ジョーンズ ラング ラサール 株式 会社。 会社概要

【米国株式】5/2新規上場ビヨンド・ミートなど300銘柄の新規取扱いを開始!

ジョーンズ ラング ラサール 株式 会社

ジョーンズ ラング ラサール(JLL)の日本法人は5月26日、国内外の投資家を対象にしたアンケート「新型コロナウイルスによる不動産市場への影響」の結果を公表した。 それによると、新型コロナ禍にありながらも、投資家の67. 2%が「価格調整があれば新規投資を積極的に行う」、また、7. 7%が「物件のクオリティさえよければ新型コロナウイルス発生前と変わらぬ価格で新規投資を積極的に行う」と回答し、不動産投資に積極的な考えを示している。 <投資セクターで「物流」が3位に> 投資分野を問う質問では、「物流」と回答した割合が全体の17%と、「オフィス」の22. 6%、「レジデンシャル(賃貸住宅)」の22. 3%に次ぐ3位にランクインした。 物流施設は、テナントとの契約形態が長期であることや、景気後退局面に強いインフラ系不動産であることに加え、新型コロナウイルスの影響による生活必需品の需要増加などが追い風となり、関心度が向上したようだ。 投資ロケーションを問う内容への回答では、「東京都心5区」が16. 5%、「首都圏全域」が14. 7%、「東京23区」が14. 3%とトップ3を占め、約5割の投資家が首都圏への投資に意欲を見せた。 首都圏以外では、「福岡」が11. 7%、「大阪都心3区」が11. 1%、「名古屋圏」が10. 5%と、地方都市への投資意欲の高さも伺える。 中でも、福岡はアジア主要都市や九州全域への地理的優位性や、職住近接の環境、中心部から1時間以内でアクセスできる物流拠点の存在などから投資家の注目を集めている。 この調査は、4月20~27日にかけて、デベロッパーや、AM・資産管理会社、国内ファンド、J-REIT・私募REIT、不動産賃貸業、海外ファンド、ビルオーナー、事業会社、金融機関、保険会社などを対象に行われたもの。 最新ニュース• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月26日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日)• (06月25日).

次の

役員人事のお知らせ(ジョーンズ ラング ラサール株式会社 プレスリリース)

ジョーンズ ラング ラサール 株式 会社

総合不動産サービスの ジョーンズラングラサールインコーポレイテッド(以下。 )日本法人は、国内外の投資家を対象に「新型コロナウイルスによる不動産市場への影響」についてオンラインアンケートを実施、5月26日に結果を公表した。 回答者の約75%が今後も積極的に不動産へ投資する考えを示す一方、投資対象物件不足が継続するとの予測もある。 現在の投資スタンスについては約 75%が積極的に投資すると考えており、内訳は「価格調整があれば新規投資を積極的に行う」67. 新型コロナウイルス感染拡大の影響が不動産価格の下落につながり、一定の価格調整があると見る投資家が多い。 保有物件の売却を検討するという回答は 2. 6%(既存所有物件の一部売却検討1. 9%)と少数に留まった。 同社は「不動産への投資意欲が依然として強い一方で、新型コロナ発生以前からみられた投資対象物件の枯渇した状況が今後も継続する」と予測する。 投資ロケーションに関しては、複数回答で東京都心 5区が 16. 首都圏以外では福岡 11. 四大都市圏で柔軟に対応する意向の投資家が多くみられ、地方都市への投資意欲も依然高い。 セクター別では、オフィスが全体の 22. さらに物流は17%と、リテール(商業施設)の 9. 「物流はテナントとの契約形態が長期であることや生活必需品の需要が増加し、新型コロナの影響が追い風になっている」ことが要因とする。 景気後退局面で耐性を持つ、いわゆる「インフラ系」セクターの賃貸住宅と物流を併せた三本柱が今後の投資戦略として支持されたといえる。 現在物件取得にあたっての障害を聞く質問では、「価格が投資目線に合うかどうか」が 21. ほか、入国規制や外出自粛による物件デューデリジェンスへの支障やテレワークなどによる意思決定プロセスの遅延など、物理的な障害も挙げられた。 調査結果について、同社は「今後の投資で最も重要な点は『価格の妥当性』(34.

次の

【米国株式】5/2新規上場ビヨンド・ミートなど300銘柄の新規取扱いを開始!

ジョーンズ ラング ラサール 株式 会社

資産運用会社 ラサールREITアドバイザーズ株式会社 以下に掲げる本投資法人の資産の運用に係る業務の委託を、本投資法人から受けます。 (業務内容) a. 本投資法人の運用資産の運用に係る業務(以下「資産運用業務」といいます。 ) b. 本投資法人の資金調達に係る業務 c. 運用資産の状況その他の事項について、本投資法人に対する又は本投資法人のための報告、届出等の業務 d. 運用資産に係る運用計画の策定業務 e. その他本投資法人が随時委託する業務 f. 前各a. ないしe. に付随し又は関連する業務 資産保管会社 三井住友信託銀行株式会社 以下に掲げる本投資法人の資産の保管に係る業務の委託を、本投資法人から受けます。 (業務内容) a. 資産保管業務 b. 金銭出納管理業務 c. その他前a.及びb.に付随関連する業務 投資主名簿等管理人 三井住友信託銀行株式会社 (ア) 以下に掲げる一般事務に係る業務の委託を、本投資法人から受けます。 (業務内容) a. 投資主名簿その他これに関連する書類(以下「投資主名簿等」といいます。 )の作成、管理及び備置その他の投資主名簿等に関する事務 b. 投資主名簿への投資主及び登録投資口質権者又はこれらの者の代理人等(以下「投資主等」といいます。 )の投資主名簿記載事項の記録並びに投資主名簿と振替口座簿に記録すべき振替投資口数との照合に関する事務 c. 投資主等の住所及び氏名の記録又はその変更事項の記録に関する事務 d. 投資主等の提出する届出の受理その他の投資主等の権利行使に関する請求その他の投資主等からの申出の受付に関する事務 e. 投資主総会の招集通知、決議通知及びこれらに付随する投資主総会参考書類等各種送付物の送付及びこれらの返戻履歴の管理に関する事務 f. 議決権行使書面の作成、受理及び集計に関する事務 g. 金銭の分配(以下「分配金」といいます。 )の計算及び支払に関する事務 h. 分配金支払事務取扱銀行等における支払期間経過後の分配金の確定及びその支払いに関する事務 i. 投資証券の発行に関する事務 j. 投資主名簿等の閲覧又は謄写若しくは証明書の交付に関する事務 k. 自己投資口の消却に関する事務 l. 投資口に関する諸統計及び行政機関、金融商品取引所等への届出若しくは報告に関する資料の作成事務 m. 投資口の併合、投資口の分割、募集投資口の発行、合併等に関する事務等の臨時事務 n. 投資主等に対する通知書、催告書及び報告書等の発送に関する事務 o. 委託事務を処理するため使用した本投資法人に帰属する書類の整理保管に関する事務 p. その他総投資主通知等の受理その他振替機関(社債株式等振替法第2条第2項に定める振替機関をいいます。 以下同じ。 )との情報の授受に関する事項 q. 前各a.ないしp.に関する照会に対する応答 r. 前各a.ないしp.に掲げる委託事務に係る印紙税等の代理納付 s. 前各a.ないしr.に掲げる事項に付随する事務 t. 前各a.ないしs.に掲げる事項のほか、本投資法人及び投資主名簿等管理人が協議のうえ定める事務 (イ) また、上記の事務に関連して、「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」(平成25年法律第27号。 その後の改正を含みます。 以下「番号法」といいます。 )に基づき付与される個人番号等を、取得、使用及び管理する等の業務の委託を、本投資法人から受けます。 一般事務受託者 (投資法人債) 株式会社三菱UFJ銀行 株式会社三井住友銀行 株式会社みずほ銀行 以下に掲げる一般事務に係る業務の委託を、本投資法人から受けます。 (業務内容) a. 投資法人債に係る発行代理人事務 b. 投資法人債権者に対する利息又は償還金の支払いに関する事務 c. 投資法人債原簿に関する事務 一般事務受託者 (機関運営、計算、 会計事務、 納税に関する事務受託者) 三井住友信託銀行株式会社 以下に掲げる一般事務に係る業務の委託を、本投資法人から受けます。 (業務内容) a. 本投資法人の計算に関する事務 b. 本投資法人の会計帳簿の作成に関する事務 c. 本投資法人の納税に関する事務 d. 本投資法人の機関(役員会及び投資主総会をいいます。 )の運営に関する事務(但し、投資主総会関係書類の発送、議決権行使書の受理及び集計に関する事務を除きます。 ) e. その他前各a. ないしd. に付随関連する事務 会計監査人 PwCあらた有限責任監査法人 本投資法人の会計監査に係る業務の委託を、本投資法人から受けます。 本資産運用会社の親会社であるため、特定関係法人に該当します。 また、ラサール不動産投資顧問株式会社(以下「スポンサー」又は「ラサール不動産投資顧問」ということがあります。 )は本資産運用会社との間でスポンサーサポート契約を締結し、本投資法人との間で、商標使用に関する覚書を締結しています。

次の