大きい蜂 種類。 アシナガバチの種類

蜂の種類と見分け方

大きい蜂 種類

毎年、多くの被害がでるスズメバチ。 東京都、横浜市、札幌市では、なんと 年に2,000件以上の駆除依頼が寄せられます。 スズメバチは、昆虫の世界ではトップにいる、王様みたいな存在です。 攻撃性が高く、毒が強いので、とにかく刺されないことが第一。 ココでは、人を刺す9種類のスズメバチをまとめて紹介しています。 攻撃力を発展させたオオスズメバチ、都市に適応したコガタスズメバチ、2012年に長崎県対馬に侵入してきたツマアカスズメバチ…などなど、それぞれ特徴があります。 たとえば、土の中に巣を作るのはもっとも危険なオオスズメバチ。 凶暴なハチなので、絶対に近づかないでくださいね。 もしスズメバチに巣を作られてしまったら、基本的には専門の業者さんに相談するようにしましょう。 自分で駆除しようとして刺される被害も多く、命に関わるため大変危険です。 安全に駆除する方法についてもお伝えしているので、ぜひ参考にしてみてください。 上から 危険な順に並んでいます。 スズメバチは攻撃的で毒が強く、危険度はアシナガバチやミツバチよりはるかに上。 さらにそのなかでも、毒や攻撃力の強さには差があるんです。 毒の量・攻撃力・追跡してくる距離は連動するので、上位のハチには十分ご注意ください…! 数値:最大=10、最小=1 としました。 それぞれのハチの名前をクリックすると、詳しい説明が読めます。 種類 毒の量 攻撃力 追跡 10 10 30m 8 9 30m 8 8 25m 8 8 10m 5 8 10m 5 10 40m 5 5 10m 3 3 5m 3 3 5m 凶暴度No. 1 オオスズメバチ オオスズメバチ 学名 Vespa mandarinia マンダリニア 写真 活動時期 5月〜11月 体長 働き蜂:2. 女王蜂:4. 5センチ前後 巣の場所 閉鎖空間:木の穴、根元、土の中など 特徴 ハチのなかで最も毒が強く、凶暴。 巣の底はむきだし。 秋はエサが少なくなり、他のスズメバチやミツバチを襲うほど攻撃的になる。 巣は直径1メートルを超えることも。 エサ コガネムシ、カマキリ、クモなど オオスズメバチは、 「最強の捕食者」と言われるほど凶暴なスズメバチです。 大きなアゴで相手に噛みつき、6mmもの長い毒針でズブリと刺してきます。 「ケガ」といったレベルではなく、大事故・重症に繋がる 本当に危険なハチなんです。 そんなオオスズメバチの巣は 土の中に作られることが多く、その危険性からも自力駆除はほぼ不可能。 山林では 木の穴などにひっそり巣を作ることもあるため、登山やハイキングの際はとくに注意しましょう。 被害が最多!キイロスズメバチ キイロスズメバチ(ケブカスズメバチ) 学名 Vespa simillima xanthoptera シミリマ・キサンソプテラ 写真 活動時期 5月〜11月 体長 働き蜂:1. 4センチ。 女王蜂:2. 5センチ前後 巣の場所 閉鎖空間:屋根裏・床下など 特徴 発色の良い黄色。 巣の規模は最大で、巣は直径1メートル以上、働き蜂の数は1,000匹を超えることも。 攻撃性が高く、都市部に適応しているため、被害例が多い。 7月〜8月に、狭い場所から開放的な空間に巣の引っ越しをすることも。 エサ ハエ、バッタ、セミなど キイロスズメバチは都市や市街地に数多く生息し、中でも民家の屋根裏や軒下などに巣を作ります。 そのため、 刺される被害がいちばん多いスズメバチでもあるんです。 巣が大きく群れの数も多いため、巣に近づくのはとても危険。 8センチ、女王蜂:3センチ前後 巣の場所 閉鎖空間:天井裏、壁の間、木の穴など 特徴 攻撃性は高い。 他のスズメバチと違って、夜間活動の習性がある。 キイロスズメバチと同様、巣を引っ越す習性がある エサ セミ、バッタ、トンボなど 日没後も、樹液をとるなどの活動をします。 他のハチを襲う!チャイロスズメバチ チャイロスズメバチ 学名 Vespa dybowskii ディボウスキー 写真 活動時期 5月〜10月 体長 働き蜂:1. 4センチ、女王蜂:3センチ前後 巣の場所 他のスズメバチの巣を乗っ取る 特徴 こげ茶色で、毒針が発達している。 自力でも巣作りできるが、キイロスズメバチやモンスズメバチの初期の巣に侵入し、女王蜂を殺して巣を乗っ取る。 「社会寄生性スズメバチ」と呼ばれる エサ 他のハチなど アゴや毒針が発達していて、身体も硬いのが特徴。 他のスズメバチの巣を乗っ取るくらい、攻撃性も高いです。 2センチ、女王蜂:2. 8センチ前後 巣の場所 木の枝、天井裏、草むら、地面近くなど 特徴 初期の巣は、コガタスズメバチのようにトックリ型。 石垣島など熱帯・南西諸島に多く、台風の被害をさけるために地面近くに営巣することが多い。 刺激した場合の攻撃性は強い エサ バッタ、トンボ、各種昆虫など 非常に攻撃的!ツマアカスズメバチ ツマアカスズメバチ 学名 Vespa velutina ベルティナ 写真 活動時期 5月〜11月 体長 働き蜂:2センチ、女王蜂:2. 敵をしつこく追い回す。 初期の巣は地中や低い場所に作るが、規模が大きくなると高い位置に巣を作る。 都市部の高層ビルに巣を作ることも。 7センチ。 女王蜂:2. 6センチ前後 巣の場所 庭木、軒下など 特徴 初期の巣はトックリ・フラスコ型。 都市部での被害が増えていて、庭木の剪定中に刺されることも。 刺激しなければ襲われないが、一度怒ると強い攻撃力をみせる エサ ハエ、アブなど 比較的穏やかなハチですが、人間の生活圏内に巣を作ることが多く、 気づかないうちに刺激して刺される被害が頻出しています。 庭で植物を育てている方などは、とくに注意してください。 また、駆除についてはこちらの記事で詳しく解説しています。 ヒメスズメバチ ヒメスズメバチ 学名 Vespa tropica トロピカ 写真 活動時期 5月〜9月 体長 働き蜂・女王蜂ともに:2. 7センチ 巣の場所 閉鎖空間:天井裏、床下、木の穴、土の中、壁の間など 特徴 スズメバチの中ではおとなしいが、敵に敏感で威嚇はする。 お尻の部分が黒い。 巣はとても小さく、 働き蜂の数は最大でも数十匹ほど。 5センチ、女王蜂:1. 5センチ前後 巣の場所 閉鎖空間:土の中、家の壁のスキマなど 特徴 攻撃性・毒性ともに強くない。 黒い部分が多いので、見分けやすい。 巣はほとんど土の中に作られる。 エサ クモ、ハエなど スズメバチを見つけたらどうする!? 安全に駆除するたった1つの方法 スズメバチの駆除は、プロのハチ駆除専門業者に依頼しましょう。 安全に駆除したいなら、これがベストです。 スプレーやトラップで自分で駆除する方法もありますが、素人には危険すぎます! なぜなら、刺される危険性がとても高いからです。 スズメバチは、近づくと警戒し、威嚇してきます。 しかも、 警報フェロモンという毒液を撒き散らして、仲間を呼ぶこともできます。 業者の使う防護服を着ていたり、専用の薬剤やネットなどの道具を使いこなせる場合は大丈夫なのですが…、そうでなければ興奮したスズメバチに刺されてしまうでしょう。 巣がまだ小さいうちは駆除料金も抑えれられるため、 放置せずに早めに駆除を依頼するのがオススメです。 なお、スズメバチの活動がピークになる8月〜10月頃は、ハチ駆除業者に依頼が殺到する時期。 「スズメバチが飛び回っているから早く来てほしいのに、混んでいてすぐ来てもらえない…」なんてことも十分ありえますので、やはり早めに対処するのが重要です。 また、スズメバチを駆除した後ですが、駆除したときに外に出かけていたハチが戻って来ることがあります。 この「戻りバチ」対策をやらないと、駆除は完了しませんのでご注意ください。 みんなのハチ駆除屋さんでは、戻りバチ対策もバッチリ行います! 期待は薄いが、自治体に連絡する手も 自宅や所有地の中に蜂の巣があるなら、自治体に連絡してみても良いでしょう。 自治体によって差があり、正直、駆除に対応していない自治体の方が多いです。 ・スズメバチに限り駆除に対応• ・費用の一分を負担• ・防護服や駆除グッズの貸出 このように、さまざまな対応の種類があります。 お住まいの自治体に連絡してみましょう。 衛生課、保健福祉課、環境政策課などが窓口になっていることが多いですね。 なお、事後報告ではお金は出ないので、連絡するなら駆除の前に! 最後に スズメバチも種類によって、攻撃性や性格は違います。 ですが、刺激してしまえば、どのスズメバチも攻撃してきます。 黒いものや強い匂いのする化粧品類は避けてくださいね。 それでも、気づかぬうちに刺激してしまうものです。 夏〜秋は繁殖期で、巣を守るために気が立っているので、見つけたらすぐに駆けつけて、安全に退治します。

次の

蜂の種類と見分け方 危険な蜂の活動時期と大きさ 黒い蜂

大きい蜂 種類

・ なぜ蜂は黒色を狙うのか 蜂は黒色を攻撃する習性があります。 なぜ蜂が黒色を狙うのか理由は未だ解明されていませんが、天敵である熊の色に近いからではないかと言われています。 ・ 熊は蜂の天敵!? 熊は蜂の巣を狙います。 何のために狙うのかと言うと、蜂蜜や蜂の幼虫を食べるため。 蜂蜜は熊の大好物で、蜂の幼虫は、熊にとって貴重なタンパク源。 そのため、熊は蜂の巣を襲うのです。 ちなみに、熊は蜂の巣を襲うと蜂に刺されることになりますが、皮膚が分厚いためほとんど無害と言われています。 ・ 髪の毛に注意! 黒色を避け、白色や淡い色の衣類を身につけてひと安心…と言いたいところですが、意外と盲点なのが「髪の毛」。 わたしたち日本人は髪の毛が黒いため、特に注意が必要なのです。 蜂の巣に近づく心配があるときは、白色の帽子をかぶるか、白色のタオルを頭に巻くようにしましょう。 ミツバチは温厚な性格ではありますが、実は刺されるとスズメバチに匹敵するほどの殺傷能力をもつ危険な蜂。 毒性が強いため、正しい処置が必要です。 刺されたあとの症状の中でも最も危険なのが、2回以上蜂に刺されると引き起こされる危険のある「アナフィラキシーショック」。 口内の異物感やしびれ、手足のしびれ、悪寒、呼吸困難、息切れや動悸などの自覚症状や、皮膚の腫れ、じんましん、意識がなくなるなどの他覚症状が現れたら、生命を脅かす危険な症状ですので、刺されてから30分以内に病院へ急ぎましょう。 皮膚に刺さったミツバチの針は警報フェロモンを放ちますので、ピンセットなどを使い、針を速やかに取り除きます。 針を取り除いたら傷口を洗い流し、傷口の周囲をつまんで血液と一緒に毒を排出します。 傷口を洗い終えたら毒を吸い出すための吸引機を用いて毒を吸い出し、市販の虫刺され用の薬(症状を緩和する抗ヒスタミン系成分を含んだステロイド系の軟膏)を塗ります。 患部を冷やし、皮膚科、もしくはアレルギー科の病院へ速やかに受診しましょう。 クマバチは毒性が弱く、刺されてしまったからといって死に至ることはありません。 だからと言って安心はせず、必ず病院へ受診するようにしましょう。 ピンセットがない場合は振り払うようにして。 指で針を掴もうとするのはさらに奥に押し込んでしまう場合があるため、逆効果です。 針を取り除いたら患部を洗い流し、傷口の周囲をつまんで血液と一緒に毒を排出します。 傷口を洗い終えたら市販の虫刺され用の薬(症状を緩和する抗ヒスタミン系成分を含んだステロイド系の軟膏)を塗り、患部を冷やし、念のため皮膚科、もしくはアレルギー科の病院へ受診しましょう。 アシナガバチはスズメバチに次いで毒性が強く、最悪の場合死に至ることもある危険な蜂。 刺されてしまった場合は、正しい処置を行う必要があります。 刺されたあとの症状の中でも最も危険なのが、2回以上蜂に刺されると引き起こされる危険のある「アナフィラキシーショック」。 口内の異物感やしびれ、手足のしびれ、悪寒、呼吸困難、息切れや動悸などの自覚症状や、皮膚の腫れ、じんましん、意識がなくなるなどの他覚症状が現れたら、生命を脅かす危険な症状ですので、刺されてから30分以内に病院へ急ぎましょう。 皮膚に針が刺さっていればピンセットなどを用いて針を抜きます。 針を取り除いたら患部を洗い流し、傷口の周囲をつまんで血液と一緒に毒を排出します。 傷口を洗い終えたら、毒を吸い出すための吸引機を用いて毒を吸い出し、市販の虫刺され用の薬(症状を緩和する抗ヒスタミン系成分を含んだステロイド系の軟膏)を塗り、患部をよく冷やして血の流れを悪くし、毒が全身に廻ってしまうのを防ぎましょう。 応急処置が済んだら、皮膚科、もしくはアレルギー科の病院へ速やかに受診しましょう。 スズメバチの中でもオオスズメバチとキイロスズメバチは攻撃性が強く、巣の近くを通っただけで刺傷被害が発生することもしばしばあります。 それに対してコガタスズメバチやヒメスズメバチは比較的攻撃性が弱く、刺傷被害の発生率は低い値になっています。 スズメバチに遭遇したら、姿勢を低くしてゆっくりその場から離れましょう。 目安としては、巣から50m以上離れること。 また、スズメバチは警告音として顎を「カチカチ」と鳴らします。 この警告音に気がついて静かにその場から離れておけば、被害に遭わずに済むでしょう。 もし襲われてしまったら、逃げるしかありません。 蜂は、下の方を向いて攻撃するのが苦手です。 そのため、地面に這うようにして逃げるのが1番安全です。 スズメバチは毒性も強く、アレルギー反応が起こりやすく、最悪の場合死に至ることもある最も危険な蜂。 刺されてしまった場合は、正しい処置を行う必要があります。 刺されたあとの症状の中でも最も危険なのが、2回以上蜂に刺されると引き起こされる危険のある「アナフィラキシーショック」。 口内の異物感やしびれ、手足のしびれ、悪寒、呼吸困難、息切れや動悸などの自覚症状や、皮膚の腫れ、じんましん、意識がなくなるなどの他覚症状が現れたら、生命を脅かす危険な症状ですので、刺されてから30分以内に病院へ急ぎましょう。 皮膚に針が刺さっていればピンセットなどを用いて針を抜きます。 針を取り除いたら患部を洗い流し、傷口の周囲をつまんで血液と一緒に毒を排出します。 傷口を洗い終えたら毒を吸い出すための吸引機を用いて毒を吸い出し、市販の虫刺され用の薬(症状を緩和する抗ヒスタミン系成分を含んだステロイド系の軟膏)を塗り、患部を冷やします。 応急処置が済んだら、皮膚科、もしくはアレルギー科の病院へ速やかに受診しましょう。 スズメバチの場合は刺されたときの危険度がとても高いため、刺された時点で救急車を呼び、救急車を待っている間に応急処置を行うようにすればもっと安心でしょう。 水回り設備は毎日使うものなので、他の場所と比べて老朽化するのが早かったり、不便さを感じたりしやすい場所です。 特にキッチンは使い勝手の悪さをリフォームで改善したいと思う方が多く、単にキッチンセットを入れ替えるだけでなくレイアウトを変更したり、リビングルームと一体化して広いLDKにしたりといった大掛かりなリフォームになることが少なくありません。 しかしそこで気になるのがリフォーム費用のことです。 キッチンリフォームでは、キッチンの形状や寸法、グレード、オプション設備などの他に、配管交換や換気設備のためのダクト工事の有無、全体の計画などによって費用が大きく変わります。 そこで本記事では施工事例を元に、キッチンリフォームの費用をご紹介します。

次の

【危険なハチを一瞬で見分ける!】ハチの種類と特徴とは? | 蜂バトル

大きい蜂 種類

『ハチの知恵袋』は、ハチに関するあなたのお悩みを解決するためのサイトです。 ハチは、軽く扱うと危険な生き物でもあります。 あなたの安全のためにも、わかりやすさを追求して楽しく情報をお届けします。 あなたの家にできた蜂の巣は?写真と見比べてみよう! 蜂の巣への対処法は、そのハチの種類によって 大きく変わります。 間違った対応をすると、あなたに 危険が及ぶかもしれないんです…! そこで今回、 蜂の巣の写真をいくつかご用意しました! あなたの家にできた蜂の巣と見比べてみてください。 どのハチなのか簡単にわかります! 蜂の巣を確認するときは、 むやみに近づいたり、 覗きこんだりしてハチを怒らせないように注意してくださいね。 ハチが「巣を襲われた!」と思って、 刺してくるかもしれません…! 蜂の巣を ズームして撮影すれば、 刺されずにチェックできるよ〜! そうですね。 遠くから確認できれば安全ですからね。 (スズメバチ) (初期のコガタスズメバチ) (初期のスズメバチ) (アシナガバチ) (ミツバチ) (クマバチ) (マルハナバチ) (ドロバチ) (ジガバチ) すぐに駆除!スズメバチの巣は危険です 丸いマーブル模様、もしくは電灯の傘や逆さにしたフラスコのような巣を作ったのは、 スズメバチの可能性が高いです! スズメバチは一番大きな種類だと 4cmにもなり、 オレンジがかった色をしています。 「スズメバチ」と聞くと、まず危険なイメージが頭に浮かびますよね。 日本にはスズメバチが17種類いますが、 ほとんどの種類が毒や攻撃性が強い ため危険です。 もしスズメバチの巣が作られてしまったら、 被害が出る前に ます。 このあと具体的な危険性や詳しい駆除方法を解説しますね。 ではまず、スズメバチの巣の特徴からご説明します。 スズメバチの巣の特徴 スズメバチの巣は、作り始めと完成後でその形状が変わります。 作り始めの巣は、女王蜂しかおらず、働きバチがまだいない状況です。 一般的なスズメバチの場合、巣が 電灯の傘のような形をしています。 一方 コガタスズメバチの場合、 逆さにしたフラスコのような形をしています。 そんな怖がってたの〜!?ビビりだな〜。 やってみるとわかるけど、本当に怖いんだよ! …話を戻しましょう。 作られやすい場所は、ハチの種類によってまちまち。 代表的な種類ごとに、 巣を作られやすい場所を表にまとめてみました。 表を見ていただければ、巣の場所によってスズメバチの種類の予想ができるかと思います。 ハチの種類 巣が作られやすい場所 オオスズメバチ・クロスズメバチ 土中(木の穴や屋根裏に作られることも) キイロスズメバチ・モンスズメバチ・ヒメスズメバチ 閉鎖空間(木の穴・屋根裏・壁の隙間など) キイロスズメバチ・コガタスズメバチ 開放空間(軒下・生垣・木の枝など) 中でも キイロスズメバチは巣を作れる場所が多いため、街中でも遭遇する可能性が高いです。 また、 「大きなハチがいるけど、巣が見当たらない…」 という場合は土の中に オオスズメバチの巣 があるかもしれません。 もし巣に気づかず近くを通ってしまうと、怒ったたくさんのオオスズメバチが一斉に襲ってきます。 数年前には、車椅子の乗った女性がスズメバチに刺され続け、命を落としてしまう事故もありました…。 (参考: ) ハチが飛び回っている場所には近づかず、 巣の場所を確認することもやめましょう! スズメバチの巣の危険性と駆除方法 スズメバチは危険性が高いハチです。 毒や攻撃性が高く、によると、スズメバチによって 毎年10人前後の方が 命を落としています…。 そんなスズメバチの危険性は、 「働きバチがいるか」で大きく異なるものです。 スズメバチの巣は、働きバチが生まれるまで1ヶ月半ほどかかります。 その期間は、女王蜂は 産卵と巣作りに必死のため 攻撃性がかなり低いんです。 もしあなたの悩みのタネである巣に 働きバチがいるなら、 危険性は一気に上がります…! スズメバチに刺される被害は7〜11月のあいだに起きています。 中でも 働きバチがもっとも多い9〜10月に 被害が集中しているんです。 自分で駆除できるのは、大きさ10cmまでの小さい巣。 しっかりと 防護服を着た状態 で作業してね! スズメバチ駆除の詳しい情報は、こちらの記事にまとめています! 一方、 巣が10cmを超える大きさ で 働き蜂もたくさん飛んでいる 場合は、業者や役所にお任せすることを強くおすすめします。 命に関わる危険な作業 のため、安全のためにもプロの力を頼りましょう。 アシナガバチは大きな種類でも 2. 6cmほどで、 イエローがかった色をしています。 アシナガバチはスズメバチより小さく、大人しいと思われがちですが、もちろん 刺してきます! 種類によっては スズメバチと同じくらいの毒を持っているんです…。 まず、そんなアシナガバチの巣の特徴からご説明します。 アシナガバチの巣の特徴 アシナガバチの巣は、 シャワーヘッドや 蓮の実のような形をしており、 巣穴がむき出しになっています。 巣の大きさは、働きバチが生まれる前は5cm以下とかなり小さめ。 しかし働きバチが増えると巣はどんどん大きくなり、 最大で15cmほどになるんです! 「意外と小さい」と思われるかもしれませんが、そんな小さな巣にアシナガバチが群がっている姿はなかなか強烈ですよ…! 作られやすい場所は次のような 開放的な空間です。 ベランダ• 低い木の枝 一方ハチや巣が小柄なため、 室外機の中といった 閉鎖的な空間にも作ることがあります。 小さなサイズを活かして、色々な場所に巣を作れるアシナガバチ。 では、そんなアシナガバチの危険とはどのようなものなのでしょうか? アシナガバチの巣の危険性と駆除方法 アシナガバチは 大人しい性格ではありますが、もちろん 刺してくることはあります。 駆除は自分でしても大丈夫なんだっけ? アシナガバチは、しっかりと準備すれば 自力での駆除も可能 です。 ただ、アシナガバチも危険性は高いということを覚えておきましょう。 こちらの記事に駆除についてまとめているので、刺されないように注意して行なってくださいね。 刺されるのが不安な場合、また 「自分では無理だ!」 と感じたら、 ことをおすすめします。 ミツバチの巣は状況によっては駆除 板状の大きな巣を作ったハチは、 ミツバチである可能性が高いです! ミツバチは 1. 3cmほどの大きさで、全身が 毛で覆われています。 ミツバチに巣を作られてしまった時、駆除すべきか迷われる方も少なくありません。 業者として働いていたときには、実際にこんなご相談がありました。 「軒下にミツバチが巣を作っているんだけど、怖いしハチの数も多い。 でも刺したりしてこないときってどうすればいい?」 ここで「ミツバチの巣ができた!」と勘違いされる 分蜂(ぶんぽう)という現象について紹介します。 分蜂とは新しい女王蜂が、半分くらいの働きバチを引き連れて、新しい巣の候補地を探すこと。 ミツバチのお引越しともいえます。 ある日突然、家のまわりにたくさんのミツバチが集まってびっくりするかもしれません。 しかし、ミツバチはこのときに 攻撃はほとんどしてこないです。 集まっているミツバチの中に指を入れても刺されないほどですから、 そっとしてくださいね。 さて、大人しいイメージのミツバチですが、どんな危険があるのでしょうか? ミツバチの巣の危険性と駆除方法 ミツバチはいたずらしなければ刺してこないため、巣を見つけても そっとしてOKです。 はちみつって美味しいけど、そんなことが起きちゃうの…。 いいことだけじゃないんだね。 以前、屋根裏にできたミツバチの巣を駆除することがありました。 そのお宅の方は、 はちみつで天井にシミができてから巣に気づいたとのこと。 のぞいてみると、はちみつで巣の周りがベタベタになってたり、ミツバチの亡骸が転がってたりと ひどい状況でした…。 一方 スズメバチによる被害は、 スズメバチがミツバチの巣を襲うことで起こります。 スズメバチにとってミツバチは大事なご馳走。 ミツバチは巣を守るために、死に物狂いで戦います。 この戦いは、あなたにとっても 危険な状況なんです…! スズメバチが大勢引き寄せられると、興奮したスズメバチに 襲われる可能性が上がります。 また、戦いのあと巣のまわりにはかなりの亡骸が残ってしまい、衛生・精神的にもよくありません。 このように家に巣を作られた場合は、 駆除を検討してもいいかもしれません。 ミツバチは自分で駆除するには巣が大きいし、ハチの数も多いよ。 2cmほどの大きさで、胸のあたりが黄色の毛でフサフサと覆われています。 見た目や名前の印象、羽音が大きいこともあり、飛んでいて怖いと思うかもしれません。 しかし、実際は とても大人しいハチで、掴んだりしない限りは 刺してきません! 刺されたとしても、毒は強くないため 危ないハチではありませんよ! 6〜7月になると、放置している木材などに 横穴を掘って巣を作ります。 1匹で生活しているため、巣のまわりにハチが飛び交うこともないです。 さらに、巣に近づいても襲ってこないため 放置しても問題ありません。 しかし家の木材部分に作られた巣穴から、 水分や虫が侵入することも考えられます! 気になる場合は 駆除という選択肢もあるかもしれません。 巣に殺虫剤を撒けばカンタンに駆除できるよ! でも丸っこくて可愛いし刺してこないから、オイラは少し気が引けちゃうなぁ。 マルハナバチはそっとしておきましょう きのこの傘が集まったような巣なら、 マルハナバチというハチが考えられます! マルハナバチは最大 2cmほどで、クマバチのように全身が毛むくじゃらです。 羽音や見た目で怖い印象を持たれるかもしれませんが、掴んだりしなければ 刺してこない温厚なハチです。 クマバチとは違い、家族で生活しています。 4月頃になると、 土の中に巣を作ります。 見た目を例えるなら、エノキの傘を上から見下ろしたような感じ。 刺したりしないため、気にせずに 放っておいてあげましょう。 ドロバチ・ジガバチは危険ではありません トックリのような形や、地面に泥で作られた巣は、 ドロバチや ジガバチといった蜂の巣の可能性が高いです。 5cmほどのハチで、1匹で狩りをしながら生活しています。 小さい上に、掴んだりしなければ 刺してきません。 7〜9月になると、 ツボやトックリのような巣を作り始めます。 巣は泥でできているため、見た目はただの土の塊です。 この蜂の巣は、実はエサの芋虫とハチの卵を入れるために作ったもの。 巣というより保育器に近いんですよ! えーどういうこと!? どういうことかというと、針で刺して麻酔がかかった虫とハチの卵を入れることで、世話をしなくても安全に成長する設計になっているんです。 ハチの卵がかえると、一緒に入っている虫たちを食べて大きくなります。 このハチは一匹で生まれて、成虫になるまでずっと中に閉じこもっているんです。 もし 巣に穴がなかったら、親がフタをしたあとなので もう戻ってきません。 卵が立派なハチになれば、 フタを壊して外に出てきます。 家の壁に、土でできたツボができたらびっくりするかもしれません。 しかし、いじらない限り刺してはこないので、 そっとしてあげてください。 まとめ この記事では、蜂の巣の種類や危険性がわからないあなたへ、次の3点をお伝えしました。 蜂の巣はカメラのズーム機能を使って安全に確認しましょう• 危険なハチなら駆除して不安を取り除きましょう• 刺してこないようなハチはそっとしておきましょう.

次の