ジフェニドール。 ジフェニドール

セファドール錠(ジフェニドール)の副作用や効果をご紹介!

ジフェニドール

作用 平衡感覚にかかわる神経の働きをよくしたり、血流を改善する作用があります。 注意 【診察で】• 持病やアレルギーのある人は医師に伝えておきましょう。• 別に薬を飲んでいる場合は、医師に伝えておきましょう。 【注意する人】 眼圧が上昇するおそれがあるので、緑内障のある人は慎重に用います。 前立腺肥大などで尿の出にくい人、腸に閉塞や通過障害のある人も注意が必要です。 適さないケース..重い腎臓病。• 注意が必要なケース..緑内障、前立腺肥大、腸閉塞のある人など。 【使用にあたり】 症状によって、飲む量、飲み方が異なります。 指示どおりに正しくお飲みください。 効能 内耳障害にもとづくめまい。 錠..通常成人1回1〜2錠、1日3回経口服用する。 年齢、症状により適宜増減する。• 顆粒..通常1回0. 25〜0. 5g(塩酸ジフェニドールとして25〜50mg)を1日3回経口服用する。 医師の指示を必ずお守りください。 副作用 わりと多いのは、口の渇きです。 また、人によっては、かえってフワフワ感や不安定感を感じることがあるかもしれません。 安全性の高いお薬で、そのほかの副作用はほとんどありません。 口の渇き、食欲不振• 浮動感、不安定感、頭痛、頭重感、眠気• 目のかすみ、まぶしさ、動悸、尿が出にくい• いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。 まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。

次の

ジフェニドール塩酸塩・抗めまい成分の覚え方

ジフェニドール

効能 [ ] の循環を改善し、椎骨動脈の血流障害を起こした部位の緊張を緩解し、血流量を増加させるとともに、のひとつである神経路の調整作用を有する。 主に塩酸塩(塩酸ジフェニドール)の形で、としては内耳障害によるめまいやの抑制、および外傷性頭位眩暈症患者の抑制を効能として承認されている。 としてはとして配合されている例が見られる。 ジフェニドール塩酸塩の1日最大量は医療用150mg、一般用75mgである。 めまいの改善効果は、末梢性めまいで58. 副作用 [ ] ジフェニドールには、があり、上昇を起こすことがあるため、患者は服用前に医師へ相談することが望ましい。 同じく抗コリン作用によって、困難を引き起こす可能性があるため、に伴う排尿障害を抱えている患者も服用前に医師へ相談することが望ましい。 他に口の渇き、不振、などの症状の他、浮動感、顔面の火照り、などの副作用が見られる。 また、ジフェニドールは血液脳関門を通過し、眠気を催すことがあるため、自動車等の運転は注意が必要である。 さらに、高度のがあるとジフェニドールの排泄が滞り、副作用発現の可能性が上がるため、重篤な腎障害のある者への投与は禁忌とされている。 出典 [ ]• 2参照)• 参考文献 [ ]• 齋藤洋、福室憲治、武政文彦著『一般用医薬品学概説(第2版)』、2006年。 この項目は、に関連した です。

次の

ジフェニドール:セファドール

ジフェニドール

一部、経過措置品目および終了品目が含まれます。 あくまで参考までとしてください。 また、製造販売元と発売元等が異なる場合、または複数社より併売の製品については、いずれか1社のみ参考までの表示です。 4 - 日本新薬 ジフェニドール塩酸塩錠25mg「JG」 錠 5. 7 後発 日本ジェネリック ジフェニドール塩酸塩25mg錠 錠 5. 7 後発 - シュランダー錠25mg 錠 5. 7 後発 鶴原 ジフェニドール塩酸塩錠25mg「日医工」 錠 5. 7 後発 日医工 ジフェニドール塩酸塩錠25mg「ツルハラ」 錠 5. 7 後発 鶴原 ジフェニドール塩酸塩錠25mg「トーワ」 錠 5. 7 後発 東和 ジフェニドール塩酸塩錠25mg「TCK」 錠 5. 7 後発 辰巳 ジフェニドール塩酸塩錠25mg「タイヨー」 錠 5. 7 後発 武田 ジフェニドール塩酸塩錠25mg「CH」 錠 5. 9 後発 日本ジェネリック セファドール錠25mg 錠 10. スポンサード リンク.

次の