国家公務員 ボーナス。 国家公務員のボーナス平均は91万円 8年連続増額の優遇ぶり|日刊ゲンダイDIGITAL

「公務員も下げよ!」民間の今夏のボーナス6.4%減に、ネット民が怒りの声: J

国家公務員 ボーナス

Contents• 50歳行政職公務員の年収を比較!【国家公務員・地方公務員】 国の公式統計(最新のや)より、行政職の公務員(地方・国家)が50歳でどのくらいの年収になるのかを推計しました。 なお、自治体タイプ別に比較ができるように、 国家総合職・国家一般職・都道府県庁・政令市・特別区・市・町村で分けています。 ちなみに地方公務員においては、大卒・短大卒・高卒をすべて含めた金額なので、大卒の場合は上より多め、逆に高卒の場合は若干少なめになりますね。 上に書いた「50歳公務員の年収」を見る限りだと、公務員の50歳時点の年収は 750万円〜800万円程度が見込めます(国家総合職は別格ですが)。 手取りは総支給額の75%〜80%くらいなので、 50歳公務員の手取り年収は600万円ちょっとと言えるでしょう。 以下では50歳時点のみならず、50代を通じての公務員の年収について、自治体タイプ別に見ていきます。 年齢別・50代国家公務員の年収・給料・ボーナス【国家総合職・国家一般職】 公式統計であるから推計した、50代の国家公務員(行政職)の年齢別の年収・給料・ボーナスは以下のようになっています。 というのも、総合職も一般職では出世のスピードは圧倒的に異なるものの、ともに「一般行政職」であり、同じ俸給表(給料表)が適用されるためです。 そのため、それぞれ単体の年収データは存在せず、国の公式統計では総合職と一般職をあわせた平均的な金額が載っているにすぎません。 そのため、上に書いた年収はあくまで参考程度ですね。 ただ、だからといって「総合職・一般職の年収はわかりません」じゃ面白くないので、出世のスピードなどに応じたおおよその年収について、以下で解説します! 50代国家総合職(官僚)の年収・給料・ボーナス 総合職の方は50歳で本府省の課長級の役職につき、1,200万円程度の収入が見込めるのが平均的。 そして、さらに50代を通じては本府省の課長よりもさらに上の役職である「指定職」に昇進していきます。 指定職は課長までとは異なる俸給表が適用されるので、年収が大幅にアップ。 役職 年収 50代前半 審議官・部長など 約1,500万円 50代中盤 局長など 約1,800万円 50代後半 事務次官 約2,300万円 さらに、指定職は民間企業でいう「役員」に相当するので、ここまで出世すると専用車や秘書などがつくVIP待遇が受けられます。 ただ、指定職になる50代くらいの年齢になると、外郭団体へ出向=出世レースで脱落させられる官僚が増えます。 だいたい課長クラスまでは横並びで出世しますが、そこから上に行くのは官僚の中でも限られた人だけということですね。 そして、最後まで出世レースに残った同期トップのただ1人だけが「事務次官」となるのです。 (官僚の年収・出世については以下の記事でまとめています) 50代国家一般職の年収・給料・ボーナス 国家一般職の公務員は本府省の課長補佐級・地方機関の課長級まで定年を迎えることが多いので、 50代の年収は800万円台となります。 ちなみにこのあたりの役職には50歳くらいで到達することが多いので、50代になってからはあまり収入が伸びなくなるということ。 ただ、 国家一般職の中でも特に優秀な人は、課長補佐級よりも上の企画官・室長級、そしてさらに上の本府省課長級にまで出世します。 企画官・室長級だと年収は900万円〜1,000万円超、本府省の課長になると年収は1,000万円〜1,200万円程度になるので、総合職と同等レベルですね。 (国家一般職の年収・出世については以下をどうぞ) 年齢別・50代地方公務員の年収・給料・ボーナス【都道府県庁・政令市・特別区・市・町村】 次に地方公務員です。 都道府県庁・政令市・特別区・市・町村という自治体タイプ別に50代年収を見ていくので、ぜひ比較してみてください。 50代都道県庁職員の年収・給料・ボーナス 年 収 月 給 ボーナス 48歳〜51歳 747万円 482,467円 168万円 52歳〜55歳 770万円 496,512円 174万円 56歳〜59歳 792万円 509,594円 180万円 50代の都道府県庁職員の年収は、だいたい750万円以上になります。 手取りに直しても600万円以上はもらえる感じですね。 ただ都道府県庁といっても、自治体ごとに地域手当に大きなバラつきがあるので要注意。 以下の記事では、都道府県庁の年収について詳しく書いています。 地域手当などを加味した年収ランキングなどもあるので、ぜひ読んでみてください。 都道府県庁の中でも東京都は別格 都道府県庁の中でも、財政状況が抜群によく、さらに地域手当の金額も大きい東京都は別格の存在です。 その証拠に、以下の通り平均年収も他の自治体より多くなっています(もちろん全国No. 東京都:715万3,660円• 5歳、全国43. 1歳 そのため、東京都庁職員の年収にフォーカスした記事も用意しています。 気になる方は、ぜひこちらもどうぞ! 50代政令市職員の年収・給料・ボーナス 年収 月給 ボーナス 48歳〜51歳 789万円 515,510円 170万円 52歳〜55歳 824万円 536,518円 180万円 56歳〜59歳 854万円 555,255円 188万円 横浜市や川崎市、大阪市といった「政令市」は総じて地域手当の金額が大きいので、必然的に年収も多くなりますね。 50代では年収800万円を大きく超えてくるので、手取り年収でも600万円台後半という高待遇です。 50代特別区職員の年収・給料・ボーナス 年収 月給 ボーナス 48歳〜51歳 802万円 515,267円 184万円 52歳〜55歳 837万円 534,737円 192万円 56歳〜59歳 861万円 552,522円 198万円 特別区の50代公務員は、年収が800万円代後半に到達します。 東京23区は地域手当が最も大きい基本給の20%なので、必然的に年収の金額も増えますね。 以下の記事にて、特別区職員のさらに詳しい年収事情や、23区の平均年収ランキングなどを書いているので、あわせてどうぞ! 50代市役所職員の年収・給料・ボーナス 年収 月給 ボーナス 48歳〜51歳 730万円 471,851円 164万円 52歳〜55歳 756万円 485,280円 174万円 56歳〜59歳 779万円 497,356円 180万円 50代市役所職員の年収は、総じて700万円台中盤〜後半といったところ。 ただ、市役所といっても数が多く、全ての平均を取ったにすぎないので要注意。 市役所の中には財政状況が極めて良好で、その市がある都道府県庁よりも待遇が良いところもあったりします。 50代町村役場職員の年収・給料・ボーナス 年収 月給 ボーナス 48歳〜51歳 671万円 428,944円 156万円 52歳〜55歳 695万円 442,212円 164万円 56歳〜59歳 708万円 449,584円 168万円 町村役場の50代公務員の年収は、600万円代後半〜700万円代前半といったところ。 町村は自治体の規模が小さいので、平均年収も低めです。 50代公務員の年収は個人差が大きい 50代公務員の年収について、自治体タイプ別に書きましたが、これらの金額はあくまで公式統計から推計した「平均値」にすぎません。 50代ともなると出世にも大きな差ができているので、その分年収・給料・ボーナスにも個人差があります。 優秀な方は部長や局長といった「幹部」になり、年収1,000万円以上に到達。 一方で、出世に興味がない方・やる気があまりない方は出先機関をぐるぐる回る感じで渡り歩き、係長や課長補佐クラスで定年を迎えるので年収は700万円程度です。 ただ、幹部になって年収1,000万円をもらうのが良いかと言われると一概にそうは言えません。 「部長で定年を迎える人」と「係長で定年を迎える人」とでは、業務量も業務レベルも比べ物になりません。 なので正直なところ、300万円程度の年収差であれば、仕事をサボった方が賢いと思ってしまいます… また身を粉にして頑張っても、上に気に入られない限り、出世して年収1,000万円に到達するのは無理ですしね。 50歳公務員の年収が魅力!公務員になりたい!と思った方へ 50代公務員の年収について書きましたが、ここまで読んで「公務員になりたい!」と思った方は、ぜひ以下の記事を参考にしてください。 公務員試験の勉強法・予備校の選び方についてまとめた記事 公務員試験を受験するにあたっては、まず独学で勉強するか、予備校に通うかを決めないといけません。 以下の記事を参考に、ご自身に合った方を選んでください。 社会人から公務員に転職したい方はまずはこちら 社会人の方が公務員に転職しようと考えた場合、以下の記事で紹介しているガイドブック(無料)は必読です。 行政職公務員(国家・地方)の給料に関する完全まとめはこちら.

次の

内閣人事局|国家公務員制度|給与・退職手当

国家公務員 ボーナス

リーマン・ショック以来の大幅マイナス この夏のボーナスで、民間企業の1人あたりの支給額が前年比6. 4%減となると、その額は35万7000円。 予想どおりになると、リーマン・ショック後の2009年夏のボーナスが前年比9. 8%減だったことに次ぐ、大幅なマイナスだ。 世界的な設備投資の抑制や自動車の販売低迷に伴う製造業の不振で、2019年度下半期に企業収益が低迷。 2020年の年明けから新型コロナウイルスの影響が顕在化し、感染拡大が続いたことで、ボーナスにも影響が及んだ。 世界的な感染拡大を受けた輸出の減少、感染拡大防止に向けた休業の広がり、外出自粛に伴う国内消費の冷え込みにより、製造、非製造業ともに急速に業況が悪化。 先行き不透明感や雇用不安の増大により、春闘では、製造業でベースアップのゼロ回答が続出するなど、賞与のベースとなる基本給の伸びが鈍化した。 日本総研の見通しでは、大手企業では3月以降の情勢悪化の影響が本格的に反映されるのは年末賞与となるとみている。 一方、国家公務員の前年比プラス見込みは、夏季と年末の支給割合の平準化の影響のほか、人事院勧告(2019年8月)による月給の引き上げ(0. 09%増)が押し上げに作用している。 「これで公務員がそのままとか、許されないぞ」 コロナ禍による窮状がさまざまに報じられている中での「ボーナス予想」にネットの反応はさまざまだが、家計事情が苦しくなっているとみられる人たちからは、コロナの影響がない公務員に向けた恨み節が多い。 「公務員は何%下げる? 国会議員は100%削減でいいとして」 「税金なんか払わなくていーべよ! 無能な馬鹿議員にこれ以上給料報酬払いたくねーわ」 「当然、公務員も下げるんだろうな。 これで公務員はそのままとか、許されないぞ」 「まさか公務員には出ませんよね? そんなお金あったら、経済対策に回して下さいね」 保健所や公立病院など、コロナの対応に粉骨砕身している公務員の様子もメディアではしばしば報じられている。 そのことに気配りする声も......。 「常日頃最前線で頑張ってくれている公務員の方々には申し訳ないが、10%ぐらいの減額は協力して欲しいけど......。 とはいえ、各役所の窓口、救急車、警察、厚生労働省等々、皆さんにだって家族が居て不安でしょうに、仕事を続けてくれて本当にありがとうございます。 皆んなで攻撃しあうのではなく、こんな時だから日頃の当たり前がいかに皆のお陰で回っているのか気付いて、感謝できるキッカケにしたいですね」 夏より厳しい見通しの冬のボーナスについては、 「冬のボーナスや来年はもっと業績が落ち込むだろうから、当たり前に貰えないかもね」 「今年の冬以降の落ち込みが気になる。 アパレル業界はまさに厳冬!」 「冬はもっと影響受けそう。 大企業とて安心できない。 備えよ!」.

次の

【2020年】公務員の夏と冬のボーナスは何ヶ月分、日にち、支給額はこれだ!【令和2年】|赤ずきんくんのみんなで公務員になろう

国家公務員 ボーナス

Contents• 国家公務員の給料 世間から公務員の給料は『もらい過ぎ』と言われることもありますが、公務員の中でも国家公務員の給料はどうでしょうか? 国家公務員の給与は 給与 = 給料表による基本給 + 地域手当 + その他諸手当 と表すことができます。 基本給は給料表によって決められている 基本給は人事院の定める棒給表(給料表)によって決められており、その棒給表を見ると、役職(級)と経験年数(号)によって基本給が一目で分かる ようになっています。 ちなみに、国家公務員の棒給表は人事院のHPで確認することができます。 平成26年度国家公務員(行政職)の棒給表 〈出典:平成26年度人事院勧告〉 上表は平成26年度の国家公務員の実際の棒給表です。 また、縦軸は号を表しており、経験年数が増えると号が上がって基本給も上がるという仕組みになっています。 公務員は基本的に1年で一回定期的に4号昇給します。 国家公務員は人事評価制度が導入されており、その年の評価によっては昇格する号数が4以上になったり、4以下になったりもしますが、普通に仕事をしていれば1年間で4号ずつ上がっていくと考えていいでしょう。 例えば、平成26年度の国家公務員総合職(大卒程度)の初任給は2級1号ですので給料表から基本給は187,700円ということになります。 これに、地域手当やその他の手当を合計したものが初任給ということになります。 地域によって大きく異なる地域手当 地域手当とは、基本給・管理職手当・扶養手当の合計額の一定割合を掛けた額が支給されるもので、地方公務員の給与を各地域での民間賃金水準に合わせるための手当です。 地域別の支給割合は下記の表に記載しています。 東京などの民間賃金が高い都会の地域では、高い支給割合で地域手当が支給され、反対に民間賃金水準の低い田舎の地域では、低い支給割合の地域手当であったり、地域手当が支給されない地域もあります。 東京の特別区での地域手当は20%であるため、同じような給料表でも地域手当で給与が大きく変わってきます。 例えば、給料表による基本給が200,000円で管理職手当や扶養手当がない場合でも、東京では20%の地域手当が加算されるため基本給200,000に地域手当40,000が加算されます。 特に国家公務員一般職の場合は各地域にある出先機関で働く割合が多く、配属された地域の地域手当が支給されます。 よって 国家公務員の給与は、勤務する地域によって大きく異なります。 正確な手当については人事院が定めており、HPで確認することができます。 扶養手当 扶養親族を持つ職員に支給される手当です。 配偶者に13,000円、子父母等に各6,500円(職員に配偶者がいない場合は子父母等のうち一人について110,00円)が支給されます。 居住手当 借家・借間に居住する場合に支給される手当です。 借家・借間にかかる費用のうち約半額が手当として支給されます。 また上限は27,000円までとなっています。 細かい計算方法があるのですが、家賃が5万4千円までは約半額が、家賃がそれ以上の場合は最高支給額の2万7千円が支給されます。 また、居住手当の額については、各自治体によっては1万円程度と低めに設定している自治体もあります。 超過勤務手当 残業代や休日勤務手当のことです。 通勤手当 通勤にかかる費用に対して支給される手当です。 公共交通機関等を利用する者に対しては、交通機関の6か月定期券の相当額を手当として支給しています。 (ただし、1か月あたり55,000円を上限としています。 ) 自動車等(自転車でも可)の交通用具を使用している者に対しても距離に応じて、2000円から30000円程度まで支給されます。 ただし駐車場等にかかる費用は考慮されずあくまでも住居から職場までの距離に応じて支給されます。 ガソリン代や駐車料金を考えると車で通勤する場合は赤字になることも考えられます。 単身赴任手当 異動の多い国家公務員にとっては重要な単身赴任手当も支給されます。 職員の住居と配偶者の住居との交通距離に応じ月額約30,000円~88,000円を支給 広域異動手当 民間企業の転勤手当に当たる手当です。 官署間の距離等が60㎞以上の広域的な異動等を行った職員に対し,移動距離に応じて異動等の日から3年間支給一定割合で支給されます。 単身赴任手当は世帯がある職員にしか支給されませんが、広域異動手当は異動があった職員に対し支給されます。 管理職手当 正式には棒給の特別調整額と言われ、管理職に対して支給される手当です。 役職に応じて46,000円から130,000円程度まで支給されます。 その他の手当 特地勤務手当・・・離島その他の生活の不便な地に勤務する職員に支給される手当です。 寒冷地手当・・・・寒冷地に在勤する職員に支給される手当(11月から翌年3月の期間) 特殊勤務手当・・・高所作業や、道路上での作業などの危険や不快な作業に対して支給される手当です。 等の手当が支給さます。 国家公務員のボーナス(勤勉手当、期末手当) 民間企業では業績に応じてボーナスが支給されます。 業績が良ければたくさんボーナスが支給され、逆に業績が悪ければボーナスが少なくなるか、場合によっては支給されないこともあります。 公務員の仕事は業績に応じてではなく、手当として必ず支給される仕組みになっています。 勤勉手当は、勤勉手当は職員の勤務成績に応じて支給され、期末手当は職員の在職期間に応じて支給されます。 国家公務員は人事評価制度が導入されているため、勤勉手当は人事評価によって支給される額が変わります。 しかし、公務員の仕事は成果に差が出にくいため、普通に仕事していれば、勤勉手当を下げられるという事ことはあまりないと考えられます。 平成28年度勤勉手当・期末手当支給月数 勤勉手当 期末手当 合計 6月期 0. 80月 1. 225月 2. 025月 12月期 0. 80月 1. 375月 2. 125月 合計 4. 20月 上表は平成28年度の勤勉手当と期末手当を示しており、一年を通して4. 2か月分支給されています。 国家公務員の給料は総合職か一般職で差がある 国家公務員は総合職であっても、一般職であっても、同じ棒給表から基本給が算出されます。 では、どこで総合職と一般職に差が出てくるのでしょうか? 国家公務員の級区分表〈平成24年度人事院の国家公務員給与の概要をもとに作成〉 本府省 その他出先機関 1級 係員 係員 2級 3級 係長 係長 4級 課長補佐 5級 課長補佐 課長 6級 7級 室長 機関の長 8級 9級 課長 ー 10級 上表は、10段階で区分される級について、本府省での級区分と、出先機関での級区分を示しています。 総合職は一般職と比較して昇格しやすく、本府省で勤務する割合が高くなっています。 また、最終的に7級から10級まで昇格することができます。 もちろん総合職でも出先機関で働くこともあり、その場合は7級から8級の出先機関の長クラスまで昇格できます。 一方、一般職については6級程度までにとどまることが多いようです。 それでも、本府省勤務の場合は課長補佐クラス、出先機関勤務の場合ば課長クラスまでは昇格できるようです。 もちろん、実力次第でそれ以上の職に昇格することも可能です。 このように総合職と一般職には昇格のしやすさに差があるため、もちろん給料も一般職と比較すると、総合職の方が高いということになります。 平成23年度の行政職の平均給与月額〈平成24年度人事院の国家公務員給与の概要をもとに作成〉 本府省 その他出先機関 人員数 33,600人 109,842人 構成比 23. 8歳 43. 0歳 平均月収 43. 3万円 38. 7万円 上表は平成23年度の行政職の平均給与月額を示しており、総合職の割合が多い本府省の平均月収は43. 3万円であり、一般職の割合が多いその他出先機関の平均月収の38. 7万円を上回っています。 これがそのまま、総合職と一般職の平均月収の差というわけではありませんが、総合職の方が一般職と比較して平均月収が高いことは明らかです。

次の