カーネーション 生産 量 日本 一。 カーネーション/長野県

カーネーションの原産地や歴史

カーネーション 生産 量 日本 一

昨日は、伊勢志摩サミットで日本にやってくる世界各国の首脳たちに、愛知県の花をおくるというお話をしたよ。 『伊勢志摩サミット~空港でのおもてなしは?』 愛知県の日本一は、自動車だけではない。 たとえば、キャベツ。 愛知県のキャベツは、産出量・産出額とも日本一。 キャベツ畑の面積も、愛知県が日本一だ。 日本で初めてキャベツを生産したのも、愛知県なんだって。 そして、昨日も紹介した、花。 産出額は、昭和37年からずっと1位。 そのシェアは、およそ16.4パーセントだ。 ところで、花といっても、いろいろあるよね。 愛知県で作られている花って、いったいどんな種類の花なんだろう? みんなは、どんな花を知っている? 花の種類、何個くらい思い出せるかな? マインドマップを知っている子は、メインブランチに「赤」とか「紫」など、色をのせるといっぱい思い出せるかも。 ちょっと、ためしてみてね。 ・・・ どう? 花の名前、たくさん思い出すことができたかな? 話を愛知県にもどそう。 愛知県で作られている花。 いろいろあるけど、代表的なものを紹介するね。 まずは、菊。 日本人には、なじみの深い菊の花。 お正月や子供の日のお祝いなど、いろいろな場面で活躍するよ。 愛知県の菊は、生産額・生産量とも日本一。 生産額のシェアは、32.6パーセントだ。 お次は、バラ。 とてもきれいなバラの花。 父の日のおくり物として使われることが多い。 ちくちくのトゲには要注意。 愛知県のバラは、生産額・生産量とも日本一。 生産額のシェアは、13.4パーセントだ。 お次は、カーネーション。 赤色やピンク色がかわいいカーネーション。 母の日の定番だよね。 愛知県のカーネーションは、生産額・生産量とも、長野県に続いて全国二位。 生産額のシェアは、14.8パーセントだ。 お次は、シクラメン。 おくり物として使われることの多い、シクラメン。 愛知県のシクラメンは、生産額・生産量とも、長野県に続いて全国二位。 生産額のシェアは、10.9パーセントだ。 お次は、洋ラン。 かれいな姿のコチョウランは、さまざまなお祝い事でかつやくするよ。 洋ランの生産は、われらが豊田市でもさかんなんだって。 愛知県の洋ランは、生産額・生産量とも日本一。 生産額のシェアは、20.3パーセントだ。 最後に紹介するのは、観葉植物(かんようしょくぶつ)。 花ではなく、葉を見てたのしむ植物だ。 愛知県の観葉植物は、生産額・生産量とも日本一。 生産額のシェアは、34.1パーセントだ。 このほかにも、花だんにうえる苗も、愛知県が日本一だよ。 日本一がたくさんの、愛知県の花。 こうしてならべてみると、すごいでしょ。 みんなのすんでいる場所の近くにも、お花畑があるかもしれないね。 お花畑、探してみてね。 愛知県の農業について、もっと知りたい子は、こちら(リンク)のページを見てみてね。 『愛・地産アラカルト』 写真は、カーネーション。 ウィキペディアより。

次の

愛知県の日本一~どんな花があるの?

カーネーション 生産 量 日本 一

のカーネーションの植物画 地中海沿岸から西アジアの原産ゆえ、古くから可憐な花容を愛された。 では、やと並んで愛好された植物である。 ではが禁止されているため、などの装飾には人物および動物表現が忌避され 、という幾何学模様や草花の文様が使用された。 このアラベスクの意匠に、カーネーションの花はしばしば使用されている。 にはやで300種以上のが見られ 、たちによって栽培され、大きく進展を見た。 を通じて品種が増え、やがて「ショウ・カーネーション」が生まれ、これがの主流となった。 この花の特徴は花弁の縁の鋸歯がなくなり、花弁の配置を幾何学的な整形に近づけたもので、現代のカーネーションとは異なっている。 この時代にはまだのもそれほど進んでおらず、カーネーション、オーリキュラ、は時代の先端を行く園芸植物であった。 19世紀中頃になるとでの育種が進み、にが「パーペテュアル系」を作出すると、さらににはやはりフランスで「マルメゾン系」が誕生した。 これらが現代の営利用カーネーションに繋がっている。 にカーネーションを贈る風習は、初頭、のが亡母に白いカーネーションを供えたことに始まる。 には、(農研機構)花き研究所などがカーネーションの解読に成功したと発表した。 従来ない色や病気に強い品種の開発に応用できると期待されている。 日本での栽培・カーネーションの父 [ ] 日本には初期以前に輸入され、アンジャベルまたはアンジャ(: anjelier、tuinanjelier)と呼ばれた。 年間に出版された、『地錦抄録』()には、の時代年間にからカーネーションが伝来したと書かれている。 しかし、この時には日本に定着せず年間に再伝来し、14種の品種が紹介された。 この時期に書かれた『花壇綱目』にも、「あんしやべる」の名で記録されている。 年間のに著された『絵本野山草』には、などとともに紹介されている。 その後、(42年)に米国に在住していた澤田(名不明)が帰国の際に「ホワイト・エンチャントレス」「ピンク・エンチャントレス」「ヴィクトリー」「ローズ・ピンク・エンチャントレス」など他にも2-3の品種を持ち帰ったが、栽培法に精通しなかったために生産化には至らなかった。 後にが近代的栽培技術や体制を構築し、新しい品種を生み出して日本にカーネーションを定着させ、この業績によって「カーネーションの父」と称されるようになった。 土倉は犬塚卓一と共に(11年)、名著『カーネーションの研究』(修教社書院)を上梓している。 現在、カーネーションは、と並ぶ生産高を誇る花卉植物であり、で周年供給している。 しかし、最も需要が伸びるのは母の日の前後である。 また、切り花のイメージが強いが最近では鉢植えの品種も普及している。 カーネーションの市町村別生産額は、 とが高い。 国内生産量と、やなどからの輸入量は2012年時点でほぼ同程度である。 農研機構は国内のカーネーション栽培を支援するため、見た目の美しさやにした後の日持ち、萎凋細菌病への耐性などを増す品種改良を進めている。 主な品種 [ ] 母の日ギフト用にディスプレイされたカーネーションの様々な品種 切り花 [ ]• マルメーゾン種(malmaison)• ボーダー種(boarder)• グルナダン種(grenadin)• ファンテジー種(fantaisie)• マーガレット種(marguerite)• シャボー種(chabaud)• パーペチュアル種(perpetual)• - カーネーションに青い色はなかったが、の社がと共同での遺伝子組換えにより、青いカーネーションを作出した。 ガーデンカーネーション [ ] との交配種で、セキチクの強健さをカーネーションに取り入れており、庭植えが可能である。 の秋まき一年草として扱われ、9月にタネをまくと、翌年の5月から6月にかけて開花する。 ジャイアント・シャポー、アンファン・ド・ニースなどの品種があり、や切り花用に作られているが、日本の風土ではやや栽培しにくく、あまり普及していない。 その他 [ ]• 、、 のである。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 2011年8月1日閲覧。 2011年8月1日閲覧。 『日本の野生植物』 1999 、p. 武田 2002 、p. 武田 2002 、p. 桝屋 2009 、pp. 8-9. 桝屋 2009 、pp. 84-85. 、農研機構、2013年12月18日、2019年6月17日閲覧• 『森と近代日本を動かした男』田中淳夫 著 2012年• 『カーネーション生産の歴史』社団法人 日本花き生産協会 2009年• カーネーション一位は長野県、二位愛知県• 西尾市産業部農林水産課 2012年6月4日. 西尾市. 2017年4月25日閲覧。 西尾市産業部企業誘致課, ed. 2015-04-10 , PDF , , 西尾市, p. 15 , 2017年4月25日閲覧。 著 - 、p. 7,p. 8、 2013年5月閲覧 参考文献 [ ]• ・・ 他『日本の野生植物 草本II離弁花』、1999年。。 武田恭明 「原産地と自生種」及び「栽培・育種の歴史」『カーネーション(ダイアンサス)』9巻、農山漁村文化協会編、〈花卉園芸大百科〉、2002年、初版、3-9頁。 『すぐわかるイスラームの美術 : 建築・写本芸術・工芸』、2009年。。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

カーネーション出荷量日本一は?【お天気検定】 答え

カーネーション 生産 量 日本 一

カーネーションの原産地 カーネーションの原産地は、南ヨーロッパから西アジアの地中海地域といわれています。 原産地の気候は風通しがよく、日本ほど気温も高くならない地域です。 シシリー島、南ヨーロッパ、北アフリカ、西アジアで自生していた原種にセキチクなど野生種が交配されて、今日のようなカーネーションができたといわれています。 最近、流通しているカーネーションはすべて交配を重ねた園芸品種であり、原産地と言える地域はありません。 主産国はアメリカやオランダなどで、17世紀には300種以上の品種がイギリスやオランダで栽培されていました。 しかし、最近の主要生産国は中南米やアジアからに変化しています。 カーネーションの歴史 カーネーションは、十字架にかけられたキリストを悲しんで、聖母マリアが流した涙の後に咲いた花という言い伝えもあります。 カーネーションの誕生の地とされるのは、旧ソ連のコーカサス地方です。 その歴史は古く、ギリシャ時代から栽培が始まったとされています。 美しい娘の生まれ変わりの花としてギリシア神話にも登場しています。 カーネーションの名前の由来はいろいろありますが、そのひとつに「冠」(corona)から来ているという説があります。 カーネーションの花の形が王冠に似ているということ、さらには古代ギリシャ人がオリンポスの神にささげる花冠に使われる花だったためラテン語の「花輪」(corona)にちなんで付けられた名前であるといわれています。 また、原種の花の色を表して、ラテン語の「肉色」(incarnation)から命名されたという説もあります。 イスラム教においては偶像崇拝が禁止されているためモスクなどの装飾に、人や動物を描くことが禁止しされていたので、アラベスクという幾何学模様や草花の文様がよく使われていました。 そのアラベスクの意匠に カーネーションの花がよく使われています。 その後、カーネーションはヨーロッパへと伝わります。 10世紀は始めに、南ヨーロッパに攻め入ったノルマン人が、原種を持ち帰り、イギリスに伝えたとも言われています。 13世紀には、十字軍がヨーロッパに伝えたという説などもあり、16世紀頃にはヨーロッパ中心に盛んに栽培されるようになりました。 同時に交配も進み、17世紀には、ベーシックな花の色や八重咲きや大輪の品種もほぼ確立されました。 現在のようなカーネーションが生まれたのは、19世紀に入ってからです。 フランスでカーネーションの品種改良が熱心に行われ、様々な種類の花が作られ、現在の品種の元となる四季咲き性のカーネーションが生まれました。 20世紀に入ると品種改良の場はアメリカに移り「シム系」と呼ばれる品種などさらに多くの品種が作られました。 現在は、ヨーロッパで品種改良が盛んに行われており、地中海系品種のスプレータイプが切り花用の主流となり、鉢植え用として ポットカーネーション、丈夫な品種の ガーデンカーネーションなどの品種も開発されています。 日本におけるカーネーションの歴史 日本のカーネーションの歴史は江戸時代から始まり、アンジャベルまたはアンジャと呼ばれていました。 江戸時代享保年間に出版された「地錦抄録」に徳川家光の時代にオランダからカーネーションが輸入されたと書かれています。 しかし、その時は日本に定着しませんでした。 その後、寛文年間の「花壇綱目」には「あんじゃべる」の名前で記録されています。 また1755年に記された「絵本野山草」にも紹介されています。 江戸時代には、カーネーションがオランダ船によってやってきたので、 オランダナデシコ、 オランダセキチクと呼ばれたり、甘い香りから ジャコウナデシコとの和名も付けられたのです。 日本にカーネーションを初めて持ち込んだのはアメリカシアトルに在住していた澤田氏です。 1909年の帰国の際にホワイト・エンチャントレス、ローズ・ピンク・エンチャントレス、ヴィクトリーの他数種類を日本に持ち帰りました。

次の