映画 ディズニー。 ディズニー&ピクサー映画『ソウルフル・ワールド』ピート・ドクター監督作、“魂”の起源を巡るストーリー

ディズニー映画『塔の上のラプンツェル』は毒親の支配から抜け出そうとするお姫様の物語

映画 ディズニー

映画『ジャングル・ブック』のあらすじ・ネタバレ・解説・感想・評価から作品概要・キャスト、予告編動画も紹介し、物語のラストまで簡単に解説しています。 映画『ジャングル・ブック』ディズニー公式サイトならびに IMDb サイトにて作品情報・キャスト情報をご確認ください。 YouTube で予告映像もご覧ください。 『ジャングル・ブック( 2016 年の映画)』 ( 106 分/ G /アメリカ/ 2016 ) 原題『 The Jungle Book 』 【監督】 ジョン・ファブロー 【脚本】 ジャスティン・マークス 【製作】 ジョン・ファブロー ブリガム・テイラー 【出演】 ニール・セディ ビル・マーレイ ベン・キングズレー イドリス・エルバ ルピタ・ニョンゴ スカーレット・ヨハンソン ジャンカルロ・エスポジート 【予告動画】 映画『ジャングル・ブック』のオススメ度は? 3. 0 星 3 つです 未知なるジャングル体験ができます CG と実写の融合に驚きます ディズニーの技術がすごい 少年の目線が気になります 映画『ジャングル・ブック』の作品情報・概要 『ジャングル・ブック』原題『 The Jungle Book 』実写の少年と CGI アニメーションによる動物が共演する実験的な映像表現で世界を驚愕させた「ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ」が開発)『アベンジャーズ』の製作総指揮のジョン・ファヴローが製作・監督。 脚本はジャスティン・マークス。 映画『ジャングル・ブック』のあらすじ・ネタバレ 舞台はインドの奥深いジャングル。 モーグリ(ニール・セディ) は人間の子ども。 幼少の頃、黒ヒョウのバギーラに拾われ、狼のラクシャに育てられる。 自分は狼だと思っているが、狼のように地上を早く走ることができない。 狼の仲間とはうまくやっているが、人間の子どもであることを忌み嫌う動物もいる。 トラのシア・カーンだ。 彼はかつて人間に痛い目に遭っている。 そして「赤い花(火)」を恐れている。 いつかモーグリが動物世界に災いともたらすと危惧し、殺害しようと企てる。 モーグルは狼の群れを後にして旅に出る、、、。 映画『ジャングル・ブック』の感想・内容 最初にこの映画『ジャングル・ブック』のストーリーラインを簡単に述べておきます。 「狼に育てられた人間の動物社会を舞台にした成長物語」です。 動物に差別され、迫害され、逃げ惑い、挫折し、立ち上がり、挑戦し、そして強くなります。 「頑張れば、応援してくれる」という普遍的なメッセージがあります。 ディズニー映画最大にヒットは『アナ雪2』です 本映画『ジャングルブック』( The Jungle Book )は、英国の作家・詩人ラドヤード・キップリングが 1894 年に出版した短編小説集をモチーフに映画化されています。 過去において何度も実写化、アニメ化されています。 以下参照。 ・『ジャングル・ブック 1942 年の映画 』 サブー主演のイギリスの実写映画。 ・『ジャングル・ブック 1967 年の映画 』 ウォルト・ディズニーのアニメーション映画。 ・『モウグリ(英語版)』 ソビエト連邦で 1967 年から 1973 年にかけて製作されたアニメ映画。 ・『ジャングルブック・少年モーグリ 』 1989 年にテレビ東京で放映されたアニメ番組。 ・『ジャングル・ブック 1994 年の映画 』 ジェイソン・スコット・リー主演の実写映画。 これだけ何度も製作されるには理由があります。 それはやはり「冒険ものは面白い」に尽きるからでしょう。 特に子どもが主人公ですから、観ている方は応援したくなります。 自然と涙腺が緩むのです。 この時点で演出においての追い風になります。 また原作のテイストを活かしたまま、新たに加筆することで現代風にアレンジできることも大きな魅力でしょう。 例えば、初期の作品には弱肉強食の動物の世界で起こりうる当然の戦いもしっかりと描かれていました。 ラプンツェルは18年間我慢しました ただ本映画『ジャングル・ブック』では難問だった水と風の表現がいまひとつという声が聞こえて来ます。 それと火もです。 大きなスクリーンで観ていると少し違和感を覚えますが、物語の進行を邪魔するほどではありません。 わたし的に気になるのはモーグリ(ニール・セディ) と動物たちならびに自然との距離感です。 動物と話す時、遠くにいるのか、近くにいるのかが微妙なのです。 またジャングルの中、草原の中の雄大な風景を目にしたモーグリの目の大きさ、力強さ(角膜とか)がずっと同じに見えてしまうのです。 人間の目はとても正直ですから、一瞬で目の表情が変わるはずです。 これはクロマキーで撮影している際の問題かと思いますが、目線の先の対象物にもう少し心を入れて欲しいところです。 ウイル・スミスが青かった、、、 さて、映画はとても安心して観ることができます。 最初から最後まで素晴らしい音楽に包まれて鑑賞できるのもディズニーの得意技です。 ディズニー映画が音楽をとても重宝しているのは「みんなが歌って踊れて、楽しめる」からだと思います。 観ている方は、歌って踊ることで、一致団結し、応援モードに入って行きます(スポーツ観戦と同じです)そして無事にハッピーエンドを迎えるとなんとも言えない幸せ気分を味わるからです。 ディズニー映画の最大の特徴はここにあると思うのです。 兎にも角にも最後は「ハッピー」なのです。 これって人間が生きる上で一番大切なことだと思うのです。 ディズニー映画について批判的な人もいますが、わずか 100 分の映画で、「笑って明るい気持ちにさせ、ハッピーになれる」それで良いのです。 本映画『ジャングル・ブック』も然り。 ジャングルの中を自由に飛び跳ねましたし、色んな動物と話したような気持ちにさせてくれました。 スカーレット・ヨハンソンが演じる母親に涙します 映画『ジャングル・ブック』のキャストについて モーグリ(ニール・セディ) バルー(声)(ビル・マーレイ) バギーラ(声)(ベン・キングズレー) シア・カーン(声)イドリス・エルバ) ラクシャ(声)(ルピタ・ニョンゴ) カー(声)(スカーレット・ヨハンソン) アキーラ(声)(ジャンカルロ・エスポジート) キング・ルーイ(声)(クリストファー・ウォーケン) まとめ 映画『ジャングル・ブック』一言で言うと! 「一生懸命やている人を応援したい」 わたしたち人間が持つ独特の感情なのかもしれません。 スポーツでも勉強でも仕事でも、一生懸命にやっている人を見ると応援したくなります。 特に若い人が一心不乱に挑戦している姿には目頭が熱くなります。 未来は若者のためにあると実感します。 合わせて観たい映画 【オススメ動物映画】 映画『ビッグ・リトル・ファーム 理想の暮らしのつくり方』 新しい生き方を獲得した夫婦 映画『野性の呼び声』 犬が野生に戻る時が美しい 映画『ライオン・キング』 これは実写?CG?ディズニーの技術力が高い 映画『ブラックパンサー』 しなやかな動きと頭脳 映画『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』 人間も宇宙人も動物もみんな仲良しになります 映画『ジャングル・ブック』の作品情報 スタッフ・キャスト 監督 ジョン・ファブロー 製作 ジョン・ファブロー ブリガム・テイラー 製作総指揮 ピーター・M・トビヤンセン モリー・アレン カレン・ギルクリスト 原作 ルドヤード・キプリング 脚本 ジャスティン・マークス 撮影 ビル・ポープ 美術 クリストファー・グラス 衣装 ローラ・ジーン・シャノン 編集 マーク・リボルシー 音楽 ジョン・デブニー 視覚効果監修 ロバート・レガート モーグリ(ニール・セディ) バルー(声)(ビル・マーレイ) バギーラ(声)(ベン・キングズレー) シア・カーン(声)イドリス・エルバ) ラクシャ(声)(ルピタ・ニョンゴ) カー(声)(スカーレット・ヨハンソン) アキーラ(声)(ジャンカルロ・エスポジート) キング・ルーイ(声)(クリストファー・ウォーケン) 2016年製作/106分/G/アメリカ 原題:The Jungle Book 配給:ディズニー.

次の

【アニメ】アラジン(ディズニー)吹き替え動画を無料視聴できる配信サービス

映画 ディズニー

あらすじ:老女に騙されて育てられたお姫様の物語 物語の主人公は、森の奥深くにそびえる塔の上に住む少女・ラプンツェル。 彼女は、偽りの母であるマザー・ゴーテルから外に出ることを禁じられ、その言いつけを守って生きてきました。 もちろん、彼女は外の世界に行きたいと思っていました。 特に、毎年自分の誕生日に、夜空に浮かぶ無数の灯りを近くで見てみたいと強く願っていたのです。 ところが、18歳の誕生日を翌日に控えたラプンツェルがゴーテルに外に出たいとお願いしたところ、「危ないからダメだ」と言われ、説き伏せられてしまいます。 しかし、そんな彼女に幸運が訪れます。 お城からティアラを盗み出した泥棒フリン・ライダーが塔にやってきたのです。 彼は警護隊長を乗せて走る馬・マキシマスに追いかけられ、夢中になって逃げてきたと言うのですが…。 ラプンツェルはフリンが盗んだティアラを奪い、返して欲しければ外に連れ出して欲しいと言い出しました。 ラプンツェルはフリンと一緒に外の世界へと一歩踏み出し、夢にまでみた夜空に浮かぶ無数の灯りを見ることができるのか!? 信じる相手を間違えると行動できなくなる ラプンツェルは偽りの母・ゴーテルに、外は危険なので出てはダメだと言われて育てられました。 そのため、彼女は「自分には外の世界で生きていく力がない」と思い込んでいたのですが…。 実際に外に出ると思わぬ力を発揮します。 フリンが意地悪をしようと、ラプンツェルを街外れの酒場「かわいいアヒルちゃん」に連れていったところ、彼女は厳つい見た目の荒くれ者たちを前にしても、物怖じせずに話します。 そればかりか、夢を一緒に実現しようと言って、荒くれ者たちと意気投合するんですよね。 そんな自己主張ができるラプンツェルでしたが、外に出てからもゴーテルの思いを踏みにじったと言って心を痛めていました。 「外の世界は楽しい!」「でも、外に出ることは母を裏切っていることになる…」という2つの感情が渦巻いていたのです。 そんなラプンツェルの姿…自分の能力を正しく評価できなかったり、自分の意思よりも親の考えを優先してしまう姿を通して、洗脳の恐ろしさが伝わってくる物語です。 自分の欲望を満たすためには手段を選ばない人間がいる 一方のゴーテルは、永遠の若さを手に入れるためにラプンツェルを洗脳して、一生森の奥深くにある塔に閉じ込めようとしていました。 そもそもゴーテルは、ラプンツェルが生まれる前から「どんな病気も治す金色の花」を独占して若さを保っていたのですが、妊娠中の王妃が病気になってしまい、その花が摘み取られてしまいます。 その王妃の娘として産まれたのがラプンツェルでした。 ラプンツェルの髪には「どんな病気も治す花の力」が宿ったため、ゴーテルは彼女を誘拐して自分が母親だと偽り、塔に閉じ込めたのです。 こうして18年間、ラプンツェルを洗脳して育ててきたゴーテルでしたが、外に出かけている間にフリンが現れ、ラプンツェルは外の世界へと飛び出しました。 もちろん、これで諦めるゴーテルではありません。 彼女は、フリンが裏切った泥棒たちを使ってラプンツェルを追い詰めます。 フリンと心を通わせるようになったラプンツェルに、彼が裏切ったように見せかけるんですよね。 その結果、せっかく外の世界へと旅立ったラプンツェルは、またしてもゴーテルによって塔の中へと閉じ込められました。 ラプンツェルは、フリンよりも自分の欲望を満たすために手段を選ばないゴーテルを信じて生きていくのか!? まとめ 『塔の上のラプンツェル』は、ディズニー映画によくみられるオーソドックスな構成ですが…。 ラプンツェルと泥棒フリンが、それぞれ恐ろしいと思っていたことに、一歩踏み出して挑戦する姿にグッとくる映画です。 それだけでなく、人を見た目や肩書きで判断してはいけないことがわかったり、毒親の洗脳から解き放たれるために必要な行動が見えてくる物語でもあるので、気になった方は、ぜひ観てください。 ちなみに、私は子供たちと一緒にこの映画を観ましたが、子供たちもお気に入りの物語でした。 観終わってしばらく経った今でも、ゴーテルの真似をして「ラプンツェル!おろしてちょうだーい」と言って遊ぶほどハマっています。

次の

ディズニー映画『塔の上のラプンツェル』は毒親の支配から抜け出そうとするお姫様の物語

映画 ディズニー

あらすじ ある春の朝、森の王様の子供としてバンビが生まれた。 バンビは仔兎のタンパー(とんすけ)やスカンクのフラワーと友人になり、また牝の仔鹿ファリーンとも仲良しになった。 夏、秋、冬と季節を経てバンビはすくすくと成長したが、その冬に母は人間に殺されてしまった。 大人になった春にバンビはファリーンと恋に落ちるが、晩秋再び人間が森に押し寄せ、その夜キャンプから出た火は森を包んだ。 妻のファリーンを助けたバンビは、翌朝川の中洲でようやく彼女に再会する。 また年はめぐり、ファリーンは双児を産み、バンビは森の王の地位を継いだ。 登場キャラクター バンビ Bambi 森の王子。 母親の愛情をいっぱいに受けて育ってきたため、甘えん坊な上、異性のファリーンに対しては緊張して声も出せないシャイな一面もある。 しかし突然母が殺され、しおれていた所を森の王である父に諭されてからは王子としての自覚を持つ様になり、心身共に見違える程強く逞しく成長、他の牡鹿に迫られていたファリーンを肉弾戦の上救うまでになるが、シャイでファリーンに押され気味なのは相変らずの様である。 山火事が発生した時は、危険を顧みず森の仲間達を救い出す。 こうして立派に成長した彼は、数年後父から王位を受け継ぐ。 Thumper バンビと最初に親友になった仔兎。 明朗で愛嬌がある。 脚を叩いて鳴らすのが特技。 この特技は彼の子供にも受け継がれている。 フラワー Flower。 雄であるが、その名の通り花が好きで物腰が柔らかく少々女っぽい性格。 冬はしているため、出番は少なめ。 初公開版では ハナ(花)と呼ばれていた。 ファリーン Faline 雌の子鹿。 バンビとは対照的に明るく人なつっこい性格。 幼い頃からバンビの事を好いており、積極的に接している。 年頃の娘に成長した後、好きでもない別の牡鹿にしつこく言い寄られていた所をバンビに救われたのをきっかけに、恋愛を成就させる。 森の女王 Great Princess of the Forest バンビの母親。 美しく大変優しい性格で、息子であるバンビを愛情一杯に育てるが、物語の途中人間達に殺害されてしまう。 森の王様 Great Prince of the Forest バンビの父親で、森に住む生き物の中で一番長生きしていると言う。 強く賢く勇ましい、王者の名に恥じぬ貫禄の持ち主。 妻なき後、バンビを厳しくも暖かく見守り、バンビが森の王の後継者として立派に成長していく手助けをしている。 台詞は少ない。 フクロウ Friend Owl 作中の描写では森の王様に次いで高齢なで、森の長的な役割を果たしている。 番いの鳥がいなくずっと独り身であり、そのせいか毎年春になると来る恋の季節を「うかれ頭」と言ってひがんでいるような節がある。 キャスト 役名 原語版声優 日本語吹き替え 初公開版 ソフト版 バンビ 大人: 青年: 少年: 子供: ボビー・スチュワート ティム・デイヴィス 子供: ピーター・ベーン フラワー 青年: ティム・デイヴィス 子供: スタン・アレクサンダー ファリーン 子供: 森の王様 フレッド・シールズ 森の女王 フクロウ ミセス・ヘア マーガレット・リー エナおばさん メアリー・ランシング 母オポッサム ミス・バニー セルマ・ハバード ハイイロリス ウズラ セルマ・ボードマン 脅えるキジ モグラ ウシガエル その他• に約50年ぶりに復刻され、日の目を見ることとなった。 復刻版なので、のままである。 『バンビ(鶴書房)』全1巻• 『手塚治虫のディズニー漫画 バンビ・()』全1巻 その他 2018年、のは、シカの者に対し1年の判決とともに、アニメ映画「バンビ」を月に一度、鑑賞するよう指示した。

次の