岡田 准 一 豪邸 写真。 岡田准一新居の建築家と自宅場所は?宮崎あおいのこだわりも満載

岡田准一

岡田 准 一 豪邸 写真

8月3日に発売された「女性セブン」で、俳優の岡田准一が一戸建てを建築中であることが報じられた。 記事によると、岡田が新築している場所は都内でも有数の閑静な高級住宅街。 土地は約230坪、坪単価の相場は150~200万円。 軽く見積もっても、土地だけで3億円は優に超える計算だ。 建物は有名建築家に依頼し、地上2階、地下1階で、延べ床面積は推定約400平方メートル。 土地、建物を合わせると、総額5億円は下らないという。 「この新築豪邸に同居すると思われているのが、女優の宮崎あおいです。 かねてから一部週刊誌で交際が伝えられてきた岡田と宮崎ですが、今年3月の『週刊文春』では、今夏にも結婚か、と報じられました。 2人は1年以上も岡田が所有する都内のマンションで同棲し、結婚は秒読みと見られています」(芸能記者) めでたい話だが、本当に2人は結婚し、新居に住むことができるのかと不安視する声もある。 その後、岡田は蒼井の意見をふんだんに取り入れ、自宅マンションを約5000万円かけてリフォームしたことを、女性週刊誌が伝えています。 しかし、蒼井はこのマンションに住むことはなく、破局したといわれています」(前出・芸能記者) ネットでも「蒼井のときは一緒に住むためにリフォームしたのに、急に別れ話をされたんだろ?」「今度は無駄にならないといいな」など、岡田を心配する声が少なくない。 今回、新築する豪邸で、岡田は無事、宮崎と同居することができるだろうか。 蒼井のときのように、フライングにならないことを祈るばかりだ。

次の

岡田准一の新居の場所はどこ?住所は世田谷区岡本?建築家も調査!

岡田 准 一 豪邸 写真

岡田との新居に緊急事態が…? 結婚を発表したV6の岡田准一(37才)と女優・宮崎あおい(32才)。 都内屈指の高級住宅街の一角。 工事用の仮囲いが施された一際大きな土地に、2017年の暮れ、数本の立派な松の木が植えられた。 近隣からの視線を遮るように並べられた理由は、近い将来、その場所が、芸能界随一のビッグカップルの愛の巣になるからだ。 《今年はV6としてライブツアーを行い、みなさんの笑顔が見られ、本当に幸せな時間をありがとうございました。 そんな1年の最後にご報告があります。 私、岡田准一は結婚する運びとなりました》 岡田はファンクラブの会報で、宮崎とのゴールインをそう報告した。 「12月23日に入籍。 式の予定は今のところないそうです。 発表後、初の公の場となった28日の映画賞の表彰式で、宮崎さんは笑顔いっぱい。 一方の岡田さんも、年末のカウントダウンライブなどで充実した顔を見せていました。 結婚について言及することはありませんでしたが、ふたりの表情から幸せぶりが伝わってきました」(芸能関係者) 前出の会報が指定日前に配達されてしまい、結婚情報が当初予定よりも早くメディアに登場するというハプニングがあったが、まるで気にしていないようだ。

次の

岡田准一と宮崎あおいの新居で発掘された遺跡は何時代のどんな物?場所は世田谷区のどこ?

岡田 准 一 豪邸 写真

アイドルグループ「V6」の岡田准一が、都内の高級住宅街に5億円豪邸と噂される一戸建てを建築中だ。 土地は230坪にも及び、ちょっとした商業ビル並みの規模だが、そもそもこの一戸建てがなぜ岡田の家だと分かったのだろうか。 「住宅工事の際には『建築計画のお知らせ』などと書かれた看板の掲示が法律で義務付けられています。 この看板には設計者や施工者とならんで、建築主の実名も表記する必要があり、そこに岡田の名前が載っていたわけです。 もちろん同姓同名の人物という可能性もゼロではありませんが、近所にはTOKIOの国分太一も住んでいますし、岡田本人と考えて間違いないでしょう」(週刊誌記者) しかし芸能人が自宅の場所を公開してしまうのは、セキュリティの面で心配にもなってくる。 最近は法律違反を承知で建築主を「A様」と仮名にしたり、もしくは空欄にする例も珍しくない。 実は根拠法令の建築基準法には罰則が定められていないため、この手のケースが横行しているというのだ。 それなら岡田もあえて名前を明かす必要はなかったのではないだろうか。 「岡田が小物の芸能人であればその手も使えたでしょうが、彼は日本中にその名を知られた有名人。 その人気者があえて法律に違反したとなれば、関係官庁や役所からの指導が入る可能性も否定できません。 そうなれば芸能人として謝罪会見なり何らかの対応をしないわけにはいかない。 そんなリスクを負うくらいなら、法律に従って実名を明かしたほうがマシということです。 いつまでも自宅の場所を隠し通せるはずもありませんしね」(同・週刊誌記者) これもいわば有名税ということか。 願わくばその家にファンが殺到し、近隣に迷惑をかけないことを祈るばかりだ。 (白根麻子).

次の