白い 巨塔 モデル。 白い巨塔2019で菊川昇を演じるのは誰?歴代の俳優と教授選挙の結末についても

白い巨塔

白い 巨塔 モデル

質問一覧• 実際にあるものですか? 浪速大学医学部、ですから。 原作中ではモデルと結び付けられるような記述はなかったと思いますが、大阪の国立大の医学部なら阪大でしょう。 教えてください。 よろしくお願いいたします。 巨塔のモデルは大阪大学ですか? 友人は大阪市立大学だと言います。 具体的な人物もあれば、教えて下さい。... いぃえ。 モデルは大阪大学だろうといわれています。 作者の山崎豊子さんは、白い巨搭のモデルは無いと言っているともいわれてますが、山崎豊子さんは大阪のご出身、白い巨搭の病院は場所が中の島あたりということで、場所的に... 浪速大学は大阪大学です。 大学病院の話みたいですが、モデルはどこ大学なのでしょうか? ドクターヘリを所有している大学はとても少ないと思うのですが… 白い巨塔の浪花 浪速? 大学付属病院は大阪大学付属病院がモデルというのは有名ですよね。...

次の

白い巨塔の財前五郎のモデルは実在した?阪大の神前五郎医師とは?

白い 巨塔 モデル

1F廊下部分は立入りが可能であり、撮影当時の面影が窺える。 テレビドラマ:白い巨塔(1978年版) 原作 演出 青木征夫、 制作 、 放送局 放送期間 - 話数 全31話 - 『 白い巨塔』(しろいきょとう)は、6月から1月にかけて、で放送されたである。 主演は。 の『』の3度目の映像化作品。 その後リメイク版としてで連続ドラマが1作品 、系列でスペシャルドラマが2作品製作された。 、) 当時(・など、詳細は田宮二郎の項目を参照)が物議をかもしていた田宮二郎(役)の代表作かつ遺作(作品放映中に)となった。 概要 [ ] 〜、全31回、毎週土曜日夜9時より1時間枠()で放送された(は放送なし)。 本編総時間は約24時間。 1979年には「総集編」も放送された。 原作小説は『白い巨塔』と『続・白い巨塔』から構成されており、それまで映像化されたものは『白い巨塔』までであったものが、当作品で初めて『続・白い巨塔』までの完全映像化がなされた(現在、原作の版は正編・続編を合わせて『白い巨塔』全5巻として発売中)。 田宮二郎は、のとのでも財前五郎役で主演していた。 特に映画版は、内外で多くの賞を総なめにした歴史的名作である。 第1話の視聴率は18. 6%であった(その後は後述参照)。 背景 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2015年11月) この作品は、主演の田宮二郎がドラマ化を強く要望し制作されたものであった。 彼が映画版で財前五郎を演じた後に続編が書かれ、田宮は続編の結末までを演じたいと切望していた。 以前にも田宮は2度に渡ってテレビ局にドラマ化を提案していたが、諸般の事情で実現していなかった。 また、映画で主演した当時は31歳だった田宮も、この時は43歳。 原作の財前の年齢設定(42歳)とほぼ同時期になったこともあって、改めて財前を演じたいという思いが強かった。 以上のような背景もあっての田宮の要望と、原作者の山崎豊子をはじめとする周囲の協力もあって3度目の映像化が実現した。 脚本家の、原作の山崎豊子そして田宮との話し合いの元に、原作に極力忠実でありつつ登場人物の性格を深く掘り下げた脚本が練られた。 脇を固める俳優陣も当時のそうそうたる顔ぶれが揃った。 また、東佐枝子と花森ケイ子の役割が原作よりも大きくなった。 のによると、田宮は本作でを持つ手にリアリティを持たせる為、の解剖を幾度と無く繰り返していたという。 ドラマのロケで浪速大学医学部本館に使われた病院 このドラマにおける手術シーンのほとんどは、医師及び患者の許可を取って撮影された実際の映像である。 には出てこないが、ロケはので行われた。 田宮が同病院と懇意にしていたことから実現したものである。 浪速大学医学部本館は、高井戸の社会福祉法人病院本館の外観を撮影して当てた。 なお、撮影はおよびその周辺でも多く行われており、近畿癌センターの建物は当時のフジテレビ本社スタジオ棟の正面玄関、浪速医師会会館の建物は2009年まで実在したフジテレビ第一別館の正面玄関に看板を付けて撮影された。 から開始。 最初の撮影は第一外科教授室で胃噴門部癌患者・佐々木庸平への薬の投与を巡って財前と里見が論争するシーン(第13話)であったが、田宮は躁うつ病()を患っていたこともあり異常にテンションが高かったため、「このままでは後が大変になる」と危機感を抱いた里見役のが撮影を中断すると田宮は激怒してセットの裏側に隠れてしまい、山本學が田宮に何度も謝罪してようやく撮影が再開されたという。 このように撮影に情熱を傾けたかと思いきや、「(一説にはだとも言われている)の採掘権を取得した」と主張して突如へと1週間出かけ、あわや撮影中止になりかけることもあった。 第18話まで撮影したところで撮影は1カ月の休暇に入り、田宮はにへ旅行に出発。 戻って来ないのではないかという周囲の心配をよそにに帰国した。 から後半の裁判編の収録が始まったが、テンションが高かった旅行前とは一転して欝状態に陥り、田宮は泣き崩れてばかりでセリフが頭に入らなくなっていた。 妻やスタッフが必死に彼を励まし続け、共演者の協力もあって撮影はに無事終了。 最終話ラストシーンの財前五郎の死のシーンに際して田宮は3日間絶食してすっかり癌患者になりきり、財前の遺書も自らが書き、それを台本に加えさせた。 全身に白布を掛けられストレッチャーで運ばれる財前の遺体は、自ら希望して田宮自身が演じている。 収録後には「うまく死ねた」とラストシーンを自賛したという。 その時に流れたは作曲、『涙の日 Lacrimosa』。 途中で遺族が立ち止り、解剖病棟まで付いて行かないのは実際のモーツァルトの葬儀をヒントにしたものである。 撮影終了後の田宮はすっかり虚脱状態になり、「財前五郎の後に、どんな役を演じたらいいかわからない」とプロデューサーの小林俊一に漏らすようになっていたという。 そして、に、田宮はした。 このことに世間は衝撃を受け、この時点でドラマの未放映回が2回分残っていたが、それまでは12〜13%程度だった視聴率がの最終回直前回で急上昇し26. 4%まで大幅にアップした。 番組関係者は自殺という悲劇が視聴率を上げたことで、視聴者に対して憤慨するコメントをしたとされている。 本放送では「完」と表記された後に「田宮二郎さんのご冥福をお祈りいたします」とテロップが挿入された。 原作との相違点 [ ]• 原作が昭和30年代の設定に対し、本作はでの控訴審判決が本放送された昭和53年()に出る設定としたため、物語の開始が昭和49年()春からとなっている。 これに伴い、財前の教授就任も昭和50年()に変更されている。 作中序盤では、財前が舅の又一から保険診療は割が合わないことを詳しく説明される場面がなく、ただ「医院のままの方が得」と語られるだけに留まる。 教授選挙決選投票において、原作では財前が医学部長室に呼び出され鵜飼から直々に当選した旨を伝えられたが、本作では事務局長から投票結果を伝えられた佃が病棟の屋上で待機していた財前の所へ駆け足で向かい、財前に当選した旨を告げている。 設定時代が後ろ(現代)へずれたことに伴い、術後容体が急変した佐々木庸平に投与されたも、原作の(1950年には既に開発されていた)から本作の(1970年代に入ってから開発された)に変更されている。 財前がドイツ出張の際に利用した航空会社は、原作では国際線が、国内線がの設定だったが、本作の映像では国際線・国内線共に日本航空の姿が使用されている。 また当時は前であり、財前が訪れたは領であったが、劇中では「西ドイツ」という呼称は一切使われなかった。 そして渡欧中の財前が、にて側での視察を試みたり、強制収容所跡やドイツ以外の国を訪れたりといった描写も見られなかった。 佐々木庸平の命日は術後23日目に設定が変えられている。 柳原が死去を告げた際の方法も、原作では無言の告知だったが、本作では言葉で告げている。 またその場に金井は立ち会わず、その一方原作では死に目に会えなかった長男庸一は居合わせて、父の死を看取っている。 佐々木庸平の死因は、原作では癌性、本作では癌性である。 もっとも、肋膜炎と胸膜炎は病理的には同じものであり、時代経過により「肋膜炎」という呼称が「胸膜炎」に変わっただけである。 第1審でとして出廷した洛北大学の唐木名誉教授は佐々木庸平への一連の処置に関し、原作では財前に落度(人間性の問題や医師として持つべき倫理観の欠如)があった事も指摘して財前を手厳しく非難しているが、本作ではこの部分が丸々カットされ、財前が採った処置が医学的過失には当てはまらない旨を供述した部分のみが取り上げられている。 このため、本作では終始財前を庇っているような演出になっており、唐木名誉教授のイメージが原作と本作で大きく異なっている(実際、唐木鑑定直後の財前も原作では「もっと(自分に)有利な意見を述べてくれると思っていたんだけど」と心外そうな発言をしているが、本作では「噂通り公正無私な人だったよ」と満足気に語っており、唐木鑑定による財前の心理描写も原作と本作でかなり異なっている)。 第1審の当事者尋問では、原作で財前を裁判長が尋問する箇所でも、本作は関口弁護士が終始尋問している。 財前の実母・黒川きぬは、原作では第1審の直後に死去するが、本作では田宮の強い要望により最後まで登場し息子の臨終を看取る。 また控訴審や学術会議会員選挙が佳境を迎える中、財前が体調不調を訴えてきた母のため、地元の大学病院で診察が受けられるように取り計らう場面もある。 里見の部下・谷山医局員は本作のオリジナル人物で、原作にはこれに相当する者は存在しない。 同医局員は柳原と同期で里見に心酔しており、第一外科と度々衝突した末、里見と共に近畿がんセンターへ転じた。 控訴審への亀山元婦長の出廷は、佐々木商店の倒産より後になっており、倒産の顛末についても回想で触れられている。 またそこから安田太一退院の間に、財前と里見の再会場面を挟んでいる。 安田太一の退院を見送った直後の財前を巡っては、原作が整形外科の野坂教授に絡まれるのに対し、本作では里見の言葉を思い返して表情を曇らせる描写になっている。 金沢での癌学会やそれに続く黒部観光の場面などは省略されている。 江川証人による証拠提出に際した最終尋問の場面は、同証人に対する財前の「君までが!」という台詞までしか描写されていない。 財前が敗訴した控訴審判決の場面では、裁判長による判決内容・理由の説明よりも、判決に対する関係者各人の反応を強調する描写になっている。 またここでも記者陣は、被控訴人側しか取材していない。 敗訴後里見からの診断を受けた財前が手術の折に里見に立ち会いを依頼する。 そのかわり、里見が東に執刀医を依頼する場面は省略され、佐枝子が里見と別れるのも財前が診察を依頼する直前である。 原作ではへのを済ませてから入院し、死に際しては、解剖を担当する大河内教授宛てに自身の癌の所見を箇条書きにして残すのみであるが、本作では上告する間もなく入院し、遺書は里見脩二宛てであり、癌専門医でありながら癌で死ぬことを恥じる、という原作の言葉を踏襲しつつも、医学者としての道を踏み外していたこれまでの自分を恥じ、君のおかげで反省することができた、と里見の友情を感謝する手紙に変わっている。 原作の花森ケイ子はバー・アラジンのホステスだったが、本作では(バー・アラジンが登場しないため)バー・シローのホステスに変わっている。 このため、財前と東の行きつけのバーが同じ店となり、「東が後任教授として財前を推さずに移入教授を立てる」件についての東と鵜飼の密談がケイ子に漏れてしまう結果となっている。 花森ケイ子に母親を頼みたい旨の伝言を里見に託すなど、財前と里見の深い心のつながりが強調されるものになっている。 この文面は田宮が山崎に頼みこんで実現したものであった。 無医村に去る直前の柳原は、原作では里見の居宅に立ち寄るのに対し、本作では片づいたところに里見の来訪を迎え、また財前が助からないことも聞き知る。 そして佐々木親子の商売現場に接近する場面もない。 東佐枝子は里見への想いが伝わらないと悟り、里見の同期・田代に嫁ぐために財前の亡くなった日にネパールへと飛び立った。 この様に、相違点こそ存在するものの、原作の全編を映像化した作品としては後に制作された・・と比べれば、最も原作に忠実な作品である。 出演 [ ] 詳細は「」を参照 浪速大学• 鵜飼雅一: - 浪速大学医学部第一内科教授、浪速大学医学部長• 大河内清作: - 浪速大学医学部病理学教授(浪速大学前医学部長)• 今津教授: - 浪速大学医学部第二外科教授• 野坂教授: - 浪速大学医学部整形外科教授• 葉山教授: - 浪速大学医学部産婦人科教授• 則内教授: - 浪速大学医学部付属病院長• 乾教授: - 浪速大学医学部皮膚科教授• 河合教授: - 浪速大学医学部小児科教授• 滝村恭輔: - 浪速大学名誉教授(東貞蔵の前任者)• : - 浪速大学医学部第一外科医局員(佐々木庸平担当医)• 山田医局員: - 浪速大学医学部第一外科医局員• 岡田みち子: - 浪速大学医学部放射線科看護婦• 事務長: - 浪速大学医学部事務長• 浪速大学医学部付属病院第一外科総婦長:• 花森ケイ子: - 財前五郎の愛人、バー「シロー」のホステス• 東佐枝子: - 東貞蔵・政子の娘• 財前杏子: - 財前五郎の、財前又一の• 財前一夫: - 財前五郎・杏子の息子(長男)• 財前富士夫: - 財前五郎・杏子の息子(次男)• 里見三知代: - 里見脩二の妻• 里見好彦: - 里見脩二・三知代の息子• 黒川きぬ: - 財前五郎の実母• 財前又一: - 財前産婦人科医院院長、浪速医師会副会長、財前五郎の岳父• 岩田重吉: - 岩田病院院長、浪速医師会会長• 真鍋貫治: - 真鍋外科病院院長、大阪市議会議員• 東政子: - 東貞蔵の妻、くれない会前副幹事• 鵜飼典江: - 鵜飼医学部長の妻、くれない会幹事• 船尾隆: - 東都大学医学部第二外科教授• 菊川昇: - 金沢大学医学部外科教授• 佐々木庸平: - 繊維業「佐々木商店」社長、胃癌患者• 佐々木よし江: - 佐々木庸平の妻• 佐々木信平: - 佐々木庸平の弟• 佐々木庸一: - 佐々木庸平・よし江の長男(大学生)• 関口仁: - 第一審原告側・控訴審控訴人側、関口法律事務所所長• 河野正徳: - 第一審被告側・控訴審被控訴人側弁護士、河野法律事務所所長、大阪弁護士会会長• 国平敏男: - 控訴審被控訴人側弁護士、浪速医師会顧問弁護士• 小山義信: - 千葉大学医学部教授、日本癌学会会長、第一審被告側鑑定人• 竹谷教造: - 奈良大学医学部教授、奈良大学医学部長、控訴審被控訴人側鑑定人• 正木徹: - 関東医科大学助教授、控訴審控訴人側鑑定人• 一丸直文: - 東北大学名誉教授、第一審原告側鑑定人• 唐木豊一: - 洛北大学名誉教授、第一審裁判所鑑定人• 都留利夫: - 近畿癌センター病理室長、控訴審裁判所鑑定人• 大阪の:• 大阪の裁判長:• 大阪高等裁判所の陪席判事:• 大阪高等裁判所の陪席判事:• 大阪高等裁判所の書記官:• 大阪高等裁判所の廷吏:• 大阪高等裁判所のタイピスト:• 山田うめ: - の農婦、早期胃癌患者• 山田うめの息子:• 山田うめの嫁:• 亀山雄吉: - 三光製鋼勤務、亀山君子の夫• 安田太一:(二役) - 、胃癌患者• 小西きく: - 膵臓癌患者• 加奈子: - クラブ「リド」の• 野田華子: - 柳原弘の婚約者• 野田文蔵: - 野田薬局店主、野田華子の父• 野田文蔵の妻:• 毎朝新聞社会部記者:• 時江: - 「扇家」の女将• 草刈: - 京神電鉄病院事務局長• 市田: - 平和製薬・西ドイツ駐在員• 幇間:(二代目)• 佐々木商店の客:• 佐々木商店の得意先:• 丸高商店の店員:• 新聞記者:(ナレーションも担当)• 新聞記者:• 新聞記者:• 新聞記者:• 新聞記者:• バー「シロー」のママ:• バー「シロー」のバーテン:• バー「シロー」の常連客:• バー「シロー」の常連客:• 東家の女中:• 浪速医師会幹部:• 浪速医師会幹部:• 池沢代議士:• 中川雅之• (方言指導も担当)• 他作品と重なるキャスト [ ] 1966年映画版• 財前五郎:(本作と同じ)• 鵜飼医学部長:(本作と同じ)• 大河内教授:(本作と同じ)• 今津教授:(本作では竹谷教造教授役)• 安西医局員:(本作では国立大学教授役)• 船尾教授:(本作では教授役)• 野坂教授:(本作では池沢代議士役)• 佐々木庸平/安田太一:(本作では佐々木信平役)• 原事務次官:(本作では都留利夫役)• :(本作では一丸直文名誉教授役)• 控訴審裁判長:(本作では浪速医師会幹部役) スタッフ [ ]• 製作:(は「田宮企画」)、• 原作:• 脚本:• 音楽:• 監督:• プロデューサー、総監督: テーマ曲 [ ]• 「白い巨塔」 作曲: テーマ曲冒頭にあるナレーション(院内放送)は「東教授の総回診が始まります」と「財前教授の総回診が始まります」の2種類。 これに合わせて、テーマ曲も、全体のアレンジを多少変えたバージョンも存在(「東バージョン」は、途中からナレーション後に4小節の前奏が入る)。 最終回ではテーマ曲は流されず、冒頭のタイトルと共に流れるオープニングの音のみが前奏を加えて流された。 挿入歌 [ ]• たそがれの都会 まち (歌:、作詞:、作曲:、編曲:) 本編では部分をアレンジして版にしたものが使用された。 レコードB面は渡辺岳夫作曲のオープニングテーマ曲。 放映日程 [ ] サブタイトル 放送日 演出 視聴率 第1回 1978年6月3日 小林俊一 18. 2003年には同じにて、主演でされ高視聴率を挙げたこともあって、田宮版が改めて注目されるようになり、2003年10月には(2話連続放送)が、2004年8月16日〜8月22日には、全31話を合計13時間に再編集した特別版がフジテレビ(関東地区)、仙台放送(枠内)で放送され、また2005年1月1日〜1月3日に、再びフジテレビ721で全話連続放送(放送時間は1日14:00〜22:30 1話〜10話 、2日14:00〜22:30 11話〜20話 、3日14:00〜23:00 21話〜31話 )されたこともあって再び見直された。 また、では、第1話を閲覧することが出来る。 その他 [ ]• 本作の放送終了3ヵ月後から同じ山崎原作のテレビドラマ『』(制作・)が放送され、脚本も本作と同じ鈴木尚之が担当したため、本作に出演した俳優の多くがMBS版『不毛地帯』にも出演している。 放送の『』にてにされたことがあり、当ドラマの医局設定を企業に置き換えたものをとり行っていた。 なお当ドラマのテーマ曲がこちらで使用されていた。 のので、山本學がこれまでの役者人生を振り返る際に当ドラマの収録中に撮影されたモノクロ写真 が紹介された。 ののCMで当ドラマを意識し同じテーマ曲を使用したパロディ仕立てにした物が製作された。 参考文献 [ ]• 升本喜年著 『田宮二郎、壮絶! いざ帰りなん、映画黄金の刻へ』 (、7月)• 著者の升本は松竹の映画プロデューサーで、田宮とは長年の仕事仲間。 脚注 [ ]• に機構改革でフジテレビジョン本体にされ、同社はされた。 このため、に放送されたダイジェスト版のオープニングでは、同社の名前はクレジットされていない。 秘められた伝説シリーズ「田宮二郎 演技に生きた波乱の人生」• ()2017年1月12日閲覧• 田宮は白布の下で泣いていたと伝える人もいる。 いざ帰りなん P392より。 プロデューサーの小林俊一は、最終回の視聴率が発表された翌日()の(東京本社版)にて、視聴者に対して憤慨するコメントをしている。 但し、ビデオ・DVD版では未収録とされている。 本放送および地上波での再放送では、第1話のOP直後に登場する沿いの(建物は現存せず。 但し、2001年発売のDVD版ではこのテロップは表示されない。 「テレビ視聴率季報(関東地区)」ビデオリサーチ• 当該試合が雨天中止、あるいは20:54までに終了した場合は、第十三回が放送される予定だった• 1回目は田宮急逝直後の1979年に、土曜13時枠の『』枠で放送、2回目は1983年9月、3回目は1989年10月に、それぞれ平日14時枠で放送した。 使用された写真は、第8話で山本學演じる里見脩二と谷山医局員が動物実験を行っているシーンの収録時に撮影されたものであった。 系 前番組 番組名 次番組.

次の

白い巨塔

白い 巨塔 モデル

概要 [ ] 9月15日号から6月13日号まで、『』に連載された。 当初、第一審までで完結の予定であったが、読者からの反響が予想外に大きかったため、7月23日号から6月9日号にかけて「続・白い巨塔」を『サンデー毎日』に連載した。 正編は1965年7月、続編は11月にそれぞれから単行本として刊行された。 山崎は初版の単行本あとがきにおいて、この作品を書いた理由を、の言葉を引き合いに出して、大学病院のには「そこに重厚な人間ドラマがある」からと述べている(文庫版あとがきに詳細な記述あり)。 後の医学部に端を発するに大きな影響を与えた。 その一方で、山崎は反響に応じた続編の執筆について本意ではなかったようで、「小説的生命を全うしようとすれば、既に完結した小説の続編は書くべきではなく、作家としての社会的責任を考えれば、小説の成果の危険をおかしてでも書くべきであると考えた。 この選択の難しさは、作家になってはじめて経験した苦悩であったが、最後は小説的生命より、社会的責任を先行させ、続編に取り組んだ」とのむねを語っている。 また同小説は「」訴訟について医学会では一種のテキスト的な扱いを受けている。 タイトルの意味 [ ] 『白い巨塔』という象徴的なタイトルは物語の終盤にて判明する。 「外見は学究的で進歩的に見えながら、その厚い強固な壁の内側は封権的な人間関係と特殊な組織で築かれ、一人が動いても、微動だにしない非情な世界」。 と表現されている。 あらすじ [ ] 正編 [ ] モデルとなった大阪大学医学部(中ノ島校舎) の手術を得意とする国立浪速大学第一外科助教授・ 財前五郎は、次期教授を狙う野心に燃える男。 一方、財前の同窓である第一内科助教授・ 里見脩二はを第一に考える研究一筋の男。 食道噴門癌の若き権威として高い知名度を誇る財前の許には、全国から患者が集まってくる。 その多くは、著名な有力者やその紹介の特診患者。 その卓越した技量と実績に裏打ちされた自信と、野心家であくが強い性格の持ち主である財前を快く思わない第一外科教授・東貞蔵は何かにつけて苦言を呈する。 財前は次期教授の座を得るため、表面上は上手に受け流すも馬耳東風。 次第に東は他大学からの教授移入を画策。 後輩でもある母校の東都大学教授・船尾に然るべき後任者の紹介を依頼。 寡黙な学究肌の心臓外科医、金沢大学教授・菊川を推薦される。 菊川が大人しい性格である上に、妻に先立たれ独身である事に目をつけ、東は自身の引退後の第一外科における影響力確保を目論む。 また、普段から一匹狼の気があり、財前を嫌う整形外科教授・野坂は、皮膚科教授・乾や小児科教授・河合と共に、第三派閥の代表となるべく独自の候補者として財前の前任助教授であった徳島大学教授・葛西を擁立。 それらに対し、財前は産婦人科医院を開業している義父・又一の財力と人脈を背景に、以心伝心の間柄にある医師会長・岩田重吉を通して岩田の同級生である浪速大学医学部長・鵜飼を篭絡。 鵜飼派の地固めを狙う鵜飼もこれを引き受け、腹心の産婦人科教授・葉山を通して画策に入る。 一方で財前は医局長の佃を抱きこみ、医局内工作に乗り出す。 教授選考委員会では書類審査の結果、候補者は財前・菊川・葛西に絞られる。 その後は派閥間の駆け引きや札束が乱れ飛ぶなど、学内外の工作が熾烈になり選挙戦が展開される。 投票当日、開票の結果は財前12票と菊川11票。 葛西も7票を獲得しており、財前・菊川の両者とも過半数を獲得することができなかったことから異例のにもつれ込んだ。 鵜飼は、白熱する教授戦を憂慮した大河内による「即時決選投票実施」提案を強引に退け、投票期日を1週間後に延ばす。 その間、野坂の握る7票(葛西の得票数)をめぐり、実弾攻撃主体の財前派とポスト割り振り主体の東派が水面下で激しい攻防戦を繰り広げる。 財前派は、菊川がいる金沢まで佃と安西を行かせ立候補を辞退せよ、さもなくば医局員一同いっさい協力しないと脅迫したり、財前の舅である財前又一が岩田と鍋島を通じて大河内にまで賄賂を送ろうとするなど、なりふり構わず工作に尽力する。 それらの行為への反省の色も、東を尊敬する態度も無い財前に、東は「 決選投票はまだだが、君との人間関係はどうやらこれで終わったようだ」と通告。 大河内は財前派の実弾攻撃を激しく憤り、決選投票の席上で暴露するが、財前側が証拠をいっさい残さなかったため不発に終わる。 決選投票の結果、財前は菊川に2票差で競り勝ち、第一外科次期教授の椅子に就くこととなる。 勝利に沸く鵜飼派。 東は失意のまま定年退官を迎え、近畿労災病院の院長に就任した。 教授に就任した直後、財前はドイツ外科学会から特別講演に招聘され、得意の絶頂に。 そんな最中、里見から相談された胃癌の患者・佐々木庸平の検査、手術を担当するが、扱いの患者で中小企業の社長であることから高圧的で不誠実な診療態度に終始。 胸部写真に映った陰影を癌の転移巣ではなくのと判断、多忙を理由に受持医の柳原や里見の進言を無視して術前の検査を怠り手術。 術後に呼吸困難をおこしたが、この症状をと診断(実際は、癌性肋膜炎だった)。 里見がこの診断に疑問をもって胸部X線写真をとるように要請したが、財前は無視して、受持医のに「」の投与(6時間おきに500mg)を指示したのみで、一度も診察せぬままドイツに出発。 しかし、その後、ふたたび佐々木は呼吸困難を起こし、手術後21日目に死亡する。 里見の説得で遺族は病理解剖に同意し、大河内が行った病理解剖の結果、死因は術後肺炎ではなくであったと判明する。 遺族は診療中の財前の不誠実な態度に加え、一家の大黒柱を失ったことにより提訴を決意する。 里見はそのことを財前に知らせるべく欧州に何度も電報を打つが、財前は無視する。 ドイツにおける外科学会での特別講演、ミュンヘン大学における供覧手術など国際的な外科医として華々しくデビューし、栄光の絶頂を味わって帰国した財前を待っていたのは、「財前教授訴えられる」という見出しで始まる毎朝新聞のゲラ刷りだった。 失意のまま密かに帰阪した財前は鵜飼宅に直行。 激昂した鵜飼に一時は見限られかけるが、巧みに説得して関係を修復し、法律面では老練な弁護士・河野に代理人を依頼。 受持医・柳原や渡独中の医長代理であった助教授・金井など病院関係者への工作に加え、医学界の権威に鑑定人を依頼する。 一方の遺族側も正義感あふれる関口弁護士に依頼。 里見、東の助力で鑑定人を立てる。 裁判では、「外科手術に踏み切った根拠に必要の度合を超えるものがあったかどうかが問題。 仮に術前検査を怠った結果患者が死に至ったのであれば臨床医として軽率だったといわざるを得ない」という大河内の厳正な病理解剖鑑定や里見の証言などにより被告側(財前)はピンチに陥るが、鵜飼医学部長の内意を受けた洛北大学名誉教授・唐木の鑑定、受持医の柳原の偽証(裁判所には全面的に採用されなかったが)もあって第一審で勝訴。 判決文によれば、財前の道義的な責任を認めながらも、極めて高次元な場合で法的責任は問えないという理由であった。 一方、原告側の証人として真実を証言した里見は山陰大学教授へ転任という鵜飼の報復人事を受ける。 「真実を言った人間が左遷させ、誤診をした人間が大学に残る」この不条理な大学病院を 白い巨塔と例え、翻意を持ち、里見は浪速大学を去る決意を固める。 続編 [ ] 敗訴した遺族は捨て身のに出る。 里見は、世論を恐れた鵜飼が辞表を受理せず中途半端な立場においた為に日々悶々としていたが、半年の後、恩師大河内の計らいで近畿がんセンター第一診断部に職を得る。 一方の財前は特診患者の診療に忙しい日々を送っていた。 ある日、医局で抄読会を開いていた財前の元に、鵜飼から会員選挙出馬の誘いが来る。 これは内科学会の新進気鋭である洛北大学教授・神納が学術会議選に立候補するためで、これを財前を利用して叩き、体面を失わせることで学会における自分の地位を確保しようというのが狙いであった。 財前は結局それを引き受け、裁判・選挙の双方に勝利しようと野望を覗かせた。 控訴審に備え、財前は最重要証人の柳原に市内の老舗・野田薬局の令嬢との縁談(今で言う)や学位をえさに工作。 しかし、柳原は一審の判決以来、良心の呵責に苦しんでいた。 また、原告側弁護人や里見たちの努力により、控訴審は予断を許さない状況になりつつある。 原告側は里見の助言で胸部検査の重要性やなどを証拠として導入するなどの新たな展開が生まれたのだ。 佐々木庸平の遺族は裁判途中に大手元売による「真珠湾攻撃(強引な債権回収手段のひとつ。 相手の油断している日曜の早朝などを狙って押しかけ、納入した品物を回収すること)」もあって経営に行き詰まり、遂に倒産の憂き目に会う。 一家はそれでも、「せめて裁判で勝訴するまでは商売を続けたい」という執念により船場の一角にある共同販売所に入って細々と商売を続ける。 選挙、裁判のためか体調の優れない財前だったが、疲労の蓄積だろうと多忙の日々に没頭するあまり、癌の早期発見の機会を逸してしまった。 そんなある日、で偶然里見は財前に出会い、「学術会議選など学者にとって何のプラスにもならない。 君は疲れ過ぎている」と助言をするが、財前は一蹴。 この間、財前は佐々木庸平と容貌・立場・病状が酷似した患者を気は進まぬながらも診療し、術後の合併症にも献身的に対応して完治せしめている。 選挙は野坂による票の横流しなどで窮地に立つが、得意の裏取引や、第三の候補者を引き下ろすなどの強引な運動もあって勝利する。 しかし、裁判は大詰めの当事者尋問の時に、関口の鋭い尋問で窮地にたった財前は柳原に責任転嫁。 「嘘です! 」 柳原は将来のポストも縁談も捨て傍聴席に走り出て、遂に真実を証言する。 さらに、舞鶴に飛ばされた抄読会元記録係・江川が、決定的な証拠となる記録を持ち出した。 浪速大学に辞表を出した柳原は過去の偽証を悔い、残りの人生を何か人のために尽くしたいと、の無医村に去る。 結果、裁判の判決は財前側の敗訴となった。 判決内容としては佐々木庸平の死そのものは不可抗力としつつも、術後一週間の時点での容態急変に際し化学療法を用いぬが故に、短期間で死なせた責任を問う趣旨で、予備的請求を認めた原告側の一部勝訴だった。 「に上告する」と息巻いた財前は、その直後に突然倒れ込む。 翌日、最高裁へ上告したすぐ後に、極秘で金井助教授が行った透視では胃角部に進行癌が発見され、鵜飼の指示により金井はだと財前に伝えた。 しかし胃潰瘍との診断に納得しない財前はひそかに里見を訪問。 検査を受ける。 癌であることを隠して一刻も早い手術を勧める里見に、財前は「本当は東に執刀して欲しい」と漏らす。 口添えを依頼された里見は東を説得、東も過去の因縁を忘れて財前を救おうとする。 だが、東による手術が行われた際、財前の胃癌は肝実質に転移しており、もはや手遅れの状態であった事が判明した。 東は体力を温存すべくそのまま縫合。 何とか救いたいという里見の熱意により、によるが術後1週間目から受持医となった金井助教授により開始される。 最初は奏功して食欲不振が改善されたが、術後3週間目に入って副作用である下痢が起こったため金井は投与を中止。 その上、ついにが出てしまい、財前は金井を問い詰めるが納得が行く回答を得られない。 疑問に思う財前は、どうしても真相を知るべく里見の来訪を請う。 里見が訪ねてきたとき、財前は「癌の専門医が自分の病状の真実を知らないでいるのはあまりにも酷だ」と真実を告げることを懇願、里見も財前が真実を知ったことを悟る。 翌日から財前の病状は急変し、術後1ヶ月目に遂にに陥る。 うわ言の中で、自分の一生を振り返り、患者を死なせたことを悔いつつも、最高裁への上告理由書と大河内教授への自らの病理解剖意見書を残して財前は最期を遂げる。 当時、胃癌は癌の死亡原因第1位だった。 主な登場人物 [ ] 詳細は「」を参照 浪速大学第一外科関係者• 山田(浪速大学医学部付属病院第一外科助手)• 黒田俊二(浪速大学医学部付属病院第一外科助手 肝臓癌専門 )• (浪速大学医学部付属病院付属病院第一外科医局員 胸部外科専攻 、佐々木庸平担当医)• 鵜飼(浪速大学医学部付属病院第一内科部長・教授 老年内科専攻 兼浪速大学医学部長)• 芦川(浪速大学医学部付属病院第一内科助手、ミュンヘン大学留学中) 浪速大学関係者• 則内(浪速大学付属病院長、浪速大学医学部付属病院第二内科部長・教授 呼吸器内科 )• 滝村恭輔(浪速大学医学部付属病院第一外科名誉教授、東貞蔵の前任者)• 今津(浪速大学医学部付属病院第二外科部長・教授 一般腹部外科専攻 )• 大河内(浪速大学医学部病理学科科長・教授、教授選考委員長• 野坂(浪速大学医学部付属病院整形外科部長・教授、教授選考委員)• 葉山(浪速大学医学部付属病院産婦人科部長・教授、教授選考委員)• 乾(浪速大学医学部付属病院皮膚科部長・教授)• 河合(浪速大学医学部付属病院小児科部長・教授)• 築岡(浪速大学医学部付属病院第三内科部長・教授)• 助川(浪速大学医学部公衆衛生学科科長・教授)• 林田(浪速大学医学部教授 基礎医学 )• 畑中(浪速大学医学部教授 基礎医学 )• 田沼(浪速大学医学部付属病院放射線科部長・教授)• 吉阪(浪速大学医学部付属病院麻酔科部長・教授) 財前の家族、関係者• 財前杏子(財前五郎の妻、財前又一の娘)• 財前又一(財前五郎の、財前産婦人科医院院長、浪速医師会副会長)• 財前一夫(財前五郎・杏子の長男)• 財前富士夫(財前五郎・杏子の次男)• 花森ケイ子(財前五郎の愛人、バー「アラジン」のホステス)• 加奈子(クラブ「リド」のホステス)• 時江(「扇屋」の女将、財前又一の愛人)• 黒川きぬ(財前五郎の実母) 里見家関係者• 里見三知代(里見脩二の妻)• 里見好彦(里見脩二・三知代の息子、登場時8歳)• 羽田融(里見三知代の父、名古屋大学医学部長)• 里見清一(里見脩二の兄、里見医院 内科・小児科 院長、元洛北大学医学部第二内科講師) くれない会関係者• 鵜飼夫人(鵜飼医学部長の妻、くれない会会長)• 則内病院長夫人(則内病院長の妻、くれない会副会長) 東家関係者• 東政子(東貞蔵の妻、くれない会前副会長)• 東佐枝子(東貞蔵・政子の娘)• 東哲夫(東貞蔵・政子の息子 故人 ) 医師会関係者• 岩田重吉(岩田医院 内科 院長、浪速医師会会長)• 鍋島貫治(鍋島外科病院院長、大阪市議会議員)• 大原(大阪府市医師会長) 教授選関係者• 船尾徹(東都大学医学部付属病院第二外科部長・主任教授)• 菊川昇(教授選立候補者、金沢大学医学部心臓外科部長・外科教授 心臓外科専攻 )• 佐々木庸平(繊維卸業「佐々木商店」社長、胃噴門部癌患者)• 佐々木よし江(佐々木庸平の妻)• 佐々木庸一(佐々木庸平・よし江の長男、大学生)• 佐々木信平(佐々木庸平の弟)• 野村(元売・丸高繊維の営業部長)• 大村伝助(元売・佐々木商店債権者委員会委員長) 第一審関係者• 関口仁(佐々木よし江・信平・庸一の弁護士、関口法律事務所所長)• 河野正徳(財前五郎の弁護士、河野法律事務所所長、大阪弁護士会会長)• 小山義信(千葉大学教授、日本癌学会会長、財前五郎側鑑定人)• 一丸直文(東北大学名誉教授、佐々木よし江・信平・庸一側鑑定人)• 唐木豊一(洛北大学名誉教授、大阪地方裁判所が依頼した鑑定人) 控訴審関係者• 国平(財前五郎の弁護士、浪速医師会顧問弁護士)• 塚口雄吉(三光電器勤務、亀山君子の夫)• 正木徹(私立東京K大学医学部付属病院胸部外科助教授、佐々木よし江・信平・庸一側鑑定人)• 竹谷教造(奈良大学医学部付属病院胸部外科部長・教授兼奈良大学医学部長、財前五郎側鑑定人)• 長谷部一三(北海道大学医学部付属病院第二外科部長・教授、佐々木よし江・信平・庸一側鑑定人) 学術会議選関係者• 神納(洛北大学医学部付属病院内科部長・教授、学術会議会員選挙対立候補)• 村山(洛北大学医学部付属病院第二外科部長・教授 肺がん専門 )• 織田(大和医科大学学長)• 増富(近畿医科大学医学部付属病院内科部長・教授)• 岡野(近畿医科大学理事長)• 三宅(三重大学医学部付属病院第一外科助教授) 近畿がんセンター関係者• 都留利夫(近畿がんセンター病理室長、控訴審裁判所鑑定人)• 時国(近畿がんセンター所長)• 有馬(近畿がんセンター第一診断部長)• 立石(近畿がんセンター放射線部長)• 槙(近畿がんセンター外科部長)• 熊谷(近畿がんセンター第一診断部員、里見脩二の部下) その他• 山田音市(食道噴門部癌患者)• 小西きく(膵臓癌患者)• 武井(平和製薬取締役、浪速大学薬学部薬学科非常勤講師)• 市田(平和製薬・西ドイツ駐在員)• 山田うめ(奈良県十津川村の農婦、早期胃癌患者)• 野田華子(柳原弘の婚約者)• 野田文蔵(野田薬局店主、野田華子の父)• 安田太一(中小企業の社長、早期噴門部癌患者、佐々木庸平に酷似) 用語 [ ] くれない会 教授夫人によって構成された親睦団体。 メンバーシップは教授および助教授、付属病院の部長、医長の妻であることが条件であり、構成年齢は30代後半からなる。 会長、副会長に学部長、病院長夫人が就任するのが慣例で、が世話人、まとめ役を務める。 はじめ幹事に鵜飼医学部長の妻・鵜飼夫人、副幹事に東貞蔵の妻・政子のち則内病院長の妻・則内夫人がそれぞれ務めた。 作中では、定年間近の東教授に見切りをつけた鵜飼夫人が、夫が則内病院長を調略しつつあった関係もあり、改選時には副幹事に政子ではなく則内夫人を指名した経緯を持つ。 出版 [ ]• 単行本• 『白い巨塔』(1965年、新潮社)装丁・(続も)『続 白い巨塔』(1969年、新潮社)• 『白い巨塔』愛蔵版(1994年、新潮社)• 『白い巨塔』上・下『続 白い巨塔』(1978年)• 活字が大幅に拡大。 すべて新潮文庫。 2002年の新装版は、1978年版のドラマの再放送・DVD発売などをきっかけに発行された。 2003年のドラマ化の際には、ドラマのワンシーンの写真などが帯を飾った。 このうち第2巻の帯にはドラマ化に際しての山崎のメッセージが記されている。 5巻を収めた箱詰めセットも販売されたが、箱はドラマの出演者の写真(ポスター)を使用したもの。 『山崎豊子全作品』全10巻(1985年、新潮社)• 『山崎豊子全集』全27巻(2004年、新潮社) 映像化作品 [ ] 前述の通り、幾度も映画等で映像化され、そのたびに好評を博している。 :1966年、制作。 主演:• :1967年、・制作、全26回。 主演:• :1978年、・制作、全31回。 主演:田宮二郎• :1990年、・大野木オフィス制作、2夜連続のスペシャルドラマ。 主演:• :2003年、フジテレビ・制作、監修、全21回。 主演: 、フジテレビ開局45周年記念ドラマ• :2007年、・制作、全20回。 主演:• :2019年、テレビ朝日制作(主演:)、テレビ朝日開局60周年記念5夜連続のスペシャルドラマ。 ラジオドラマ作品 [ ]• :1965年、制作。 主演:田宮二郎 - 初のドラマ化作品 漫画版 [ ] 作画・で『』()にて、2018年12月号より連載開始。 近年の映像化作品と同様、時代設定を連載当時の現代に置き換えており、物語は2018年3月から始まる設定となっている。 安藤慈朗 『白い巨塔』 新潮社〈BUNCH COMICS〉、既刊3巻(2020年5月30日現在)• 2019年3月9日発売• 2019年5月9日発売• 2020年1月9日発売 エピソード [ ]• 財前五郎の命名の由来については、山崎と深く親交を持っていたの企画部員が企画を直接折衝した際、次回作が医学会の内情と知り、その主人公の名前に自分の姓を、当時人気を得ていたの本名「柴田吾郎」から名を取り「財前五郎」としてもらった、と自身のホームページで述べている。 大映倒産後に財前定生はのへ移籍し、に山崎原作の『』でプロデューサーを務めている。 財前五郎のモデルの一人が千葉大学第二外科教授の。 脚注 [ ] [].

次の