スクラン ブラー カフェ レーサー。 カフェレーサー、ボバー、スクランブラー|カスタムスタイルの特徴

ドゥカティ(DUCATI) スクランブラー カフェレーサー

スクラン ブラー カフェ レーサー

まだまだアツさ継続中の125クラス。 ちょっと前までは125ってスクーターを除くと選べる選択肢が少なかったですが、最近では海外の125なども日本で販売され、様々なジャンルの125が存在します。 合わせて車検がいらず高速に乗れて安く買えるクラスとして250クラスも人気。 今回は2019年8月現在新車で買えるカフェレーサーとスクランブラータイプのの125・250を紹介していきます! 【AJS Cadwell125】 王道的カフェレーサーのスタイルをバッチリ抑えた125がこちら。 イギリスで1909年に設立されたメーカーAJSは言わば伝説とも言えるほど多くのライダーたちを虜にしたメーカーです。 そんなAJSが125で復活し、しかも 新車30万以下で買えるというお得感満載なモデル! 「カフェと言ったらこれでしょ!」と言わんばかりのタンクやカフェスタイルのシートなど、 純正の段階で既にガッツリカフェへと作り込まれています。 カフェレーサーってカスタムして作っていくイメージが大きいですが、最初からこれなら苦労しないので手っ取り早く乗りたい方にもオススメです! 【ITALMOTO Tiquattro125 カフェレーサー】 125の安っぽいイメージをひっくり返したイタルモトのカフェも注目のモデル。 250と同クラスの車格にゼッケングラフィック、カフェシートなど、まさに イタリアらしい綺麗に作られた125カフェです。 【GPX Gentleman Racer200】 タイで大人気のメーカーGPXからもカフェスタイルのモデルが出ています。 昔ながらのカフェとはちょっと違い、 現代的にアレンジされたスタイルにビシッと決まるセパレートハンドルなど、250クラスには見えない風格。 同じスタイルで125と250両方共ラインナップされています。 ゴールドに光る倒立フォークや丸みを帯びた真っ赤なタンクカバー、独特な形のフルLEDヘッドライトなど スタイルこそスクランブラーですが装備はかなり現代的。 極めつけはこの2本出しアップマフラー! マフラーを引き立てているスクランブラーならではのサイドカバーもかっこいい! 125は79万、250は89万という今回軍を抜いた高額モデルですが、 それでも納得できてしまうハイクオリティなモデルです。 【AJS TempestScrambler125】 先程カフェでも登場したAJSですが、スクランブラータイプの125もあります。 同じメーカーから出た別タイプの2台ですが、タンクもサイドカバーもしっかりスクランブラーに合わせて専用品が使われているのがアツい! フルサイズの車体でブロックタイヤを装着していたり、 上品さもありつつアクティブな感じでカッコいい! こちらもカフェと同じく 30万以下で買えてしまうお手軽125です。 【SWM OUTLAW125】 1970年代からイタリアで名を馳せていたメーカー、SWMのスクランブラー。 元々SWMシリーズにある400ccクラスのグランミラノがベースの車体に同社の オフロードモデルの125ccエンジンが乗っている、他メーカーではあまり見ないスタイルです。 タンクが黒いのがACE OF SPADES125、そして写真のシルバータンクがOUTLAW125。 エンジンは水冷125単気筒エンジンで前後の足回りも倒立フォークなどかなり豪華。 53万と125にしてはちょっと高めですが、これ一台で ツーリングからオフまで様々な遊びができるので メインバイクになり得る125モデルです。 【ITALMOTO Tiquattro125 スクランブラー】 こちらも先程カフェで登場したイタルモトから出ているスクランブラータイプの125。 こちらは スクランブラースタイルの王道、アップマフラーやフラットシート、マットガードなどフルコンプしてます! タンク色がイタリアンカラーとグレーの2種類があり、他のモデルでは大体選択肢がないのでこの点も注目のポイントです。 43万と125にしてはそこそこな価格ですが、ベース車を買って一からスクランブラーカスタムするよりは確実にお得でしょう。 【MUTT Motorcycle RS-13】 カスタムの世界で超有名なビルダーが作る新車、マットモーターサイクルからも125と250がラインアップされています。 これまでの王道スクランブラースタイルとは違いますが、ネイキッドバイクをオフでも走れるようにしたRS-13は スクランブラーの原点とも言えるスタイル。 ごっついブロックタイヤを履かせてライトガードなども装備していますが、 本来のカジュアルな雰囲気はそのままなので スクランブラーに興味がある人ならこのスタイルが好きな人もいるはず! 125が53万、250が64万とここまでガッツリプロが作り込んだカスタムバイクにしては安い!! オフやツーリングはもちろん、街でも映えるモデルです。 様々なモデルをご紹介しましたが、小排気量でカフェレーサーやスクランブラースタイルのバイクを出しているのは 決まって外車メーカー。 外車と言うと「壊れそう…」なんてイメージがある方もいるかもしれませんが、それは一昔前の話で 今は性能的にも保証的にも安心して乗り出せるモデルが多くなっています。 ベース車を買ってカスタムしていくのも楽しいですが、時間と苦労は必ず付いてくるもの。 だったら最初から出来上がってるのが良い!という方も多いはずです。 今後も様々なメーカーからカフェ、スクランブラーのモデルが日本でも買えるようになってくるはずなので注目しておきたいジャンルです! (ライター:佐藤 快/) 【関連記事】 by カテゴリー : , タグ : ,.

次の

カフェレーサー、ボバー、スクランブラー|カスタムスタイルの特徴

スクラン ブラー カフェ レーサー

2018. 子供たちが就職して、ようやく自分のためにお金を使えるようになったからです。 そんなリターンライダーが最初にチェックするのは、青春時代に「あこがれた」あるいは「いちばん楽しかった」バイクの、今の姿でしょう。 1990年代後半に大ヒットした900SS(Super Sport)や900SL(Super Light)で「ドゥカティのとりこ」になった方なら、当然、最新の 900SS ということになります。 ドゥカティの面白さにどっぷりとハマり、3万kmを走破しました。 子供の大学卒業を迎えてドゥカティに復帰しようと思ったら…… 「どれどれ」 ドゥカティジャパンのを開いてみると…… ありません! 空冷Lツインのスポーツバイクが。 「スーパースポーツ」という車名にひかれて正規ディーラーを訪ね、最新の937cc水冷4バルブLツインに試乗してみても……イメージと違います。 もっとシンプルで、車両価格が安くて、普遍的なスタイリングのバイクがほしい。 いっそのこと90年代の900SSを中古で購入し、当時、盛り上がっていたサンデーレースB. (バトル・オブ・ザ・ツイン)の常勝マシンをモチーフにしたカスタマイズを施してみるか? いやいや、90年代のドゥカティはメンテナンスがたいへんだし、シリンダースタッドボルトが折れる恐れもある。 純正パーツも出てこないだろうし……。 そんなふうに考えていたら見つけました、ディライト(DUCATI 鈴鹿)のコンプリートマシン を。 こんな手があったとはねぇ。 そこに往年の900 Super Sport(1975~1982)を思い起こさせるロケットカウルを装着し、アルミたたき出しの燃料タンクを組み合わせたのがポイントです。 あえて燃料タンクの前後長を伸ばして、専用のシートとステップを組み合わせ、スポーティなライディングポジションを実現しています。 伏せたときのカウルとの間合いもよく、ライダーをおおいに「その気」にさせてくれます。 とにかく軽くてコンパクト! 国産600ccスーパースポーツよりも スリムで、凝縮感があります。 しかも水冷4バルブLツイン系と違って、トラスフレームが後部までしっかりと残されていますから、シートを通じて伝わってくる 接地感がダイレクトでみずみずしいんです! これこそ90年代の900SSに通じる気持ちよさでしょう。 スロットルを開けたときの弾け感も程よく、バイクを右手で操る楽しみが濃厚です。 最高出力が100psを超えてくると、実用的なスロットル開度はせいぜい10%以内。 右手の扱い方も繊細にならざるを得ませんが、このスクランブラー・カフェレーサーなら ストレスフリー。 右手の開け方や閉じ方で思い通りにトルクの出方やエンジンブレーキの働き方をコントロールでき、奥深い喜びにひたれます。 特徴的なロケットカウルは裏面の処理まで美しく、純正品のようなクオリティが、まずうれしい。 伏せずに走っているときには両腕の外側や肩に、それなりの走行風が当たりますが、伏せるほど、そして速度が増すほどに、ウインドプロテクション性が高まっていくのを実感できました。 バイクを降りて、振り返った時の たたずまいにも……グッときます(笑) 試乗車はレース参戦のためにフロント17インチ化&ダブルディスク化、フロントフォークの正立化を進めていましたが……公道で遊ぶぶんにはシングルディスクで十分でしょう。 ホイールもベースマシンのノーマル(フロント18/リヤ17インチ)でいいと思います。 物足りなくなってからグレードアップしても遅くありません。 ドゥカティのLツインは、直4や並列ツインを積む一般的なバイクに比べて、 エンジンの重心が後方にあるので、前後長を伸ばして 着座位置を後ろ寄りに移したアルミタンクとの相性もバッチリです。 ライダーのおへその下あたりに、ジャイロモーメントの主役であるクランクシャフトやクラッチが集中していますから、大きなアクションをしなくても「 人車一体感」に浸れます。 ロケットカウルが適度に前輪分布荷重を稼いでくれているのも好都合です。 おまけに、初心者を受け入れてくれる「優しさ」や「懐の深さ」が備わっていますから、初めてのスポーツバイクとしてもオススメできますし、ベテランライダーの最後のスポーツバイクにもいいでしょう。 空冷Lツインならではの冷却フィンの美しさに うっとりし、70年代の900SSに通じるスタイリングに ニンマリし、90年代後半の900SSを彷彿させる軽快感とダイレクト感に 胸を躍らせる。 クルマの流れに乗ってクルーズしたときの、柔らかい鼓動感が心地いいのもドゥカティの美点です。 そう考えると……90年代後半の900SSで素敵な思い出をたくさん作ってきたライダーに、いま一番おすすめできるのが、このスクランブラーベースのカフェレーサー。 ノスタルジックな雰囲気を求めるならクラシックベースの スポークホイール仕様(冒頭の写真)、もう少し現代的な雰囲気を求めるならアイコンベースの キャストホイール仕様がいいと思います。 いずれの場合も、ベースマシンを中古車にすれば、トータルの金額も納得できる範囲に収まるでしょう。 最新のに、このロケットカウルとアルミタンクを装着するのも、賢い選択です。 *ボルトオンキットとして販売されているので、遠方の方もあきらめずに、 に相談を。 試乗車のキーを返却して、このバイクを眺めていたら……「人生経験を重ねたオトナのライダーにこそ、こうした奥の深いバイクを、カッコよく乗りこなしてもらいたいなぁ」との想いが浮かんできました。 唯一の心配事は、息子さんが「ちょっと貸して」とディライト スクランブラー カフェレーサーを乗り回して、あなたに返してくれないことかもしれません。 手に吸い付くようなアルミタンクの感触、懐かしくも新しいスタイリング、空冷Lツインの開放的なパワーフィールが、きっとあなたを一生楽しませてくれるでしょう。 隣にどんな高級車が並んでも、愛車を誇らしく思えますしね。 delight-suzuka. 1994年に大型バイク専門誌が創刊したときのメンバーのひとり。 2005年4月号から同誌編集長。 一貫してニューモデル試乗記やライテク特集を担当。 2012年1月に独立して各誌に寄稿中。 記事執筆のために試乗した車両は800台以上。

次の

カフェレーサー

スクラン ブラー カフェ レーサー

1055位 0. 0点 評価人数:0人 台 0件 8人 0件 車輌プロフィール 2014年に発表され、2015年モデルからスタートしたドゥカティ スクランブラー・シリーズ。 モンスター796用ベースの空冷Lツインを搭載した、ドゥカティのニューラインだった。 モンスターやムルティストラーダなど他のシリーズと異なるのは、名称は「ドゥカティ スクランブラー」となっていたこと。 ドゥカティの一部ではあるものの、ライフスタイルの提案などを含めて、独立したブランドとされていた。 2017年モデルでシリーズに加わったのが、「カフェレーサー」だった。 カフェレーサースタイルのモデルとしては、前年に限定販売されたイタリアインディペンデントが存在したが、この「カフェレーサー」は、前後17インチホイールやセパレートハンドルなど、カフェレーサーらしさは、エスプレッソのように濃くなっていた。 800ccのドゥカティ スクランブラーは、2019年モデルでアップデートされた。 新型では、コーナリングABSが装備されるなどの変更を受けた。 また、メーターには燃料計やシフトポジションの表示も加わった。 スタンダードのアイコンに続き、2018年10月のインターモト(ケルンショー)で新型カフェレーサーも発表された。 5 エンジン始動方式 セルフスターター式 クラッチ形式 湿式・多板 変速機形式 リターン式・6段変速 変速機・操作方式 フットシフト 動力伝達方式 チェーン スプロケット歯数・前 15 スプロケット歯数・後 46 フレーム型式 トレリスフレーム キャスター角 21. 5 ホイールリム形状(後) MT ホイールリム幅(後) 5. 5 テールライトタイプ LED スピードメーター表示形式 デジタル メーター表示:ギアポジション 有 メーター表示:燃料計 有 メーター表示:エンジン回転計 有 メーター表示:時計 有 メーター表示:ツイントリップ 有 車両装備:ハザードランプ 有 車両装備:アンチロックブレーキ(ABS) 有 車両装備:USBポート 有.

次の