精密採点 コツ。 精密採点DX

カラオケの採点で高得点を出すコツ〜精密採点DX編〜

精密採点 コツ

ワンポイント! 『しゃくる』という言葉には「すくうようにして上げる」という意味があります。 しゃくりの出し方のコツ しゃくりの出し方のコツは、音の階段をイメージして歌うこと。 段差が大きいところに、 間の段を作って上がりやすくしてあげるような感じです。 ただし、なんでもかんでもしゃくりを入れればいいというわけではありません。 しゃくりを入れたい音とその前の音がつながっていて、その前の音の方が低い時に使うのが有効です。 音を途切れさせずに、滑らかにつないでいくように意識して歌いましょう。 カラオケ採点の『こぶし』について こぶしの意味とは? カラオケの『こぶし』とは、音を細かく動かす装飾音的な節回しのテクニックです。 具体的には、 歌の中で一瞬だけ音を上げたり下げたりしていきます。 例えば、「ソ」の音で続く部分があるとしたら、その中で一瞬「ラ」に上がって「ファ」に下がって、また「ソ」に戻るように歌っていきます。 こぶしの出し方のコツ こぶしの出し方のコツとしては、 音を伸ばす部分に母音を入れて歌うことです。 「だ~か~~ら~」という歌詞なら「だ~か~ああ~ら~」のような感じですね。 こぶしを入れる部分を強めるイメージで歌うと、声の強さの変化に引っ張られる形で音の高さも変えやすくなるでしょう。 『フォール・しゃくり・こぶし』が多いと加点されるの? 『フォール・しゃくり・こぶし』の3つは採点項目にはなっていますが、 点数の配分は、実はそれほど高くはありません。 極端な話、仮に一度も出さなかったとしても、高得点を出すことは可能です。 もちろん、その基準はカラオケの機種や歌う曲によって異なる場合もあります。 しかし、『フォール・しゃくり・こぶし』は、音程をズラすテクニックです。 その点に関しては、これまでの解説でご理解いただけたかと思います。 ですから、あまり使い過ぎると不安定な歌い方になってしまい、聴いている側には「単に音痴な歌い方」に思われてしまうこともあるわけです。 だからこそ、カラオケ採点の配分でも、あまり大きな加点にはなっていないのでしょう。 ある程度の回数は加点されても、多く入れ過ぎると音程を外し続けていると判断されたり、逆に減点されたりすることもあります。 つまり、『フォール・しゃくり・こぶし』の3つは、 採点を伸ばすためのテクニックではないということです。 曲のアクセント程度に取り入れれば、少し加点されるかもしれないぐらいに考えておきましょう。 まとめ 今回は、カラオケ採点の『フォール・しゃくり・こぶし』の意味やコツについて解説してきました。 フォールのコツ:各小節の終わりで正しい音程を出して、音程をコントロールしながら下げる• しゃくりのコツ:少し低めから入って、滑らかにつないでいくようにする• こぶしのコツ:音を伸ばす部分に母音を入れて、瞬間的に音を上下させる• 『フォール・しゃくり・こぶし』の配点は高くないため、あまり多用しないこと もし使うなら、その曲を歌っている歌手本人が入れている部分で、マネをするようなイメージでやってみるのがオススメです。 採点項目としては重要ではありませんが、要所要所で使っていけば、きっと聴いている側には「おっ!」と思わせられるようになるでしょう。 ちなみに、カラオケで高得点を出すにはロングトーンとビブラートで加点するのがコツです。 高得点を出したいなら、こちらも合わせて参考にしてみてくださいね。

次の

カラオケの精密採点DXで高得点を出す!コツを掴んで100点を目指そう!

精密採点 コツ

Contents• 1、採点システムを理解しよう 私の平均点はだいたい85点くらいで、なかなか90点を取ることができません。 悔しくて調べていくと、精密採点には、以下のような細かな採点基準が設けられている事を知りました。 「どうすれば素人でも高得点が狙えるのか」「90点が取れるようになるのか」を1つずつポイントを理解して、何に注意しながら歌えばいいのかを覚えておきましょう。 下の写真は先日行った時にチャレンジしたときの記録で、点数は83点です。 恥ずかしいですが、きっと同じ悩みの人も多いと思うので、共感してくれたらいいなと思い写真を載せさせていただきました。 1 音程正解率が最も重要ポイント!!! モニタ画面の上に表示されている、 「見えるガイドメロディー」は、 正しい音程で歌うことで 黄色くなり、 間違った音程になってしまうと、 赤色に表示されます。 ひとフレーズ歌い終わると歌唱バーをなぞるようにキラキラした星が現れます。 その星は、音程の正確さで色が変化し、 青・赤・金・虹の順で表示されます。 音程が正解に近ければ、金色や虹色が現れるので、余裕があれば注目してみましょう。 ちなみに私はこの時の正解率は82%でした。 2 安定性は自信を持って歌えばいいの? 声が不安定に 震えてしまっていないか、ちゃんと まっすぐに発声ができているかがポイントのようです。 安定した発声をするためにフレーズの始めにはしっかりと息を吸って、歌い出しましょう。 評価は10段階でされます。 私の場合は少し震えがちのようで評価は8でした。 自信もって声を出していきましょう。 3 表現力が音程の次に重要ポイント!! 表現力は 歌唱テクニックを総合的に評価することです。 歌唱テクニックとは、 抑揚、 しゃくり、 こぶし、 フォールの4つです。 その4つ、それぞれの評価をもとに総合的に点数をつけたものが表現力となり、 100点満点で採点されます。 精密採点で1番重要なのが音程正解率ですが、表現力はその次に重要となってきます。 平均で95点以上の高得点を出されるような方達は、目標の100点を取るためには、この表現力を上げる必要があります。 私のような90点台を目指す人も表現力を学び、習得していく必要があります。 ではいったいどうすれば表現力の点数が上がるのかを見ていきましょう。 4 抑揚(よくよう)とはいったいどういうこと? 表現力の中で重要視されていくのが、 抑揚です。 私はこの抑揚が上がらず苦戦しています。 点数がなかなか90点台にいかない大きな理由の1つでしょう。 この抑揚ですが、 声に強弱をつけると評価が高くなると言われています。 プロがやるように、 声量を調整することで強弱をつけられればいいのですが、すぐにはそんなできませんよね。 なので素人の私達は、 マイクを口元から 近づけたり、 遠ざけたりすることで、声量を調整することができるようです。 精密採点の攻略ガイドには、 声の強弱をつけて歌う技術と書いてあり、抑揚を意識しないで歌うと一本調子な感情の入っていない歌に聴こえてしまうようです。 歌詞の内容をよく理解をして、相手に伝えるように歌うといいみたいですね。 そしてポイントなのがこの 強弱をつけるタイミングがあるようです。 演奏区間が1〜6とありますよね。 この 1区間ごとに強弱をつけるといいようです。 サビだけ強く歌ってもあまり効果がないみたいですね。 どこで次の区間に移動するかも何度も歌って確認していきましょう。 反復練習が、効果的だと言われています。 又、私がよくやってしまう失敗は、あまりマイクを遠ざけ過ぎても、音を拾ってもらえなくなり、音程正解率が下がる可能性があるので気をつけましょう。 声が低いのでなかなか声を拾ってもらえないので、なるべくマイクは離しすぎないよう気をつけています。 5 しゃくりとは何か? 次に、 しゃくりです。 しゃくりとは 低い音程から滑らかに本来の音程までずりあげる技術とされています。 しゃくりをうまく使えるようになれば滑らかなフレージングとなり言葉も流れていくそうです。 「ずりあげる?」 どういうことかと言いますと、あえて本来の音よりも低い音程から入って声をしゃくりあげながら本来の適切な音程に近付けていくテクニックですね。 大げさに言いますと、フレーズの入りの言葉が 「か」だったとしたら、 「か」「あ」と 2つ歌うような感じです。 1音の子音「か」で歌うところを母音「あ」をつけて二音にするということです。 そして母音の方が音程が高くなるということです。 例えば「 カエルの歌」ってありますね。 「かーえーるーのーうーたーがー」って歌うのを、「か ぁ〜え ぇ〜る ぅ〜の ぉ〜う ぅ〜た ぁ〜が ぁ〜」って歌うイメージです。 聴いていても、少しい やらしい歌い方ですが、これが「しゃくり」です。 平井堅さんや、福山雅治さんなどが、しゃくりが強く出やすいようですね。 あまり しゃくりを意識しすぎると、これもまた 音程正解率が下がる可能性があります。 なぜなら、テンポの早い歌は、しゃくりあげていたらスピードについていけないからです。 なので、 言葉の最初でしゃくりを入れるように意識して歌うだけでいいと思います。 フレーズの冒頭だけしゃくりを入れる意識してみましょう。 しゃくりが出やすいのは バラードのようなゆっくりな曲のようです。 あまりしゃくりを出し過ぎても加点にはならないようなので意識しすぎないようにしましょう。 6 こぶしとは何か? 基本となる施律のなかで音を細かく動かさず装飾的な節回しのことを言うようです。 演歌や民謡がこぶしのイメージがありますが最近のJ-POPにもこぶし的な節回しが入ってますよね。 声を細かく強弱することや、 音程をほんの一瞬だけ上下することによって節回しを強調することができます。 演歌や民謡でこぶしが効いていると言われるのは、このテクニックが使われているからですね。 具体的には歌の伸ばすところで一瞬だけ音を上げたり下げたりしていきます。 例えば 「ソ」の音で続く部分があるとしたら、その中で一瞬 「ラ」に上がって 「ファ」に下がって、また 「ソ」に戻るように歌っていきます。 コツとしては、音を伸ばす部分に 母音を入れて歌うことです。 「だーかーーらー」という歌詞なら、「だーかー ああーらー」のような感じですね。 7 フォールとは何か? フォールとは 本来の音程から低い音程に向かって滑らかにずり下げるテクニックとされています。 フレーズの 語尾に使うことが多く、 切なさを表現したり、時には 色気を感じさせたり、あるいは 気だるい雰囲気になったりと、歌詞の内容ゃ歌い手の個性で様々な表現をすることができますね。 ポイントは、音が下がっていく場合はどうしても気が抜けたような感じになるので、 最後まで音程をコントロールするように意識することがコツのようです。 このフォールですが、なかなかお目にかかれません。 ですが、フォールが 0個だったとしても 高得点が出せるようなので、そこは気にしなくてもいいようです。 ただ、感情が出て歌のクオリティが上がりそうな気もしますよね。 もし、歌っている時にフォールが出たら、切なさや色気が表現できているってことでしょうね。 しゃくり、フォール、こぶし、この3つの 採点配分はあまり高くないようです。 仮に1度も出なかったとしても高得点を出すことは可能みたいです。 先程説明してきましたが、この3つは 音程をずらすテクニックです。 なのであまり使い過ぎてしまうと、 不安定な歌い方だと判定されてしまう恐れがあります。 だから採点配分としても加点は少ないのでしょう。 したがって、しゃくり、フォール、こぶしの3つは 採点を伸ばすためのテクニックではないと考えられます。 少しくらい取り入れてみるぐらいでいいかと思います。 私のような素人は、しゃくり、こぶし、フォールはあまり意識しないで、 抑揚を重視して練習することがいいようですね。 8 ビブラートとは何か? 歌の中で声を伸ばす箇所などで使う 声を揺らすテクニックを言うそうです。 声の揺れ幅が一定で、なおかつ速さや間隔も一定で、さらに途切れないことが綺麗なビブラートの基本となるようです。 ほとんどの歌手の方達は、声を伸ばす所でビブラートを活用し、聴き手に対して、伸びのある、心地が良い揺れを聴かせてくれます。 ビブラートをかけるコツは、 「腹式呼吸」と 「喉のリラックス」だそうで、ビブラートが出来るとうまく聴こえるんだと、プロは言っていました。 自然なビブラートは、 横隔膜を上下に揺らすことで声を揺らすことです。 自分でビブラートの速さや揺れ幅をコントロールしやすく安定感が出ます。 人によって声の揺れ方や波などが違い、精密採点DX-Gでは、 ビブラートが上手なのかを5段階で評価し、 合計秒数と回数、あとは ビブラートのタイプ別にしていくつかに分かれて判定されます。 ビブラートのタイプは、公式サイトで確認もできますが、このようになっています。 全て波の形が違うのですね。 注意するポイントは、 むやみにビブラートをかけすぎるのよくないので、ココだと思う時だけ使用しましょう。 9 ロングトーンとは何か? ひとつの音をキレイに伸ばし続けられるかどうかという判定ということで、こちらも5段階で評価されます。 ここで注意することは、 ビブラートをかけすぎてしまうと、ロングトーンの評価が下がってしまうので、使いどころが重要とされています。 上記でも説明したように、 ビブラートはむやみに使用せずに、このロングトーンを増やすと高得点が狙えるようです。 10 リズムとは何か? 評価の仕方は、ノリノリで歌えばいいという訳ではなく、 歌唱スピードを問われます。 スピードが遅れがちになると 「タメ」側に、スピードが早くなってしまうと 「走り」側になってしまいます。 7段階で評価されますが、 ちょうど真ん中が表示されると、ちょうど良いスピードで歌えているということなので、真ん中になっているか注目してみましょう。 11 声域とは何か? 声域とは、自分の声がどれくらいの範囲で歌えているかを表しています。 私の場合、赤く表示されXマークがついてしまっている場合は オクターブ下(いわゆるオク下)で歌っていることになります。 採点に影響があるのか不安になりますが、 オクターブ下で歌っても音程が正しければ、正解と判定されるそうです。 ただし、声域の鍵盤のところだけは正規の音程と判断されずXマークがついてしまうようです。 ほとんどXマークがついても問題はないみたいですね。 2、高得点を取るにはどうすれば良い? いろいろ調べてみましたが、どうやら今紹介してきた項目で 全てを満点にしなくていいようです。 5以上 ・リズムは中央を目指す 抑揚を上げるには、声量に変化をつけることが重要で、Aメロは小さく歌い、サビは大きめなどと変化をつけて、慣れてきたらワンフレーズの中でも声量をコントロールすると良くなるそうです。 声量といっても、 「大きさ」よりも 「量」を大きくすることを意識してみましょう。 あとは細かく要点をまとめてみました。 ・マイクを持参してもあまり変化はない。 ・部屋の形や歌う場所は採点に影響はない。 ・フロントパネルで、ミュージック音量、エコー、マイク音量を調整しても、お店のスピーカー出力に作用することなので採点には影響ない。 ・テンポ調整は採点に直接影響はないが、テンポを下げると安定性や、ロングトーンが落ちやすいのであまり良くない。 高得点が出やすい曲は、スローテンポだったりアイドルの曲だったりと、わりとメロディーラインが優しめな曲がいいようです。 そこから加点を考えていくのがいいでしょう。 お店で楽しんだ 採点ゲームの記録や、撮影した動画や録音曲をパソコン・スマートフォン・ケータイからいつでもチェックができて、お気に入りの曲を公開することができるんです。 採点した結果などを、お店から帰ってからも確認できるので、今後に活かせれようになります。 お店で撮影や録音したカラオケを公開したりもできます。 サイトでは、歌詞がみれたりパソコンでカラオケの練習もできてしまうんです。 ランキングバトルをしていた場合、その月のトップ100のスコアとニックネームが確認できます。 私もその1人でした。 カラオケ店でデンモクに登録した時に実は14桁の数字が表示されていたようなのですが、だいたいの人がメモはしないですよね。 その14桁の数字が分からない場合、お店に行って、登録したICカードでログインをしましょう。 それから自分のイラストをタップしましょう。 会員登録が済むと、サービスが受けられるようになりますよ。 2 その他のサービスは? 他にもサービスがありますので簡単にまとめました。 ・カラオケDAM 自宅などでカラオケの練習が可能になります。 (有料) ・DAM歌詞 新曲からアルバム曲まで、全ての歌詞が見放題になります。 (有料) ・デンモクmini あなたのスマートフォンがデンモクになってしまいます。 1、スマートフォンから直接DAMに予約 2、お気に入りの曲を登録 3、スマートフォン内から楽曲検索 4、歌った曲や採点の履歴も見られる 5、ログインしてもっと便利になる 6、スマートフォンの写真をカラオケの背景になる App store もしくは、Google playで「デンモクmini」を検索してみましょう。 4、まとめ いかがでしてでしょうか。 採点ゲームといってもとっても奥が深いですが、高得点を出す為にある程度のテクニックは必要だと分かりましたね。 最後にもう一度確認しておきましょう。 5以上 ・リズムは中央を目指す です。 これができたら100点が取れるそうなので、ここまでできなくても近づけるように頑張りましょう!少しずつでも、この基準に達するように日々練習していきましょうね。 そして私と一緒に90点台の平均を目指しましょう! 以上、HIMAでした。 最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

精密採点DXのコツ~カラオケで高得点(90点~100点)を取るために~

精密採点 コツ

カラオケに行くと、機種によって「採点」をしてくれる機能がありますよね。 自分の歌の上手さを数値で測れるのはおもしろいですが、あまりに点が低いと恥ずかしくなってしまったり、「本当にこの採点合ってるの?」と高得点が出ないのを機械のせいにしたりも......。 せっかくカラオケで採点するのであれば、高得点を狙いたいですよね。 それでは、カラオケの採点で、高得点を出す方法はあるのでしょうか? 今回は、カラオケのプロに高得点を出す方法を、カラオケ上達のためのトレーニング屋さんである『大阪 カラトレ屋』のじゃこさんに聞いてみました。 高得点を出しやすい曲についても解説しているのでぜひ最後までお読みください。 実は、それぞれの機械で採点方法が異なるため、高得点を出す方法も違ってくるんです。 さっそく、それぞれの機器で高得点を出すポイントを挙げてみましょう。 じゃこさん: DAMの採点項目の中で得点配分が大きいのが 「音程」「安定性」「表現力」の3つです。 ・「 音程」で高得点を狙うコツ 「音程」では、ガイドメロディーのとおりに歌えているかがチェックされます。 歌手が歌っている音程ではなく、ガイドメロディーを基準にチェックされます点に注意しましょう。 そのためここで高得点をゲットするには、ガイドメロディーを一度しっかり聞くか、採点画面の音程を示すバーを見て覚え、そのとおりに歌えるようにしましょう。 ・「安定性」 で高得点を狙うコツ 「安定性」では、ムラがなく安定している声で歌えているかどうかがチェックされます。 特に長い音はムラにならないよう、真っすぐ丁寧に伸ばしてあげると高得点を出しやすいです。 どういう声が「ムラのない安定した声」かというと、少し遠くの人へ返事するときの「はーーい」です。 こう伸ばしているときは、とても安定した声を出す人が多いです。 この「はーーい」を出して、まずは安定した声がどういうものか知っておくといいですね。 あとはリップトリル 唇をブルブルさせる方法 で声を出すと、発声に不要な力みが取れやすいので、歌う前にやってみるといいでしょう。 簡単ですし、おすすめの練習方法です。 ・「表現力」 で高得点を狙うコツ 「表現力」の採点には、「抑揚」「しゃくり」「こぶし」「フォール」の4つの項目があります。 この中で大きく採点にカウントされるのは「抑揚」です。 「抑揚」では、音量を変化させているかどうかが採点されます。 ずっと小さい声でぼそぼそ歌ったり、大きな声で張り上げて歌い続けても高得点は出せません。 コツは、低い音は小さく、高い音は大きく歌うということです。 1曲ずっと盛り上がって大声を出しているような曲は音量の変化を付けにくく、そのため「抑揚」の項目で高得点を取るのが難しくなってしまいます。 高得点を狙うためには、曲の起承転結が大きい曲 静かに始まってサビで盛り上がるような曲 を選ぶといいでしょう。 ただし、そのような選曲をすると、「抑揚」の項目では得点アップにつながりますが、正確な音程で歌うのが難しくなるため、「音程」で得点アップしにくくなるということもあります。 この点に注意してください。

次の