マイルーラ 通販。 マイルーラー 通販 避妊用フィルム 殺精子剤

マイルーラ

マイルーラ 通販

マイルーラは日本の薬局以外で買えます マイルーラは日本では大鵬薬品が製造・販売していましたが、「効果が無い」とか「危険性がある」という声が上がって問題になり、売り上げが伸び悩んだため製造中止・販売中止となりました。 殺精子剤は日本では他にも錠剤のネオサンブーンループ錠などが発売されていましたが、今は販売中止となっています。 しかし、海外ではまだマイルーラは根強い人気で、広く販売されています。 性交(挿入)15分前にフィルムを小さく折りたたんで膣内に入れるだけで3時間の避妊効果が得られます。 マイルーラの人気の秘密は何と言っても「お手軽さ」にあるでしょう。 膣内に入れて15分待つと溶けて避妊効果を発揮します。 溶けた液体に精子が触れると精子が死滅するようになっています。 コンドームのような装着感はなく、 ピルのような毎日の手間もなく、ホルモン剤を飲むわけではないので安心感があり、 リングや避妊手術のような特殊な処置を必要とせず、 生の自然な状態で性交渉が行えるのが一番の特色ですね。 お手軽やなー。 マイルーラの避妊効果は しかし残念ながら、マイルーラ(殺精子剤)単体の避妊率はそれほど高くありません。 確実に精子が薬剤に触れれば死滅するのですが、そうでないことも多いのか、避妊失敗率・妊娠の確率は他の避妊方法と比べて高めです。 wordpress. このデータのなかの「殺精子剤」には、マイルーラ以外の商品も多数含まれています。 海外で販売されているゼリー状やクリーム状の殺精子剤は、殺精子成分の濃度が低いため十分に効果が出ないのかもしれません。 純粋にマイルーラだけの避妊失敗率を出すのは難しいのですが、それでも 失敗率が他の避妊方法よりも高めのは間違いないでしょう。 殺精子剤の上の「Withdrawal」って膣外射精のことな。 「外出し」の方がマシって・・・。 あかんやん(--; 副作用や使用にあたっての危険性は 典型的な副作用は「膣内がかゆくなる」「少し痛みを感じる」です。 中にはそういう人もいるようです。 (Google翻訳)VCF膣避妊フィルム(マイルーラ)はいくつかのリスクと関連しています。 皮膚の炎症が起こり、HIVや淋病などの性感染症に罹患する可能性があります。 VCFまたは別の殺精子剤を単独で使用することは、コンドームまたは他の避妊法と組み合わせて使用するよりも効果的ではありません。 (あなたの医者が病状のために妊娠を避けるようにアドバイスした場合、妊娠を避けるためにVCFだけに頼らないでください。 )さらに、VCFへのアレルギー反応がでる可能性もあり、他の副作用もあります。 VCFの使用中に異常な症状が現れる場合は、医師にご相談ください。 出典: ここでいう「 HIVや淋病などの性感染症に罹患する可能性があります」というのは、ピルと同じく「性病感染の予防にはなりません」という意味です。 パートナーが性病を持っていた場合、コンドームをしないと病気をうつしてしまう可能性があるのは、低用量ピルも避妊リングも避妊手術も同じです。 また「膣内に炎症を起こし、そこに使用されている薬剤ノノキシノール-9 が入ると危険」というデータが報告されましたが、実験そのものの薬剤の量や状況が一般的なマイルーラの使用法からはかけ離れているため参考にならない、という声があるのもまた事実です(5日間ウサギの膣内にノノキシノール-9を染み込ませた脱脂綿を入れておく、など)。 重篤な薬害は報告されていません。 しかし。。。 これほどの失敗率があるならば、やはり マイルーラ単体での避妊はおすすめしません。 あくまでも、 コンドームと一緒に使い補助的な役割を持たせて安心感を上げるとか、「 リズム法(安全日)+マイルーラ+膣外射精(外出し)」といった使い方でリスクを下げるとか、いずれにしても 他の避妊法との併用をおすすめします。 ~・あなたにおススメの避妊法・~ 1ヶ月1,000円で徹底避妊! トリキュラー21 日本で一番飲んでいる人が多い低用量ピルのトリキュラー。 アンジュ、ラベルフィーユと同じ薬。 マーベロン28 7日分の偽薬付き28錠タイプ。 ニキビなどの副作用が出にくい第三世代ピル。 ファボワールと同じ薬。 授乳中・喫煙中・40歳以上でも安心 ノリディ 低用量ピルで副作用が出る人でも、安心して飲めるミニピル。 1箱3カ月分入り。 (当サイト管理人も飲んでます) セラゼッタ 排卵も止めるのでほぼ低用量ピルと同じように飲めるミニピル。 まさかの時のアフターピル ノルレボ NorLevo 日本で認可されているアフターピル。 性交後72時間以内に服用することで緊急避妊します。 緊急避妊ピル・i-Pill(アイピル 世界中で売れているアフターピル。 性交後72時間以内に服用することで緊急避妊します。

次の

コンドーム通販のオカモトコンドームズ(メーカー「オカモト(株)」直営店)

マイルーラ 通販

マイルーラは日本の薬局以外で買えます マイルーラは日本では大鵬薬品が製造・販売していましたが、「効果が無い」とか「危険性がある」という声が上がって問題になり、売り上げが伸び悩んだため製造中止・販売中止となりました。 殺精子剤は日本では他にも錠剤のネオサンブーンループ錠などが発売されていましたが、今は販売中止となっています。 しかし、海外ではまだマイルーラは根強い人気で、広く販売されています。 性交(挿入)15分前にフィルムを小さく折りたたんで膣内に入れるだけで3時間の避妊効果が得られます。 マイルーラの人気の秘密は何と言っても「お手軽さ」にあるでしょう。 膣内に入れて15分待つと溶けて避妊効果を発揮します。 溶けた液体に精子が触れると精子が死滅するようになっています。 コンドームのような装着感はなく、 ピルのような毎日の手間もなく、ホルモン剤を飲むわけではないので安心感があり、 リングや避妊手術のような特殊な処置を必要とせず、 生の自然な状態で性交渉が行えるのが一番の特色ですね。 お手軽やなー。 マイルーラの避妊効果は しかし残念ながら、マイルーラ(殺精子剤)単体の避妊率はそれほど高くありません。 確実に精子が薬剤に触れれば死滅するのですが、そうでないことも多いのか、避妊失敗率・妊娠の確率は他の避妊方法と比べて高めです。 wordpress. このデータのなかの「殺精子剤」には、マイルーラ以外の商品も多数含まれています。 海外で販売されているゼリー状やクリーム状の殺精子剤は、殺精子成分の濃度が低いため十分に効果が出ないのかもしれません。 純粋にマイルーラだけの避妊失敗率を出すのは難しいのですが、それでも 失敗率が他の避妊方法よりも高めのは間違いないでしょう。 殺精子剤の上の「Withdrawal」って膣外射精のことな。 「外出し」の方がマシって・・・。 あかんやん(--; 副作用や使用にあたっての危険性は 典型的な副作用は「膣内がかゆくなる」「少し痛みを感じる」です。 中にはそういう人もいるようです。 (Google翻訳)VCF膣避妊フィルム(マイルーラ)はいくつかのリスクと関連しています。 皮膚の炎症が起こり、HIVや淋病などの性感染症に罹患する可能性があります。 VCFまたは別の殺精子剤を単独で使用することは、コンドームまたは他の避妊法と組み合わせて使用するよりも効果的ではありません。 (あなたの医者が病状のために妊娠を避けるようにアドバイスした場合、妊娠を避けるためにVCFだけに頼らないでください。 )さらに、VCFへのアレルギー反応がでる可能性もあり、他の副作用もあります。 VCFの使用中に異常な症状が現れる場合は、医師にご相談ください。 出典: ここでいう「 HIVや淋病などの性感染症に罹患する可能性があります」というのは、ピルと同じく「性病感染の予防にはなりません」という意味です。 パートナーが性病を持っていた場合、コンドームをしないと病気をうつしてしまう可能性があるのは、低用量ピルも避妊リングも避妊手術も同じです。 また「膣内に炎症を起こし、そこに使用されている薬剤ノノキシノール-9 が入ると危険」というデータが報告されましたが、実験そのものの薬剤の量や状況が一般的なマイルーラの使用法からはかけ離れているため参考にならない、という声があるのもまた事実です(5日間ウサギの膣内にノノキシノール-9を染み込ませた脱脂綿を入れておく、など)。 重篤な薬害は報告されていません。 しかし。。。 これほどの失敗率があるならば、やはり マイルーラ単体での避妊はおすすめしません。 あくまでも、 コンドームと一緒に使い補助的な役割を持たせて安心感を上げるとか、「 リズム法(安全日)+マイルーラ+膣外射精(外出し)」といった使い方でリスクを下げるとか、いずれにしても 他の避妊法との併用をおすすめします。 ~・あなたにおススメの避妊法・~ 1ヶ月1,000円で徹底避妊! トリキュラー21 日本で一番飲んでいる人が多い低用量ピルのトリキュラー。 アンジュ、ラベルフィーユと同じ薬。 マーベロン28 7日分の偽薬付き28錠タイプ。 ニキビなどの副作用が出にくい第三世代ピル。 ファボワールと同じ薬。 授乳中・喫煙中・40歳以上でも安心 ノリディ 低用量ピルで副作用が出る人でも、安心して飲めるミニピル。 1箱3カ月分入り。 (当サイト管理人も飲んでます) セラゼッタ 排卵も止めるのでほぼ低用量ピルと同じように飲めるミニピル。 まさかの時のアフターピル ノルレボ NorLevo 日本で認可されているアフターピル。 性交後72時間以内に服用することで緊急避妊します。 緊急避妊ピル・i-Pill(アイピル 世界中で売れているアフターピル。 性交後72時間以内に服用することで緊急避妊します。

次の

マイルーラVCF通販|避妊薬

マイルーラ 通販

マイルーラとは?効果や副作用について マイルーラはアメリカのApothecus Pharmaceutical Corp社が開発・製造している女性用避妊具として、性交時には違和感がなく女性が簡単に行える避妊手段として有名で、多くの愛用者がいることで知られています。 そして、使用方法も簡単で性交の15分前に乾燥した指でフィルムを4つにたたんで、膣の奥の子宮頸部に挿入すると、個人差はあるものの、だいたい5~10分ほどでフィルムが溶けて効果が現れるとされています。 そして、持続時間についても個人差がありますが、平均的には2~3時間と言われているので、挿入後3時間以上経過した場合は、新しいフィルムを使うようにした方が良いそうです。 そして、マイルーラは膣内でフィルムがジェル状に溶けて子宮頸部を覆い、これによって精子が侵入しにくくなることと、有効成分のノノキシノール-9が精子の運動性を失わせて殺傷するので、これらの作用により避妊が可能になるとされています。 副作用は? マイルーラの主成分は、非イオン系界面活性剤の一つであるノノキシノールなので、この成分によって使用時に次のような皮膚トラブルを起こす場合があるそうです。 ・ 膣の炎症やかゆみ ・ 陰部のかゆみやかぶれ こうした副作用は個人差もありますが、肌が敏感な方や、体調が悪くて免疫が低下していると起きやすいそうです。 それから、皮膚に残る時間を少なくすると副作用の発症を抑えることもできるそうなので、使用した際は、性行為のあとできるだけ早くシャワーで洗い流すと良いそうです。 スポンサーリンク マイルーラはなぜ製造中止になったの?その危険性とは? マイルーラは2000年始め頃、日本でも大鵬薬品から販売されていましたが、製造中止になりました。 これは、マイルーラの成分である「ノノキシノール」は体内に残り、代謝されるとノニルフェノールという環境ホルモンの一種となり(農薬と同等)、体内残留によって、女性の場合は肝臓や他の臓器の障害が、男性の場合は尿道からの逆流による睾丸ガンになる危険性があると分かったからだそうです。 さらに、体内に残留した成分は体外へ排出しづらいという特徴があり、妊娠の可能性がある方が使用すると、胎児に対して奇形のリスクが高まると言われています。 なので、現在は国内の薬局では販売されておらず、購入するとしたらインターネットの個人輸入代行サイトなどで買うことはできますが、オススメはできません。 まとめ いかがでしたでしょうか? 今回は、マイルーラの副作用と製造中止の理由、また、効果と危険性などについても詳しくお伝えしました。 そして、マイルーラは日本では2000年頃に大鵬薬品から販売されていたものの、体内に残留し代謝されるとノニルフェノールという環境ホルモンの一種と同等の成分になり、肝臓の障害や睾丸のガンのリスク、胎児の奇形のリスクが高まるのでしたね。 そのため、現在薬局では購入できないものの、インターネットの個人輸入代行サイトなどで販売はされているので買おうと思えば買えますが、リスクを十分考慮した上で自己責任で買うようにしましょう。 スポンサーリンク.

次の