。 ボンバー四天王のみ。 ハンマーボンバーは特殊能力を使用しても最弱状態にならないが、ハンマーが回転する大きさが変化する。 公式ガイドブックにバロムと記された敵キャラクターが登場するが、見た目は従来のバロムと大きく異なる。 「凶悪ボンバーマン」とも。 逆にボンバーマンがタイマーを取ればテロリンの動きを停止させることができる。 本人はそのように思っているが、実際は様々な実戦データの収集のために地下組織から送り出された。 取扱説明書及び公式ガイドブックではティーボだが、公式サイトでは「ディーボ」となっている。 「共通キャラクター」の項に掲載したハニーとの関連性は不明。 本作ではキャラクターデザインが異なり、作中のモブキャラクターと同一のものになっている。 本人曰く予備は持っているが、無くしたツリバリでないと全然捕れないらしい。 公式ガイドブックでは女王となっている箇所、王女となっている箇所の両方が存在する。 これらの依頼の他にも、前述の研究資料盗難事件の解決任務も命じられているが、その事を知っているのはリーダーのヒースのみで他のメンバーには知らされていなかったようである。 そもそもフィーアフレイムは前述の通り惑星形成段階で生物などいるはずのない環境であるため、本来なら微生物の発見だけでも大きな発見であるとされている。 当然他の研究員たちはチーフが作り出した生物であることを知らない。 ゲーム開始前に選択した4体のが科学者として登場する。 同作の他の色のボンバーマンも演じている。 『ボンバーマンウォーズ』に登場するダークボンバーとは関連しない。 惑星の名前は不明。 参考1: 参考2:• 参考:• 『爆ボンバーマン2』、『ボンバーマンストーリー』• いわゆる「属性攻撃」。 - (2004年8月5日アーカイブ分)• 参考: 左はプロフェッサーバグラー。 右がバグラーヘッド• 『ボンバーマンジェッターズ』ではヒゲヒゲ団はバグラーを総統とする、宇宙にひとつしかないものを奪いコレクションする宇宙窃盗団という設定になっている。 『サターンボンバーマン』• 『ボンバーマンMAX2』、『ドリームミックスTV ワールドファイターズ』• 『ボンバーマンジェネレーション』• 「スーパーボンバーマン公式ガイドブック」• 余談だが、中本は初代ボンバーマンの開発を担当したため、ボンバーマンの生みの親とされている。 世界観が通常とは異なる作品だが『ジェッターズ』や『カートDX』では私(ワタシ)。 『サターンボンバーマン』の「ムジョー基地3」では戦闘員が造られる工程を見ることができる。 『サターンボンバーマンファイト!! 』、『ボンバーマン ファンタジーレース』• 『ボンバーマンジェネレーション』 、『ボンバーマンジェッターズ』• 『サターンボンバーマンファイト!! 』の戦闘員12号のエンディングの他、『ボンバーマンジェネレーション』や『ボンバーマンジェッターズ』でこのポーズをとることが確認されている。 直立の状態から両腕を 右に伸ばし、 左足を曲げ足の裏を 左側に向けるポーズ。 『』のより。 カチューシャを着けている方のハニーを中心に演じていた。 - (1997年1月21日アーカイブ分)より。 ガンマンの姿のハニーを演じていた。 - SUPER BOMBERMAN 3 screenshots. Ragey's Totally Bombastic Bomberman Shrine Place• 『』のライナーノーツより。 『サターンボンバーマンファイト!! 』の小鉄のステージ1にて。 『サタボンファイト!! 』のステージ7クリア後の会話シーンでの発言から、触ってみたい程ピストルに憧れている様子が窺えるが、ハニーからは「あたしの銃に触るな」といつも言われている。 小鉄のステージ7で「(真剣勝負の場において本気で戦わず)勝ちを譲るなど師匠に対してあまりに無礼」と発言していることから。 『ボンバーマン PS 』の取扱説明書より。 - (2004年6月26日アーカイブ分)• 1996年2月号の誌面上で募集され、同年4月号の誌面上で結果が公表された。 - (1998年5月25日アーカイブ分)• 『スーパーボンバーマン4』の取扱説明書では「バズーカボンバー」と表記されているが、これは誤りである。 参考資料:(ぱにボンW)• ゲーム中のセリフに「我ハ神ナリ。 」というものがあるため。 作中で使用されるイラストから『スパボン3』のことだと思われる。 『ボンバーマンクエスト』でラジボンジュニアを見たボンバーマンが「放っておいても壊れちゃいそうだなー…」と発言していたことから。 レウィシアのステージ5開始前の会話より。 参考: -• アインの「あんた(ウォルフェマン)が現役の時より優秀なメンバーがおるのかな?」という発言から。 研究資料を盗んだジールにヒースとジャンデュックが対峙した際にヒースのみが「やはりあんたの仕業だったか」という趣旨の発言をしたことから。 ゼクスマリンで捕れる魚をタブファラドが大量に食べてしまったため、大きな魚が捕れなくなってしまった。 チーフ自身も体が弱いという噂がある。 ストーリーモードの"キャラずかん"から閲覧できる「アンナのグルメリポート」によく登場する調理法である。 初期作品でのネームエントリーにおけるデフォルトネーム• 『ランド1』、『ランド2』より.

次の

Wii

ボンバーマン wii

概要 [ ] 基本的な内容としては、キャラクターを動かしながら(ボム)を配置し、十字型に広がる爆風を利用して敵を倒していくアクションゲーム(シリーズ・作品によってはゲームジャンルやゲームシステムが異なる場合もある)。 爆風はアイテム「ファイアーアップ(ファイアー)」を取るたびに1マスずつ広がり、またアイテム「ボムアップ」を獲得するとステージ内に同時に置ける爆弾の数を1つ増やすことができる。 爆弾は設置後一定時間で爆発するが、任意のタイミングで起爆できるようになるアイテム「リモコン」といった、爆発する時間に影響を与えるアイテムなどを取得した場合にはこの限りでない。 途中に破壊可能な「ソフトブロック」や、破壊不可である「ハードブロック」や、アイテム等がある場合、原則として爆風はそこで遮断される。 自キャラは敵や爆風に触れるとやられてしまうが、アイテム「無敵スーツ」を取ることで一定時間爆風や敵に触れても平気となる。 この他にも様々なアイテムが登場するが、作品によって少しずつ違いがある。 また、アイテムの名称も作品によって異なる。 作中では主人公である「」をはじめ、様々なキャラクターが登場する。 例えば乗り物としてのキャラクターには「」や「」等のキャラクターが登場する。 ボンバーマンシリーズの造語として、シリーズ作品をプレイすることを「ボバる」、シリーズ作品をプレイする人を「ボバリスト」 ともいう。 ゲームタイトルの変遷とシリーズの誕生 [ ] ゲームタイトルに関する一説 [ ] ここではかつて(元ハドソンのスタッフ)がゲームタイトル名に関して述べていた内容 を扱う。 8ビットパソコン PC-8801 用として1983年7月に作られた『』というゲームソフトがあり、それを欧州で販売する話が持ち上がり、題名を一旦『BOMBER MAN』にすることにしたが、当時ドイツの空港で爆弾テロが起きたため、それを連想させる"bomber"はまずいだろうということで取りやめになった という。 ただし、実際のところこの事件は初代ボンバーマンの発売から約3か月後のに発生しているため、上記とは矛盾する。 シリーズの誕生 [ ] にはファミリーコンピュータ向けにが手掛けたシリーズ第一作『』 (以下、初代ボンバーマン)が発売され、以後シリーズ化することとなった。 余談だが、『』の取扱説明書ではボンバーマンの履歴書の生年月日の欄に初代ボンバーマンの発売日が記されている。 発音 [ ] 本来英語の"Bomber"は4文字目の"b"を発音しないため「ボマー バマ 」という発音が近いが、このシリーズでは「ボンバー」と呼称し、「ボンバーマン」と読む。 海外に関しても同様で基本的に「ボマー」という発音はせず、「Bomberman」は「ボンバマン」(頭に第一強勢)のように発音する。 歴史 [ ] 『 スーパーボンバーマン 公式ガイドブック』や『 新ボンバーマン全百科』(いずれも小学館)によると、中本伸一がファミコンソフトの材料探しに過去のPCソフトを掘り起こしたところ『爆弾男』を発見し、ファミコン向けにアレンジして発売できないか、というのが最初の発想だったとされる。 なお、高橋名人の『ファミコン戦士に告ぐ 名人はキミだ! オレの秘技まるごと初公開』では、当時「ファミコンは子供のオモチャ」と思われていた状況から、大人が楽しめる、ストレス発散ができるソフトというのが最初の発想だったとあるが、 後に高橋本人により否定された。 ハドソンが移植を担当したファミコン版『ロードランナー』の主人公ランナー君がかつては悪の手先として働かされたロボット(グラフィックはファミコン版『ロードランナー』の敵キャラのもの)だったという、ロードランナーのスピンオフストーリー的な作品と位置づけられた。 後に、グラフィックをリアルにして、ストーリー性を持たせた『』という『ボンバーマン』を派生させた作品をファミコン等で出す。 版ではボンバーマンを「ハドソンの 」にしようと努めた(後にシリーズプロデューサーを務める)がマルチタップを使った多人数のバトルゲームを考案し、パーティーゲームとしての人気を博した。 こうしてボンバーマンは藤原の目指したようにハドソンの看板タイトルのひとつとなり、バトルゲームは以後多くのシリーズ作品に搭載されることとなる。 任天堂の据置型ゲーム機における作品では1991年の『』で初めてバトルゲーム が搭載され、1993年の『』により更にバトルゲームが普及することになり、以後『スーパーボンバーマン』シリーズとして「5」まで展開した。 また、同年にはイベント用に10人対戦機能を搭載した世界初のハイビジョンゲーム『HI-TEN ボンバーマン』 が登場し、1996年の『』では家庭用ゲーム機においてシリーズ初の10人対戦を実現した。 1997年にはシリーズ初の3Dアクション『』、1999年にはシリーズ初の2バージョンタイトル『』が発売された。 また別ジャンルへの進出もあり、1994年に落ちものパズルゲーム『』も登場し、後にシリーズ化した他、1998年にはシリーズ初のレースゲーム『』が発売された。 また、1993年にはボンバーマンから派生した玩具『』シリーズが発売され、漫画やアニメのメディア展開もされた。 かつてのボンバーマンのキャラクターデザインは作品ごとにバラバラで統一されていなかったが、1993年以降出身のが関わりはじめ、大衆に知られるお馴染みのキャラクターデザイン を確立させた。 『新ボンバーマン全百科』(小学館)では、水野は自身のキャラクターデザインについて「(従来の人のような等身だったデザインから)より動きが出るような形に変えて」いったと発言している。 また、2000年発売の15周年を記念した『』では、より小さくデフォルメされたキャラクターデザインも登場し、ランドシリーズを始め一部作品で使用されることとなる。 2002年には世界観やキャラクターデザインを一新した テレビアニメ『』が系列で放送され、またこれらを題材としたゲーム作品もハドソンより発売された。 (キャラクターデザイン参考: ) 1985年の初代ボンバーマン以来多く作曲を務めたは、ボンバーマンシリーズの楽曲を担当するにあたって「テクノ・コンセプトの拡張、メロディーの復権、日本のの採用、の旋法理論およびリズム体系の導入」等の試みを意識していたことを述べている。 他にもシリーズの代表的な作曲担当には、、、がいる。 また、2005年10月には音楽CD「ボンバーマン ザ ミュージック」が発売された。 1990年代前半には等でボンバーマンの声をが担当し、1994年以降はゲーム内でも同じく杉山が声を当てるようになった。 なお、1999年以降は他の声優がボンバーマン役に起用されるケースも多い。 2005年にはニンテンドーDS『』で最大8人の二画面を行き来しながら行うバトルを実現し、後のシリーズ作品でも採用されるようになった。 翌年8月3日には、キャラクターデザインや世界観に初代ボンバーマンのエッセンスを取り入れながら大きく一新させた用ソフト『』が発売された。 2010年に行われたで向けに新作が発売されることが発表されたものの 、理由は不明のまま発売中止となり、2012年にはハドソンがKDEに吸収された。 その後KDEより発売された家庭用ゲーム機向けのシリーズ新作は2020年1月時点で1本のみであり、ハドソンに比べてKDEはシリーズ作品の発売にかなり消極的となっている。 なお、ハドソンから販売された最後の家庭用ゲーム機向けシリーズタイトルは2009年12月発売の『』である。 これまでに発売されたシリーズ作品に関しては。 オンラインプレイ [ ] 有名なものとしては、が長期のベータテストを経て正規サービスを開始していた(プレイ自体は無料だが、アバターの装飾用アイテムなどが有料化されている)のが挙げられる。 家庭用ゲーム機でのオンラインプレイ対応ソフトは『』(1996年、セガサターン、要サターンモデム)がシリーズ初。 また、『』(2004年、) も後に発売されたが、当時PSBB対応のPS2(厚型のSCPH-55000)が店頭で品薄であったこと、プレイに月額料金が必要となることもあってか1月末日をもってサービスを終了した。 2006年7月20日発売の版『』のボンバーマンバトルパックでは携帯用ゲーム機初、無料でオンライン対戦できるようになった。 またシリーズで初めて に対応した作品でもあった。 なお、、、等の据置型ゲーム機でも、それぞれオンライン対戦対応のシリーズ作品がリリースされている。 2012年3月にはとして『』がリリースされた。 また海外では1997年にInterplay Entertainmentが製作したオンライン対応『』が発売されていた他、ハドソンより開発された用ソフト『』が2001年にセガ(アメリカ)から発売された。 世界観 [ ] 本シリーズの世界観の最大の特徴は、あまり細かく設定が決まっていない点にある。 そのため、付与された設定が次回作で消滅したり、作品毎に設定が変更されたりすることも多い。 また、当時のシリーズプロデューサーであるは「こちらからおしつける世界観は作らないようにしている」といった趣旨の内容の発言をしており、世界観を狭めず、ユーザーに想像の余地を与えた上で、各ユーザーの考えるボンバーマンの世界観を大事にすることを意識しているのが窺える。 ここではシリーズ作品の各々の世界観の中でも、多くの作品に共通した部分を扱う。 基本的には世界征服及び宇宙征服を企む者、世界や宇宙に害をなす者が悪として登場し、がそれらの悪に対して爆弾を武器に戦うといったものになっている。 ボンバーマンが敵と戦う場所は基本的に宇宙が舞台であるものが多く、ボンバーマンが住んでいる惑星は「ボンバー星」とされる場合が多い(と考えられる作品もある )。 ボンバー星のデザインはボンバーマンの顔の形をしている が、突起物の方は別の惑星だったり、だったりする。 多くの作品において共通してる点としては、科学は相当発達しており、ロボットを簡単に生み出したりする技術力と宇宙船、人工惑星の存在、宇宙用兵器といった宇宙に関する技術力はかなり高いとみられる。 宇宙が舞台である作品では、文化や習慣は各惑星によって異なっている物が多い。 例をあげるなら『ボンバーマンMAX』に登場した、原人や野獣が走り回る未開の惑星「原始惑星 ザウルススター」、全てを機械が管理する未来的な科学惑星「機械惑星 フューチャースター」や、『ボンバーマンストーリーDS』に登場した、自然に囲まれ住人は木造建築に住んでいる惑星ノインウッドと、技術力が高く海底に町を作り暮らしている惑星ゼクスマリンなど。 なお、シリーズの中には他作品と世界観を一切共有せずに独自の世界観を築いている作品も存在する(詳しくはの項を参照)。 キャラクター [ ] シリーズに登場するキャラクターについては「」を参照 「」の項でも述べた通り、ボンバーマンシリーズには他作品と世界観を一切共有しない作品が存在しており、登場人物もまったく異なる場合が多い。 それらの作品と区別する意味で、世界観を共有している(と思われる)作品 に登場するキャラクターをWikipediaでは「 基本キャラクター」(通常世界観に登場するキャラクター)と呼ぶ。 以下は明らかに登場キャラクターが違うか、公式的に世界観が違うと断言された作品であり、Wikipediaでは「基本キャラクターが登場する作品」に 該当しないものとして扱う。 シリーズ• シリーズ• シリーズ• シリーズ [ ] 2012年2月29日まではハドソンが発売元であるが、それ以降は同社を吸収合併したKDEが発売元となっている(ただし、2013年12月31日まではハドソンブランド に属する)。 家庭用ゲーム機向けタイトル [ ] ハドソンの家庭用ゲーム機向けタイトル [ ] タイトル 発売日 ハード 英題 Bomber Man ファミリーコンピュータ Robo Warrior Bomber King Atomic Punk Bomber Boy Bomber Man ファミリーコンピュータ Bomberman II PCエンジン Bomberman '93 Super Bomberman PCエンジン Bomberman '94 スーパーファミコン Super Bomberman 2 ゲームボーイ Wario Blast: Featuring Bomberman! Bomberman GB Bomberman Panic Bomber スーパーファミコン Super Bomberman Panic Bomber W スーパーファミコン Super Bomberman 3 Bomberman Panic Bomber Tobidase! Panibon ゲームボーイ Bomberman GB Bomberman GB2 スーパーファミコン Super Bomberman 4 Saturn Bomberman ゲームボーイ Bomberman Collection セガサターン Saturn Bomberman XBAND ゲームボーイ Bomberman GB3 スーパーファミコン Bomberman B-daman スーパーファミコン Super Bomberman 5 Bomberman 64 Baku Bomberman セガサターン Saturn Bomberman Fight!! ゲームボーイ Pocket Bomberman Bomberman World PlayStation セガサターン Bomberman Wars NINTENDO64 Bomberman Hero PlayStation Bomberman Fantasy Race PlayStation Bomberman Party Edition Bomberman ゲームボーイ (共通) Bomberman Quest NINTENDO64 Bomberman 64 The Second Attack! Baku Bomberman 2 ゲームボーイカラー Bomberman Max Blue Champion ゲームボーイカラー Bomberman Max Red Challenger PlayStation Bomberman Land Bomberman Tournament Bomberman Story NINTENDO64 Bomberman 64 Bomberman Kart ゲームボーイアドバンス Bomberman Max 2 Blue Advance ゲームボーイアドバンス Bomberman Max 2 Red Advance Bomberman Generation ゲームボーイアドバンス Bomberman Jetters: The Legendary Bomberman ニンテンドーゲームキューブ PlayStation 2 Bomberman Jetters PlayStation 2 ニンテンドーゲームキューブ Bomberman Land 2 ゲームボーイアドバンス Bomberman Jetters Game Collection PlayStation 2 Net de Bomberman PlayStation 2 Bomberman Kart DX PlayStation 2 Bomberman Hardball Bomberman Battles Bomberman Bomberman Panic Bomber PlayStation 2 Bomberman Land 3 ゲームボーイアドバンス Hudson Best Collection Vol. 1 Bomberman Collection ニンテンドーDS Bomberman Land Touch! Touch! Bomberman Land PlayStation Portable Bomberman Bomberman Portable Bomberman Act:Zero Bomberman Land Bomberman Land Wii ニンテンドーDS Bomberman Story DS PlayStation Portable Bomberman Land Bomberman Land Portable Xbox 360 Bomberman Live ニンテンドーDS Bomberman Land Touch! 2 Touch! 当時としては破格の多人数プレイを実現するため、世界で初めてハイビジョン規格 で制作されたテレビゲームとされる。 開発はアートビレッジ内にあった「ハドソン中央研究所」で行われた。 1993年に主催の「ハイビジョン・アウォード'93」において選定委員長賞を受賞した。 その後、しばらくの間はに展示してあったようだが経年と共に撤去・廃棄されてしまった模様。 さらにKDEによるハドソンの吸収合併などの影響もあってか現物は長らく行方知れずとなっていたが、にさる筋から高橋名人がゲーム(プログラミングデータ)を記録していると思しきCD-Rを入手したが、後にそれはオーディオCDだったことが判明した。 翌年登場した『 HI-TEN キャラBOM』では、前作の要素に加え、「ゴールデンボンバー、ホワイトボンバーマン、ブラックボンバーマン、桃太郎、夜叉姫、キングボンビー、戦国卍丸、カブキ団十郎、原人、ミロン(『』のデザイン)」といった様々なハドソンのゲームキャラクターが操作キャラクターとして登場し、お邪魔キャラクターとしてハニー(『スパボン2』等のテレビCMでハニーと呼ばれていた、を付けたキャラクター)が登場する のが特徴。 「1995ハドソンゲーム音楽全集」にバトルBGMが収録されている。 PC向け タイトル [ ] ボンバーマンシリーズの元となった爆弾男のシリーズは、「」に掲載。 タイトル 発売日 規格・OS 英題 Bomberman Special Bomberman Collection Vol. 1 Bomberman Collection Vol. 2 Bomberman Online Bomberman Online Japan アーケードタイトル [ ] 「ボンバーマン」及び「ボンバーマンワールド」は、ハドソンの許諾を得た より稼働。 タイトル 発売日 英題 Dynablaster Bomberman Bomberman World Bomberman Panic Bomber Neo Bomberman 携帯電話・スマートフォン向けタイトル [ ] ハドソン・ハドソンブランド の携帯電話・スマートフォン向けタイトル [ ] (参考: ) この他にもシリーズタイトルは存在する。 この節のが望まれています。 1997年• ボンバーマン• から発売されたキーチェーンタイプの携帯ゲームで、「」シリーズの1つ。 液晶パネルを二枚重ねた仕様であり、本家のゲーム性を出来る限り再現している。 日本国外のみの発売 [ ]• 1994年• 『ボンバーマン'94』の海外移植版だが、一部変更点がみられる。 で発売された。 1997年• 開発元、発売元ともにハドソンではない。 2001年• ハドソンが開発し、が発売。 から発売されたでリリースされた最後のボンバーマンシリーズ。 2004年• この時期では少ない、ルーイが登場する作品。 また本作以降のボンバーマンシリーズにはが携わった作品はほとんどなく、彼が本格的にキャラクターデザインに関わった事実上最後の作品と思われる。 発売中止タイトル [ ]• バーチャルボンバーマン()• 1996年2月29日発売 のはずだったが、理由は不明のまま発売中止となった。 ボンバーマンオンライン()• 上記の『』の日本版。 ボンバーマン(仮称)()• 2011年発売予定であった作品で、3Dアクション。 世界観やキャラクターが一新されており、様々なミッションをクリアする「シングルモード」や最大4人(オンライン8人)での「バトルモード」の収録が予定されていた。 アニメ [ ] ボンバーマン 勇気をありがとう 私が耳になる• (1996年) Bビーダマン爆外伝シリーズ• (1998年)• (1999年) ボンバーマンジェッターズ• (2002年) ビーダマンシリーズ• (1999年) 漫画 [ ] 「」および「」も参照• - 作者:• スーパーボンバーマン(学年誌版) - 作者:• - 作者:• - 作者:• サターンボンバーマン - 作者:• - 作者:• ば・ば・ば・ば爆熱ボンバーマン - 作者: ビデオ [ ]• DiGi mation 2 凡! BOMBERMAN(デジメーション 2 ボン! 当時ボンバーマンファンを公言していたのが主役の親凡(白ボン)を演じているドラマ、一部PCエンジン版『ボンバーマン』のゲーム画面と実写を合成した演出を取り入れている。 まるごと!! ボンバーマン 紹介編(1998年、製作:ハドソン、レンタル専用) ゲスト出演・コラボレーションなど [ ] ゲーム [ ]• ポピュラス ザ・プロミストランド• キャラクターの一人として登場。 自機の一体として登場する他、ムービーシーンの登場人物、ボスキャラクターとしても登場する。 パワーリーグ5• 観客として登場。 惑星マリアーナで開かれる水着コンテストの審査員(審査結果発表役)として登場。 クイズキャラバン カルトQ• バトルロードランナー• 黒ボンバーマンが敵キャラクターとして登場する。 パワーゴルフ2 ゴルファー• ゲーム中のパチスロの絵柄として登場。 スーパーパワーリーグ3• 隠し球場の観客として登場。 「花丸町」にて縫いぐるみとして登場。 (SFC)• 「お菓子の世界」で登場。 「NPC」のイラストのパターンにボンバーマンが内蔵されている。 (GB)• ボンタイプ(ボンバーマン型)のビーダマンが登場する他、ステージ上のオブジェクトとしてボンバーマンが登場する。 サターンボンバーマンの写真が登場。 ボンタイプ(ボンバーマン型)のビーダマンが登場する他、画面上のオブジェクトとしてボンバーマンが登場する。 ロボット「ボンバロン」に乗り込んで登場する。 ポケットファミリーGB• 次世代ワールドホビーフェアにてボンバーマンのデータを配布。 ポケットファミリーGB2• 次世代ワールドホビーフェアにてボンバーマンMAXのデータを配布。 (PS2、GC)• 『初代ボンバーマン』をベースにキャラクターを漫画『』に差し替えたミニゲーム『ボボンバーマン』が収録されている。 パズルの絵として登場。 次世代ワールドホビーフェアにてオトダマとして配布。 絵柄にボンバーマンが登場。 絵合わせブロックに登場。 またDS版ではアバターとしても使用可能。 はたらくヒト• ドットを描く仕事にボンバーマンが登場。 アイテム「みそボン」として登場。 壁にファミコンのボンバーマンが描かれている場所がある。 (PS3)• ある条件を満たすとボンバーマンが水槽に登場。 Wii版では登場しない。 「橋をかけろ」をプレイ中、上画面に登場する。 北米版• 「アシストフィギュア」として登場している。 アニメ [ ]• ファミリーコンピュータ版の「ボンバーマン」が登場。 第6話のAパートに登場。 商品 [ ]• Ain• のの替え芯。 ボンバーマンシリーズ及び『ボンバーマンMAX』をモチーフしたミニマスコットが付いてくるキャンペーンが行われていた。 北海道で生産されているスイカ。 2000年7月~8月15日にかけてタイアップしたキャンペーンが実施されていた 他、同年発売の『ボンバーマンランド』にもでんすけすいかが登場する。 その他 [ ]• 2002年に行われたの際に『ボンバーマンジェネレーション』とのタイアップキャンペーンや、ボンバーマンによるイタリア代表応援レポート が行われた。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 元となった作品に『』が存在する。 (2010年3月5日アーカイブ分)• 高橋はボンバーマンシリーズの開発に直接関与していないため、内容の扱いには注意を要する。 Ericは主人公を指し、Floatersは風船から取られた。 発売前である1985年秋頃から、極左過激派による同種の事件やテロ予告はなされていた。 『爆弾男』等はシリーズ第一作とせず、シリーズの原型(前身のような存在)と考えるのが正しい。 ここでいう地下(ロードランナーの舞台)とは金鉱 のことであり、初代ボンバーマンの舞台である地下迷宮とは関連しない。 最終面である50面を攻略すると、"CONGRATULATIONS BOMBER MAN BECOMES RUNNER SEE YOU AGAIN IN LODE RUNNER"との一文が表示される。 ロムカートリッジ版の移植であるディスクシステム版の説明書にさえこれに関する記述は載っていなかった。 この二者においてゲームシステムや世界観上の接点はないが、いずれもシリーズに含まれる。 ここではハドソンの看板タイトル及び看板キャラクターの意味。 この作品では2人で遊ぶ「VSモード」と3人で遊ぶ「バトルモード」が搭載されているが、ここでは便宜上2つをまとめてバトルゲームと呼ぶ。 従来シリーズを手掛けた水野も関わっている。 「 二画面を行き来しながら行うバトル」の部分は、ニンテンドーDSのシリーズ作品でのみ採用された。 2014年5月にサービス終了。 例外として、『ボンバーマン'94』のみ地球と同様のデザインとなっている。 必ずしも他作品とシナリオ上の繋がりを直接もつわけではない。 (例:)• 便宜上Wikipediaでは、敵キャラクターに限り基本キャラクターに含む。 通常世界観の未来を描いた作品であることが示唆されており、 完全に世界観が違うとは限らない。 海外では『ボンバーマンGB』が『Wario Blast: Featuring Bomberman! 』の題で発売されたため。 Steamは家庭用ゲーム機とは関連しないが、便宜上ここに記載。 詳細はの項目などを参照。 名人の機材ではCD-Rのデータを読むことが出来ず、データサルベージのスキルに長けた「ゲーム保存協会」の力を借りて修復を試みた 結果、判明。 家庭用ゲーム機にも発売されたについては、「家庭用ゲーム機向けタイトル」を参照。 現在、アイレムの権利を保持しているのはである。 発売元はKDEだが、ハドソンブランド の作品として発売。 出典 [ ]• - 『サターンボンバーマン XBAND』パッケージ裏より。 『ボンバーマン(PlayStation)』『ボンバーマンランド』等の作品(パッケージ)・文献において、1985年に誕生したことが記されている。 『スーパーボンバーマン 公式ガイドブック』(小学館)にて、ファミコン版の開発者である中本伸一が「生みの親」とされており、中本自身も爆弾男をシリーズ作ではなく原型と捉えていることが書かれている。 また、ファミコン版からアイテムが採用されたという観点で「『爆弾男(シリーズ)』から『ボンバーマン(シリーズ)』への変身と考えても差し支えない」と発言している。 ロムカートリッジ版ボンバーマン取扱説明書• ファミコン版『ロードランナー』取扱説明書より。 かつてのにも置かれていた。 参考1: 参考2: 参考3: - (2000年9月25日アーカイブ分)• - (2005年8月28日アーカイブ分) リンク先(PDFファイル)の3ページ下部より、キャラクターデザインの変遷を見ることができる。 一番左が水野が関わる前(『』)、中央が水野によりデザインされたボンバーマン、一番右が『-ジェッターズ』のシロボン。 『』のより。 ファミ通. com 2010年6月1日. 2012年4月23日閲覧。 『新ボンバーマン全百科』 小学館、1998年、184頁• 『スーパーボンバーマン2』など(『スーパーボンバーマン2』の取扱説明書より)。 発売元はKDEだが、ハドソンの名が冠されている。 - (2002年8月5日アーカイブ分)• 電ニコファミゲーマー(株式会社ドワンゴ) 2019年3月19日. 2019年3月20日閲覧。 参考1: 参考2:• - (2010年7月29日アーカイブ分)• - (2001年12月15日アーカイブ分)• - (2001年12月15日アーカイブ分)• - (2001年12月18日アーカイブ分)• - (2004年6月23日アーカイブ分)• かつて使用されていたTwitter公式アカウントのユーザーIDより。 当時のパンフレットより。 該当パンフレットはより閲覧可能。 - (2004年8月4日アーカイブ分)• - (2004年8月10日アーカイブ分)• - (2000年6月3日アーカイブ分)• - (2004年5月11日アーカイブ分) 関連項目 [ ]• - 記事中でも紹介した、ボンバーマンシリーズの元となった作品。 一人称視点にアレンジした『』も存在する。 (ファミコン版) - 初代ボンバーマンと関連のある作品。 - ボンバーキングのシステムを踏襲し、内容を調整した作品。 - 記事中でも紹介した、ボンバーマンから派生した玩具。 - ファンクラブ会員への配布やイベントでの配布などが行われた、ボンバーマン'94体験版をベースにキャラを天外魔境のキャラ「カブキ団十郎」に差し替えたもの。 - 1995年のハドソン全国キャラバン「劇場空間天外ごっこ 誰がハドソン夢まつり'95」に使用された楽曲が収録されたCD。 ボンバーマンのCVを担当した杉山佳寿子による「あんたがたどこさボンバーマン」やTVコマーシャルにてハニーを演じていたによる「ちょっとね」が収録されている。 - ボンバーマンシリーズを手掛けた開発者が開発に多く参加したアクションゲーム。 「」の項で述べた通り、ボンバーマンがゲスト出演している。 - 2006年5月により発売の、同シリーズを題材とした機。 - より発売された、ボンバーマンをモチーフにした作品。 - ゲームシステム・ルールが類似した作品。 元々は韓国のが開発した作品で、ハドソンから一度提訴を受けた(後に和解)。 ボンビーマン - 用のフリーゲーム。 1990年代初頭にとどめが製作した作品で、ゲームシステムやルールが類似しているが、グラフィックは単純なものとなっている。 外部リンク [ ]• - (2010年3月5日アーカイブ分)• - (2002年8月2日アーカイブ分)• - (2004年8月10日アーカイブ分)• - (1997年1月21日アーカイブ分).

次の

ボンバーマンキャラクター一覧

ボンバーマン wii

ハドソン、51種類のミニゲームを収録してWiiに登場 Wii「ボンバーマンランド Wii」 パッケージ 3月8日 発売予定 価格:6,090円 CEROレーティング:A 全年齢対象 「Wiiバトル」が追加された「ボンバーマンバトル」 株式会社ハドソンは、Wii用アクションゲーム「ボンバーマンランド Wii」を、3月8日に発売する。 価格は6,090円。 CEROレーティングはA 全年齢対象。 「ボンバーマンランド Wii」は、「ボンバーマン」をメインキャラクタにしたアクションゲーム「ボンバーマンランド」シリーズのWii版。 Wiiリモコンの機能を生かした51種類のミニゲームに加え、シリーズおなじみの「ボンバーマンバトル」が収録されている。 ゲームモードは、1人用の「ランドモード」のほか、1~4人用の「アトラクションモード」と「バトルモード」の3つ。 本作のメインである「ランドモード」では、天空の島を舞台に、主人公「しろボン」を操り、全51種類のアトラクション ミニゲーム をクリアしてピースを集め、ライバルのボンバーマンたちと対決してランキングを競う。 アトラクションをクリアするたびに自分の順位が表示され、最終的に上位10位以内に入ることで次のステージへと進出できる。 高得点でクリアし、より多くのピースを集めることがトップへの近道となる。 「アトラクションモード」は、「ランドモード」でクリアしたアトラクションの中から、好きなアトラクションを選んで自由にプレイできるモード。 据え置き型ゲーム機としてはシリーズ初となる、多人数対戦可能なアトラクションも用意されており、2人対戦用の「ボンバージョッキー」や、カートをコースの端ぎりぎりで止める「とまってボンバー」、風船に空気を入れて先に破裂させる「ボンバルーン」など、多数のミニゲームで友達と一緒に楽しめる。 「バトルモード」は、爆風でライバルを倒す「ボンバーマンバトル」で、今作では新ルール「Wiiバトル」が追加されている。 このルールでは「Wii」のポインティング機能を使って、フィールドの外から中にいる敵を攻撃し、より多くの敵を倒して一定のポイントを先に獲得した人が勝利となる。 【スクリーンショット】 51種類のミニゲームが登場。 来場者層はさらに広範化 【2006年11月3日】任天堂、約50タイトルのWii用ソフトが遊べるイベント 「Nintendo World 2006 Wii体験会」開催 2007年3月5日 [Reported by 滝沢修].

次の