蓄膿症 市販薬。 症状別!副鼻腔炎(蓄膿症)におすすめの市販薬5選と薬物治療!

チクナインの蓄膿症への効果は?市販薬の中では高価のため失敗したくないのが本音ですよね。

蓄膿症 市販薬

荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)をもとに作られた漢方薬で、蓄膿症・慢性鼻炎・慢性扁桃炎・にきびに効果があります。 眠くなる成分不配合なので、会議や運転を控えているときに服用OKです。 特に症状が長引き薬を飲み続けている、アレルギー性鼻炎の方におすすめ。 毎日眠気と戦うことなく仕事に集中でき、花粉症の方にみられる喉の不調にも働きかけます。 鼻炎症状を緩和しながら、蓄膿症の予防・改善効果が期待できますよ。 蓄膿の代表的な症状である熱感をともなう濃い鼻汁・鼻づまり・慢性鼻炎に効果がある、漢方薬の 辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)を配合しています。 用法は朝夕の食前または食間の1日2回。 昼間の服用がないため、家に置いてきてしまったという飲み忘れを防げます。 持ち歩く必要がないので、煩わしさが軽減されますよ。 鼻の奥が重い・鼻汁がネバネバ・鼻づまりが気になるという方は、我慢せずに試してみてください。

次の

蓄膿症の薬 ランキングTOP11

蓄膿症 市販薬

蓄膿症は慢性副鼻腔炎とも言われています。 といいますか、現在の正式な病名は慢性副鼻腔炎です。 慢性副鼻腔炎は副鼻腔炎が2〜3か月以上治らない状態です。 長期間副鼻腔炎が治らないと、副鼻腔という鼻の穴とつながっている空洞に膿がたまってしまいます。 このことを蓄膿症というわけです。 副鼻腔に膿がたまる原因はばい菌の繁殖です。 風邪をひいて治りかけになると緑色の鼻水がでますが、あれは膿です。 膿はばい菌と免疫系の細胞と戦った残骸です。 つまり、蓄膿症の場合には副鼻腔に膿がたまっているわけですから お薬は抗生物質が有効です。 抗生物質はばい菌をやっつけるお薬だからです。 ただ、蓄膿症は慢性副鼻腔炎の一種です。 副鼻腔炎が治らず長期化しているわけですから 抗生物質のお薬を飲んでもそう簡単によくなりません。 そこでいろいろ研究されました。 「どうすれば蓄膿症がお薬で改善するのかな?」と。 いろいろと研究された結果、 抗生物質のお薬の中でもマクロライド系という分類に入る抗生物質を 少量で長期間服用することで蓄膿症が改善することがわかってきたのです。 こんな感じで蓄膿症の患者さんに対してマクロライド系の抗生物質を 少量で長期間使用し続ける治療法を マクロライド療法といいます。 そんな画期的な治療法があるわけですが、 こんな疑問を感じる方もいるでしょう。 「長期間って具体的にどれくらい服用するの?」と。 マクロライド療法では 数週間から3か月程度お薬を飲み続けます。 あと、蓄膿症は副鼻腔に膿がたまってしまっているので 抗生物質のお薬だけではうまくいかないことが多いです。 そんな場合には手術や、皮膚の上から針で刺して 副鼻腔にたまった膿を出す治療をお医者さんからすすめられることもあります。 最後にまとめますと、 蓄膿症の治療薬として用いられる抗生物質はマクロライド系の抗生物質です。 マクロライド系の抗生物質を数週間から3か月程度飲み続けることで 蓄膿症の状態がよくなっていきます。

次の

副鼻腔炎 薬と治し方※市販のジスロマック3日で蓄膿症が治った。

蓄膿症 市販薬

蓄膿症は男女年齢問わずかかる可能性があります。 蓄膿症に悩まされる生活は誰もが避けたいと感じるはずです。 では、どうすれば蓄膿症にかからないで過ごすことができるのでしょうか? 予防をしっかり実践して、症状のある人は早めの対策や治療を行いましょう。 これから蓄膿症についてご紹介します。 蓄膿症とは? 副鼻腔に細菌が入り炎症がおきて膿がたまった状態のことをいいます。 別名、慢性副鼻腔炎とも言われます。 副鼻腔炎には急性と慢性があり、慢性で3ヶ月程症状が続くと「蓄膿症」と言われることが多いようです。 蓄膿症は年齢問わずかかり、特に子供は症状を上手に伝えられない為発見が遅れ、見つけた時には中耳炎になっていることもあります。 症状が上手に伝えられない子供や高齢者は機嫌が悪かったり、食事量が減ったりするので周囲の人が気づいてあげることも大切です。 また、風邪と見分けがつかないことも注意点です。 風邪の症状がなかなか治らないと思ったら耳鼻咽喉科も受診してみると良いかもしれません。 風邪が長引くと副鼻腔が炎症を起こしやすい状態になっているのが要因です。 この状態が慢性化すると蓄膿症といわれます。 アレルギー 花粉症等のアレルギー症状も風邪と同様です。 炎症の原因となる花粉が副鼻腔まで侵入し、炎症を起こします。 花粉症の他にもハウスダストやノミ・ダニ、カビが原因になる事もあります。 アレルギー症状は繰り返されるので注意が必要です。 鼻中隔(びちゅうかく)が曲がる 鼻中隔とは鼻を左右に分けている部分で、この部分が曲がってしまうとスムーズに鼻呼吸ができなくなります。 鼻の通りが悪くなることから副鼻腔に炎症が起き、蓄膿症に繋がります。 鼻中隔が曲がる原因は、生まれつきのものと病気や事故で曲がるものがあります。 蓄膿症の症状 蓄膿症の症状は大きく3つに分けられます。 鼻の症状 多くの人に出ている症状が鼻水と鼻づまりです。 蓄膿症の鼻水は膿が出ているので「黄色い」「ドロっとしている」のが特徴です。 症状が悪化すると緑色になります。 また、鼻をかんでもかみきれない、鼻水が喉に流れてくる、鼻がむくむ、鼻声等あり、口呼吸をする為、喉を痛める人が多いようです。 痛み・違和感 副鼻腔に溜まった膿が顔を圧迫することで、さまざまな所に痛みや違和感が出てきます。 全体的に顔が痛い、鼻の周りが痛い、目や歯が痛い、頭痛が挙げられます。 また、頭が重たい、集中できない、ボーっとするといった症状も特徴です。 痛みがひどい場合や違和感が継続すると、日常生活にも支障が出てくるでしょう。 臭い・味覚 「口臭」や「体臭」がひどいと思っている人が実は蓄膿症だということもあります。 会話がスムーズにできない程、嫌な臭いが発生する人もいます。 鼻づまりや鼻水と同時に臭いが気になる場合は蓄膿症かもしれません。 また、食べ物のニオイや味が分からなくなることもあり、鼻づまりや鼻汁の臭いの影響と考えられます。 スポンサーリンク 蓄膿症の予防・改善方法・治療法 予防・改善方法 ・部屋の空気をきれいにする。 ・マスクや加湿器を使用し、鼻や喉の粘膜を乾燥から守る。 ・手洗い、うがい、鼻うがいをして細菌やウイルスの侵入を防ぐ。 ・風邪、鼻炎を長引かせない。 ・栄養バランスの良い食事をとる。 ・十分な睡眠とストレスをためない。 このように、特別なことはしなくても生活習慣を見直すことで予防と改善ができるので、しっかり取り組みたいですね。 治療法 軽症の場合は内服薬、吸引、吸入、塗り薬が一般的です。 受診した場合、内服薬は抗生剤、消炎鎮痛剤、排膿を促す薬、漢方等が処方されます。 ドラッグストア等で購入できる市販の薬も数多くあります。 症状が重い場合は手術をすることもあります。 手術の方法は鼻の中から行い、口や顔には傷がつきません。 手術も軽症であれば日帰りで、重症でも短期入院で行える施設もあります。 耳鼻科を受診し、医師と相談して治療方法を決めましょう。 鼻うがいとは?メリット・実践方法 鼻うがいとは、専用の洗浄液や生理食塩水を使って鼻の中を洗浄する事です。 メリットは鼻の中の異物(細菌・ウイルス等)・鼻水を洗い流せることです。 異物・鼻水を洗い流すことで、予防や鼻粘膜の機能回復の助けになります。 特に、蓄膿症の場合は粘膜が細菌感染を起こした状態になっているので、洗浄することが大切です。 洗浄すると粘膜の炎症が一時的に治まり、症状を緩和する効果が期待できます。 実践方法 鼻うがいは市販のものを使う方法と自分で洗浄液を作って実施する方法があります。 〈自分で実施する方法〉 1.2リットルのぬるま湯に食塩を大さじ1杯程度入れ、洗浄液を作ります。 2.洗面器に洗浄液または生理食塩水を入れます。 3.前かがみになり、片方の鼻の穴を指で押さえます。 4.もう片方の穴から液を吸い込み、鼻から出します。 5.両方の穴で3~5回繰り返します。 6.洗浄後は静かに鼻をかみます。 *注意点* 水道水は痛みを感じる為使用しないことです。 洗浄液を作る場合は一度沸騰させさましたぬるま湯を使用しましょう。 また、洗浄しすぎると粘膜の機能が低下する為1日1回にします。 強い圧力で洗浄すると中耳炎を起こす可能性があります。 蓄膿症に効果的な市販薬 鼻うがい用 ・洗浄液と器具がセットになっているもの (ハナノア、ハナクリーンS 等) ・注射器タイプのもの (ナサリン、ナサリンジュニア 等) ・鼻の中に噴霧するもの (ドライノーズスプレー 等) どの市販薬も使用方法・使用上の注意をよく読み、使用しましょう。 内服薬 ・「チクナイン錠」小林製薬 顆粒と錠剤の2種類があります。 膿を抑える市販薬で眠くなる成分は入っていません。 1日2回の服用で約1ヶ月分が、2160円になります。 ・「ベルエムピL」クラシエ 錠剤タイプで漢方の市販薬です。 3週間分で1980円になります。 ・「モリちくのう錠」大杉製薬 錠剤タイプで、漢方と同じ副作用が少ない和漢薬です。 10~20日分で2500円程度です。 蓄膿症に効果があるという市販薬の成分は漢方薬です。 市販薬で効果を得られず、受診した場合は医師に伝えてみると良いかもしれません。 また、即効性も期待でき体質改善の漢方との組み合わせにより相乗効果も期待できるようです。 主に蓄膿症に処方される漢方薬を紹介します。 ・小青竜湯(ショウセイリュウトウ) 鼻水の漢方といえばこれ!という程メジャーな漢方です。 生薬に「麻黄(マオウ)」が含まれており、鼻水や鼻づまりには強い効果があります。 虚弱の人には副作用の恐れがあるので注意が必要です。 ・葛根湯加川きゅう辛夷(カッコントウセンキュウ シンイ) 「鼻づまりが治らない」等の症状のほか、お風呂に入ると鼻づまりが改善するという人はおすすめです。 ・辛夷清肺湯(シンイセイハイトウ) 市販薬の「チクナイン」はこの漢方が使われています。 治療として第一選択肢とする漢方医も多いようです。 ・荊芥連翹湯(ケイガイレンゲイトウ) 副鼻腔炎やニキビをはじめとする、「膿」を排出する作用があります。 また、扁桃腺がよく腫れるという方にも合うようです。 蓄膿症の原因や症状と治し方まとめ 蓄膿症の原因は大きく3つに分かれており、原因を見極めて改善や治療をすることが大切です。 また、生活習慣を見直すことが予防につながるので是非実践してみましょう。 市販薬を使用する場合も受診して治療する場合も、自分の症状を正しく理解して薬を選ぶことが重要になります。 鼻の症状で悩まされることなく、快適な生活を送りたいですね。

次の