水玉れっぷう隊。 メッセ黒田「落ちていった」水玉れっぷう隊・ケンの極貧生活を直撃 │ 毎日まとめる芸能ニュース速報

メッセ黒田 「落ちていった」水玉れっぷう隊・ケンの極貧生活を直撃/芸能/デイリースポーツ online

水玉れっぷう隊

大阪でももっとも気が荒いといわれる岸和田市出身(ちなみに清原選手も岸和田出身)であり、特技は空手・ボクシング。 特に空手は実戦空手の 芦原会館の黒帯という実力者。 芸人になる前には東映京都撮影所でスタントマンをしていたという肉体派。 高校時代はヤンキーで、喧嘩は「 4,50回はやっているが、負けたことはない」という。 電車でヤンキーと3対1の喧嘩になったが一瞬で倒した、など武勇伝は多い。 ダウンタウンの松本さんも「松本人志の放送室」で、「アキは優しそうな顔してるしパッと見、全然強そうに見えへんけど服脱ぐと体ガチガチやで。 相当悪かったらしいしな」と話していた。 あるバラエティ番組で、アキさん本人自身が語っていた武勇伝を紹介しよう。 大阪ミナミでからまれて アキが相方のケンと二人、舞台が終わったばかりでコントでしていた化粧をつけたまま大阪の街を歩いていると、体のでかい男2人に 「おい、色白!こら!」としつこくからまれた。 その頃はもう喧嘩は卒業し、お笑いをまじめにやろうとしていたアキだったが、我慢に耐えかね、そごうと大丸の百貨店の間の細い路地へと移動し、喧嘩をすることに。 アキは2人の男を前にして、なんと 準備運動を始める。 まるで「ドラゴンへの道」のブルースリーである。 それを見た男の一人が、「お前、なにやっとんじゃい!」といきなりの回し蹴りを放ってきた。 格闘技経験者だったようで、かなりするどい回し蹴りだったが、アキはこれを一瞬でさばいて、逆に相手の顔面に何発もパンチを浴びせかけた。 男の白いシャツが見る見るうちに 真っ赤に染まった。 その様子を近くのタクシー運転手が見ていた。 アキが「あ、やばい。 通報されてまうかもしれんぞ」と思ったところ、相方のケンが運転手に近づいていき、「黙っといてや!」とても言ってくれるのかと思いきや、 「あれ、俺の相方!!俺の相方!!」 と大声で自慢した(笑) アキの圧倒的な強さに、絡んできたもう一人の男はひるんで何もできなかったという。 アキが学んだ芦原空手とは? アキさんが3人相手に一瞬で勝てたのには、彼自身の喧嘩センスももちろんあるが、彼が習得していた空手に秘密がある。 彼が黒帯を許されている芦原空手の創始者は「空手バカ一代」で有名になった芦原英幸氏。 彼こそは「喧嘩十段」と呼ばれて無類の強さを誇った伝説の空手家なのだ。 その芦原空手には、相手の攻撃を効率的に捌いて攻撃するという技術体系が確立されており、3人がけ、というものも型の中に組み込まれている。 芦原空手を身につけたアキさんにとって素人相手3人の戦いなどは楽勝だったのかもしれない。 芦原空手、創始者芦原英幸氏による3人組手の様子(演武)が残っている、アキさんの喧嘩での戦いもこんな風に一発で相手を仕留めたのだろうか。 渡瀬恒彦さんといえば、「おみやさん」などで見かけるおじさんのイメージですが、喧嘩の強い芸能人という話 西川きよしさんと言えば、「小さなことからコツコツと!」で知られる大阪芸人。 吉本の大物で自宅は大豪邸、 お笑いのカリスマとまで言われて絶大なる人気と若手芸人の尊敬を集めてきたダウンタウン松本人志さん。 しか 3月4日(火)、『東洋水産R-1ぐらんぷり2014』が東京・フジテレビで放送され、やまもとまさみ(佐 渡瀬瑞基はよしもと興行のお笑いコンビ、てのりタイガーで活躍するお笑い芸人です。 東京NSC15期生 笑っていいともの新レギュラーの2013年4月からのメンバーが正式に発表された。 以下は正式発表の曜日別 炎上芸人としての地位が確立した感のあるドランクドラゴン鈴木拓さん。 アバケンでのどっきりでもやらかして 「THE MANZAI 2013」2013年12月15日に決勝が行われ、優勝はウーマンラッシュアワー ワイルドスギちゃんとしてブレイクし、年収は億を超えていると言われるが、先日バラエティー番組で現在の貯 お笑いコンビ「よゐこ」の濱口優さん(42)が、タレントのアッキーナこと南明奈(24)さんと交際してい.

次の

水玉れっぷう隊アキは自称「喧嘩十段」50戦無敗

水玉れっぷう隊

そして、全くメディアでは見かけなくなったケンさん。。。 が、しかし!!! 結論から言うと、 水玉れっぷう隊は解散しません! Joy!Joy!エンタメ新喜劇in Tokyo無事に終演を迎えられました🙌大盛況をいただき、感謝に尽きます👏 ご来場いただきましたお客様、有難うございました🙇 今は神戸に向かってまーす🚄 満員御礼の大きい会場でワクワクします そして、明日は奈良県に……ぜひ、お越しやす🙇 — 水玉れっぷう隊アキ 吉本新喜劇 mizutamareppu アキさんは吉本新喜劇に入団していますが、名前に、水玉れっぷう隊とちゃんと明記してあります。 Twitter では、水玉れっぷう隊アキ 吉本新喜劇)になっています。 ケンさんは、ずっと水玉れっぷう隊ケン のままです。 二人の水玉れっぷう隊としてのコントを見ることはなくとも、共演はしています。 昔から仲のいいコンビだったので、頻繁にコンタクトはとられていると思います。 ケンさんは東京、アキさんは大阪。 しかし、吉本所属なのでルミネや新喜劇以外の舞台にお二人は出演されています。 また、石田靖さんと仲が良くケンさんは彼主演の舞台には結構出られています。 石田靖さんも東京で活動されているので、主に東京がおおいですね。 アキさんは吉本新喜劇所属なので、全国をとびまくり自身がプロデュースしている企画にも精力的に活動されています。 お二人がおちついたら、水玉れっぷう隊のコントが見れるのかもしれませんね! コンビ解散はする気がないとおっしゃってたので、首を長くして待つしかありません。 しかし、やはり芸人。 こんなことしてます!.

次の

水玉れっぷう隊アキは自称「喧嘩十段」50戦無敗

水玉れっぷう隊

この にはなが不足しています。 の提供に協力をお願いします。 存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的にあるいは有害となるものは すぐに除去する必要があります。 ( 2015年10月) アキ 本名 荒木 良明(あらき よしあき) 生年月日 1969-08-22 (50歳) 出身地 ・ 血液型 身長 174 言語 日本語 方言 最終学歴 コンビ名 相方 芸風 、(ツッコミ、ネタによりボケ)、 事務所 活動時期 - 同期 など 現在の代表番組 過去の代表番組 配偶者 公式サイト 受賞歴 決勝進出 アキ( - )は、の、、お笑いコンビ・(2008年2月 - 2010年2月の期間は バイキング名義で活動)のメンバー、の座員である。 本名は 荒木 良明(あらき よしあき)。 出身(一時、に居住)。 身長174cm、体重62kg。 エピソード [ ]• 相方と時を同じくして上京。 元で、『』でのスタントを担当したこともある。 特技は空手・ボクシング。 ピンでも活動しており、『』にはピンで出演したことがある。 また、第1回のファイナリストでもある。 よりに入団 、大阪吉本所属となる。 初舞台は。 ピンでの入団だが、コンビでの活動と並行している。 2015年11月15日なんばグランド花月にて、アキ自身の主演に加え、脚本や演出も担当した「第1回JOY! JOY! エンタメ新喜劇」を開催した。 800席以上ある座席は発売から数日で完売し、発券された立見の当日券も瞬く間に完売した。 内容は、ブレイクダンサーやバレエダンサーと新喜劇座員を見事に融合させたエキサイティング且つ爆笑できるエンターテイメント新喜劇である。 第1回当日に発表された「第2回JOY! JOY! エンタメ新喜劇」(2016年2月21日開催)の限定前売り(本人の手売り、写真撮影可)には、史上において記録的な長蛇の列が出来た。 芸風 [ ] 「」も参照• 新喜劇入団後は、両座長回に多く出演している。 辻本からは「安定感あるわー」と舞台上で評されたり、内場からはアキが得意なダンスを劇中に披露すると「何やねんこれー」とツッコまれる。 また2015年下半期以降は重要なポジションの役を演じている。 2015年上半期まではオールバックにチョビヒゲを付け、黄色いスーツを着たお人好しのを演じることが多かったが、それ以降は加えて、辻本座長回では女装キャラ「アキコ(アキ子)」としての出演も多い。 内場座長回では、霊媒師の弟子役などで出演したりもする。 声がかなり高く、時折、金切り声でけたたましくツッコミを入れる。 辻本や内場に「すんません! 」と謝られると「いいーよぉ~」と許したり、肯定する。 肯定した後には毒舌で続けてまくし立てる。 ただし、謝られて許す対象は辻本や内場のみであり、辻本座長回では辻本以外の出演者が謝っても許さずに憤怒する。 だが最近では辻本や内場以外の出演者に「すんません! 」と謝られると「いいーよぉ~」と許している。 内場の場合はアキが「いいーよぉ~」と許すと内場から「ちょっとややこしい人やなー」と言われる。 登場時にドアの外などから覗き込み、独特のアクセントで「何? 」と言う。 舞台回し役や前フリ役などに状況説明をさせ、それを納得したかのような素振りを見せた後、真顔で「何? 」と繰り返す。 辻本のボケに対し、観客席やカメラに向けて目線を合わせつつ「ホンマやねぇ」と相槌を打つ。 辻本と2人でポーズを取りながら言うことも多い。 突飛なことを言った後、「そういう時期でしょ? 」とダメを押す。 途中からは擬音を発した後に言ったり、辻本と2人で決めポーズをしながら言い放ち、最後は互いに深く一礼をして「そういう時期の儀式が終わった」と言い、舞台回しに「どんな儀式や! 」とツッコまれる。 アキコ以外の役を演じる際は「きっちりと教えてやろやないかい!!!! 」と言った後にの音楽と共に踊り、キレのある動きを見せる。 劇中終盤のダンスでは子分役などの座員らと集団でダンスを披露したり、テーブルの上に乗り、の「」に乗せて神輿のように男性座員4人に担ぎ上げられたりする。 いずれの際も音楽は辻本の携帯電話から発せられた着メロで、辻本が電話に出ることで音楽が止まり、ズッコケる。 また、大抵の場合、辻本のアドリブによって、本来の止める(辻本が電話に出る)タイミングを過ぎてもそのまま音楽が流され続けたり、一度止まりながらも数秒経ってからまた再開されるなどして翻弄され、リハーサルの時以上に長時間担ぎ続けさせられた担ぎ手達は次第に疲弊の表情を露わにする。 アキも段々と持ち方が不安定になってくる担ぎ手達に対し焦りながら「気ぃ抜いたらアカンて! 」「もっとしっかり持って! 」と悲鳴を飛ばしたり、若手座員に対しては胸ぐらなどを掴みつつ「危ないって言っとるやろが! 」と激を飛ばして観客の笑いを誘う。 と共演する際は松浦がギターでマイケルジャクソンの曲を演奏し踊り出す。 神輿のように担ぎ上げられた後、舞台上に貼り付けられたテープを差して「ここで止めるって言ったじゃない! 何の印ですか!? 」などと辻本に対して怒った後、担ぎ手役の座員が苦しそうだったと言い、「手首の弱い地域で生まれ育ったんやろね」と評する。 出演 [ ] テレビ [ ]• (、2002年10月 - 2003年3月)• (フジテレビ、2010年1月5日) テレビドラマ [ ]• (2012年、) - 杉浦エノスケ 役 CM [ ]• 「淡麗 」(2016年)• じゃんぼ総本店 「高速飛行」篇 2018年 インターネット配信 [ ]• () 映画 [ ]• ヘアスタイル(2005年) 脚注 [ ] [].

次の